和訳【Happy Birthday/ Jimi Hendrix】Louder&Louder!誕生日は爆音で

Happy Birthday, Jimi Hendrix!

I’ve always listened to your musics all the time since I was child. I’ve done much more time nights than days recently. yeah, everynight. I’ve been thinkin’ Your Songs’re so great’Coz they’ve got soul,spirts (yeah,you’d loved) & love! all gotta get love, I think. so yours prove it. I feel universe from your sounds. Thanks for leaving them to us.

I wanna thank you. so I’ve showed your beautiful songs to people living in this plant with my translating your song for a longtime. and Today!

Wish you have beautiful birthday ever!

from Lyra Sky

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国ワシントン州シアトル出身のシンガー・ソングライターであり、名ギタリストである James Marshall Hendrix ジェームス・マーシャル・ヘンドリックス、またの名を Jimi Hendrix ジミ・ヘンドリックス です。

スポンサーリンク

今日は、Jimi Hendrixの誕生日なので(1942年11月27日 – 1970年9月18日)、LyraがJimi のGroovyな曲を和訳するから一緒にお祝いしちゃいましょう!

*Jimi Hendrixについては、こちら→【Jimi Hendrix / Little Wing】 和訳 Lotta Love of Lonelyboy 寂しがり屋の僕ちん

 

今日Lyraが和訳する曲は、Jimi Hendrixのコンピレーション・アルバムの幾つかに収録されている曲【Happy Birthday】です。

他に紹介したいJimiの曲が沢山あるのだけど、誕生日だからねっ。

詳しい解説は、Lyraの和訳の後に又、お話しましょう!

*Jimi Hendrix、The Jimi Hendrix Experienceは、このブログでは常連アーティストなので、色々書いて来たから、良かったら過去記事も読んでくださいね〜。

 

 

(click to amazon↓↓ ) “Jimi Hendrix / The Summer Of Love Sessions” [CD] クリックしてアマゾンへ↓ ↓

 

( click to amazon↓↓) “Flashing” [CD]クリックしてアマゾンへ↓↓

 

James MarshallJimiHendrix (born Johnny Allen Hendrix; November 27, 1942 – September 18, 1970) was an American rock guitarist, singer, and songwriter. His mainstream career lasted only four years, but he is widely regarded as one of the most influential guitarists in history and one of the most celebrated musicians of the 20th century. The Rock and Roll Hall of Fame describes him as “the greatest instrumentalist in the history of rock music”.

スポンサーリンク

= Happy Birthday=

Everybody’s wishing me a happy birthday
Everybody’s wishing you a real good time
Everybody’s wishing me a happy birthday
Everybody’s wishing me a real good time

A phone call my telephone
I can tell I have some mail

Everybody’s wishing me a happy birthday
Everybody’s wishing, wishing me well
As a year comes around
When it comes, some people fall
But I’m happy

Everybody’s wishing me a happy birthday
Everybody’s wishing you a real good time
Everybody’s wishing me a happy birthday
Everybody’s wishing me a real good time

A phone call my telephone
I can tell I have some mail

Everybody’s wishing me a happy birhtday
Everybody’s wishing me a real good time

A phone call my telephone
I can tell I have some mail

Everybody’s wishing me a happy birhtday
Everybody’s wishing, wishing me well

 

 

皆んなが俺の幸せな誕生日を願ってくれてるぜ

皆んな、自分たちの最高な時を願っているよ

皆んなが俺の幸せな誕生日を願ってくれてるぜ

皆んな俺に最高な時を願ってくれてるよ

 

スポンサーリンク

 

俺の電話がかかって来た

話せるぜ

手紙が来てるけどさ

 

皆んなが俺の誕生日を祝ってくれてるぜ

皆んなが、願ってるぜ

幸せにって願ってくれてるぜ

また1年回って来たってことで

中には落ち込んじまう人もいるけど

俺は幸せだよ

 

皆んなが俺の幸せな誕生日を願ってくれてるぜ

皆んな、自分たちの最高な時を願っているよ

皆んなが俺の幸せな誕生日を願ってくれてるぜ

皆んな俺に最高な時を願ってくれてるよ

 

俺の電話がかかって来た

話せるぜ

手紙が来てるけどさ

 

皆んなが俺の幸せな誕生日を願って

皆んな、俺の幸せを願ってくれているんだ

 

俺の電話がかかって来た

話せるぜ

手紙が来たけどさ

 

皆んなが俺の幸せな誕生日を願ってくれてるぜ

皆んな、俺の幸せを願ってくれてるんだ

 

Songwriter: Curtis Knight

Translator: Lyra Sky 和訳

歌い方が優しい。

Jimiの人柄がわかる気がする。

天才ギタリスト。

そう呼ばれて来たJimiは、ヴォーカリストとしても、素晴らしいと思う。

何故なら、悲しい歌や、この前Lyraが和訳した戦地の最前線で戦う男の歌を歌うと、普通ならば悲惨なだけで終わりかねないが、Jimiが歌うと熱を感じるのだ。

ただ悲しいだけでなく、その男が生身の人間であり、血が流れ、愛を欲し、人を愛し、悪に罵声を浴びせ、汚れて死んでいく、人の一生を感じる歌い方をしていると思うからだ。

「Lyraは、Jimiの熱狂的なファンだからね、、、ファンのひいき目だよ」と言う意地悪な人もいるだろう。

でも、そういう人にこそ、耳をかっぽじって聞いて欲しいと思う。

一度頭を空にして、ただ聞いてみて。

Jimiのギターの凄さはもちろん、彼の歌が優しく胸に響くのがわかるよ。

先入観をなくしてみてよ。

スポンサーリンク

伝説のギタリストとして歴史に名を残したJimi Hendrix。

殿堂入りも果たしていて、名曲を残し、逸話も語り継がれるアーティストだ。

だがロック史に名前を残しているにも関わらず、活動は1963年から1970年と10年に満たない活動期間なのだ。

ギタリストとして今もなお、多くのミュージシャンに多大なる影響を与えているロック・ミュージックのパイオニアだ。

だが、その才能の凄さと共に、お騒がせキャラ的な面もあったせいで、彼の曲をちゃんと聞いたことがない人や、「ああ、ジミヘンね」となんも知らんくせにジミヘン言うキーワードが聞いた事ある、くらいでアホな扱いや、色物扱いされてマジで腹立つわ〜 、、、って、また熱が入りました。スミマセン。

