【Motionless In White / Voices】 和訳 World Domination! ヒンヤリと世界征服へ

Ryan Sitkowski 💓

Lyraが好き好きなGuitarist。

異常気象の夏で40℃越え当たり前になっちゃった東京!

だから、少〜しヒンヤリ涼しくなるRockを!

暗黒の世界へようこそ😬

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国ペンシルベニア州、スクラントンのメタル・コアバンド Motionless in White モーションレス・イン・ホワイト (2005年-) 。

メンバーが、過激なゴスファッションに身を包んでいることで有名なバンドだから、暑苦しいと思う人もいるかもしれないけれど、実際は、全く逆!

Cool なセンスが際立つBandだ。

バンド名はEighteen Visionsの”Motionless and White”が由来。

スポンサーリンク[ad#go1]

パッと見、クロずくめでグリグリ真っ黒アイシャドウだし、Tatooだらけだから、Lyraが随分前に紹介したBlack Veil Bridesブラック・ベイル・ブライズの初期を思い出す人もいるだろう。

そう、Emo (日本ではエモ)と言われて同じカテゴライズされているバンドなんだが、VocalのChris “Motionless” Cerulli クリス”モーションレス” セルーリは、Emoとか、その中でも過激な音や叫びが多いScremo スクリーモと言われるのが大嫌いで仕方ないらしい。

「自分たちは【Metal メタル】バンドだ!」と自負しているChris。

そんなプライド高く、そして心からMetalを愛しているMotionless in Whiteのバンドはどのような曲なのか、気になるでしょう?

Lyraが和訳をしたので、どのような歌詞か一緒に見てみましょ。

今日Lyraが和訳したのは、2017年リリースしたMotionless in Whiteの4枚目のアルバム『Graveyard Shift』から、【Voices】。

( Click to amazon ↓ ↓ ) 4th Album CD “Graveyard Shift”                               クリックしてアマゾンへ ↓  ↓

 

彼らのダークな世界の中でも、ポップで少しLyraが大好きでよく和訳している、皆さんご存知のあのバンドに似た匂いがする曲なの。

だから、聴きやすくて頭に残る曲でメタル嫌いも好きになるサウンドだよん。

Lyraの和訳の後で又お話ししまょう!

 

Motionless in White, often abbreviated MIW, is an American metal band from Scranton, Pennsylvania. Formed in 2005, the band consists of Chris “Motionless” Cerulli (lead vocals), Ricky “Horror” Olson (rhythm guitar), Ryan Sitkowski (lead guitar), and Vinny Mauro (drums). The band has stated that their band name derived from the Eighteen Visions song “Motionless and White”.

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go4]

= Voices =

Voices, in my head again
Trapped in a war inside my own skin
They’re pulling me under (Go)

I’ve swallowed myself but the fever remains
I’m numb to the pleasure but still feel the pain
If I showed you my soul would you cover your eyes?
If I told you the truth would you dare me to lie?
I keep it all inside because I know the man is everything but kind

Voices in my head again
Baiting me in a war I can’t win
I can hear them now
Trapped in a game inside my own skin
And I don’t know myself anymore
They’re pulling me under
Voices, Voices

As I walk through this valley of shadows and death
I curse not the “wicked”, I praise not the “blessed”
If I told you the truth, you’d beg me to change
If fear were a currency, you’d own the bank

Voices, In my head again
Baiting me in a war I can’t win
I can hear them now
Trapped in a game inside my own skin
And I don’t know myself anymore
They’re pulling me under
Voices

I don’t want to live
So calloused and frozen
Ugly and hopeless
I don’t want to live forever
I just want to live right now
You can’t take me from me
Voices in my head again
Head again

Voices in my head again
Baiting me in a war I can’t win
I can hear them now
Trapped in a game inside my own skin
And I don’t know myself anymore
They’re pulling me under
Voices
(They’re pulling me under)
Voices
They’re pulling me under
Voices, voices

I keep it all inside because I know the man is everything but kind
I keep it all inside because I know the man is everything but kind

まただ、声がする。俺の頭の中で

自分自身の体内には戦いの罠

奴らは俺を引きずり下ろすのさ

(行け!)

 

 

俺は自分を買い被って来た、まだ熱は残ったままだ

喜びに麻痺しているよ、でも、まだ痛みは感じるんだ

もし、俺が奥底の魂を君に見せたら、両目を覆ってしまうかい?

もし、真実を君に語ったら、君はあえて俺に嘘をつくのだろうか?

