Jimi Hendrix Experience / Foxy Lady 和訳 Cliché 口説き文句

今日はJimi Hendrixの命日。

Jimiのギターが好きだから、どの曲にすべきか本気で迷ったあー!

やっぱ王道で行くわ。Jimi’s favorite love.

今日、Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国のミュージシャン、シンガーソングライター、ギタリストのJimi Hendrix ジミ・ヘンドリックス ( James Marshall Hendrix ジェームズ・マーシャル・ヘンドリックス( 1942年11月27日 – 1970年9月18日)。

何故か、日本では略して「ジミヘン」で呼ばれるて親しまれている。

日本人、略すの好きね〜♪

スポンサーリンク

Free of Loveのあの混乱の時代に黒人でありながら、白人のロックスター、ギタリストとして売り出されたのは異例中の異例だし、それで成功したのは、Jimiだけなんじゃない?

Jimiは、才能溢れるギタリストであり、又、話題性のある今で言うセレブ的な要素もあったアーティストだと思う。

Jimiは、右利き用のギターを逆さまにして左利きの構えで演奏するスタイルで知られているけれど、こんな人いないでしょう?

それにあの有名なギターを歯や背中で弾くわ、、、火をつけてメラメラ・パフォーマンスするわ、、、

破壊するパフォーマンスで有名な変わりもんギタリストである。

「ローリング・ストーン誌が選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第1位、2011年の改訂版でも第1位に選ばれている。

2008年5月にブラジルのメタル専門誌『ROADIE CREW』が行った「HR/HM系ミュージシャンが選ぶギタリスト・ランキング」『ギター・マガジン』2010年12月号の「ギター・マガジンが選ぶ! 史上最も偉大なギタリスト100人」で1位。

「ローリング・ストーン誌が選ぶ歴史上最も偉大な100組のスター」においては第6位に選ばれている。

ロック史上に君臨するギタリストのJimiの命日に捧げる曲にLyraは、【Foxy Lady】を選びました。

Jimi って愛を強く求めていた人みたいだから、、、

Lyraの和訳の後に又お話ししましょう!

(click to amazon ↓↓ )  Studio Albums “Are You Experienced?” クリックしてアマゾンへ ↓ ↓ 

*Jimi Hendrix Historyは、こちら!

 

James MarshallJimiHendrix (born Johnny Allen Hendrix; November 27, 1942 – September 18, 1970) was an American rock guitarist, singer, and songwriter. Although his mainstream career spanned only four years, he is widely regarded as one of the most influential electric guitarists in the history of popular music, and one of the most celebrated musicians of the 20th century. The Rock and Roll Hall of Fame describes him as “arguably the greatest instrumentalist in the history of rock music”.

The UK edition of Are You Experienced opened with “Foxy Lady”, a track that, with the exception of a few overdubs, was recorded in one session at CBS. Hendrix wrote the song about Heather Taylor, a highly desirable London socialite who later married the Who’s Roger Daltrey. It begins with the fade-in of an F note that Hendrix is bending-up to F♯ while applying generous finger vibrato. Using his guitar’s control knob, he slowly increases volume until an audio feedback loop develops and he slides into the song’s dominant F♯m7 chord. Hendrix used a combination of natural amplifier overdrive and fuzz box effects units to create the song’s razor-sharp guitar tone. Its blues–inspired solo—his fourth since arriving in England—used pentatonic scales while showcasing his innovative approach to melody; by exploiting the increased sustain created by overdriving his amplifiers, he moved seamlessly between the middle and high registers with a fluid, singing tone. While author Peter Doggett compared its slow beat to Memphis soul, David Stubbs described the track as a prototype for heavy metal bands such as Black Sabbath.

