和訳【Fade Away/ Sam Feldt – Lush and Simon feat. INNA】解説 Make Best Life

あぢ〜〜!

都内で39.5度記録したんだってねっ。

現在Lyraは旅行中。

こちらも熱いよ🥵

でもこれくらい平気さ。

夏を満喫出来るよぉ。

ただ大好きな夏だけど苦手もある。

特に、クーラー苦手。

屋内に入ると冷凍されたみたいで風邪引く〜。

確かに日焼けは怖い。でも寒いよりマシ。

でも海が大好きだしー!ってことで、今日は海行くときに聴いたら気持ち良い〜曲を紹介。昨日のPunkのまんまの気分で聴くのも乙なものっ。

今日Lyraが和訳&解説する曲は、オランダ、アムステルダム出身のDJ、EDMプロデューサーの、Sam Feldt サム・フェルド

1993年の8月1日生まれの現在26歳。

すでに世界中からイベントのオファーが殺到している売れっ子DJだ。

スポンサーリンク[ad#go1]

2013年夏に初めてプロデュースした曲をネットにアップロードし、1年も経たない内にオランダの最大手レコード・レーベルSpinnin’ Recordsと契約した才能の持ち主。

今日Lyraが和訳する曲は、彼の大ヒットシングル【Fade Away】。

ルーマニア・コンスタンツァ県生まれのシンガー Inna インナ (本名:ルーマニア語: Elena Alexandra Apostolean、1986年10月16日 -)をボーカルに、そして、DJチームであるLush & Simon をゲストで迎えた、夏向きのノリの良い曲だよん。

詳しい解説は、Lyraの和訳の後に又お話しましょう!

( click to amazon ↓↓ ) Sam Feldt – Lush & Simon feat. INNA “Fade Away” [Single, Streaming] クリックしてアマゾンへ ↓↓

Sammy Renders (born 1 August 1993), better known by his stage name Sam Feldt, is a Dutch DJ, deep house producer, and entrepreneur from Boxtel. He currently resides in Amsterdam.

Lush & Simon, an electronic dance music duo, are both DJs and music producers.

Elena Alexandra Apostoleanu (born 16 October 1986), known professionally as Inna (/ˈinə/ E-n-ə; stylized in all caps), is a Romanian singer and songwriter. Born in Mangalia and raised in Neptun, she studied political science at Ovidius University before meeting the Romanian trio Play & Win and pursuing a music career. She adopted the stage name “Alessandra” in 2008 and adopted a pop-rock style; later that year, she changed her stage name to “Inna” and began releasing house music.

 

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go4]

= Fade Away =

[Verse 1]
Take it slowly
‘Cause it feels like time has got something to show me
Through a crowded room, look at me like you know me
Ain’t it funny how a second last forever, when we’re together?
And I might get enough one day
But I won’t let this feeling fade away

[Pre-Chorus]
I know it won’t stop if we turn our love up
Why should we change? We were amazing yesterday
Remove the pressure and if it’s meant forever
I’ll make you stay

[Chorus]
Don’t let this feeling fade away
Don’t let this feeling fade away

[Verse 2]
Don’t you hurry
I will show you all the treasures that I’ve bury
Try to hide but you just always see right through me
Sometimes I feel like giving up
But you’re the reason that I’m not leaving

[Pre-Chorus]
I know it won’t stop if we turn our love up
Why should we change? We were amazing yesterday
Remove the pressure and if it’s meant forever
I’ll make you stay

Chorus]
Don’t let this feeling fade away
Don’t let this feeling fade away

[Bridge]
I know it won’t stop if we turn our love up
Why should we change? We were amazing yesterday
Remove the pressure and if it’s meant forever
I’ll make you stay

[Chorus]
Don’t let this feeling fade away
Don’t let this feeling fade away

 

ゆっくりと時間を掛けてくれない?

だって私に証明してくれるのは、時間みたいだからよ

部屋の中にいる群衆をかき分けて来る

貴方は私を知っているかのように見つめて

私達が一緒にいる時は

どんな短くても永遠に続くように感じるのは、おかしな事じゃないでしょう?

