Brianstorm / Arctic Monkeys 和訳 解説 Original innovator Wins!

何人かいる「素敵だな〜」と思う声の方々。

現役バリバリ(天国のダーリンをどかしたら)の中でもコヤツは、1,2を争うSexy Voice の持ち主だと思う。

「日常的には笑わないのに、曲中、歌声でニヤッと笑う貴方は、何でそんなに艶っぽい?」

今日Lyraが和訳&解説するのはイングランド,シェフィールド出身のロックバンド、Arctic Monkeys アークティック・モンキーズArctic Monkeys)。2002年に結成。

イギリスを代表するスタジアムバンドになり、ロンドンオリンピックでも 【R U Mine?】 (Fashionista への最速の道 和訳Lyrics参照) とThe Beatles の曲をプレイしたのでも知られているオルタナティブバンドである。

今まで出したアルバムを、全て初登場No.1にしてしまう大人気バンドなの。

スポンサーリンク[ad#go1]

今日Lyraが和訳する曲は、Arctic  Monkeysの2nd スタジオアルバム、2007年4月2日リリースの『Favorite Worst Nightmare』からの1st シングル【Brianstorm】(シングルは同年4月16日)。

(click to amazon ↓ ↓ ) 2nd Studio Album “Favorite Worst Nightmare” [CD, MP3, Analog etc] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

昨年、2018年にリリースされた最新アルバムは、”Sinatra か!”とLyraは初めて聴いた時に思わず叫んでしまった、、、。

 

( click to amamzon ↓ ↓ ) 6th Studio Album “Tranquility Base Hotel & Casino” [CD, Download, Album] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓


それも魅力的な音だ。

だが、今のArctic  Monkeysが大人路線のムードを醸し出しているとしたら、今日紹介する【Brianstorm】は、”若者の初期衝動か?”と言っていいだろう。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話ししましょう!

Arctic Monkeys の Band History などは、「【R U Mine?】 Fashionista への最速の道 和訳Lyrics」を参照。

 

Brianstorm” (often mistaken as “Brainstorm”) is a song by the English indie rock band Arctic Monkeys. It is the opening track on their second album, Favourite Worst Nightmare. The song was released as the first single from the album on 2 April 2007, debuting at number 21 in the UK Singles Chart via downloads alone. The single was released in physical formats on 16 April, the week before the release of the album, and charted at number two on the UK Singles Chart behind Beyoncé and Shakira’s “Beautiful Liar”. In Scotland, the song became the band’s fourth consecutive number-one single on the Scottish Singles Chart. “Brianstorm” is one of the band’s most successful singles worldwide, reaching number four in Denmark and the Netherlands, number seven in Ireland, and number 10 in Spain.

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go4]

= Brianstorm =

[Verse 1]
Brian, top marks for not trying
So kind of you to bless us with your effortlessness
We’re grateful and so strangely comforted
And I wonder, are you putting us under?
‘Cause we can’t take our eyes off the t-shirt and ties combination
Well, see you later, innovator

[Verse 2]
Some want to kiss, some want to kick you
There’s not a net that you couldn’t slip through
Or at least that’s the impression I get
‘Cause you’re smooth and you’re wet
And she’s not aware yet, but she’s yours
She’ll be saying, “Use me, show me the jacuzzi”
I imagine that it’s there on a plate, your whole rendezvous rate
Means that you’ll never be frightened to make ‘em wait for a while
I doubt it’s your style not to get what you set out to acquire
The eyes are on fire, you are the unforecasted storm

[Verse 3]
(Brian) Calm, collected and commanding
(Top marks for not trying) You leave the other story standing
With your renditions and jokes, bet there’s hundreds of blokes
That have wept ‘cause you’ve stolen their thunder
Are you putting us under?
‘Cause we can’t take our eyes off the t-shirt and ties combination
Well, see you later, innovator

なあ、ブライアン、お前は何もしなくても最高得点だよ

君みたいなタイプは何の努力もせずに、俺たちに恩恵を与え幸せにしてくれるんだよな

俺たちは感謝するし、不思議なことに安らかな気持ちにもなるよ

君さあ、俺たちに催眠術でもかけたのかい?

