5 Seconds Of Summer / Youngblood 和訳 解説 You Decide! 男なら決めなはれ!

久しぶりにオーストラリアから出てきたロックバンド。

オーストラリアと言えば 大好きな INXSだ。

彼ら以降、人気爆発なロックバンドはいない気がする。

今日は、現在もヒットチャートにいる人気者達の話。

今日Lyraが和訳&解説するのは、オーストラリア、シドニーで2011年に結成されたポップロックバンド、 5 Seconds of Summer ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー 。略称は5SOS(ファイヴ・ソス)。

Luke Hemmings ルーク・ヘミングス (リードボーカル・ギター) 、Michael Clifford マイケル・クリフォード (ギター・ボーカル) 、Calum Hood カラム・フッド (ベース・ボーカル) 、Ashton Irwin アシュトン・アーウィン (ドラム・ボーカル) 。

スポンサーリンク

もとは様々なアーティストのカバーをYouTubeに投稿していたが、2013年にOne Direction ワン・ダイレクションのTake Me Home Tour のオープニングアクトに抜擢され人気者に。(後に事務所に入る。)

2014年2月世界デビューシングルとして『She Looks So Perfect』をリリース。

この楽曲はオーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、イギリスのチャートで首位に輝いた。

2014年6月、セルフタイトルであるデビューアルバム『5 Seconds of Summer』をリリースし、11カ国で首位を獲得した。

今日Lyraが和訳する曲は、5 SOS の3rd Album、2018年リリースの『Youngblood』から同名曲の【Youngblood】。

(click to amazon ↓ ↓ ) 3rd Studio Album “Youngblood” [Explicit] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

今現在のアメリカンチャートでもTop 10内にいるNo.1も獲得したヒット曲である。

詳しい解説はLyraのHipな和訳の後にお話ししましょう!

 

5 Seconds of Summer, often shortened to 5SOS, are an Australian pop rock band from Sydney, New South Wales, formed in 2011. The group consists of lead vocalist Luke Hemmings, lead guitarist Michael Clifford, bassist Calum Hood, and drummer Ashton Irwin. They were originally YouTube celebrities, posting videos of themselves covering songs from various artists during 2011 and early 2012. They rose to international fame while touring with English-Irish band One Direction on their Take Me Home Tour. They have since released three studio albums and headlined three world tours.

Youngblood is the third studio album by 5 Seconds of Summer and a song .The album was initially set to be released on 22 June 2018, but it was later brought forward to 15 June. In support of the album, the band will embark on the Meet You There Tour. The US Target edition was made available with two exclusive songs, plus an extra released in Japan, each featuring a member of the band.

Youngblood” is a song recorded and was written by Calum Hood, Ali Tamposi, Andrew Watt, Ashton Irwin and Luke Hemmings, with production handled by Watt and Louis Bell. The song was released via Capitol Records on 12 April 2018, as the second single from their third studio album of the same name.

スポンサーリンク

= Youngblood

[Verse 1: Luke]
Remember the words you told me
“Love me ‘til the day I die”
Surrender my everything
‘Cause you made me believe you’re mine
Yeah, you used to call me baby
Now you’re calling me by name
Takes one to know one, yeah
You beat me at my own damn game

[Pre-Chorus: Luke]
You push and you push and I’m pulling away
Pulling away from you
I give and I give and I give and you take
Give and you take

[Chorus: Luke & All]
Youngblood
Say you want me, say you want me out of your life
And I’m just a dead man walking tonight
But you need it, yeah, you need it all of the time
Yeah, ooh, ooh, ooh
Youngblood
Say you want me, say you want me back in your life
So I’m just a dead man crawling tonight

‘Cause I need it, yeah, I need it all of the time
Yeah, ooh, ooh, ooh

[Verse 2: Luke]
Lately our conversations
End like it’s the last goodbye
Then one of us gets too drunk
And calls about a hundred times
So, who you been calling baby?
Nobody could take my place
When you’re looking at those strangers
Hope to God you see my face
[Chorus: Luke & All]
Youngblood
Say you want me, say you want me out of your life
And I’m just a dead man walking tonight
But you need it, yeah, you need it all of the time
Yeah, ooh, ooh, ooh
Youngblood
Say you want me, say you want me back in your life
So I’m just a dead man crawling tonight
‘Cause I need it, yeah, I need it all of the time
Yeah, ooh, ooh, ooh

 

[Bridge: Luke]
You push and you push and I’m pulling away
Pulling away from you
I give and I give and I give and you take
Give and you take
You’re running around and I’m running away
Running away from you, mmm, from you