たった1日でもわたしは満足するかもしれない

でも、この気持ちは絶対に消えたりしないわ

 

スポンサーリンク[ad#go1]

 

もし私達の愛を見つけたら

止まらないだろう

何故、変わらなきゃいけないの?

昨日の私達は素晴らしかったわ

抑圧を取り除いてよ

もし、私達のこれが永遠を意味するならば

私は貴方を離さないわ

 

この気持ちを消さないで

この気持ちを消さないで

 

急がないで

私がかつて葬った宝物の全てを貴方に見せてあげよう

隠れようとすると貴方はいつも私を素直に真っ直ぐ見つめているのよね

時々、私は諦めたくなるの

でも貴方が居るから私はこの世から去ったりはしないのよ

 

もし私達の愛を見つけたら

止まらないだろう

何故、変わらなきゃいけないの?

昨日の私達は素晴らしかったわ

抑圧を取り除いてよ

もし、私達のこれが永遠を意味するならば

私は貴方を離さないわ

 

この気持ちを消さないで

この気持ちを消さないで

 

もし私達の愛を見つけたら

止まらないだろう

何故、変わらなきゃいけないの?

昨日の私達は素晴らしかったわ

抑圧を取り除いてよ

もし、私達のこれが永遠を意味するならば

私は貴方を離さないわ

 

この気持ちを消さないで

この気持ちを消さないで

 

Songwriter: Lush, Simon

Translator: Lyra Sky 和訳

 

爽やかでしょっ?

このミュージックビデオみたいに、ドライブなどで、みんなでワイワイする時に盛り上がれる曲だし、大好きな人と2人きりで遠出したり、旅行した時にもピッタリなラブソングよん。

EDMだけど、キメキメな感じもないからEDM苦手〜って人でも違和感なく楽しめると思うわ。

スポンサーリンク[ad#go1]

この楽曲を作ったのは、このSam Feldt(サム・フェルド。オランダ出身のDJ / EDMプロデューサー。

 

彼のつくる楽曲の特徴は、美しいメロディで構成されているところ。

トロピカルでリラックスさせてくれる曲が多いですね。

幼い頃からDJの真似をして遊んでいたSam Feldt。

11歳から、リミックス作業やプロデュースを始め、友人のバースデーパーティ―でギグをしていた根っからのDJ。

彼のリミックスには、オランダのユトレヒトを拠点に活動するバンド、I Am Oak(アイ・アム・オーク)の“On Trees And Birds And Fire”が有名。

いつか契約するぞ、と願っていた大手レコード・レーベルSpinnin’ Recordsと契約。

いつか必ず『Spinnin’ Records』と契約したいと強く願っていたSam Feldtは、はじめは違うア―ティス名でBeatportのトップ20を見たりして流行りのビッグルーム系の曲を作っていた。

だが、「自分が本当に作りたい音楽であるディープ・ハウスの曲を作ろう!」と決め、名前もSam Feldtにしてから一気に道が開けたと言う。

契約後は、ハイペースで曲を発表し、今までのEDMシーンになかったメロディックなディープ・ハウスで新しい旋風を巻き起こした。

そして、彼はリミックスの腕もかなりのもの。

Sander van Doorn サンダ・ヴァン・ドーン とFirebeatz ファイアビーツ のコラボ曲“Guitar Track”をリミックス。

すると 1週間も経たずにSoundCloudで250.000回再生され、毎日世界中の音楽をランキング形式で紹介する音楽サービスHype MachineでNo.1を獲得。

2015年、アメリカのシンガー、Robin Sが1990年に出した大ヒットナンバー“Show Me Love”を大胆にサンプリングしたナンバーをリリースすると大ヒット。

(click to amazon↓↓) Sam Feldt “Sunrise to Sunset”[2CD] 2枚組 、クリックしてアマゾンへ↓↓

Billboardは、彼を“a modern house superstar(現代のハウスシーンのスーパースター)として持ち上げ、その期待に応えるように2016年の3月には「Ultra Music Festival」デビューを果たし、翌月には「Snowbombing」や「Coachella」といったビッグフェスにも出演。