だってさ、そのTシャツとネクタイのコーディネートから目を反らせないんだよ

まあ、いいや、後でね、革新者くん

 

キスしたいって思う奴もいれば、君を蹴り飛ばしたいって奴もいるんだ

君がすり抜けられないネットなんてこの世には存在しないもんな

それか、少なくとも俺がうけた印象だよ

君は人当たりが良いだろ、それに気弱と来てる

だから、彼女はまだ君に気づいていなんだ

でも、君のものになるさ

きっと彼女はこう言うだろう

「 ねぇ、私とあそぼ、ジャクージでも見せてよ?」

全く努力せずに出来るって思うよ

世の中の男女の密会は全部君なら出来てしまう

それは、君が恐れずに彼女らを即座にモノにしちまうからだろうな

俺は疑うよ、君はゲットしたのを陳列させるために会得した能力ではないのか?ってね

両目が燃えてるぜ

君は予測できない嵐みたいな奴さ

(ブライアン)自惚れ屋で、落ち着いていて命令できる地位にある奴

(何もしなくても最高得点の奴)

君はたち去り際に、又、新しい物語を置いて行くんだもんな

君の演奏と冗談を交えたね

かけても良いよ、君は何百人もの野郎を泣かした話があるだろ

だって彼らの怒号を盗んだからさ

なあ、君ったら、俺たちに催眠術でもかけたのかい?

だって、そのTシャツとネクタイのコーディネートから目が反らせないんだよ

まあ、いいや、後でね、革新者くん

Translator: Lyra Sky 和訳

たたみかけるビートの嵐。

確実に、メンバー全員のスキルが前作のデビューアルバムより数段レベルアップしたからこそ出来る曲だな、と思う。

ダサいダンスはさて置き、10代の男子が出す音と考えると渋いし、どこか懐かしい感じもしてしまう不思議な音だ。

それは全てAlex Turnerの色っぽい声にあるのではないか?

レトロ型最新兵器。

そう、Alexの声と、そして、彼の作り出すメロディから兵器となって聞いたモノを虜にするのだよ。

スポンサーリンク[ad#go1]

Alexander David Turner (Alex Turner)は、1986年1月6日にイングランド、サウスヨークシャー州シェフィールドに両親とも教師の家に長男として生まれた。

父は体育と音楽を担当し、母はドイツ語を教えていた。

そのため、小さい時からピアノを弾いていたというAlex。(習わされていたって感じかな。)

良く車でお出かけしていたようで、その時は、母親がAlex 坊やに音楽をかけ聴かせていたと言うから、Lyraは現在のAlexの音楽的嗜好は、ママの影響大な気がする、、、。

かけていたアーティストは、Led Zeppelin, David Bowie, Jackson Brown, The Eagles, The Carpenters, Al Green, The Beatles, The Beachboysなどだ。

父親も音楽が好きでとくにジャズやスウィングミュージックが好きで、ビッグバンドでサクスフォンを吹いていたらしいから、Alex が早いうちに「バンドを組みたい」と思ったのは、もしかしたら幼少期から気持ちがあったのではないか?とLyraは予想している。

実際Alexが、バンド結成&活動しデビューしたのはハイスクールの時だけどね。

Matt Helders (Guitar)とは5歳の時から一緒に育って来た仲良しさんだし、各メンバーAlexの同郷か、幼馴染。

中学生時代に、Andy Nicholson (旧メンバー Guitar) と出会い、3人で良くパパのサウンドシステムを借りて、当日聞いていたと言うDr.Dre, Wu-Tang Clan, Outkast, Roots ManuvaなどのHip Hopの遊びをしていたというから、可愛らしい。

しかし、彼らはあるバンドのサウンドを聴いてRockに目覚める。

The Strokes だ。(【Last Nite】 和訳 Cool Headed Guys Explode Rock Bomb!参照)

彼らのガレージサウンドに、ソリッドなギターロックに、頭をカチ割られたのだろう。

2001年にAlex 頭カチ割られ事件(笑)からギターをママにプレゼントして貰う、ラッキーさも相まって、幼馴染らと、つまり現メンバーらとバンドを始めたのが15歳。

あとは、前にこのブログで書いたようにデビュ〜!

持って生まれた才能か?

山羊座特有の勤勉なる練習とたゆまない向上心の賜物か?

2006年に1st Albumを素晴らしいクォリティで完成させてリリース。このデビューアルバムは、最短でビッグヒットしたために、Rolling Stone誌に最短で売り上げNo.1になったアルバムの30位に記録されているから、これ又凄い。

Alex は、学業も優秀であったため、バーンズリー大学に進学する。
が、例のごとく音楽活動が激しくなってしまっために退学してしまう、、、勿体なぁい。
そして、今日紹介している【Brianstorm】が収録されている2nd スタジオアルバム『Favorite Worst Nightmare』を2007年4月2日にリリースした。

 

(click to amazon ↓ ↓ ) 2nd Studio Album “Favorite Worst Nightmare” クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

Arctic Monkeyのファンはイギリス本国に溢れかえるほどいる。

日本にも熱心なファンが多い。

他の国、バルト三国とかヨーロッパ各地での人気の程は、それくらいあるかは知らないが、かなりのファンがいて、その彼らは、デビュー時からの熱心なフォロワーと言っていいだろう。

この2nd アルバムは確実に進化した作品だった為に多くのファンが両手放しで喜んだと思う。

演奏力が向上したことにより、よりハードに、よりベースとドラムの重低音が増している為に、初めて聴いた時 LyraにはLed Zeppelin 寄りになった気がしたものだ。

そう、現代風な王道ハードロックって感じ。

Lyraが言いたいのは、「イングランドの王道ハードロックが、Arctic Monkeyの初期に彼らが良くやらかしていた、不協和音を良い感じに定位置に置くサウンドに出会いましたよ!」と言いたいわけです。わかる?