[Chorus: All]
Youngblood
Say you want me, say you want me out of your life
And I’m just a dead man walking tonight
But you need it, yeah, you need it all of the time
Yeah, ooh, ooh, ooh
Youngblood
Say you want me, say you want me back in your life
So I’m just a dead man crawling tonight
‘Cause I need it, yeah, I need it all of the time
Yeah, ooh, ooh, ooh[Outro: All]
You push and you push and I’m pulling away
Pulling away from you
I give and I give and I give and you take
Give and you take
Youngblood
Say you want me
Say you want me out of your life
And I’m just a dead man walking tonight
君が俺に言った言葉を思い出してみろよ
「私が死ぬまで愛してよ」
もう俺の全てに身を委ねなよ
だってさ、君は俺の物だって君が信じさせたんだぜ?
そうだよ、君はいつも俺のことをベイビーって呼んでただろ
それが今、君は名前で俺を呼んでる
お互い様だろ
自分の馬鹿らしいゲームで君に打ちのめされるなんてな
君が強気になれば、なるほど、俺の気持ちは離れて行くんだよ
君から離れて行くのさ
俺が与えて、与えて、君に与え尽くしたら、君はもぎ取ってく
与えたら君はもぎ取って行くんだよな
若気の至り

俺にいなくなれって言えよ

俺に君の人生から居なくなってくれ、って言えよ

そしたら、俺は今夜ゾンビになってうろついてやるよ

でも、君は必要だって、そうさ、君には、それが始終必要なんだよ

そうだろ、オー、オー、オー

若気の至り

俺に戻れって言えよ

俺に君の元に戻って来てくれって言えよ

だから、俺は今夜ゾンビになってノロノロ這いつくばっているのさ

だってさ、俺にはそれが必要なんだよ、そうさ、俺にはそれが始終必要なんだよ

そうさ、オー、オー、オー

 

最近の俺らの会話ってさ

最後のサヨナラみたいな終わり方だろ?

それに、俺らのどちらかが酔っ払い過ぎたら

100回くらいは電話をかける

それに誰にベイビーって呼んでるんだい?

誰も俺の代わりは出来ないぜ

君が見知らぬ奴らを見つめる時、

君が「俺の顔を見るように」って神に願ってんだよ

 

若気の至り

俺に居なくなれって言えよ

俺に君の人生から居なくなってくれ、って言えよ

そしたら、俺は今夜ゾンビになってうろついてやるよ

でも、君は必要だって、そうさ、君には、それが始終必要なんだよ

そうだろ、オー、オー、オー

若気の至り

俺に戻れって言えよ

俺に君の元に戻って来てくれって言えよ

だから、俺は今夜ゾンビになってノロノロ這いつくばっているのさ

だってさ、俺にはそれが必要なんだよ、そうさ、俺にはそれが始終必要なんだよ

そうさ、オー、オー、オー

 

君が強気になれば、なるほど、俺の気持ちは君から離れて行くんだよ

君から離れて行くのさ

俺が与えて、与えて、君に与え尽くしたら、君はもぎ取っていくのさ

与えたら君はもぎ取ってく行くんだよな

君が付き合っていると、俺は逃げるのさ

俺は君から逃げている、ムム、君からね

 

若気の至り

俺に居なくなれって言えよ

俺に君の人生から居なくなってくれ、って言えよ

そしたら、俺は今夜ゾンビになってうろついてやるよ

でも、君は必要だって、そうさ、君には、それが始終必要なんだよ

そうだろ、オー、オー、オー

若気の至り

俺に戻れって言えよ

俺に君の元に戻って来てくれって言えよ

だから、俺は今夜ゾンビになってノロノロ這いつくばっているのさ

だってさ、俺にはそれが必要なんだよ、そうさ、俺にはそれが始終必要なんだよ

そうさ、オー、オー、オー

 

君が強気になれば、なるほど、俺の気持ちは君から離れて行くんだよ

君から離れて行くのさ

俺が与えて、与えて、君に与え尽くしたら、君はもぎ取って行くのさ

与えたら、君はもぎ取って行くんだよな

 

若気の至り

俺に居なくなれって言えよ

俺に君の人生から居なくなってくれ、って言えよ

そしたら、俺は今夜ゾンビになってうろついてやるよ

 

Songwriter: Alexandra Leah Tamposi / Andrew Wotman / Ashton Fletcher Irwin / Calum Hood / Louis Russell Bell / Luke Hemmings

Translator: Lyra Sky 和訳

最近、南米風に喋るみたいに歌うのが流行りだとLyraはずっと思ってる。

この5 SOSもそうだから、今はこれが売れる路線なんだと感じてるし、実際に5SOS はヒットチャートにランクインする程の大人気だ

それも、この【Youngblood】のビデオを見ると「アイドル」だわ。

女の子ばかり。

それって、どこかで方向転換しないと一過性のブームで終わってしまう兆しの現れかも。

今の若者ターゲットのままでは、先は見えてしまう。

それに気づいて曲つくりを変え、イメージを変えて行けば、大丈夫だと思うが、

これから、どうなるのかな?

