和訳【Dregen /Just Like That】ドレゲンについて Tonight Getting My Groove On!

寒い〜!

マジで東京の寒さ半端ないら!

雪、今夜明日、確実らしい☃️ が、明日は気温上がるとか言っているし、「日本は記録的な暖冬」と報道しているけれど、寒過ぎでしょ、コレ?

Hotになる為にも、今日は最高なR&Rを聴かないとね〜。

「ドロンドロンしたTrip サウンドが気分よね〜」とも思ったんだが、ストレートなRockの方がみんなと聴くには合うかも」と思い、日本よりも数十倍寒い(マイナス30とか当たり前の)国のRockをお届け〜 ♪

スポンサーリンク[ad#go1]

今日Lyraが和訳&解説するのは、スウェーデン出身のロックバンド、Backyard Babies バックヤード・ベイビーズのギタリストであり、作詞作曲もするシンガーでもある Dregen ドレゲン (1979年6月12日-)。

最高なギターサウンドを持つDregenは、Backyard Babies意外にもMichael Monroe のソロバンドのギタリストをやっていたり、The Wildhearts ワイルドハーツ のフロントマンのGingerと別バンドをしたり、他のアーティストとのコラボレーションが多い人気ギタリストだ。

*The Wild Heartrs については、こちら!→ 【I Wanna Go Where The People Go】 和訳 祝来日! Dociel Heart. Lyrics

 

その他、Backyard Babiesと兼任していた The Hellacopters でも活躍していたのは有名だ。

*Hellacoptersについては、こちら!→ ヘラコプターズ!脈打つ魂は荒くれ者のメロディ 【Hellacopters】Gotta’ Get Some Action NOW!

 

今日Lyraが和訳する曲は、Dregen の1st ソロアルバムからの1st シングル【Just Like That】。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又、お話しましょう!

(click to  amazon↓↓ ) Solo Album “Dregen” [Streaming, CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

Dregen (born Andreas Tyrone Svensson; 12 June 1973 in Nässjö, Sweden) is a Swedish musician best known as the guitarist of The Hellacopters, as well as Backyard Babies. As of March 2014, Dregen has also served as the newest member of Michael Monroe’s solo band, replacing Ginger as guitarist. 

 

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go4]

= Just Like That=

A kiss and then a shove it’s a thing called love
Yeah, I like it just like that
I shiver when you talk and you walk the walk
And I like it just like that
Ah, were just having fun
And you like it to don’t you
Ah, must never go home
I stay right here and we like it
Just like that

A wiggle and a push and I feel the rush
Yeah, I like it just like that
You pretty little thing I’m a queen and a king
And I like it just like that
Ah, were just having fun
And you like it to don’t you
Ah, must never go home
I stay right here and we like it
Ah, were just having fun
And you like it to don’t you
Ah, must never go home
I stay right here and we like it
Just like that

Just like that

Ah, were just having fun
And you like it to don’t you
Ah, must never go home
I stay right here and we like it
Ah, were just having fun
Ah, were just having fun
Ah, were just having fun
Ah, were just having fun
Just like thatJust like that

 

キスをして

突っ込むことを

愛って言うんだぜ

マジで

俺は大好きだぜ

そんな風にさ

俺は恐れ慄くんだ

お前が語り

歩いて近寄ってくるのをさ

でも大好きだぜ

そんな風なのがさ

ああ

俺たちいま楽しんでるところだろ

お前も好きなんじゃない?

ああ

家には帰っちゃダメだぜ

俺がここにいるんだぜ

俺たちは好きだしさ

こんな風なのが

 

スポンサーリンク[ad#go1]

 

腰を一捻りし

一突きしたら

一気にイッテしまいそうな気がするよ

俺は大好きだぜ

そんな風なのがさ

お前はちょっとした最高なヤツで

俺とは王と女王な関係さ

それに

俺は大好きだぜ

そんな風なのがさ

俺たち今楽しんでるところだろ

お前も好きなんじゃない?

ああ

家には帰っちゃダメだぜ

俺がここにいるんだぜ

俺たちは好きだしさ

こんな風なのが

ああ

家には帰っちゃダメだぜ

俺がここにいるんだぜ

俺たちは好きだしさ

こんな風なのが

 

そんな風にさ

 

俺たち今、楽しんでるところだろ

お前も好きなんじゃない?

