【Bootsy’s Rubber Band/ Can’t Stay Away】和訳解説 ブーツィー・コリンズらしい甘々ラブソング A Man being Turned On

 

Happy Birthday Bootsy! I hope that today is the beginning of another wonderful year. Take care and Live Long please!

今日はBootsy Collinsのバースデイざんす!

去年のBootsyのお誕生日には BucketheadとのコラボしたBootsy の曲をお届けしましたが、今年は「マイナーな曲より、有名な曲が良いかな?」と思い、Bootsy自身のバンドの曲を和訳解説しちゃいます。

PearlamentなどP-Funkのベーシストと言ったらBootsyだよね。P-Funk好きになって、FunkadelicやGeorge Clinton周辺聴きまくっていたけど、彼のベースとあのド派手なファッションに魅せられて一時期どんハマりしました。

Bootsyの歌詞はシンプルなラブソングやSpacyなものが多い。

今日はとってもSweetなラブソングにしちゃったよ。

「こんなこと言われてみたい〜!」って歌詞よん。

女性に優しいBootsyは素敵です。

今日Lyraが和訳するのは、アメリカ合衆国オハイオ州シンシナティー出身のミュージシャン、ベーシスト、ヴォーカリストの Bootsy Collins ブーツィー・コリンズWilliam Collins、本名 ウィリアム コリンズ 1951年10月26日 – )。

スポンサーリンク

 

James Brown ジェームス・ブラウンのバックバンドを経てPファンク主要メンバーの一人として活躍。

ファンクの代表的なベーシストの一人である。

和訳【Bootsy Collins& Buckethead /Monster Mash】Bootsy CollinsとBucketheadについて 解説

 

今日Lyraが和訳する曲は、Bootsy のバンドである Bootsy’s Rubber  Band の曲【Can’t Stay Away】。

1977年の2ndアルバム 『Ahh… The Name Is Bootsy, Baby!』に収録されている。

詳しい解説はLyraのHipな和訳の後に又お話しましょう!

(click to amazon↓ ↓ ) 2nd Album “Ahh…The Name Is Bootsy, Baby!” [Analog] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

(click to amazon↓ ↓)2nd Album  “Bootsy’s Rubber Band / Original Album Series 5pack CD”  [5CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

Ahh…The Name Is Bootsy, Baby! is a funk album by Bootsy’s Rubber Band, released on January 15, 1977. It reached number one on Billboard magazine’s Top R&B/Soul albums chart, the first P-Funk release to achieve this goal. The album was produced by George Clinton and William “Bootsy” Collins and arranged by Bootsy and Casper (names William Collins uses to refer to his various role)

スポンサーリンク

=Can’t Stay Away=

I just can’t stay
I, I can’t stay
Oh, I can’t stay
Hey!

Oh I can’t stay away from you too long
I hum your face just like a new song
Your smile is like a punch line
The part you sing all the time
Oh I can’t stay away from you too long

You know your name should be Melody baby
‘Cause your personality is, uh, so melodic
I been dreamin’ to the tune of you
Since first we met
You turned me on in a day

Ever since I kissed you
I could never stand to miss you
So I’m singing ‘bout your kisses
Every moment of the day

Oh I can’t stay away from you too long
Your melody, I taste them when you’re gone
Your smile is like a punch line
The part you sing all the time
Oh I can’t stay away from you too long

You’re number one with a bullet
On my chart
You’re a total smash baby
Pop, you’re R&B, you’re MOR
You’re easy listening
You turned me on in a day baba
Ever since I kissed you
I could never stand to miss you
So I’m singing ‘bout your kisses
Every moment of the day
You’re so psychedelic baby
You’re also pretty music to my ears
By the way
What key are you in baby?
La di da, la di da, la di di da da baba
WellI can’t stay away
I can’t stay away
I can’t stay away
I can’t stay away
I just can’t stay away
I can’t stay away
I just can’t stay away
(repeat over and over…)

 

俺にはムリ

お、俺はいらんない

ただ〜無理って言ってんの

おいって!

 

ああ

俺は長い間

お前と離れているなんて無理さ

新曲みたいに

お前の顔をハミングするんだ

最高のギャグのオチみたいな

お前の微笑み

お前の歌うパートは全部さ

ああ

俺は長い間

お前と離れてはいられねぇんだよ

 

お前の名前は

最高のメロディみたいだよな

ベイビー

だって

お前の強烈な魅力は

おお

うー

とても美しいメロディさ

俺はずうっと

お前の曲を夢見て来たんだぜ

初めて出会った時からさ

たった1日で

お前は俺をムラムラさせるんだから

 

お前にキスして以来

俺はお前が恋しくて仕方なかった

だから俺は

お前のキスについて歌っているんだ

1日中どんな時もね

 

スポンサーリンク

 

ああ

俺は長い間

お前と離れているなんて無理さ

お前のメロディ

お前がいなくなると

俺はソイツを噛み締めてるよ

お前の微笑みは

最高のギャグのオチみたい

お前の歌うパートは全部さ

ああ

俺は長い間

お前と離れているなんて無理さ

お前の曲は俺のヒットチャートじゃ

最上位ナンバー1さ

お前の曲は全部大ヒットだぜ

ベイビー

ポップスも

お前はリズム&ブルーズだし

お前はMORだ

イージー・リスニングだしな

お前は俺を

たった1日で

ムラムラさせる

かわいいお前

お前にキスして以来

俺はお前が恋しくて仕方なかった

だから俺は

お前のキスについて歌っているんだ

1日中どんな時もね

 

お前はめっちゃサイケな女だよ

それに俺の耳には

とても洒落た音楽でもあるんだぜ

ところで

お前のキーはどの高さかな?