まあね、変わり者ですよね、Jimi。

左利きでありながら、貰ったギターが普通のギター(つまり、右利き用のギター)だった為に、そのままそれを逆さまにして構えて弾いて覚えちゃったから、そのまま弾くという変わり者。

それだけでも充分目立つ。

それなのに、歯で弾いちゃうわ、背中に回して弾いちゃうわで。全身を駆使してプレイするギター馬鹿なんだから、、、好きっ💕。

その上、ステージ上でソロ弾いた後に、ギターに火を放ち破壊するという派手なパフォーマンスよ。

アホだわ。

Jimiの凄さ知らない人でも、あのステージのメラメラ〜、のJimiが両手でメラメラ〜して、まるでVoo Doo儀式みたいな、あの場面は、皆んな知っている。

派手なパフォーマンスしちゃったJimiだか、、仕方ないけど、一度そのイロモノみたいな見方を排除して欲しい。

頭を空っぽにする。

もしくは、何も考えないで聞いてみて欲しいのよ。

その人が先入観なく聞くには、Bluーrayより、CDやLPとか、音源だけで聞いた方が良いかもね。

あのド派手パフォーマンスなしにして聞いてみて。

彼の凄さがわかると思う。

きっと良い奴だっだ、と分かる歌声だから。

そして歌詞にもチラッと目を通してね。

Lyraの和訳を読んでくれたら嬉しいな。

Jimiへの愛とRespectで書いているから。

RockとJimiがわかるLyraの和訳なら、Jimiが近く感じられると思うよん。

 

(click to amazon↓↓) “JIMI HENDRIX / Flashing” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

(click to amazon↓↓) “JIMI HENDRIX / Summer Of Love” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

没後50年近く経った現在でもロック史上最高のギタリストとして評価されているJimi。

「ローリング・ストーン誌が選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」で、2003年第1位、2011年の改訂版でも第1位に選ばれている。

2008年5月ブラジルのメタル専門誌『ROADIE CREW』が行った「HR/HM系ミュージシャンが選ぶギタリスト・ランキング」、『ギター・マガジン』2010年12月号の「ギター・マガジンが選ぶ! 史上最も偉大なギタリスト100人」で1位だ。

この【Happy Birthday】では、そんな偉大なギタリストが、自分のバースデイをお祭り気分で歌った歌だ。

「皆んなが俺の誕生日を祝ってくれてるぜ」って恥ずかしくて茶化しながら歌っていたんじゃないか、って思う。

神経質な変わり者のBrian Jonesとも仲良しだったし、Jimiって良い奴だったと思うのよ、、、

会った事ないけど(笑)。

【I Wanna Be Your Man】 Rolling Stones 和訳 解説 Brian Jones’ Birthday! ブライアン・ジョーンズについて

 

この曲も仲間のCurtis Knightが書いた曲をアレンジしたもの。

1968年のブルーズ・アルバムでもある『Flashing』でリリースした。

仲間想いからのリリースだったんじゃないか?と感じる。

「優しくて、素敵〜Jimi!」と毎回Lyra 言ってるけど…

まあね、会った事ないけど(笑)。

でも、たまに感じるよ、 Jimiを。

気味が悪い言われたら嫌だから言わないけど。

それに、Jim Morrisonみたいに出て来はしないけど(それも変か)

たまに、「アレ?Jimiが」みたいのは感じる。

Jimi好きならあるんじゃないかしら?皆んなわかると思うよ。

曲をずーっっと聴いているとある。

Jimiのキャラクター、人の良さ、だらし無さ、魅力的なところ、ダメなところも。

それは、Jimiが温かい生身の人間だったから。

彼が、魂を込めてレコーディングし、素晴らしい曲を作ったり、アレンジしてプレイしたからだ。

努力の賜物だ。

あの時代に生きて、ブラックなのにイギリスでも成功した。

並大抵な努力じゃない。

だからこそ、血の通った曲になったんだろう。

魂のある人間は、永遠に生き続けると思う。

そして、魂の通った曲は生きていく。

このままJimiは、天国にいても皆に愛され続けるのだ。

彼の曲も。

この地球上で永遠に、

鳴り響き続けるのだ。

爆音で。

爆音で聴け!

Louder and Louder!!

(click to amazon↓↓) “Songs For Groovy Ch ildren: The Filmore East Concerts” [Analog] クリックしてアマゾンへ↓↓

↑ ↑ このアルバムには、【Happy Birthday】は、収録されていませんが、Jimi Hendrixの Band of Gypsies の新しいのがリリースされたから、興味ある人は聞いてみてねー。

  • Artist: Jimi Hendrix , Curtis Knight
  • Genre: Rock, Blues
  • Release Date: 1968
  • Label: Capitol
  • Catalog #: ST 2894
  • Recording: Studio
  • Length: 30:43
  • Format: Vinyl LP

 

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