ああ

家には帰っちゃダメだぜ

俺がここにいるんだぜ

俺たちは好きだしさ

こんな風なのが

ああ

俺たちは今楽しんでるところだぜ

ああ

俺たちは今楽しんでるところだぜ

ああ

俺たちは今楽しんでるところだぜ

ああ

俺たちは今楽しんでるところだぜ

そんな風にさ

 

Songwriters: Dregen, Paer Wiksten

Translator: Lyra Sky 和訳

 

Cool〜 ☆

ミドルテンポって難しい。

ノリが命だから、下手するとタルくなってしまうでしょう?

演奏力も無いとダメ。

難しいのをカッコ良く聴かせのには、プレイの技術力と共に、魅力的なキャラクターが無いと、最後まで客を乗せられ無いと思う。

Dregenにはその魅力がある。

派手なキャラクターと言うか、フロントマンより目がいってしまう存在感がある。それもナルシストにやるのではなくて、自然と目立つのだから凄いのよ。

そして、格好良いギターを弾ける。

アーティストとしての魅力を持っているのだから、ミドルだろうが、スローだろうが、何でも自分の音にしてまえるのだ。

自由自在に。

 

スポンサーリンク[ad#go1]

Dregen (本名 Andreas Tyron Svensson)は、スウェーデンに生まれ、子供の時からの友人であったNicke Borg (Vocal),  Peder Carlsson (Drums) , Johan Blomqvis(Bass) とバックヤードベイビーズを結成する。

地元の活動から、ストックホルムへと引っ越したことにより、より大きな成功を手に入れ、レコード契約を果たし1994年に『Deasel & Power』をリリースした。

Dregenは、この幼馴染みとのバンド以外にもう一つ、掛け持ちをしていたバンドがあった。

前にこのブログで紹介したガレージロックバンド Hellacoptersである。

*Hellacoptersについては、こちら!→ ヘラコプターズ!脈打つ魂は荒くれ者のメロディ 【Hellacopters/ Gotta’ Get Some Action NOW! 】

 

めちゃくちゃ、疾走感があるドキドキするバンドで、Dregenは、Sexyでハードなギターをギュワンギュワン弾いていた。

今でもLyraは、この時代のDregenのプレイをビデオでチラ見するだけで、興奮してしまう。

Dregenは、先にこのバンドで大ブレイクする。それが、1996年頃だ。

アルバム『Supershitty to the Max!』はGrammis賞をゲット。

翌年1997年『Payin’ the Dudes』リリースしKissとツアーに同行する。

この年Backyard Babiesもヒットを飛ばし『Total 13』で、Grammisを受賞した。

そして、両バンドとも世界中をツアーで回るようになった為、掛け持ちは不可能になって来たDregenは、1990年代末に、Backyard Babiesをメインにすることを選択。

Hellacnptersを脱退。

201年にアルバム『Making Enemies』をリリースしGrammieを獲得。

AC/DCとツアーに回り、リリースした各アルバムも好セールスをキープ。

パリ公演など世界中をツアーすることになったが、2010年ツアーが終わると突如、不定期の活動休止を宣言した。

だが、2011年には「より結束が頑なった」と言うDregen の言葉通り、2015年に再結成を果たし、現在も活動中である。

このバンドの活動休止中に、レコーディング、リリースしたのが、このSolo Albumになるのだ。

 

(click to  amazon↓↓) 1st Solo Album “Dregen” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

(click to  amazon↓↓ ) Studio Album “Backyard Babies / Sliver & Gold” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

エロい歌詞が、恥ずかしくなるんですが、、、それは、LyraがDregenを好きだからか?

はたまた考えすぎ、深読み好きなLyra の性格、故か?

これ言われたら恥ずいわ〜💕

あからさまに言うタイプの人じゃないのに、その時は、そうなのか?と考えたらドキドキする。

あと、どこか一昔前のHM/HRの歌詞っぽくてノスタルジーを感じるのは、Lyraだけだろうか?

LAメタルやBad Boys系に良くあるよね〜、やるときの歌詞は。

見た目の派手さか?

