和訳【I Bet You Look Good On The Dancefloor/ Arctic Monkeys】解説 Let’s Begin!

デビュー当時の彼らは少年みたい。

と言っても、事実 バリバリのTeenagerだったのだから少年ぽくて当たり前なのだが、演奏ってなったら物凄いバンドだ。

Lyraは、このギャップに惚れてしまう。

まんまThe Strokesを意識したイカシタサウンドに、今日Lyraが紹介する曲は、ビデオまで似ているのだから、彼らがどれだけThe Strokesが好きかわかるだろう。

でも歌詞は、何か独特。

The Strokesが半径5mくらいの世界を良く描くのとは違って、Alex Turnerが描く歌詞は、物語を語る様な感じ。

一人称の時だろうと二人称であろうと、物事や人間を客観的に見ている気がして、Lyraには大人に感じる。

冷めているのか?

燃えてる魂かくしてるの?

スポンサーリンク[ad#go1]

 

今日Lyraが和訳&解説するのは、イングランド、シェフィールド出身のロックバンド、Arctic Monkeys アークティック・モンキーズ。

2001年Alex TurnerとJamie Cookがクリスマスにギターを貰ったことから、音楽熱が高まり、2002年夏にバンド結成。

*Arctic Monkeysについては、こちら!→ Arctic Monkeys 【R U Mine?】 Fashionista への最速の道 和訳Lyrics

 

今日Lyraが和訳する曲は、Arctic Monkeysのデビューシングル、2005年10月14日にリリースした【I Bet You Look Good on the Dancefloor】

全英初登場1位とを獲得し、1週間で4万枚を売り上げるという鮮烈なデビューを飾った「Oasis以来の衝撃」と言われた曲である。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話しましょう!

 

(click to amazon↓↓ ) 1st Studio Album “Whatever People say I am, That’s What I’M Not” [Streaming, CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

 

I Bet You Look Good on the Dancefloor” is a song by English rock band Arctic Monkeys. The song was released through Domino Recording Company as the band’s first single from their debut studio album, Whatever People Say I Am, That’s What I’m Not (2006). It debuted at number one on the UK Singles Chart on 23 October 2005, and remains one of the band’s best-known songs.

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go4]

= I Bet You Look Good On The Dancefloor =

[Verse 1]
Stop making the eyes at me, I’ll stop making the eyes at you
What it is that surprises me is that I don’t really want you to

[Pre-Chorus]
And your shoulders are frozen (Cold as the night)
Oh, but you’re an explosion (You’re dynamite)
Your name isn’t Rio, but I don’t care for sand
And lighting the fuse might result in a bang, b-b-bang-oh

[Chorus]
I bet that you look good on the dancefloor
I don’t know if you’re looking for romance or
I don’t know what you’re looking for
I said, I bet that you look good on the dancefloor
Dancing to electro-pop like a robot from 1984
Well, from 1984

[Verse 2]
I wish you’d stop ignoring me because it’s sending me to despair
Without a sound, yeah, you’re calling me and I don’t think it’s very fair

[Pre-Chorus]
That your shoulders are frozen (Cold as the night)
Oh, but you’re an explosion (You’re dynamite)
Your name isn’t Rio, but I don’t care for sand
And lighting the fuse might result in a bang, b-b-bang-oh

[Chorus]
I bet that you look good on the dancefloor
I don’t know if you’re looking for romance or
I don’t know what you’re looking for
I said, I bet that you look good on the dancefloor
Dancing to electro-pop like a robot from 1984
Well, from 1984

 

[Bridge]
And no there in’t no love, no Montagues or Capulets
Just banging tunes and DJ sets and
Dirty dancefloors and dreams of naughtiness

[Chorus]
Well I bet that you look good on the dancefloor
I don’t know if you’re looking for romance or
I don’t know what you’re looking for
I said, I bet that you look good on the dancefloor
Dancing to electro-pop like a robot from 1984
Said, from 1984

 

俺に色目を使うなよ

俺もアンタに色目を使うわないようにするからさ

でも驚かされるのは

俺がそうして欲しいって思わね〜こと

 

アンタの肩は凍ってるぜ

(夜のように冷たいな)

おお!

でもアンタは爆発してる

(一種の爆弾だな)

名前はリオじゃないだろ?

ちっちゃいことなんか気にしてらんねぇよ

ヒューズに火をつけたら

馬鹿な結果になるに違いない

バン!って、ば〜かな感じさ

 

アンタはダンスフロアにお似合いだよ

俺にはアンタが色恋を探しているのか

何を探しているかも見当つかないが

ただね

俺はアンタってダンスフロアにお似合いだと思うんだ

1984のロボットみたいな

機械的なポップな曲に合わせるようなダンスだよ

1984のあいつらの曲さ

 

スポンサーリンク[ad#go1]

 

無視するのはやめてくれよ

それって俺に絶望を運んでくるぜ

音もなしにさ

そうさ

君が俺を呼んだんだし

それってフェアじゃないぜ

 

アンタの肩は凍ってるぜ

(夜のように冷たいな)

おお!