未来が楽しみなバンドだね。

スポンサーリンク

2013年にOne Direction ワン・ダイレクションのオープニングアクトに抜擢された為に、メディアで「Next One Direction ネクスト・ワン・ダイレクション」や「Boys Band ボーイ・バンド」と呼ばれる。

これについてDsのAshton アシュトンは厄介な比較であるとし、「彼らのしていることはすばらしいよ。でも僕たちは自分たちの好きなことをやる。それが僕たちが1D のツアーに同行することに決めた理由さ。だって、それはすごくダイナミックなことなんだ。僕たちはロックショウをやるつもりだけど、彼らは彼らのスタイルでやると思う。そうすることで『ワオ、彼らはまったく違う演奏をするんだね!』って実感してもらえると思うよ。」と述べている

実際は4人とも楽器を演奏するため「Boy Band」は誤った表現だろう。

 

2011年、当時14歳のLuke ルークが、ノーウェスト・クリスチャン・カレッジの同級生であるMichael マイケルとCalum カラムと共にバンドを結成。12月にはドラマーのAshton アシュトンが加入し、現在の形になった。

2012年ソニーATVミュージックパブリッグと契約し、EP『Unplugged』はオーストラリアのiTunes Storeで3位を獲得。

また、 One Direction のルイ・トムリンソンが『Gotta Get Out』の動画のリンクと共に「ここしばらくこのバンドのファンなんだ、みんなも応援してね」とツイートしたことにより、瞬く間に世界中で人々の関心を集めることになった。 ナイル・ホーランもファーストシングル『Out of My Limit』のミュージックビデオのリンクをツイートした

2012年の夏はオーストラリアのバンド、エイミー・メレディスのクリスチャン・ロ・ルッソやジョエル・チャップマンと制作活動。彼らと共にEP『Somewhere New』からの楽曲『Beside You』と『Unpredictable』を制作し、チャップマンが共同プロデューサーを務めた。2012年11月19日、シングル『Out of My Limit』をリリース。マクフライのトム・フレッチャー、スカウティング・フォー・ガールズのロイ・ストライド、カイザー・チーフスのニック・ホジソン、グラフィティ・シックスのジェイミー・スコット、ジェイク・ゴスリング、スティーヴ・ロブソン、バステッドのジェイムス・ボーンといった様々なアーティストと音楽制作を行った。

2013年2月14日、ワン・ダイレクションのワールドツアー、テイク・ミー・ホーム・ツアーのオープニングアクトを務めることを発表。

イギリス、アメリカ、ニュージーランド、故郷のオーストラリアでの公演を含む7公演に参加する。

このツアーの休暇中にはオーストラリアに一時帰国し、全国ヘッドライニングツアーを決行。チケットはいずれも数分で完売した。この頃からバンドの人気が出始め、よく知られるようになる

2013年6月13日、新曲『Try Hard』の無料配信を開始

2013年11月21日、キャピトル・レコードと契約。

2014年2月21日、世界デビューシングル『She Looks So Perfect』をリリースし、56カ国のiTunes Storeで首位を獲得

ARIAシングルチャート、ニュージーランド・シングルチャート、アイルランド・シングルチャート、全英シングルチャートで首位を獲得する。また、全英チャートで首位を獲得した史上4組目のオーストラリア出身グループとなり、14年ぶりの快挙を遂げた2014年4月9日、EP『She Looks So Perfect』がBillboard 200で初登場2位を獲得

2014年3月5日、ワン・ダイレクションのワールドツアー、ホエア・ウィ・アー・ツアーのアメリカ、カナダ、ヨーロッパ公演で再びオープニング・アクトを務めることを発表。

2014年5月8日、シングル『Don’t Stop』をリリースし、40カ国のiTunes Storeで首位を獲得。

2014年6月27日、 デビューアルバム『5 Seconds of Summer』をリリースし、76カ国のiTunes Storeで首位を獲得。アメリカでは発売初週で25万枚を売り上げ、Billboard 200で初登場首位を獲得。この売上枚数によって、グループによるデビューアルバムの歴代最高初週売上記録を更新した。日本国内では6月30日より輸入盤が購入可能となり、10月8日には国内盤がリリースされた。

2014年7月15日、シングル『Amnesia』をリリース。Good Charlot グッド・シャーロットのマッデン兄弟らが作詞・作曲を手掛けており、唯一メンバーが制作に携わらなかった楽曲である。