スポンサーリンク

= Foxy Lady =

Foxey, foxey
You know you’re a cute little heart breaker, ha
Foxey, yeah
And you know you’re a sweet little love maker, ha
Foxey
I want to take you home, haha yeah
I won’t do you no harm no, ha
You got to be all mine, all mine
Ooh foxey lady, yeah
Foxey, foxey
Now-a I see you come down on the scene
Oh foxey
You make me want to get up and a scream
Foxey, oh baby listen now
I’ve made up my mind
Yeah, I’m tired of wasting all my precious time
You got to be all mine, all mine
Foxey lady
Here I come
Foxey
Yeah
I’m gonna take you home
I won’t do you no harm no
You got to be all mine, all mine
Foxey lady
Here I come baby, I’m commin’ to get ya
Ooh foxey lady yeah yeah
You look so good foxey
Oh yeah foxey
Yeah give us some foxey
Foxey foxey lady
Foxey lady
お前はセクシーだ、セクシーだよ
お前って、マジで俺の胸を張り裂ける想いにさせる可愛い奴だよなぁ
ああ、セクシーなお前、yeah
それに愛しくて可愛くてやりたくなる女なんだよ
ああ、セクシーだよ
お前を俺ん家に連れて帰りたいんだ、ハハッ、そうなんだ
俺はお前にゃ何もしないぜ、何もしないったら、なぁ?
だってさ、お前の全部が俺のモノにならなきゃダメなんだよ、お前の全部が俺のモノ
おお、セクシーな女王様だよ、マジで
お前はセクシーだ、セクシーだよ
今、お前が姿を現したのを一目見る
ああ、セクシーだ
お前ったら、俺を元気づけて歓喜の叫びを上げさせるんだからな
お前ったらセクシーだ
おお、ベイビー、これを聞いてくれよ
俺の気持ちは、ずーっと決まってるんだよ
そうだよ、俺は、貴重な俺様の時間を無駄にするのに嫌気がさしてるんだ
お前の全部が俺のモノにならなきゃダメなんだからな、お前の全部が俺のモノ
セクシーな女王様だよ
行くぜ
セクシーだな、
yeah
お前を俺ん家に連れて帰りたいんだ
俺は、お前にゃ何もしないぜ、何もしないったら、なあ?
お前の全部が俺のモノにならなきゃダメなんだよ、お前の全部が俺のモノ
セクシーな女王様だよ
行くぜ、ベイビー
お前を迎えに来たよ
おお、セクシーな女王様だよ、そうさ、そう、
何て、お前はセクシーで美味しそうなんだ
おお、そうさ、セクシーだよ
セクシーなのを俺らに、かましてくれよ
セクシーな、セクシーな女王様
セクシーな女だよ
Songwriter: Jimi Hendrix
Translator: Lyra Sky 和訳

もう、何だろねぇ、肘で弾いちゃってるよ、Jimiったら。

歯で弦を弾くわ、(流血するわ!)

背中側で弾くわ、(背中つるわ!)

弓で弾くわ、(archerか?)

大体、左利きなのに右利きギターを貰っちゃったから弾くって、、、

もう、変態ギタリストよね?

変態なLyraが言うんだからJimiも認めるんじゃない?← 意味わからん。

このLiveは、”Miami Pop 1968″の野外ライブの様子を収めたもの。

クオリティ的には、Jimi以外がグダグダな気がしちゃうから、本調子ライブじゃない気がする。

だって凄い時は、三人共バトル並みになるからね。

 

スポンサーリンク

 

【Foxy Lady】の歌詞は、男性の女性へのアプローチの歌だね。

回りくどい言い方をせずに、直談判?みたいなのがLyraは嫌いじゃないよ。

「お前はSexyで良い女!だからお前の全部を俺にくれ。俺のモノになってくれ!」と愛の告白をしてる歌。

Jimiは、こんな感じに、どストレートに「付き合ってくれ!お前を連れて帰りたい」なんて言ったのかしら?

うーむ、何か、可愛い。

可愛いと言うと同性の方々に「ばっかじゃないの、Lyra ?これ、キモイって」と言われそうだなあ。

普通、女の子は嫌いだろうからね。

「セクシーだ」て何回も言われるのはまだしも、

終いにゃ「何もしないからウチに来いよ」って、貴方、ガキンチョみたいね。

これ、本当に言う人いるのね、、、Jimi 貴方、マジで言ってたんですか?、と天を仰ぐLyraだよ。

「へへ、言ってたよ」てJimiが頭を描いてる映像がLyraの頭に浮かんでれわ。

「ウチに来いよ」と

「何もしないから」はSet ですかね?

「何もしないよ」って誰も聞いてないのに自ら言うのは、「なんかするよ」じゃないのかね?

