The Russian Futurists “Paul Simon”悲しみのどん底に飛ばそ!ウォーキングデッドのあの曲! 和訳 Lyrics

Lyraはマイナーな曲が好き。一般受けしないけれど、良い曲って実はたくさんあるんだよぉ。オモロイ曲を今日も紹介しますよん!

この前のWalkingDeadのシーズン8の第7話のネタバレ完全あらすじを書いた時に紹介したかったが、いつものごとく、Lyraったらノリノリに本音感想書いてしまった為に長くなり過ぎちゃったのよね。

ユージンはスネ夫、ニーガンはジャイアンに決まり!っていった話。

今日は、その曲を紹介するわ。

スポンサーリンク

今日、Lyraが紹介するのはThe Russian Futurists というカナダ、トロント出身のインディーポップバンドです。(ザ・ロシアン・フューチャリスツ)

でも、バンドっていっても、フューチャリスツという名前であっても、Vocal & Composerであるマシュー・アダム・ハートという男性が1人でやっているバンド、つまりプロジェクトみたいなもんです。1978生まれ。

ジャンル的には、 マシュー・アダム・ハートが作る音は、

エレクトロ・ポップ、

インディー・ロック、

ギターポップ、

オルタナティヴ・ロック

に分類されるでしょう。

Beckな感じというと丸わかり過ぎでヤバいかな?

ローファイ、エレクトロニカな音なんだ。

だから、中にはツィートポップなんて言う人もいるみたい。

お手軽な感じが言い得て妙かも。

素直な気持ちを呟いてるようにメロディに載せるのはBeckやREMの影響を伺わせるよ。

amazon ↓    ↓


実際にライブもREMの前座やったりしてたからリスペクトしてるんじゃないかしら。

BlurのGのグラハムや、REMのピーターバックがいるレーベルから出しているのも音のセンスが、音楽好きの皆んなにもわかるでしょ?

素朴な歌詞にポップなメロディが合わさり、ゴージャスな曲になる、感じです。

「Paul Simon」という曲で、2005年に発売された”Our Thickness”というアルバムに入っている曲です。

和訳したので読んで見てね。オモロイ。

悩む男の気持ち。

Music Videoを見たらいつものようにLyraのお話を聞いてね〜。

スポンサーリンク

= “Paul Simon ” By The Russian Futurists =

 

There’s this one word
It’s called comfort
It’s the strangest, most dangerous place I could hide

And it’s a wonder
This cold comfort
Hasn’t hollowed and swallowed you and I from inside

一つの言葉がある

「慰め」と呼ばれる言葉だ

いかにも奇妙で、最も危険な隠れみのになる場所だよ

そして、それは不思議

この冷たい慰めは、不誠実なことはしないし、内面からは君と僕を飲み込んだりはしない

And you’re my first might
On the worst nights
My gut knots up
My heart bursts like
A pinata pops
This has gotta stop
Watch the water drop
From clouds, it sure rains a lot

それにね。君は最悪な夜の、僕の最初の権力者だ

僕のやる気を(腸みたいに)むすこびにしてくれちゃってさ、

そのお陰で、僕の心はピニャータの中身みたいに大爆発だよ

こんなの止めるべきだ

空の雲から落ちて来る水滴を見なよ

こりゃ僕の気持ちみたいに大雨になるな

And I’ve felt how
A heart melts down
I’m so burnt out
I’m a shell now
It’s the worst of lows
It’s the first to go
It’s the last to come
Back when the sun melts the snow

そして、僕の心がどんな風に潰れちまったか、ずっと感じてる

僕はすごく燃え尽きてるんだ

今の僕は貝殻だ

最悪な引き潮のどん底さ

まず始めに行かないとな

太陽がその悲しみの雪を溶かす時、それが戻れる最後のチャンスだ

What I’m giving
You is taking
Lots of lying
And some faking
Have I gone too far?
Am I too far gone?
I’ve been up all night
I fight to keep out the dawn

And we’ve felt how
Our hearts melt down
We’re so burnt out
We’re a shell now
It’s the worst of lows
It’s the first to go
It’s the last to come
Back when the sun melts the snow

僕が君に与えてやるもの全部持っていっちゃう君

沢山の嘘

それにイカサマやインチキとかね

僕は遠くまでやって来れたかな?