ラ、ディ、ダ、

ラ、ディ、ダ、

ラ、ディ、ディ、ダ、ダ、

ああ可愛い

だから俺は離れられないんだ

俺は離れられないんだ

俺は離れられないんだ

俺は離れられないんだ

俺は離れてるなんて無理だよ

俺は離れられないんま

俺は離れてるなんて無理だよ

(何度も繰り返す)

Songwriters: George Clinton, Bootsy Collins, Todd Shaw, James Beard

Translator: Lyra Sky 和訳

思わずリズムを取ってしまう〜。

『Ahh…The Name Is Bootsy Baby!”』は、1977年1月15日リリースのファンクアルバム。

「ああ…名前はブーツィー、ベイビー!」ってタイトルが笑えるが、これがBootsy形式で他タイルもこんな感じで、ユルユルで楽しいの。

P-Funkをメインストリームへ!の目標を達成した最初のP-Funkリリースのアルバムで、Billboard マガジンのR&B /ソウルアルバムチャートで1位を獲得したから凄い!

記念すべきアルバムと言えるでしょう。

 我らがGeorge Clinton ジョージ・クリントンとBootsyによって制作され、アレンジは、Bootsy とCasper キャスパー。

ふだんとは違い、こう言う時の表記はWilliam Collinsとか、William “Bootsy” Collinsとされているのは、彼のさまざまな役割を指すために使用する正式名として使用してるそう。

ONとOFFの使い分け?(ライブはOFFじゃないけどww)

 

(click to amazon↓ ↓ ) 2nd Studio Album “Ahh…The Name Is Bootsy Baby!” [Analog] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

(click to amazon↓ ↓ ) “Bootsy’s Rubber Band Original Album Series 5pack”  [5CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

この2ndアルバムは、Bootsy’s Rubber Band のセカンドアルバムであり、彼のベスト・アルバムと広く見なされてる素晴らしい作品であり、入門的に入るには最適なアルバムだと思う。

 

スポンサーリンク

Lyraが大好きな前にブログで紹介したFunkadelicは、P-Funkのカテゴリーでとても重要なバンドだし、イチオシしたいくらいなの。でも一般的にはムカナイ。

P-Funk All StarsやGeorgeのPearlamentなど、又はBootsyとGeorgeの代表的なバンドと比べたらFunkadelicは、マイナーだから、入門には向かないと思う。

あちらが明なら、Funkadeliは暗。

Lyraとしては陰陽でどちらも支えあってる感じがする、、、欠けてはいけないもの。個人的な意見です。

 

*Funkadelicについては、こちら→ 【Funkadelic / Free Your Mind … And Your Ass Will Follow】和訳 解説 My Beautiful Song Of Universe 瞑想で宇宙へ

 

 

MotherpageはこのBootsy’s Rubber Bandsのアルバムに、5つ星の評価を与えているからメジャーだし評価高いしね、おすすめ。

これも、Bootsyの他の作品のほとんどと同様に、ダンストラックとスロージャムに分かれています。

【The Pinocchio Theory】「ピノキオ理論」という曲もすごく良くて、これは、George Clinton の作品である【Sir Nose D’voidoffun】に影響を与えたと言われています。

(P-ファンクの神話を参照しろよ。ファンクを偽造すると、鼻が大きくなり、ノーズ卿がファンクを偽造するぜ)。

タイトルトラックは、Eazy-Eの1988年のトラックWe Want Eazyのインスピレーションであり、Bootsyが曲のミュージカルビデオにカメオ出演したり、横の繋がりもある曲もあり。

「このアルバムから、広げていき、P-Funkが好きになると楽しいよ〜」と思ったので、これを今日は紹介しました。

甘いラブソングだし、聴きやすい。

Bootsyの凄技ベースを聴きながら、腰を動かしてダンスしたら嫌なことも忘れるでしょう。

好きな女性を最高な音楽に例えて口説いてるところも良い!

I wanna be your favorite love song of smash hit!

 

“Bootsy’s 3DVD Box” [DVD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

Bootsy’s second album is widely considered his best: the Motherpage gives it five-star ratings. Similar to most of Bootsy’s other work, it is divided between dance tracks and slow jams. The song “The Pinocchio Theory” inspired the George Clinton creation Sir Nose D’voidoffunk (see P-Funk mythology: the song says if you fake the funk, your nose will grow, and Sir Nose fakes the funk).

The title track was inspiration for Eazy-E’s 1988 track We Want Eazy, with Bootsy making a cameo appearance in the song’s musical video.

Personnel

  • Guitars: Phelps “Catfish” Collins, Garry Shider, Mike Hampton, Glenn Goins, Bootsy Collins
  • Drums & Thangs: Frankie “Kash” Waddy, Jerome Brailey, Gary Cooper, Bootsy Collins
  • Keyboards: Joel “Razor-Sharp” Johnson, Bernie Worrell
  • Space Bass: Bootsy & Casper
  • Horny Horns: Fred Wesley, Maceo Parker, Rick Gardner, Richard “Kush” Griffith
  • Horns: Randy, Michael Brecker
  • Front Ground Vocals: Gary Cooper, Robert Johnson
  • Horn Arrangements: Fred Wesley and Bootsy Collins

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。