The Hunna【Bonfire】蒼いと燃やし尽くしたい愛の炎 和訳 Lyrics

イギリスで2016年デビューしたのに、ニュースが入って来ないのは何故かしら?

またUK Rockが低迷期に入ったとか色んなこと言う人が居るけど、そんな事言ってる暇があったら良い音を探せば良いじゃない?

   スポンサーリンク

今日Lyraが紹介するのはイギリスはハートフォードシャー州出身のバンドThe Hunna。2015年に結成され2016年にデビューした。

メンバーは

ギター&ボーカルのRyan Potter、

ギタリストのDan Dorney、

ベーシストのJermaine Angin、

ドラマーのJack Metcalfe 。

ハートフォードシャー州の中ではない都会のワトフォードで生まれ育ち16歳の時にVo.のRyanがG.のDanと出会ったのがきっかけであとにJermainとJackが参加し現在の4人編成に。

インディーロック、オルタナティブロックと言われて居るが、色んな音楽性から影響を受けたと言っている。

聴いてると前にLyraが和訳&紹介したKings Of Leon キングスオブレオンや、Foalsや

Queenの壮大さと同じ世界を感じるよ。

(amazon ↑ ↑ )

Lyraが今日、和訳したのはThe Hunnaの1st”100″の中から、気持ち良い抜け感がある”Bonfire”という2015年10月リリースされたデビュー曲です。

Lyraの和訳の後にVideoあるから見てね〜。

スポンサーリンク

= Bonfire = The Hunna

And if you love me then why won’t you use me?
If you hate me then why do you care?
You said that we would go the distance
Now you don’t take me anywhere
Now bite my tongue, but fuck your heart
And I can’t stand, I can’t stand you, baby
We don’t know which way to go
We don’t know which way’s home
We don’t know which way to go
We don’t know which way’s home
And we blew up like a bonfire, fire, fire
And we blew up like a bonfire, fire, fire

ねぇ、僕のこと愛してるなら、何で僕と一緒にいないの?

僕のことを大嫌いなら、何で気にかけてくれるの?

君は言ったよね、一緒に遠くへ行こうって

今じゃ、何処にも僕と一緒に行かないじゃないか?

今じゃ、言いたいことも我慢してさ、傷つける奴だな

もう我慢できない、君には耐えらんないよ、ベイビー

僕らには、どっちの道を選べきかわかんないよ

僕らには、どれが帰るべき道なんだ?

僕らには、どっちの道を選べきかわかんないよ

僕らには、どれが帰るべき道なんだ?

僕らは焚火みたいに爆発したんだ

炎さ、炎のようだよ

そして、僕たち焚火みたいに爆発したんだ

炎さ、炎のようだよ

And you say you want to be alone
Outside the place that we call home
When you come at me with that face
I don’t know what to say
We don’t know which way to go
We don’t know which way’s home
We don’t know which way to go
We don’t know which way’s home
And we blew up like a bonfire, fire, fire
And we blew up like a bonfire, fire, fire
And nothing’s gonna feel the same
‘Cause our love is going up in flames
And we blew up like a bonfire, fire, fire

そういや、君は1人になりたいって言うよね

僕らが我が家と呼んでるあの場所の外

君があの表情で僕のところにやって来ると、僕は何を言ったら良いのかわからなくなる

僕らには、どっちの道を選べきかわかんないよ

僕らには、どれが帰るべき道なんだ?

僕らには、どっちの道を選べきかわかんないよ

僕らには、どれが帰るべき道なんだ?

僕らは焚火みたいに爆発したんだ

炎さ、炎のようだよ

そして、僕たち焚火みたいに爆発したんだ

炎さ、炎のようだよ

何物も同じような気持ちにはしてくれないさ

だって僕らの愛は、愛の炎のなかで燃え上がるんだから

そして、僕たち焚火みたいに爆発したんだ

炎さ、炎のようだよ

スポンサーリンク

So let’s burn this to ashes
And go our own way
So pass me the matches
And we’ll both watch the flames
So let’s burn this to ashes
(Burn) And go our own way
(Burn) So pass me the matches
And we’ll both watch the flames
And we blew up like a bonfire, fire, fire
And nothing’s gonna feel the same
And we blew up like a bonfire, fire, fire
And we blew up like a bonfire, fire, fire
And nothing’s gonna feel the same
‘Cause our love is going up in flames
And we blew up like a bonfire, fire, fire

だから、この愛を灰になるまで燃やしてしまおう

そして僕ら自身の行くべき道を行くんだ

マッチを渡してくれよ

そして、一緒に愛の炎を見よう

だから、この愛を灰になるまで燃やしてしまおう

(燃やせ!)自分自身の道を行け

(燃やせ!)だから、マッチを渡してくれよ

そして、一緒に愛の炎を見よう

そして、僕らは焚火みたいに爆発したんだ

炎さ、炎のようだよ

何物も同じような気持ちにはしてくれないさ

だって僕らの愛は、愛の炎のなかで燃え上がるんだから

そして、僕たち焚火みたいに爆発したんだ

炎さ、炎のようだよ

何物も同じような気持ちにはしてくれないさ

だって僕らの愛は、愛の炎のなかで燃え上がるんだから

そして、僕たち焚火みたいに爆発したんだ

炎さ、炎のようだよ

ソングライター: Daniel Raymond Patrick Dorney / Liam Keith Willford / Ryan Joseph Potter / Timothy Elliott Larcombe
Bonfire 歌詞 © Kobalt Music Publishing Ltd.

