【The Lumineers/ Ophelia】和訳 運命の人 Soul Mate

胸が躍る。

それは彼ら The Lumineers の音楽を形容するのにピッタリな言葉。

このブログで彼らの曲を和訳したのはずいぶん前のこと… ( 【The Lumineers / Sleep On The Floor】 和訳 Resemble Morning Soap Opera! 朝ドラ『半分、青い』のダメ人間ぶり)

あれから3年くらい経ったなんて信じられないんだけど、その間にThe Lumineersは3人→ 5人になっていた(メンバーチェンジ有り)

色々巡って、今がある。

この道が正しいのか分からない。気が焦るばかり。

でも息して生きてるんだから「まあ、いっか?」と空を見る。

この広い空の下で、きっとLyraと同じ太陽を( 夜には月を)、同じように見ているのだろう。

この地球に居る限り。

多分この曲のように、貴方は私を思い続けるだろう。そして私もきっと同じ目に遭うんだろ。

“【The Lumineers/ Ophelia】和訳 運命の人 Soul Mate” の続きを読む

【ローズ ローズィ ローズフル バッド】1巻 いくえみ綾、胸キュン!感想・あらすじ(ネタバレ有無)ツッコミポイント

 

久しぶりに笑った!

久しぶりにバカ笑いした!

久しぶりに声が出た「嫌〜ん」

実は「いくえみ綾」ネタでほかにおもろい漫画があるので感想を書いたのがある、、、前に書いた高校生の恋愛ストーリーの【いとしのニーナ 全巻】のような胸キュンとレイプの話ではない。もっと大人の話。

【いとしのニーナ 全巻】感想あらすじ「焦がれて拉致る?」ドラマ化決定‼︎ ネタバレ

 

だがそれを何故ブログにあげないかと言うと、ただ単に「気分じゃないから」。

とても良い作品だ。20代の男女に他の世代も絡んで長いストーリーみたいだから、これからも発行されたら読んでいくし、気に入っている…それなのにブログに書いたまま放置してるのは、書き続けていくパッションを上げるには大人過ぎるのだ。

Lyraがただ単に大人の恋愛が出来ない未熟者なだけ。作者は全く悪くない。

だが昨日発刊された新作は、何だ⁈

ドッキドキするだろう〜!

何じゃこりゃ?

解説感想書いた作品より、倍の大人の主人公なのに乙女じゃん!

はあ〜?

そうだ。恋愛には、年齢なんて関係ないと言うことだ。

おっそろしい。

この泥沼にハマってみろ。

恋愛の胸キュンにどつぼるしかねぇ。

 

*今日はいつもRockネタ映画ネタではなく、お久しぶりの漫画ネタよん。ネタバレ有る無しを選べるように書いたから、お好きな読み方してね。

“【ローズ ローズィ ローズフル バッド】1巻 いくえみ綾、胸キュン!感想・あらすじ(ネタバレ有無)ツッコミポイント” の続きを読む

Juliet Simms feat. Andy Biersack【Not Broken Yet】 和訳 Soulmate 運命の人

大御所オッサンBand 紹介する予定が、又もや急遽変更(笑)。

先週紹介したHenly Gallagher がイギリスのオーディション番組優勝者と言う話からアメリカンアイドル(American Idols ) 話になり、それで思い出したのがこのブログで紹介して来たAndy Black ( バンド時はAndy Biersack)のワイフ。

せっかく話に出たのならドーンと紹介しよっ。

“Juliet Simms feat. Andy Biersack【Not Broken Yet】 和訳 Soulmate 運命の人” の続きを読む