この気持ち全部このまま、ひた隠しにしておくよ

俺にはわかってるんだ、

その男が全能な奴だから、またはそんなものさ

スポンサーリンク[ad#go1]

 

まただ、声がする。俺の頭の中で

戦いで悩まされて来た俺、勝てないさ

今じゃ、はっきりと全部聞くことが出来るぜ

自分自身の体内には、ゲームの罠

もう、これ以上、自分が分からなくなってるよ

奴らは、俺を引きずり下ろすのさ

声、声がする

 

 

影と死の谷を歩いて抜ける時、俺は邪悪じゃない事を呪った

俺は、神聖でない事を讃えた

もし、俺が真実を君に語ったら、君は変えてくれと俺に頼むのだろう

恐怖が流通貨幣ならば、君は自分自身で銀行をやれるだろうよ

 

 

まただ、声がする。俺の頭の中で

戦いで悩まされて来た俺、勝てないさ

今じゃ、はっきりと全部聞くことが出来るぜ

自分自身の体内には、ゲームの罠

もう、これ以上、自分が分からなくなってるよ

奴らは、俺を引きずり下ろすのさ

声、声がする

 

もう、生きていたくない

だって皮膚は硬くなり、凍ってしまった

醜悪で、絶望的だ

永遠に生きていたくないんだ

今、この瞬間を生きたいからだよ

お前には、俺を見失わせる事は出来ないぜ

俺の頭ので、また声がする

頭の中の声

 

 

まただ、声がする。俺の頭の中で

戦いで悩まされて来た俺、勝てないさ

今じゃ、はっきりと全部聞くことが出来るぜ

自分自身の体内には、ゲームの罠

もう、これ以上、自分が分からなくなってるよ

奴らは、俺を引きずり下ろすのさ

声がする

(奴らは俺を引きずり下ろす)

奴らは俺を引きずり下ろす

声、声がする

 

この気持ち、全部このまま、ひた隠しにしておくよ

俺には分かっているんだ、

その男が全能な神みたいな存在だからさ、又はそんな物さ

この気持ち、全部このまま、ひた隠しにしておくよ

その男が全能な神みたいな存在だからさ、又はそんな物さ

Translator: Lyra Sky 和訳

この曲は「めちゃくちゃPOP ポップだなー」とLyraは感じてる。

今までのMotionles in Whiteのサウンドとは、丸っ切り違う新境地を切り開いたサウンドだ。

Screaming 叫び系が、多かったからScreamoと言われてるんだろうから、あえて減らしてみたよ、て感じかしら。

歌詞は、エモに多い、内相的な世界へ入り込む、自分自身の歌だ。

頭に繰り返し、聞こえる声に悩まされている感じの主人公。

その声は多重人格の自分自身の声なのか?

薬をやっていて幻聴が聞こえているとも取れるが、

歌詞をよく見れば、そんな狂った感じではないとわかるだろう。

声の主は、悪の道に誘う人間たちや、死にたくなる気分にさせられる自分の弱い気持ちだろう。

普通、暗黒の世界を歌った曲のいくつくところは、死だ。

この世からバイバイ。

だが、この歌詞はバイバイではない。

不思議と生への渇望が最後の歌詞の中に見える。

それは、自分で自分自身をコントロールしようと、もがいている主人公だからだ。

「永遠に生きていたくない」と言った後に、矛盾したかのような

「今、この瞬間を生きたいんだ」と言っている。

その意味は簡単だ。

この歌詞は、死を意識しながら、未来や先のことより、今、生きている瞬間を精一杯生きたい、と願う男の歌だからだ。

頭の中で聞こえてくる声は、弱い自分や迷いの己の心だろう。

スポンサーリンク[ad#go1]

Motionless in Whiteは、2005年、高校生だったメンバーによって結成。

2010年10月12日、デビューアルバム『Creatures』リリース(全米ビルボード200にて初登場175位)。

2012年8月11日Hook The Trigger Vol.2で初来日。

11月13日、2nd『Infamous』をリリース。プロデューサーにJason Suecof、Tim  Sköldを起用。 ゲストにSoilwork Björn Strid、Bleeding ThroughのBrandan Schieppati…etc 参加。

2014年9月16日3rdAlbum 『Reincarnate』リリース。( ゲストにCradle of FilthのDani Filth、IN THIS MOMENT の Maria  Brink、Tim Sköld参加。)

2016年6月22日 新曲”570″と共にRoadrunner Recordsへの移籍を発表。

8月31日、リード曲にChrisがゲスト参加した日本のVAMPSのシングル「INSIDE OF ME feat. Chris Motionless」がリリース。

そして、2017年5月5日、Roadrunner Records移籍初となる今日紹介している 4thアルバム『Graveyard Shift』リリース。 (ゲストにKornのJonathan Davisが参加。)

[ Click to amazon ↓ ↓ ) 4th Album CD “Graveyard Shift”                               クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

着実にメタル界を突き進んで来たMotionless In White。

だからこそ、次はメジャーとの融合を狙っているのではないか?