凄く遠く君から離れた所に僕はいるかな?

一晩中、僕ったら同じままなんだ。

誰も入って来れないように闘うぞ

そして、僕らは心がどんな風に潰れちゃったか、ずっと感じてる

僕らは、凄く燃え尽きちゃってる

今の僕らは一つの貝殻だ

最悪な引き潮のどん底さ

まず始めに行かないとな

太陽がその悲しみの雪を溶かす時、それが戻れる最後のチャンスだな

 

Lyraにはマシュー・アダム・ハート(The Russian Futurists)が、ホンワカと開けっぴろげに、心の闇を歌ってる気がする。

好きだけど、手に負えない彼女(彼氏)に三行半を投げつけてる歌詞だよね。

傷つけられてばっかだし、嫌なことばかりされるし、おきる。

「だから【迷惑極まりない】あの子から離れた所へ行こうーっと、、、でも、最悪な気持ちは改善されないよ。

夜も眠れないぞ。どうしてくれよう。」

という親しい人間関係にありがちな、ムカムカとイライラとチクチクした寂しさを、Lyraはこの歌詞からビンビン感じたので、可愛らしく、でも手厳しく言ってる優しい男性のイメージで訳してみましたよん。

Music Videoで急に通りすがりの人達が踊り出すのが面白い。

人のハートのない「慰め」なんて悩んでる人にとっては、ダンスを周りで踊られてるくらい違和感がある物なんだろう。

多分、ハートのこもった慰めは、心を打つから、慰めではなくて「励まし」になるんだからね。

♪ ズッ、ツーチャーチャ、

♪ ズッ、ツーチャーチャ、

っていきなりサンプリングがなるから、ビックリしちゃいますが、これがWalking Dead Season8 Episode7で流れた曲だよ。

スポンサーリンク

ユージーンが、カイト(凧)にiPodを装着して、リモートコントロールが出来るように作り、この曲を大音量でかけてハームルンの笛吹きみたいに下に溢れているウォーカー達を(ゾンビのことです。)を誘導して、建物から脱出する計画を実行した時に使った曲です。

あのシーンでまさか、このThe Russian Futuristsの”Paul Simon”がかかるとは思わなかったから、The Jamの”Town Called Malice” が使われた時や、

QUEENが使われた時と同じくらい驚きましたわ。

あと、Danny Hathaway “Someday We’ll Be Free”も素晴らしい曲でしたね、、、。

いつか自由なれるのだろうか?、と真剣に考えたよ。久しぶりにあの曲をウォーキングデッドで聴いて色んな思いが溢れ出す。

音楽って素晴らしいな、とLyraは痛感するよ、、、例えウォーキングデッドの怖いシーンで使われても、ユージーンみたいな襟足くそ野郎の「カイトよ!高く飛べ!」の気持ちに使われてもね。

このビデオは、マッチミュージックビデオ・アウォードにノミネートされ、ベストマッチファクトビデオに選ばれたそう。

ちなみに、歌詞に出て来る「ピニャータ」は、メキシコで子供の誕生日やお祭りなんかで使う、くす玉みたいな人形のことで、中にお菓子やオモチャが入ってんの。それを、バンバン棒で叩いて割ると、中身がドバッと出てくんだけど、、、あれ、頭に当たるとめっちゃ痛いんですけど、、、^_^

あとね、僕のやる気をダメにする、ってところは、やる気と腸、内臓の腸ね、あれをかけてみたよ。

ウォーキングデッドだもん!内臓は出しておかないとなっ!

またLyraの好みの面白い曲や感動する曲を紹介するから、遊びに来てね!

