和訳【American Hi-fi /Flavor Of The Weak】解説 アメリカン・ハイファイについて U Make Me Weak

当時すご〜くヒットしていて、ラジオからヘビロテで流れて来た曲。

注目バンドで、今日紹介する曲を聴いた時は「Pop Punkのバンドだけど、有名な過去のHard Rockや人気があったLA メタルに通じる曲だなあ」と不思議に思ったのを覚えている。

つまり、カテゴライズ出来ないバンドだということ。

バラエティに富んだ歌い方をするvocalに、しっかりしたバック。

たまたま久しぶりに聞き直してみて、面白い歌詞だから紹介しようと思ったら、このvocal、どうやら昔Lyraが好きだったバンドでドラムを叩いていたらしい。OMG!

全く、あのバンドのフロントの2人(女性)が目立つMVばかり作るから、よく見てなかったという、、、

ワイは男か? ( ̄O ̄;)

もしくは、Stacy(vocal)がオーラを彼女達の為に消していたか?

謎。

スポンサーリンク

 

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン出身のバンド、 American Hifi アメリカン・ハイファイ。

1998年に結成。一時期メンバーが変わったこともあったが、現在も結成当時のメンバーになり、しっかり活動中。

それ以外にも Miley Cyrus マイリー・サイラスとも仲が良くて、メンバー2人がサポートメンバーをしていたりと、American Hi-Fi以外にも活躍するというフリーなバンド体勢があるバンドだ。

その自由のせいか、サウンドも売れ線のアメリカンロックよりのPop Punkを聴かせたり、もろチャートを賑わせていたアメリカンハードロックの曲もあり、時代性もバラエティに富んだ、凄く面白いバンドである。

今日Lyraが和訳する曲は、American Hi-Fiのデビュー・アルバムである 2001年2月27日リリースの『American Hi-Fi』からのデビュー・シングル【Flavor Of The Weak】(January 29, 2001)。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話しましょう!

 

(click to amazon↓↓ ) Debut Album  “American Hi-Fi” [CD, Streaming] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

“Flavor of the Weak” is a song by American rock band American Hi-Fi. The song was released as the first single from their self-titled debut album. To date, this song is their best ranking song. It has also been used in various movie soundtracks.

スポンサーリンク

= Flavor Of The Weak=

[Verse 1]
She paints her nails and she don’t know
He’s got her best friend on the phone
She’ll wash her hair
His dirty clothes are all he gives to her
And he’s got posters on the wall
Of all the girls he wished she was
And he means everything to her

[Chorus]
Her boyfriend, he don’t know
Anything about her
He’s too stoned, Nintendo
I wish that I could make her see
She’s just the flavor of the weak

[Verse 2]
It’s Friday night and she’s all alone
He’s a million miles away
She’s dressed to kill, but the TV’s on
He’s connected to the sound
And he’s got pictures on the wall
Of all the girls he’s loved before
And she knows all his favorite songs

[Chorus]
Her boyfriend, he don’t know
Anything about her
He’s too stoned, Nintendo
I wish that I could make her see
She’s just the flavor of the weak
Yeah

[Bridge]
Her boyfriend, he don’t know
Anything about her
He’s too stoned, he’s too stoned
He’s too stoned, he’s too stoned

[Chorus]
Her boyfriend, he don’t know
Anything about her
He’s too stoned, Nintendo
I wish that I could make her see
She’s just the flavor of the weak
Yeah, she’s the flavor of the weak
But she makes me weak

 

あの子はマニキュア塗っていて

知りもしない

彼が自分の親友と電話してるのを

あの子は髪を洗うだろう

それに、彼の汚っい着ぐるみ全部も

それだけが、奴があの子にあげられるものさ

それと壁に貼り付けてあるポスター達かな

それも奴があの子にこうなって欲しいと思っている女達のポスターだぜ

彼の全てとも言える彼女達さ

 

あの子の彼氏は知らないだろう

あの子について何一つ知りやしない

アイツはハマりすぎなんだよ

任天堂に

俺があの子に会えたら良いのになあ

あの子は弱い奴らには大注目な子なのさ

 

スポンサーリンク

 