Jimi、、、貴方ったら、母性本能をくすぐる技を自ら知っていて、バレバレだから、普通の人がおおよそやらない手を使っていましたなっ(笑)。

 

(click to amazon ↓↓ ) “Electric Lady Land 50th Anniversary Deluxe Editon” [CD, LP, Streaming]  クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

【Foxy Lady】の歌詞は、Jimiみたいに、好きな女の人を独り占めしたいタイプの男の歌だから、男性側が対象の女の人をチョイ持ち上げ気味にした方が面白いし、リアルかな?と思って

Lyraは「お前ってセクシーな女王様だな」って訳してみたよ。

セクシーな子だな、でも良いけど、Jimiはマザコンだっだから、女性を下には見ないとLyraは感じていて、どちらかと言うと女神崇拝までエスカレートしてたんじゃないかしら?と思ってます。

前に和訳したJimi Hendrix の【Little Wings】を訳した時にも話したけれど大好きなmamaが死んでしまってたJimi。

Love Songに出てくる女性たちを女神にしている歌詞が多い。

頭の中にずっと愛する母親が居続けて、実際の女性に母親像を重ねて居たのだと感じる。

皆、女性が妖精的だったり、

神ぽいのは、母のような包み込む愛が欲しかったからだろう。

だから、この【Foxy Lady】がLyraには甘えてるようにも聞こえてくるの、、、。

 

(click to amazon ↓↓ ) Studio Albtm “Are You Experienced?”  クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

Jimi Hendrixの死因は、オーバードーズになっているけれど、ワインが基準値以上胃に入っていた、、、と言うのが怪しいよね。

自殺説もあるけれど、Lyraは自殺はないって気がする。

才能があり、陽気なJimiが、夢を抱えたまま自ら死を選ぶようには見えないからだ。

オーバードーズもね、違う気がするよ。あ、でも当時のドラッグディーラーで有名な奴がいたんだけど、Jim MorrisonとかJanis Joplinを顧客に抱えていた人。

Marianne (Faithful)が、彼女だったんだけど自分の彼氏が上げすぎた、つまり分量間違えたままあげた、と言ってたらしいから、そいつのせいか?

又は、噂で付き合いがあったと言うマフィアたよね。

ドラッグにさえ手を出さなきゃ、立った4年間の活動という短い活動期間ではなくて、もっと多くの音や曲を出せたのにな、と残念に思うわ。

愛が欲しかったJimiだから、愛のある言葉を色々と、残しているの。

「愛国心を持つなら地球に持て。魂を国家に管理させるな!」

「ブルースは簡単に弾ける。だが、感じるのは難しい」

「愛の力が、力への愛を超えたとき、世界に平和が訪れる」

「Stay beautiful. Stay YOU」

とかね。

全て、愛を糧に自分らしく生きろ!という事だ。

Jimiという、1人ボーダレスみたいな人、つまり、肌の色や国境を超えて生きていた人間だからこそ、多くの人の心を開き、メッセージに意味を持たせる事が出来たんだ。

Jimiの歌は、だから、色あせない。

結局、世の中、愛が全てだからだ。

叶わない時や、難しい時もあるけれど、世界中の人々が、つねに願うのは愛と平和だ。

だから、愛と平和に満ちたJimi Hendrixの歌は、いつまでも新鮮であり、永遠にに輝き続けるだろう。

たとえそれが、「お前とエッチしたい」と言う意味がバレバレの「お前の全部が俺のモノじゃなきゃダメなんだ」であってもね。

全くくだらなくないの。

だって、そこから人類は生まれたのだから。

愛が全てなのよ。

ねっ、Jimi?

スポンサーリンク

Members

  • Jimi Hendrix – lead vocals, guitars[18]
  • Mitch Mitchell – drums, backing vocals
  • Noel Redding – bass, backing vocals (1966–1969)
  • Billy Cox – bass, backing vocals (1970)

Jimi Hendrix Experience was Highly influential in the popularization of hard rock and psychedelic rock, the Experience was best known for the skill, style, and charisma of their frontman, Jimi Hendrix. All three of the band’s studio albums, Are You Experienced (1967), Axis: Bold as Love (1967) and Electric Ladyland (1968), were featured in the top 100 of the Rolling Stone list of The 500 Greatest Albums of All Time, at positions 15, 82 and 54 respectively. In 1992, the Jimi Hendrix Experience was inducted into the Rock and Roll Hall of Fame.

 

Discography ディスコグラフィ

  • Are You Experienced (1967)
  • Axis: Bold as Love (1967)
  • Electric Ladyland (1968)
  • アー・ユー・エクスペリエンスト? – Are You Experienced (Track 613 001)(1967年)
  • アクシス:ボールド・アズ・ラヴ – Axis: Bold as Love (Track 613 003)(1967年)
  • スマッシュ・ヒッツ – Smash Hits(イギリス版 Track 613 004)(1968年)
  • エレクトリック・レディランド – Electric Ladyland (Track 613 008-009)(1968年)
  • バンド・オブ・ジプシーズ – Band of Gypsys(Track 2406 002)(1970年)

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