Translator : Lyra Sky 和訳

バンド名であるHUNNAは、彼らの町のスラング「100%を与えよう」という意味。

困難や挫折を繰り返しても100%の力を出し切る思いを忘れずにやって来たから、つけたんだ。

2016年デビューアルバムも『100』だ。

真面目じゃない?

Lyraは好きなモノや夢に対して真面目に努力し、奮闘してる人間が大好き。

The Hunnaが頑張って最高な音を探し続けていくバンドになってほしいよ。

( amazon ↑ ↑ )

見た目が地味だし、まだまだ子供感から抜け出てない。

だから逆に、化けるかもよ〜ん!

ただね、サビの繰り返しにKey Wordsを持って来るのは効果的なんだけど、他の曲でも同パターンなのよね、、、飽きられちゃう可能性あるから他の手法も視野に入れると作品の幅が広がるんだけどなぁ。早くHunna達よ、気づいてねっ。

イカツイGirls & Boysが出てるミュージックビデオだけど、Tatooどけたら街にたむろってる可愛いティーンだ。

この”Bonfire”は、若いティーンか、それよりチョイ上の男子(又は女子)の上手くいかない恋愛についての歌にしながら、普通の大人の恋愛にもある「すれ違い」の歌なんだよ。

ロックだからと言って、男だからと言って、「俺」ばかり使うのは好きじゃないから、色々と言葉で遊ぶのが好きなLyraです。

今回は「私」にしたかったね。でも、ライアン(男)だから「僕」にしたよ。

好きな子がつれないから、どうせダメなんだったら自分から言い出して、別れちゃえって自暴自棄になってる男なんだろう。

一緒に何処へでも行きたいもんね。わかるよ、君、君。

Lyraもそう。何処へ行くにも一緒がいいもん。

だから、一緒に行かなくなったあの子は、この関係が飽きたか、悩み事があって他に頭がいってるか?なのよ。

恋愛モードじゃないのかもね。

だから、燃やしちゃえ。別れちゃえって言ってる歌詞なんだけど、、、

愛の炎を燃やすのは好きだからなのよね。

愛してるから。

break upじゃないの。Burn upなの。

そこが可愛いな、刹那いなとLyraは感じたので綺麗にまとめてみました。

だからスラングでも汚くしなかったたよ。

愛の炎って燃え尽きるのかな?

パッと終わりが見えていたら、この歌詞の子みたいに燃やし尽くすかも。

一瞬、激しく火がつき、燃え尽きる愛もあるだろう。

でも、チラチラと長く燃え続けるのもあるんじゃない?

無理して燃え尽きなくて良いのよ。

どうせならば灰になるまで、、、

灰になるまで、

Lyraはチラチラと長く永遠に燃え続ける愛の炎を燃やし続けるよ。

チラチラと。

スポンサーリンク

= The Hunna =

出身地: イギリス ハートフォードシャー (2015年)
アルバム: 100, Dare
ジャンル: インディー・ロック, ポップ・ロック, オルタナティヴ・ロック

レーベル: 300 Entertainment, アトランティック・レコード

The Hunna are an English rock band from Hertfordshire in England formed in 2015. The band members are singer/guitarist Ryan Potter, lead guitarist Dan Dorney, bassist Jermaine Angin and drummer Jack Metcalfe.

The band takes inspiration from a wide range of sources, including bands like Kings Of Leon, Foals and Queen.

The Hunna
Origin Hertfordshire, England
Genres Indie rock, pop rock, alternative rock
Years active 2015–present
Labels 300 Entertainment, High Time Records, Atlantic Records
Members Ryan Potter
Dan Dorney
Jermaine Angin
Jack Metcalfe
History Edit

Formation and early beginnings Edit
Members Dan and Ryan met while attending the same college. Dan and Jermaine had known each other for several years and learned to play guitar together. Eventually, they met Jack and the four later formed the band together. According to the band, the name comes from using the slang term “‘hunna’ in everyday language with each other… We put ‘the’ in front and landed on ‘The Hunna’. The name is also what we are really all about, we give 100% in our music and in our daily lives.”

They also cite a major hip-hop influence for the band name.

They released their first single “Bonfire” in October 2015.

2016-present Edit
In the beginning of 2016, they released their second single “We Could Be.” The Hunna performed at Reading and Leeds  Festival and Dot-to-Dot Festiva and performed on the BBC Introducing Stage   in Summer 2016. In August 2016, The Hunna released their sixteen-track debut album 100, produced by Tim Larcombe and Duncan Mills.

The album debuted at #3 on the UK Indie Chart,  and #13 on the Official UK Album Chart.

In the United States, it peaked at #36 on the Heat Seekers chart.

The album’s lead single, “You and Me” made it to U.S alternative radio including Sirius XM Alt Nation, Music Choice and peaked at number 28 on the U.S. Alternative Songs.

The Hunna toured with Jimmy Eat World in the fall of 2016.

They headlined Alt Nation’s Advanced Placement tour in late 2016 with Night Riots and The Shelters.

The Hunna were set to headline the Festival Republic Stage at Reading and Leeds Festival following a headline ‘100’ album tour in the UK in January 2017.

The Hunna were on the line-up for Community Festival in Finsbury Park, London on 1st July 2017.

Discography Edit

Studio albums Edit
List of albums, with selected chart positions, sales, and certifications
Title Album details Peak chart positions
UK

100
Released: 26 August 2016
Label: 300 Entertainment (US) / High Time Records (UK & ROW) / Warner (Germany, Austria and Switzerland)

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