Arctic Monkeyはね、不協和音に一瞬思える音を上手くまとめるのが上手いバンドだとLyraは考えているの。

違うわい!って人もいるだろうけど。

この【Brianstorm】のギターとか良く聴いてみて。

普通の旋律じゃない箇所がいくつもある。

そのおかげで誰しもが不安な気持ちになるのだ。

Lyraは、たまにArctic Monkeysのダークな曲の時は良くなる、「どこに気持ちを持っていけば良いの?」と感じる時があるの。

その不安な気持ちは、人を揺さぶると思う。

やり過ぎはダメ。気持ち悪い。

Alex たちは、そこの匙加減が上手いんだと思う。

外し方、そして、決め方が上手い。

だから、見事なまでに美しい和音に変えてしまう。

楽器の一つ一つが美しい音の渦となって畳み掛けて来る、、、それが最もわかりやすいのが、この【Brianstorm】だと思うの。

激しく畳み掛けるビートに酔ってしまいそう。

 

(click to amazon ↓ ↓ )6th Studio Album “Tranquility Base Hotel & Casino” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

この ↑   ↑ 最新アルバム2018年リリース『Tranquility Base  Hotel & Casino』は、今紹介してるアルバムとは真逆な大人のサウンドになっている。
賛否両論あるアルバムだろう。
「Rockじゃない!」と怒るファンも多いが、Lyraは怒りはしない、納得している。
毎回リリースする度に変化が著しいArctic Monkeysだもの。
当たり前な感じ。
Lyraは寧ろ、この落ち着き払ったサウンドに、
「スタンウェイで思いっきり曲を作りたかったんでしょ!Alex !」と言いたくなってしまったのだ。
『Favorite Worst Nightmare』リリースした昔も、今の『Tranquility Base Hotel & Cosino』も変わらないのよ。
やりたい音をやる。
ただそれだけなんだと思うの。
Boy
坊やのまま。
Lyraも Girlのまま生きたいわ。
歌詞の皮肉くれ具合も同じだ。
2018年のこの『Tranquility Base Hotel & Casino』を出した時に数年付き合っていたモデルの彼女と別れたばっかりだったAlexだから、ゲイではないし、前々もAlexis Chanだったからストレートだと思う。
なぜこんな事いったかというと、今日和訳した【Brianstorm】がね。
何となくゲイの匂いがしなくもないから。
「イカした奴に、興味津々だぜ」の興奮した男の感じがビンビン伝わって来るのは、やはり深読み好きLyraが変態だからかもしれん。
でも「そのTシャツとネクタイの合わせ具合に目が離せないんだよおー」は、妖しいでしょ。
同性同士で、憧れちゃうのはある。
あんな感じのファッションいいわね、とか。
でも、目が離せないやら、
「君は何の苦労もせずに最高得点とれる奴だよ」とか、
「彼女は、君のものになるよ」とかおだてまくってるし、
「恩恵をうける」とか崇拝が入っているのは、、、おかしくない?
「じゃあね、また後でね」とは言ってるけど「後でなんかするんか?」とツッコミ入れたくなる、、、
Lyraには、ない感情だから妖しく思ってしまうが、、、何故かと言うと、今までに同性、つまり女性に似た感じに言われたことがあるからだ。
そのうちの数人とは仲良しになったんだけど、それが、Lyraの全身コピーみたいに真似されてキモい経験があるからなのよ。
髪型真似するなら、今もされてるし、えーとはなるけど、
それ以外に洋服がいきなり変わり始めて、靴から何まで似てきた時にアレ?ときづいた。遅いな、気付くの。
そのうち喋り方を真似されるやら、男の趣味までLyraの好きな感じに変えてきた時にはゾーゾーとなって、仲良しの友人に相談したら「それ、命の危険があるかもよ、ヤバイよ」と言われてハッと気づいた、「映画にもありましたな」と。
で、引っ越しもあって急いで逃げた。
あれから一度もあっていない。
という怖〜い、経験をちまちた。
それを、この曲聴いて思い出した。
最近もブログやってるせいか、書き方を真似されたり、ネタも意見も丸コピされたり、他のことも真似している人たちを見かけるようになって気持ち悪い。
貴方たちにオリジナルはないんかい?
頭悪いのか?
他人になりすますキモイ趣味があるのか?
中には真似してるのを自覚していないのか?ってのもいるから頭、悪い方なんでしょう。
Alexはどう対処してるのかは、わからないが彼クラスになると馬鹿は相手にしないレベルに達しているのだろう。
因みに Alex は「Brian みたいな奴に会ったか、ただの想像が作り出した奴だっかどうか覚えていない」と雑誌の取材で言っている。
だが、のちに日本のスタジオで奴に似た人間にあっだことがあると真逆なことを言ってもいる。
それに加えて、ギターのJamie CookはLAであったと言っているし、、、
「名刺渡してくれて、シャツにネクタイのコーディネートが凄くて、人当たりが良いし、まるで催眠術にかけられたようになって俺たちは影響を受けたよ」だって。
なんなんだ?
ま、想像ってことよ。 ( ← 一喝してしまう)
誰かを好きになるのは、当たり前。
催眠術にかかったみたいに目が離せなくなる感覚も素敵なことだろう。
ただね、度がすぎるとホラー。
いつも冷静なAlex に聞きたいわ、対処法。
常に強くいられる秘訣を。
でも、負けないわ。
「オリジナルを貫け!」よ。
私は私。
Lyraのバックグラウンドと違うのに、赤の他人が完コピなんて出来ないのよ。
生きてきた道が違う。
それに、向かう場所は絶対に違う。
オリジナルを貫く。
そして、前進していく。
周りがなんて言おうが、真似しようが、関係ない。
思いのまま、
自分が今やりたいことを素直にやる為に、進むだけだ。
それが出来た時に、人間は進化する。
私は私でしかない。
知らない人は、言うかもしれないけどね。
“Lyra, Top markes for not trying? “
そしたら、言ってやる
“See you later,alligator. I’m a innovator!”
スポンサーリンク[ad#go1]
The song prominently features ‘thundering drums’ and surf-rock tremolo guitars.