今や飛ぶ鳥を落とす勢いのDJ、プロデューサーになった。

スポンサーリンク[ad#go1]

 

そして、今回、彼がコラボしたのは、イタリアの人気DJチームであるLush & Simon。

Alessandro LushSimone Priviteraによるデュオで、Benny BenassiやTom Swoon, Thomas Goldらとコラボしたり、「Protocol Recordings」や「Revealed Recordings」,「Armada Music」,「Dim Mak」,「Spinnin’ Records」,「DOORN Records」など大手レーベルからも曲をリリースして来たDJ達だ。

 

2013年にリリースした【Adrenaline】がHardwellによって初披露されたことがきっかけで注目され、2016年、DiabloとSteve Aokiとコラボした【What We Started】をリリースしたことでも有名だ。

(click  to amazon↓↓) Diablo, Steve Aoki, Lush & Simon “What We Started” [Streaming] クリックしてアマゾンへ↓↓

売れっ子DJチームで来た彼らだが、去年、休息期間に入り数ヶ月がたった 2018年9月27日に、公式Facebookページの名前を「Lush & Simon」から「Simon Says」に変更した。

アイコンもタバコを吸っているシルエットが1人だけのみのものとなり、Alessandroが辞めたと心配するファンが多く、今後の動向に注目したい。

 

そして最後に、ヴォーカルの INNA インナ 。

ルーマニア最南東部の黒海の畔にあるコンスタンツァ県マンガリアで、ルーマニア人の音楽好き一家に生まれた。

彼女は、幼少期より歌が得意で、祖父からインナと呼ばれていたのを芸名にした。

地元マンガリアの中産階級が通う高校であるマンガリア・エコノミカル・リュケイオンを優秀な成績で卒業後、政治学を学ぶためコンスタンツァにある大学に入学。

2008年、Play & Winと契約していた彼女は、本格的にメジャーデビューし、翌年、米国のレコード会社Ultra Recordsと契約した。

2008年末デビューシングル【Hot】をリリースし、全英シングルチャートで6位を記録。ヨーロッパや中東諸国、旧ソ連圏など10数カ国でトップ10を記録した。

4枚目のシングル【Amazing】も、国際的にヒット、6枚目のシングル【Sun Is Up】は、多くの国々でトップ10に入り、イタリアとスイスではゴールドディスクを獲得している。

 

(click to amazon↓ ↓ ) “INNA / Nirvana” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

インナは初めての公式ツアー「INNA en Concert」を、2011年2月18日から同年11月26日にかけて、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、スイス、オランダ、ベルギー、メキシコ、トルコ、イスラエル、レバノン、セルビア、スロベニア、ブルガリア、クロアチアなどで行い、ヨーロッパ諸国では大人気シンガーとして、また、セクシーなアーティストとして活躍している。

( click to amazon↓↓ )  Sam Feldt- Lush & Simon feat.INNA “Fade Away” [Streaming] クリックしてアマゾンへ↓↓

【Fade Away】は、タイトルからしたら「消えゆく愛」を歌っているように想像してしまうだろうけれど、歌詞の内容は、とても前向きなラブソングだ。

昨夜知り合った人に、「私達は、永遠の愛かもしれないから、恋に落ちたこの気持ちを消さないでほしい」と語っている歌なの。

一晩の恋にしたくないくらい好きになったってことでしょうね。

随分前にLyraが和訳&解説したSam Smithのビッグヒット曲【Stay With Me】と同じくOne Night Stand になりそうな出会いの歌なんだけど、あちらとは真逆なかんじだよ。 ↓  ↓

*【Sam Smith / Stay With Me】和訳 Tom Pettyとの違いと類似性 解説

 

こちらの【Fade Away】の方が、同じ状況でも、マジな恋愛の歌に感じるよ。

♪〜「もし私達の愛を見つけたら

止まらないだろう

何故、変わらなきゃいけないの?

昨日の私達は素晴らしかったわ

抑圧を取り除いてよ

もし、私達のこれが永遠を意味するならば

私は貴方を離さないわ

 

この気持ちを消さないで

この気持ちを消さないで」

 

出会ったばかりって相手がマジなのか心配なる時があるもんね。

そんな状況の女の子の気持ちを歌った曲が【Fade Away】なのよん。

一晩だけの恋って経験ある?

