Blind Melon【No Rain】 Don’t Sacrifice for Success. 和訳 Lyrics

仲良しバンド。engaging smile.

仲良過ぎてSleepy Houseで共同生活しながらセカンドアルバム「Soup」も作っちゃった。

仲良しバンドなだけに聴いていて心地よい、何処か懐かしいアメリカンロックを楽しませてくれるバンドだった。

わずか3枚のアルバムと4年間の活動が、第一次Blind Melonの終わり。

勿体ないバンド。

スポンサーリンク

今日Lyraがお話するブラインド・メロン(Blind Melon)はアメリカ、カリフォルニアのロックバンド。

1989年結成。1992年にアルバム『Blind Melon』でデビュー。

Guns n’ Rosesガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズが彼らを気に入りバックアップをしたため注目を集め活動して行く。

Guns n’ Rosesの”Don’t You Know Cry”のプロモでAxl Roseの後ろで、ヨレヨレのネルシャツを着てコーラスしてるのがVoのシャノン・フーンだよ。

あのド派手なPVを見て知ってる人も多いでしょうね。

当時1990年代はじめのGuns n’Rosesと言ったらものすごい人気者。

そのアクセルがバックアップしてるんだからハードで派手なRockを聴かせてくれるだろうと周りも世界もBlind Melonに期待をした。

だが、実際のサウンドはアメリカの土地に根ざした昔ながらのAmerican RockがベースのBlind Melon。

世間のイメージとのズレを生じさせてしまうのも無理もない。

田舎の小さなライブ会場を回るロード生活を強いられ、地道に活動し評価を確立させて行く事になったから苦労人でもあると言える。

そんな彼らの最初のビッグヒットをLyraが和訳したので聴いてみて。

1stアルバム『Blind Melon』に収録されている”No Rain”。

( amazon ↓ ↓ )

確か可愛い蜂の子が出てくるビデオはMTVの賞を取ったんじゃなかったかしら。

温まる歌です。

スポンサーリンク

= No Rain =

All I can say is that my life is pretty plain
I like watchin’ the puddles gather rain
And all I can do is just pour some tea for two
And speak my point of view but it’s not sane
It’s not sane

僕が言えることはね、僕の人生はいたく平凡だってこと

雨でさ、 水溜りが1つになるのを見てるのが、僕は大好きなんだ

それに僕が出来る事は、2人分のお茶を注ぐこと

僕の観点から話してみてよ

でも、正気じゃないな

健全じゃないや

I just want someone to say to me, oh
I’ll always be there when you wake, yeah
You know I’d like to keep my cheeks dry today
So stay with me and I’ll have it made
And I don’t understand why sleep all day

僕はただ話してくれる人が欲しいだけ、そう

君が起きてる時は僕はいつもそこにいるよ、そうだよ

今日は僕の頬が涙で濡れないようにしときたいなぁ

だからさ、僕と一緒にいてよ

そしたら成功間違いなしだ

わかんないな、何故一日中眠っちまうんだろう

And I start to complain that there’s no rain
And all I can do is read a book to stay awake
And it rips my life away but it’s a great escape
Escape, escape, escape

それにさ、僕は雨が降らないと文句言い始めちゃう

僕が出来る事は寝そびれちゃった時に本を読むこと

それは、僕の人生をピリッと引き取って大脱出みたいにするの

脱出だぁ、逃げろ、逃げろ

All I can say is that my life is pretty plain
You don’t like my point of view, you think that I’m insane
It’s not sane, it’s not sane

僕が言えることはね、僕の人生はいたく平凡だってこと

君は僕の観点が嫌いだね、君は僕が正気じゃないと思ってるもんな

正気じゃないよ、健全じゃないや

I just want someone to say to me, oh
I’ll always be there when you wake, yeah

I just want someone to say to me, oh
I’ll always be there when you wake, yeah
You know I’d like to keep my cheeks dry today
So stay with me and I’ll have it made, I’ll have it made, I’ll have it made
Oh, no, no, you know, I really wanna, really gonna have it made
You know, I’ll have it made