2014年11月17日、シングル『Good Girls』をリリース。

2014年12月15日、初のライヴアルバム『LIVESOS』をリリース。

2015年2nd アルバム『Sounds Good, Feel Good』リリース。

2018年6月22日3rd アルバム『Youngblood』リリース。

 

(click to amazon ↓ ↓ ) 3rd Studio Album “Youngblood” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

【Youngblood】は、恋愛関係の歌。

男女の愛し合う姿を描くと言うよりは、男性からの愚痴。

愛している彼女への愛する気持ちと、嫌な部分を一方的に男が愚痴ってる歌だ。

恋人同士でこんなこと言い始めたら終わり。

だが、この主人公は変な奴。

彼女の押しが強いと気持ちが覚めちゃう癖に、居なくなるとゾンビみたいに死んだようになって萎えちゃうわけ。

やっぱ愛してるのよね。

自分の気持ちが何だかわかってないのかも?

ティーンの時ってそうだったかもね。

でも、女子はこんな事、彼氏が思ってるとわかったら別れちゃうよ。

他に素敵な男子が一杯いるからね。

馬鹿な男子だなあと思う、素直と言うより。

この【Youngblood】は、男女の力関係をテーマにしている歌詞だから、ラブソングであはあるが、押したり引いたりしては、気持ちが揺らいでる自分の気持ちがわからない男の子ってことで、『若気の至り』と和訳しました。

若気の至りで、好き嫌いを迷ったり、

若気の至りで、やりたくなっちゃったり、、、を表したかったの。

分からないでもないし。

ただ恋愛を勝ち負けで考えてるお馬鹿な大人もいるから、「そういう頭の固い人間にならないように若い人達は気をつけましょう!幸せになりないなら素直に行きましょう!」と、反面教師になると良いよね。

好きなら、この曲を真似して歌詞のようなことを言うのは、やめましょう(笑)。

それこそ、「私の人生から出て行ってよ!」と彼女に三下り半を下されますよん。

 

5Seconds Of Summer は、全員が188cmや185cmと高身長だから、可愛いルックスがより格好良く見えるし、演奏力もあるから人気が出るのもわかるわ。

アニメ好きで日本びいきのGuitar のMichael やゲーム好きのDrumsの Ashton がいるので、日本を意識したミュージックビデオを製作しているし、日本のファンは大喜びだろうね。(ラストに載せました。)

ますます人気が鰻登りになること間違いなしの5 Seconds Of Summer。

次のシングルもNO.1になるでしょうね。

実力はあるのだからどんなタイプの曲でも書けるだろう。

ターゲットを女子に今は決めているみたいだけど、そろそろ全世界&全世代に向けて発信する方が良いですよ?

今度は、熱い大人な恋の歌を聴きたいなあ。

Sexyな歌を希望!

多分Lukeの声に合うと思うから。

期待して待ってるわん。💕

 

スポンサーリンク

 

On “Youngblood,” 5SOS sing about the push and pulls of a relationship. In this song, we see 5SOS move further away from their defining sound from previous albums and see the growth and maturity in their songwriting.

The song was initially released on June 15th and as an instant download track with the pre-order of the album, but was later released as a single. Ashton Irwin has said that he “loved that new wave could be really melancholy, but also up. It had romanticism and anger, but also energy and colour. That’s exactly what we wanted for our new music.

歌詞は、「好きなのにキライ」「押したり引いたり」みたいな気持ちが揺らいでる内容だから、この「永遠の愛」みたいなローラー族だった2人の老夫婦とは歌詞は合わない。

でも、「泣けるVideo好っきー!」と言うことで載せておきました。

 

= Band =

In early 2014, the band released “She Looks So Perfect” as their debut single, which topped the charts in Australia, New Zealand, Ireland and the United Kingdom. Their self-titled debut album was released on June 2014, peaking at number one in 11 countries, and was followed by a live album titled LiveSOS. They went on their first headlining tour Rock Out with Your Socks Out Tour to support the album.

The band released their second album Sounds Good Feels Good in October 2015, topping the charts in 8 countries, and was followed by a live documentary DVD called How Did We End Up Here. They went on the Sounds Live Feels Live World Tour to support the album. In December 2016, the band announced the release of their B-sides and rarities under the title This Is Everything We Ever Said to celebrate their band’s fifth anniversary.

The band released their third album Youngblood on 15 June 2018. It became their third number one album in their home country. In the US, 5 Seconds of Summer became the first Australian act to achieve three chart-toppers on the Billboard 200 chart. They also became the first band (not vocal) to have their first three full-length albums debut at the top in the US. They went on the Meet You There Tour  to support the album.

Career

Discography

  • 5 Seconds of Summer (2014)
  • Sounds Good Feels Good (2015)
  • Youngblood (2018)

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