Lyraはないからわからんけど、この歌詞みたいに、「Through a crowded room, look at me like you know me
Ain’t it funny how a second last forever, when we’re together?
And I might get enough one day
But I won’t let this feeling fade away」

と言う偶然の出会いから恋人同士になってずっと付き合ったと言うのがあるから、他人事には思えない曲だな。

好きになるのって理屈じゃないし、運命に近いと思う。

だから、偶然の出会いを大切にしたい。

目と目があって何かを感じたら、それは本物かもしれないしね。

だいたい、こころで感じた感覚や感情は真実に近い。

だから、いつも感覚を研ぎ澄ましていられるようにしておきましょう!

ラッキーなことが起きたから、それが現実になるよう頑張ろうっと。

And I might get enough one day
I won’t let this feeling fade away

真実は消えたりしない。

感じた想いに素直になって表現しよう。

そして愛を与えよう。

最高な人生にしようね!

 

スポンサーリンク[ad#go1]

Saw Feldt Musical career

In 2015, he released a remake of Robin S.’ “Show Me Love”. The track was released by Spinnin’ Records and Polydor. It became an instant hit, peaking at number 4 on the UK Singles Chart and reached the 21st position on the Dutch Top 40. In Australia, “Show Me Love” was certified gold.[5] In Belgium, Feldt’s track reached 15 and 13 on Billboard’s  Dance/Electronic Songs chart. In 2016, Sam Feldt released the song “Summer on You” together with Lucas & Steve. After reaching the number 4 spot in the Dutch Top 40, it became the most played track on Dutch radio in September and October 2016. Shortly after the release of “Summer on You”, the track was awarded with a Platinum award in the Netherlands. Feldt was ranked on DJ Mags list of the Top 100 DJs of 2017 at 75.

Billboard described Feldt as “a modern house superstar”, and his treatment of “Show Me Love” as “Anne reshapes the famous melody, while Feldt echoes the original with a bubbly deep house beat.” The single “The Devil’s Tears” (Sam Feldt Edit) was one of Spotify’s top 10 most viral tracks. Feldt’s debut album Sunrise was released on 6 October 2017, via Spinnin’ Records.  On 24 November 2017 Feldt released a double album titled Sunrise to Sunset, which consists of songs from his debut studio album and 12 additional songs. The double album was followed by his remix album After The Sunset, featuring remixes from Zonderling, Breathe Carolina and Calvo.

With his project Sam Feldt Live, Feldt combines his digital music production with live instruments. His band, composed of Dutch trumpeter Quirijn, Dutch Saxophonist Tariq and Dutch guitarist Jordi, is featured on multiple Sam Feldt songs and has performed at Eurosonic Noorderslag in 2019.

 

INNA

“Hot” (2008), her debut single, was a commercial success worldwide and topped the Romanian Top 100 and Billboard’s Hot Dance Airplay chart, among others. Inna’s debut studio album of the same namefollowed in August 2009 and was certified Gold and Platinum. It featured several other successful singles in Europe, including “Amazing” (2009), her second number one single in Romania.

INNA’s Discography

Album アルバム

  • Hot(2009年)
  • I Am the Club Rocker(2011年)
  • Party Never Ends(2013年)
  • Body And The Sun(2015年)

Single

シングル

  • Hot(2008年)
  • Love(2009年)
  • Deja Vu(2009年)
  • Amazing(2009年)
  • 10 Minutes(2010年)
  • Sun Is Up(2010年)
  • Un Momento(2010年)
  • Club Rocker(2011年)
  • Endless(2011年)
  • WOW(2012年)

Music Video ミュージック・ビデオ

  • Hot(2008年)
  • Love(2009年)
  • Deja Vu(2009年)
  • Amazing(2009年)
  • I Need You for Christmas(2009年)
  • 10 Minutes(2010年)
  • Sun Is Up(2010年)
  • Un Momento(2010年)
  • Club Rocker(2011年)
  • Endless(2011年)
  • WOW(2012年)

 

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go5]

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。