僕はただ話してくれる人が欲しいだけ、そう

君が起きてる時は僕はいつもそこにいるよ、そうだよ

僕はただ話してくれる人が欲しいだけ、そう

君が起きてる時は僕はいつもそこにいるよ、そうだよ

今日は僕の頬が涙で濡れないようにしときたいなぁ

だからさ、僕と一緒にいてよ

そしたら成功間違いなしだ

大成功間違いなしだろうな

大成功間違いなしだろうな

ああ、ちがう、ちがう

僕が本当に欲しいのはわかるでしょ?

本気で大成功を手に入れること

本当に大成功するよ

ソングライター: Shannon Hoon / Christopher Thorn / Thomas Stevens / Brad Smith / Glen Graham
No Rain 歌詞 © Sony/ATV Music Publishing LLC

Translator 和訳:Lyra Sky

ハスキーだけどファルセットVoice。このシャノンの素の歌い方&歌声がLyraに癒しをくれるの。

わざと作ったファルセットじゃないの。(わざと作った歌い方が悪いわけじゃないのよ、アクセル)

ビデオのHoney Beeも理解されなくて街を放浪して、わかってくれる人を探すためにダンスしてわかってもらおうと街中を駆け回る。

その健気な姿は、Blind Melonを擬似化したものだとLyraは感じて胸が痛くなるよ。

「me.me.me」じゃなくて

「See me」わかってよ、、、だよ。

Music Videoはラスト、仲間に会えて皆んなとダンスして幸せそうなHoney Bee。大成功ね。

実際のBlind Melonは一部のファン以外には受け入れられなかった。大成功ではなかった。

1995年セカンドアルバム『Soup』をリリースしたが、アメリカ南部の土臭いサウンドを取り込んだこのアルバムは、当初の売上は伸び悩みバンドメンバーを失望させた。

( amazon ↑ ↑ )

10月21日、ニューオーリンズでツアー・バスの中ヴォーカルのシャノン・フーンがコカインの過剰摂取の為に死亡。1996年に未発表音源などを集めたアルバム『NICO』をリリースしてバンドは活動を停止する。

この売り上げは、シャノンの息子NICOに寄付された。

若すぎる死。絶望したからか?

悪い癖(Drug)をやめられなかったからか?

大成功しなかったから?

大成功しなくたっていいじゃない。死んだらおしまいでしょう。

スポンサーリンク

音楽をカテゴライズしてまとめて【One Pack】にして売り出すのが好きな音楽業界。

1990年代は昔からのその【One Pack】まとめ売りが大盛況だったから、アメリカの色んな要素が含まれたBlind Melonは一般的にはわかりにくいからと、まとめ売りから弾かれてしまったんだろうね。

今だったら売り上げが伸びたんじゃない?売り上げばかり気にするのは私は嫌いだけど、、、。

多様性があるのも個性と、今のリスナーは受け入れ体制できてるよね。

時代が早過ぎたのかもね。

それとも、今だって時代とマッチしていないと弾かれるのは同じだけどね。でも、現在はBlind MelonのShannonがいた時代よりは柔軟じゃないかしら。

弾かれたとしてもBlind Melonの地味だけど人の呼吸や脈動が感じられる作品は、作り物じゃないから永遠に私を揺さぶるよ。

皆んなにはどう?シャノンの声が届いた?

Lyraの言いたいことも届いてるのかな?