金曜日の事さ

あの子は1人

彼氏は百万マイル先にいるって感じ

あの子は服も最高にキメているってぇのに

奴はTVをつけたままさ

ソイツは音にハマっちまってる

それに壁には沢山

例のポスターがあるしな

それもソイツが前に愛しつづけた女の子達ばかり

あの子は彼氏の好きな曲は全部知っているのにね

 

あの子の彼氏は知らないだろう

あの子について何一つ知りやしない

アイツはハマりすぎなんだよ

任天堂に

俺があの子に会えたら良いのになあ

あの子は弱い奴らには大注目な子なのさ

最高じゃん

 

あの子の彼氏は知らないだろう

あの子について何一つ知りやしない

アイツはハマりすぎなんだよ

アイツはハマりすぎなんだよ

アイツはハマりすぎなんだよ

アイツはハマりすぎなんだよ

 

あの子の彼氏は知らないだろう

あの子について何一つ知りやしない

アイツはハマりすぎなんだよ

任天堂に

俺があの子に会えたら良いのになあ

あの子は弱い奴らには大注目な子なのさ

そうさ

あの子は弱い奴らには大注目な子なのさ

もう俺をドキドキさせるんだからな

 

Songwriter: Stacy Jones

Translator: Lyra Sky和訳

 

可愛いねー Vocal。

この人、女の子達に人気出て良い感じのルックスと、キャッチーな曲をかける才能があるのだけど、ずっとドラマーだった人なのよね。

日本では、知る人ぞ知るバンド、アメリカでは凄く人気があったバンド、Veruca Salt のドラマーや、Letters to Cleoにもいた人なのよ。

GrungeやLo Fiが流行っていた時期にデビューしたVeruca は特に人気あったのだが、解散した為に、自身のバンドを結成。

Vocalがいないから、自分がVocalに転身したって言う変わり種、、、というかNirvana のDaveみたい。

それに、転身して結果オーライなとこまでそっくり。

向いているんじゃない?

レトロなサウンドが可愛いし、Music Videoにも1986年とクレジットされていたから、やはりLA Metalやあの時代のハードロックのオマージュだね。

サウンドがそっくり。

 

スポンサーリンク

 

元は、BMX Girlと言うバンド名で開始したAmerican Hi-Fi。

どうもRolling StonesのKeith Richards に改名を勧められて改名したのだから、何とも素敵なアドバイザーを得たなあ、と羨ましいエピソードを持つ。

交友関係が広いのが、何となく活動の幅を広げていると共に、イメージが定まらない原因か?と感じてしまった。

演奏力もあり、作詞作曲能力もあるのに、イマイチ、パンチにかけると言うか、、、嫌、全く悪いところは、全くないのだ。

寧ろ、良い感じの要素ばかり。

なのに、あれからヒットがないのは何故だろう?

卒の無さが、逆に普通すぎて特徴がないのか?

はたまた、このデビューアルバムが、アメリカンロックとして完成度が高過ぎたからか?

これ以上の最高が、生まれ難くなってしまったのかもしれない。

それだけ、この『American Hifi』と言うアルバムには、聴いていてノリの良い、気分が上がるサウンドが詰まっているのだ。

 

(click to  amazon↓↓ ) Debut Album “American Hi-Fi” [CD, Streaming] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

【Flavor of the Weak】は、情けない自分勝手男と付き合っている女の子を大好きな男子が、「自分がその子の彼氏になりたい」と思いながら、彼女達の関係をしていると言うもの。

ラブソングではあるけれど、浮気癖があるゲーマーの彼氏をDISっている暇があるならば「その子を早く幸せにしてやりなさいよ」と言いたくなっちゃうね。

Too Stonedと連呼してるのは、任天堂にハマってる奴を、精一杯DISっているのでしょう。

ラリッてる意味だけど、ドンハマりして動かない様子を表してるから、こんな和訳にしてみました。

Flavor of the weakもアイスクリームの「今週のおすすめ」をもじっているんだと思うよ。面白いでしょ?

毎回こうして、Lyraが和訳して解説してると、英語のお勉強ブログみたいよね。

其れの方がアリなのか?

または勉強は詰まらないか?

それに詳しく書いても、みんなが楽しめるかは疑問でね。

どうせパクられるならば、コンパクトにして、和訳だけして、後は感想だけにしようかと思ったりもする、短い方が好きなんじゃない?