リクエストあったら教えてねっ。

皆んなの応援がLyraには元気の素だなっ。

(  amazon ↑   ↑ )

日本では今夜22:00 Walking Deadのミッドシーズンのラスト最終話です。

やっぱLyraの予想当たった。

あの人が死ぬって噂が、、、。

ショック、、、。

またネタバレ感想書くので良かったら、遊びに来てねっ!

スポンサーリンク

= The Russian Futurists =

The Russian Futurists are a Canadian indie pop band based in Toronto. Their music can be described as lo-fi, indie-electronica fused with a twee-pop temperament. Although they initially had only one member, Matthew Adam Hart (born 1978), the band was later enlarged for live performances.

●The Russian Futurists
Origin Toronto, Ontario, Canada

●Genres Synthpop,

indie rock,

indie pop,

indietronica,

alternative rock

●Years active 2000–present
●Labels Upper Class Recordings
EMI
●Website russianfuturists.com

●Members Matthew Adam Hart
History Edit

The band debuted with Upper Class Recordings in 2000 with The Method of Modern Love, which was praised by music stars such as Graham Coxon of Blur and Peter Buck of R.E.M.

Uncut magazine called it “one of the most melodically seductive and exhilarating records of recent times”.

The band also received positive reviews in Pitchfork Media, Spin, The Guardian, and XLR8R.

In 2004 the band toured in the U.S., Canada and Spain. They have toured with Peter Bjorn and John, Caribou and Junior Boys.

According to an interview with Exclaim! magazine, Futurists mastermind Matthew Adam Hart decided to record his fourth album in a studio, trading his Toronto home (and bedroom where he recorded his first three lo-fi records) for a New York studio. Hart told Exclaim!, “I personally think all of the records, songwise, have been pretty accessible. Production wise? Probably not. I was never one of those guys thinking I have to reinvent the wheel or do something freaky with every record. I did three like that, and I’m getting older now, so I just decided to try it. You can always go back.”

The band’s track “Paul Simon” has been placed on many Samsung Phones as a feature song.

Hart’s influences as a songwriter include Stephin Merritt of The Magnetic Fields.[8] Born and raised in Cornwall, Ontario,[6] Hart spent his early career creating indie hip hop music tracks, using improvised gear, in Cornwall and in Peterborough, Ontario.

Hart has remixed other artists’ singles, including “Tonight I Have to Leave It” by Shout Out Louds and “The First Five Times” by Stars.

The Russian Futurists released a new album, The Weight’s On The Wheels, worldwide on November 16, 2010.

The Weight’s On The Wheels is The Russian Futurists fourth studio album and was produced by Matthew Adam Hart with the aid of Michael Musmanno (Outkast, Lilys, Arrested Development). The lead single “Hoeing Weeds Sowing Seeds”, was mixed by Grammy Award winner Michael Brauer (Coldplay, John Mayer, The Bravery). The album, ten tracks in total feature tracks “Horseshoe Fortune”, “Register My Firearms? No Way!”,“100 Shopping Days ‘Til Christmas” and “One Night, One Kiss”, a duet with Heavy Blinkers singer Ruth Minnikin.

The songs “Paul Simon”, and “Precious Metals” are featured on the NBA 2K11 soundtrack.

The Russian Futurists released a music video for “One Night, One Kiss” off their 2010 fourth studio album, The Weight’s on the Wheels.

As of September 2013, Hart is also now appearing as cohost of the morning show on Toronto’s CIND-FM.

Discography Edit

●Albums Edit
・The Method of Modern Love (2000)
・Let’s Get Ready to Crumble (2002)

・Our Thickness (2005)
・The Weight’s on the Wheels (Nov 2010)

●Singles Edit
・Paul Simon (2006)
・Hoeing Weeds Sowing Seeds + Remixes EP (2010)
・Compilations Edit
・Me Myself & Rye… An Introduction to the Russian Futurists (2006)

●EPs Edit
・Ecole de Neige (1998)

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