Lyraは今回この”No Rain”は、駄々っ子ぽくしてみたの、、、。

「大の大人の男性がオカシイだろ?」って言わないでね。男性だってこういう人いるじゃない。

甘えん坊。

それに幼児性を出した口調の方がシャノンの歌声にあってる気がするの、、、良い意味でよ。

寝ぼけ眼で語る男が、横にいる誰かに話してる感じ。

寝起きの朝かもしれないね。

そんなベッドサイドストーリーを頭に浮かべて和訳したよ。どうかな?感想聞かせてね。

( amazon ↑ ↑ )

「売れたい」

「大成功したい」とシャノンは、Blind Melonのメンバーは、まいにち毎日、一緒に住む一軒家で話したんだろうな。

楽しくワイワイ話すのは楽しい。

でも、1人部屋に戻って追い詰めちゃ体も心も壊れちゃうよ。

うまく言えないけど、どっぷりハマり上を見続けるのは最高だけど、周りが見えなくなるのはいけない。

無理し過ぎや、目標の追い過ぎは自我をなくす。

その匙加減が大人ということなんだ。

でもそれは嫌って言うのがRockerなのよね。

「馬鹿ね。やめなさい。もっと大事な物があるでしょう?」

シャノンが居たらLyraはそう言ってしまうよ。

そう言う人が居たら、貴方も言ってあげてね。

シャノンが亡くなって活動休止していたBlind Melonは、2006年トラヴィス・ウォレンをヴォーカリストに迎え、再始動。2008年にアルバム『For My Friends』リリース。

( amazon ↓ ↓ )

2008年11月に一度トラヴィス・ウォレンは脱退するが、後に復帰し現在も活動している。

シャノン・フーンの空いた穴が大き過ぎてやり難いのかもね。

でも、再チャレンジしてる。

無理せず頑張って欲しい。

追い詰めないで自由にやり続けて欲しいな。

それが一番難しいんだけどね。

自分が誰か、自分ば何者か?

自分にとって大切な人は誰か?がわかっていたら、それを守るのを第一にすべき。

あとは平凡な日常で良いんだよ。

間違った道じゃなかったら永遠に続けていけるんだから。

間違っていたら別の道を歩いて行けば良い、、、それだけ。

それだけで大成功だよ。

笑えるならば大成功だよ。

今日も空を見ながらそう呟くの。

雨は降っていないかな?

スポンサーリンク

= Blind Melon =

出身地  アメリカ合衆国 カリフォルニア
ジャンル ロック
オルタナティヴ・ロック
活動期間 1991年 – 1995年、2006年 –
レーベル EMI、キャピトル・レコード
公式サイト http://www.myspace.com/blindmelon
メンバー クリストファー・ソーン
ロジャース・スティーブンス
グレン・グレアム
ブラッド・スミス
旧メンバー トラヴィス・ウォレン
シャノン・フーン1989年結成

メンバー

クリストファー・ソーンChristopher Thorn/ギター
ロジャース・スティーブンスRogers Stevens/ギター ピアノ
グレン・グレアムGlen Graham/ドラムス
ブラッド・スミスBrad Smith/ベース パーカッション
トラヴィス・ウォレンTravis Warren/ヴォーカル
シャノン・フーンShannon Hoon/ヴォーカル 1995年10月21日死去 28歳没

= ディスコグラフィ =

スタジオ・アルバム

Blind Melon (1992年) 最高位3位、4xプラチナム(U.S.)
Soup (1995年) 最高位28位(U.S.)
Nico (1996年) 最高位161位(U.S.)
For My Freinds (2008年)
コンピレーション・アルバム

Classic Masters: Blind Melon (2002年)
The Best of Blind Melon (2005年)
ライブ・アルバム

Live at the Palace(2006年)

スポンサーリンク

“Blind Melon【No Rain】 Don’t Sacrifice for Success. 和訳 Lyrics” への4件の返信

    1. Oh,So sorry!
      My blog’s using google translation. Sidebar or at the bottom of the screen.
      Can you use it on your mobile?
      But it often makes wrong mistakes now, isn’t it?
      Come to see me without discounting this,please.
      Thanks a lot for your massage! love
      ( ◠‿◠ )

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