よりシンプルし、いっそ感想も短め、もしくはなし。 SNS見てると内容がない方が人気あるみたいよ。

和訳以外は何も書いていない、他の短いブログみたいにした方が、効率的な気がする。

一生懸命書いたり、解説しても利用されるだけ。

Lyraには、何の特もない。

ただ文章を書くのが好き。

だから書いているのよね、毎日。

我ながら毎日よく続くと思う。

Lyraも【Flavor Of The Weak】と言うことか?

いやいや、だったらやめるわ。

自分が楽しみ、皆を楽しませて、一緒に相乗効果で楽しくなるなら良い。

そうじゃないなら、もうボランティアは止めようと思う。

「それだけLyraが人気が出たんだよ」と、言ってくれる人々もいる。

「有難いな〜」と思う。

だから「そんな優しい人達の気持ちには答えなきゃ」と思って、それだけで書いているのかも。

上手くやって行く方法、探さないとね。

 

 

スポンサーリンク

The music video for the song, directed by Chris Applebaum, is a parody of the heavy metal documentary Heavy Metal Parking Lot. It begins with a teenage boy and his friends cussing about how the heavy metal genre and its artists should be praised. The video then begins, flashforwarding between a storyline about a girl who acts subservient to her boyfriend, not knowing about his cheating escapades, and the band performing.

American Hi-Fi is an American rock band formed in Boston in 1998. The band consists of lead vocalist and rhythm guitarist Stacy Jones, lead guitarist Jamie Arentzen, bassist and backing vocalist Drew Parsons, and drummer Brian Nolan. Prior to the group’s formation, Stacy Jones was well known for being a drummer in the successful alternative rock bands Veruca Salt and Letters to Cleo. American Hi-Fi has a close relationship with Miley Cyrus, whose band shares two members with American Hi-Fi. The group has a mixed musical style that includes influences from pop punk, alternative rock, and power pop.

American Hi-Fi initially formed under the name BMX Girl, and Jones changed to a name personally suggested to him by Keith Richards of the Rolling Stones.

American Hi-Fi’s released self-titled debut album through Island Records on February 27, 2001 which was produced by Bob Rock (Aerosmith, Metallica). It was an AllMusic ‘Album Pick’. Critic Mario Mesquita Borges praised it and stated that “[t]he future of rock & roll is surely guaranteed with acts such as American Hi-Fi.” The album reached No. 81 on the Billboard 200 list and No. 1 on the Heatseekers list. The band also achieved a commercial breakthrough through their debut single, “Flavor of the Weak”, which ran up the Hot Modern Rock Tracks, the Billboard Hot 100, and other charts followed by Another Perfect Day which peaked 33 in Modern Rock Charts.

In February 2003, the band released their second studio album, The Art of Losing. The album peaked at number eighty on the Billboard 200. The album featured the successful singles “The Art of Losing” and “The Breakup Song.” The album was produced by producer Nick Launay, who worked with such artists as Talking Heads, Public Image Ltd. and Silverchair. The Art of Losing failed to reach the success of the band’s debut album, leading the band to be dropped by Island Records.

In early 2004 and without a backing label, the band headed to Los Angeles, to begin work on a new album with producer Butch Walker. The album, Hearts on Parade, was released in Japan on July 14, 2004.

In February 2016, the band announced they were re-recording an acoustic version of their self-titled debut album to be released on Rude Records on April 29, 2016. Stacy Jones said they were initially not interested in the idea, but thought it would be an interesting challenge and recorded it live at Sunset Sounds with minimal overdubs. To go along with the announcement, the band released the music video for “Flavor of the Weak” Acoustic on YouTube.

Personnel

American Hi-Fi
  • Stacy Jones – lead vocals, rhythm guitar
  • Jamie Arentzen – lead guitar, backing vocals
  • Drew Parsons – bass guitar, backing vocals
  • Brian Nolan – drums
Production
    • Written by Stacy Jones
    • Produced by Bob Rock

Discography

Studio Album

・2001 American Hi-Fi・2003  The Art of Losing・2005 Hearts on Parade・2010 Fight the Frequency・2014 Blood & Lemonade・2016 American Hi-Fi Acoustic

Live Album

・2002 Rock N’ Roll Noodle Shop: Live From Tokyo

・2005 Live in Milwaukee
スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