When asked to say a little about the song’s protagonist, Alex Turner replied,

I can’t remember Brian now… I don’t know if he were in my imagination or what… it’s a blank spot in my brain… I think that’s what [Brian] wanted.

He later explained in NME the Brian had been a guy that they had met backstage in the band’s dressing room at a gig at Studio Coast “Ageha” in Tokyo, Japan, and that “When he left the room, we were a bit in awe of his presence. So we did a brainstorm for what he was like, drew a little picture and wrote things about him,” while guitarist Jamie Cook added “He was right smooth, very LA. He just appeared with like a business card and like a round neck T-shirt and a tie loosely around it, I’d never seen that before. It felt like he was trying to get inside your mind. We were checking out his attire; it inspired us.”

 

Arctic Monkeys are an English rock band formed in 2002 in High Green, a suburb of Sheffield. The band consists of Alex Turner (lead vocals, guitar, piano), Matt Helders (drums, vocals), Jamie Cook (guitar, keyboards) and Nick O’Malley (bass guitar, backing vocals). Former band member Andy Nicholson (bass guitar, backing vocals) left the band in 2006 shortly after their debut album was released.

Alexander David Turner (born 6 January 1986) is an English musician, singer, songwriter, and record producer. He is best known as the frontman and principal songwriter of the rock band Arctic Monkeys, with whom he has released six albums. He has also recorded with his side project The Last Shadow Puppets and as a solo artist.

Turner was born and raised in Sheffield, South Yorkshire, the only child of two secondary school teachers. When he was 16, he and three friends formed Arctic Monkeys. Their debut album, Whatever People Say I Am, That’s What I’m Not (2006), became the fastest-selling debut album in British history and was ranked at No. 30 on Rolling Stone‘slist of the greatest debut albums of all time. The band’s subsequent studio albums, Favourite Worst Nightmare (2007), Humbug (2009), Suck It and See(2011), AM(2013) and Tranquility Base Hotel & Casino (2018), have experimented with desert rock, indie pop, R&B, and lounge music. Arctic Monkeys headlined Glastonbury Festival in both 2007 and 2013, and performed during the 2012 London Summer Olympics opening ceremony.

Turner and Miles Kane have released two orchestral pop albums – The Age Of The Understatement (2008) and Everything You’ve Come To Expect (2016) – as the co-frontmen of The Last Shadow Puppets. Turner provided an acoustic soundtrack for the feature film Submarine (2010). He co-wrote and co-produced Alexandra Savior’s debut album, Belladonna of Sadness (2017).

Turner’s lyricism, ranging from kitchen sink realism to surrealist wordplay, has been widely praised. Each of his eight studio albums have reached number one on the UK Album Chart. He has won seven Brit Awards, an Ivor Novello Award, and has been nominated for the Mercury Prize five times, winning once.

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go5]

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