Backyard BabiesもDregenも、ハードロックやヘヴィメタルに思われがち。

だが、彼らのサウンドを良く聴いてみると、それよりもPunkやGarage RockやGrum Punk色が強いことに気づくと思う。

彼らが小さい時から、色んなRockを聞いて来た歴史の現れだ。

初めて会った時、Punksぽかったのを覚えている。

Dregenめちゃくちゃ格好良かったし、めちゃくちゃ優しい性格の良い人だと思ったよ。

メンバー、フットワークが軽くて、アクティブな格好良い人達だった。

サウンドも相変わらず、今もRockしていて、メンバーも変わらずにパワフルで仲良しなのが、素敵だと思える数少ないバンドだ。

だから、Dregenのギターや曲を聴くと元気がでるのだろう。

Rockを楽しみ続けているのが伝わって来る。

このままずっとRockし続けて欲しい。

Hot なRockだ。

今夜は雪が積もっても(今年、東京は初積雪なる?)、Dregenのパワフルなギターを聴いて、Hotになるよ。

この歌詞にポッ!となりながら、ドキドキして酔いしれるの。

Tonight I’m getting my groove on by this tune!

can’t sleep 〜 ♪

スポンサーリンク[ad#go1]

 

Dregen formed the Backyard Babies with his childhood friends Nicke Borg, Peder Carlsson and Johan Blomqvist in their own town of Nässjö, Sweden. The band moved to Stockholm to pursue wider success. The group signed a record deal and released their debut album Diesel & Power in 1994.

Also in 1994, Dregen met singer and guitarist Nicke Andersson who at that time played drums with Swedish death metal outfit Entombed. Together they formed another band, The Hellacopters. The Hellacopters found success in 1996 with their album Supershitty to the Max!, which won a Grammis. It was followed in 1997 by the record Payin’ the Dues. The band also toured with KISS. That same year, Backyard Babies released another Grammis winning album – Total 13.

By the end of the 1990s, Dregen decided to leave The Hellacopters and subsequently focused on recording and performing with Backyard Babies.

The album Making Enemies is Good was released in 2001, and Backyard Babies were awarded another Grammis. They toured the world several times and even did a European tour opening up for AC/DC. Since then, the band have released a number of EPs, singles and albums such as Stockholm Syndrome, People Like People Like People Like Us, Backyard Babies and Them XX. The latter resulted in an anniversary tour in 2010, following which the band announced an indefinite hiatus.

In a 2011 interview with Rocksverige.se, Dregen mentioned the band would eventually come together and be stronger than ever in response to rumours surrounding the band’s still ongoing hiatus. During this hiatus, Dregen released a personal autobiography, followed by his first solo record in September 2013 (As of July 2011, Dregen was working on his first solo album).

Then, after a 5-year absence, Backyard Babies returned in 2015, going on to release Four By Four later that summer. Its release marked the band’s first album in 7 years.

Selected discography

  • 1994 Backyard Babies – Diesel & Power (Guitar, backing vocals)
  • 1996 The Hellacopters – Supershitty to the Max!(Guitar, vocals)
  • 1997 The Hellacopters – Payin’ the Dues (Guitar, backing vocals)
  • 1997 Backyard Babies – Total 13 (Guitar, backing vocals)
  • 1999 Supershit 666 – Supershit666 (Guitar, vocals)
  • 2001 Backyard Babies – Making Enemies Is Good(Guitar, backing vocals)
  • 2001 Infinite Mass – Bullet (Guitar)
  • 2003 Backyard Babies – Stockholm Syndrome(Guitar, backing vocals)
  • 2003 Wilmer X – Lyckliga Hundar (Guitar, backing vocals)
  • 2004 Kurt-Sunes Med Helveteshundarna – (Komma Ut Ur Machen) Nu! (Guitar)
  • 2004 Dregen and Tyla – The Poet & The Dragon(Guitar)
  • 2004 Urrke T & Midlife Crisis – Ask Not What You Can Do for Your Country… (Guitar)
  • 2006 Backyard Babies – People Like People Like People Like Us (Guitar, backing vocals)
  • 2008 Backyard Babies – Backyard Babies (Guitar, backing vocals)
  • 2008 Timbuktu – Tack för kaffet (Guitar, vocals)
  • 2010 Imperial State Electric – Imperial State Electric (Guitar, backing vocals)
  • 2011 Märvel – Warhawks Of War (Guest guitar)
  • 2013 Dregen – Dregen (Guitar, vocals)
  • 2013 Michael Monroe – Horns and Halos (Guitar, backing vocals)
  • 2015 Backyard Babies – Four By Four (Guitar, backing vocals)

 

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go5]

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