でも君は爆発してる

(一種の爆弾だな)

君の名前はリオじゃない

ちっちゃいことなんか気にしてらんねぇよ

ヒューズに火をつけたら

馬鹿な結果になるに違いない

バーンて、ばーかな感じにさ

 

アンタはダンスフロアにお似合いだよ

俺にはアンタが色恋を探しているのか

何を探しているかも見当もつかないが

ただね

俺はアンタってダンスフロアにお似合いだと思うんだ

1984のロボットみたいな

機械的なポップな曲に合わせるようなダンスだよ

1984のあいつらの曲さ

 

どこにも

愛も

モンタギュー家も

キャプレット家もないよ

エッチするような曲か

DJが決めた曲しかないぜ

他にあるのは

汚らわしいダンスフロアに

猥褻な夢だけさ

 

そうだな

アンタはダンスフロアにお似合いだよ

俺にはアンタが色恋を探しているのか

何を探しているかも見当もつかないが

ただね

俺はアンタってダンスフロアにお似合いだと思うんだ

1984のロボットみたいな

機械的なポップな曲に合わせるようなダンスだよ

1984のあいつらの曲さ

 

Songwriter: Alex David Terner

Translator: Lyra Sky 和訳

 

これがメジャーからのデビュー・シングルだなんてね、凄すぎ。

確かに最近の大人の色気プンプン振りまくArctic Monkeysに比べたら、プレイヤーとしては劣るのかもしれないが、演奏力半端ないと思う。

まだ結成して1、2年なのに、この結束力や巧さは、只者ではない。

既に完成されたバンドだったのだろう。

そして、それにも増してガレージで練習しまくっていた努力が花を咲かせたのだと思う。

努力を馬鹿にする人居るけれど、彼らみたら、ただの戯言言ってる負け犬だ。

こちらは、当時のArctic MonkeysがよくわかるPVよ。

子供なんだよね、ルックスは。

荒削りのサウンドがより、少年たちの気持ちを表しているみたい。

街角やクラブで交わされている普通の男女の会話、それもTeenagerだろうと、大人だろうと、やってることは同じ。

今そこで話されている会話を、描いているのだが、何故かクールに感じるし、下手するとドラマや映画に使えそうな感じがして来るのだから不思議だ。

この時からAlexは、個性的な歌詞を書くセンスがあった、、、そう言うイカス奴。

只者じゃないわ。

 

スポンサーリンク[ad#go1]

 

2015年10月にこのデビュー・シングルをリリースして、全英初登場1位とを獲得、1週間で4万枚を売り上げ、英国メディアはこぞって彼らを「オアシス以来の衝撃」と報じられたから、彼らはずっとイングランドのミュージックシーンを突っ走って来た。

*Arctic Monkeysについては、こちらなど→ Arctic Monkeys 【R U Mine?】 Fashionista への最速の道 和訳Lyrics

 

2006年1月23日、1stスタジオアルバム『Whatever People Say I Am, That’s What I’m Not』をリリースし、全英初登場1位に輝き、発売初週で36万枚を売り上げ、当時の英国のアルバム最速売り上げ記録を更新。

2月にアメリカでもリリースされ、発売1週目に34,000枚を売り上げて(インディーズのデビュー・アルバムとしては史上2番目)、ビルボード初登場24位。

本国では、国民的なバンドであり2012年のロンドン・オリンピックの開会式では、The Beatlesの【Come Together】と一緒にこの曲をプレイした。

2006年のNME Awardsでは「最優秀トラック」を受賞

NME誌は2014年「The 500 Greatest Songs Of All Time」でこの楽曲を7位に選出した。
面白いことに、ミュージック・ビデオ用のバージョンが本レコーディング前に作られていた。
だから、アルバムレコーディング中にMTVでミュージック・ビデオが流れていたらしい。

2011年インタビューでAlex Turnerは「今はこの楽曲を演奏するのは一番楽しい。一時どこかでこの曲とおそらく仲たがいしたんだけどね。でもどの楽曲でも仲たがいする。ライブでこの曲を演奏しないのが想像できないし、今じゃセットリストでこの曲が回ってきたとき、本当になんというか…楽しいんだ。オレたちはみんなこの曲を本当に楽しく演奏してるよ」と語るくらい、メンバーお気に入りの曲でもあるのだ。

 

(click to  amazon↓↓ ) Debut Album “Whatever People Say I Am, That’s What I’m Not” [Streaming, CD] クリックしてアマゾンへ↓↓


 

このミュージックビデオは、1971年から1988年まで放送されていた音楽番組「The Old Grey Whistle Test」を真似して撮影されたというが、これこのLyraのBlogで紹介したThe Strokesの【Last Nite】そっくりだ。↓  ↓

*【The Strokes / Last Nite】 和訳 Cool Headed Guys Explode Rock Bomb! クールな爆弾 これで夏を乗り切れ!