もちろん、流行りのEmoから脱却してメタル界で君臨し、より高みを目指すのが目的だろう。

だが、新しいアルバムやこの【Voices】というPOPな曲を聴いていると、よりインダストリアルミュージックの中をポップな世界へと融合しようとしている気がしてならない。

きっとそれは、自分達の聴きやすい楽曲で、今、細分化されすぎている現代のメタルシーンの枠を飛び越えていくつもりじゃなかろうか?

それはまるで、マリリンマンソンが可笑しな色物王子から、TOP40などにもチャートインし、映画のサントラ制作をしたりする一般人も知っている、ちょっと個性的なアーティストの座についたようだ。

LyraにはMotionless In Whiteの髪型のイメチェンも、サウンドの変貌ぶりも全て広がる世界への挑戦に見えて仕方ない。

やる気のある人間が好きだ。

グチグチ言っているのは良い。

自分を見つめ直す事は、現状を知るなもには必要なこと。

だから、好きなだけ、この歌詞みたいにグチグチ言っていい。

ただ、そこから先へ行くべきだ。

未来よりも今この瞬間を生きた位、というのもいいだろう。

でも、未来って現在の繰り返しよ。

今この瞬間を精一杯生きること。

それは、強いては未来を生きることになるのだからねっ。

今この瞬間を精一杯生きていけば、明るい未来が見えるのは、もう、お分かりだろう。

Motionless In Whiteの瞬間を生きる技法が始まったのだ。

彼らがボーダレスな世界へ旅立ち成功するか?

メタル界だけで(それだけでも凄いことだ)君臨し続けるのか?

Lyraは、これからの彼らに大期待して見て行きたい。

彼らが、どのようにして生き続けて行くのか、Lyraも見て生きたい。

生きていたい。

 

スポンサーリンク[ad#go1]

= Motionless in White =

Also known as MIW
Origin Scranton, Pennsylvania
Genres
  • Metalcore
  • gothic metal
  • industrial metal
  • alternative metal
  • nu metal
Years active 2005–present
Labels Roadrunner, Fearless, Tragic Hero, Masquerade
Website Official website
Members Chris “Motionless” Cerulli
Ryan Sitkowski
Ricky “Horror” Olson
Vinny Mauro
Past members Kyle White
Mike Costanza
Frank Polumbo
Thomas “TJ” Bell
Angelo Parente
Brandon “Rage” Richter
Josh Balz
Devin “Ghost” Sola

Formation and early years (2005–2009)

Motionless in White was founded in 2005 by members Chris Motionless, who played guitar and lead vocals, Angelo Parente on drums, Frank Polumbo on guitar and Kyle White on bass during high school. They incepted many other titles into the group until finally settling on what would be Motionless in White. Chris Motionless and other members have noted bands such as Poison the Well, Slipknot, Marilyn Manson, Johnny Cash, Depeche Mode, and other musical groups as their inspiration. In 2005 they released their self-distributed demo.

Within the year after the release of their demo, new member Josh Balz was added as the band’s keyboardist, Frank Polumbo took over on bass and new members, Michael Costanza and Thomas ‘TJ’ Bell, were added to the band as the new guitarists, moving Chris Motionless solely to lead vocals. the band was discovered by Zach Neil while performing at a local night club called The Staircase. Zach signed the band first to management and then later to his record label Masquerade recordings. They recorded their first EP The Whorror which was produced by Zach Neil and mixed by Dan Malsch and released it through Masquerade Recordings/Warner music group in 2007.

After touring in-support of The Whorror, Motionless in White had written enough songs to complete a full-length album. The album was named When Love Met Destruction. When Love Met Destruction was recorded in 2008 initially at Soundmine recording studio then finished at Zach Neil’s home by Dave Cutrone and Zach Neil, and was released the same year on Masquerade Recordings. Zach added the band to his stage on the Warped tour with the new record in hand and the band quickly caught the attention of Shawn Milke from Alesana who offered to manage the band. Shortly thereafter Bob Becker of Fearless Records contacted Zach Neil to make an offer to buy the band’s recording contract and sign the band to Fearless.  The band and Zach agreed and Tragic Hero was offered to incubate the first official release to help grow the band leading up to their Fearless debut. The band was never actually signed to Tragic Hero Records.

The band parted ways with guitarist Michael Costanza and brought in current guitarist Ryan Sitkowski as his replacement.

Despite being signed to Fearless before the months leading up to the release of the EP form of When Love Met Destruction, it was distributed through Tragic Hero on February 17, 2009. The song “Ghost in the Mirror” was made as the band’s first ever single and had a music video produced for it.

Band members

Discography

Studio albums
  • Creatures (2010)
  • Infamous (2012)
  • Reincarnate (2014)
  • Graveyard Shift (2017)

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go5]

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。