 

古臭い音楽番組感を出す為に、古いカメラを撮影に使用している。

レコーディングには、3箇所を使って完成度を上げた。

プロデューサーのAlan Smith とのデモテープの制作。次にスタジオ「300 miles an hour」にてJames Ford とRich Costy を迎えレコーディング、3箇所目は、Jim Abith とコーディングをして採用したと言う、、、完成度を求めての3度の挑戦が、アルバムへの意欲がわかるエピソードだ。

その結果、イギリスのシングル・チャートで2005年の10月、新曲であるにもかかわらず(新人バンドでもあるのに)登場し1位を獲得したのだ。

 

スポンサーリンク[ad#go1]

【I Bet You Look Good On The Dancefloor】は、男子が女子にアプローチしているラブソング。

だが、ウキウキするBoy meets Girl ソングではないし、Lyraが超Hotな激しい愛の歌やエロソングではない。

まあ一応Boy meets Girl Songなんだが、一歩引いてるよね。

「見つめないでくれよ、俺も見つめないから」って言うし、そのくせ「(本音では)見ないなんてしないでくれ」って見てほしいのを周りくどい言い方してるしねぇ。

一つ一つが、ひねくり回してるのよ。

これじゃ、上手くいくのも上手くいきなさそうな気がしてしまう〜。

Teenagerの男子ってこんなだっけ?

あ、でも最近 teenagerの人達の1人のアメリカ人の男子が、イイネしてくれるから、それに返してあげてたら、いきなり「イイネを良く返してくれるけど、何故?」ってDMして来たんだよ。

ただ単に嬉しいから返してあげただけなんだが、それって「好きだから」とか言って欲しかったんだろうね。(普通に返事したらなんか頭きてたっぽい。)

「自分から好きって言わないのは、よくないよ、こんがらがるよー。」と教えても良いが、興味ないしお節介は良くないから、普通にしてるよん。

男なら自分からガンガン行きましょう。

Alexは、まだ自分からこの子にアプローチしているから、ひにくれた歌詞でもPositive 君なのね。

この周りくどい言い方の他に、歌詞の中で “Dancing to electropop like a robot from 1984″とあるが、これは、友達のレヴァランド・アンド・ザ・メイカーズのジョン・マックルーアがやっていた過去のバンド、1984のことを書いた。

ジョン・マックルーアのバンドJudan Sukiには、AlexもドラムのMatt Helders 参加していたから友情からか?

それが分からないと、from 1984が特徴あるから、Lyraには、流行りのcougar (若い男性ばかりに狙いをつける肉食系の年上女性)の歌かと思ったよ。だって違和感ない、あの言葉も入っているし、、、もしcotgar相手なら違った意味で面白いけどね〜。

ドキドキ感を爆発させるなら良い歌。

サウンドが激しいから、クールな歌詞もHotになるか?

最近の歌い上げるAlexと、このデビュー当時のストレートな歌い方の違いを楽しむのも良いでしょう?

夜の街に遊びにいきたくなるね。

Arctic Monkeys 聴きながらドライブしよう。

いい出会いあるかもよ。

スポンサーリンク[ad#go1]

 

Arctic Monkeys performed the track at the opening ceremony of the 2012 Summer Olympics. The song was ranked at number 7 on NMEs list of The 500 Greatest Songs of All Time.

The breakout and first single by Arctic Monkeys, from their debut album Whatever People Say I Am, That’s What I’m Not.

It’s about seeing a girl in a mundane, everyday situation and wondering what she might look like on a night out.

The song was released on October 17, 2005. On its first day of release, I Bet You Look Good on the Dancefloor sold over 120,000 UK copies on its first day of release.

(click to amazon↓↓ ) “Arctic Monkey – Cap” クリックしてアマゾンへ↓↓

The video is a live recording of the band playing the song in a studio with a small audience watching with both the video and audio taken live. Alex Turner introduces the band and the song and asks viewers not to “believe the hype” of the song. The video was shot using three Ikegami 3-tube colour television cameras from the 1980s to give it a more aged effect. American band The Strokes had previously made a similar music video for their single “Last Nite”; Arctic Monkeys are known to be fans of The Strokes.

収録曲

全作詞:Alex Turner / 作曲:Arctic Monkeys

  1. I Bet You Look Good On The Dancefloor[2:54]
  2. Bigger Boys And Stolen Sweethearts [2:56]
  3. Chun Li’s Spinning Bird Kick [4:38]
    • 第49回グラミー賞で「最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス」にノミネートされた

Personel

  • Arctic Monkeys
    • Alex Turner:Vocals, Guitar
    • Jamie Cook:Guitar
    • Andy Nicholson:Bass
    • Matt Helders:Drums
I Bet You Look Good On The Dancefloor
  • Produced by Jim Abbiss
  • Recorded at The Chapel Studio
Bigger Boys And Stolen Sweethearts, Lincolnshire
  • Produced by James Ford, Mike Crossey
  • Recorded at The Motor Museum, Liverpool
Chun Li’s Spinning Bird Kick
  • Produced by Alan Smyth
  • Recorded at 2 Fly Studio, Sheffield

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go5]

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