【The Lumineers/ Ophelia】和訳 運命の人 Soul Mate

胸が躍る。

それは彼ら The Lumineers の音楽を形容するのにピッタリな言葉。

このブログで彼らの曲を和訳したのはずいぶん前のこと… ( 【The Lumineers / Sleep On The Floor】 和訳 Resemble Morning Soap Opera! 朝ドラ『半分、青い』のダメ人間ぶり)

あれから3年くらい経ったなんて信じられないんだけど、その間にThe Lumineersは3人→ 5人になっていた(メンバーチェンジ有り)

色々巡って、今がある。

この道が正しいのか分からない。気が焦るばかり。

でも息して生きてるんだから「まあ、いっか?」と空を見る。

この広い空の下で、きっとLyraと同じ太陽を( 夜には月を)、同じように見ているのだろう。

この地球に居る限り。

多分この曲のように、貴方は私を思い続けるだろう。そして私もきっと同じ目に遭うんだろ。

“【The Lumineers/ Ophelia】和訳 運命の人 Soul Mate” の続きを読む

Lyra Sky’s Monologue- Favorites vol.101

I watched tv and Lisa the TVprogram’s guest told “It’s so good a man get a tattoo name of a girl he loves ” to the guy’s going to win a woman’s heart in approach race.
I think so,too.truly , I think it’s romantic.
👠lyra4m.com/
#awesome #goodguys #stunning #tattoo #skateboard #skateboardingisfun #talent #geniuses #doglover #skater #beautiful #fashion

June.30.2020.

“Lyra Sky’s Monologue- Favorites vol.101” の続きを読む

和訳 John Prine 【Souveirs】解説 John Prine R.I.P. ジョン・プライン逝去 &贈り物

I’m rearly sorry for your loss. You’re a good artist, beautiful composer, and great singer songwriter can make humorous lyrics & heartwarming poets. Please accept my heartfelt condolences. May John Prine rest in peace.

アメリカをユーモラスに表現する、素晴らしいアーティストがまた1人亡くなってしまった。

I hate covid-19.

コロナの威力は最悪で強力なのは分ってはいる。

だが「この細菌ウィルスがなければ、John Prineは亡くならなかったのでは?」と考えてしまい、今までなかったウィルスに腹立たしい思いを抱くし、このまま人類が負けてしまうのではないか?と不安にもなってしまう。

今日はJohn Prineを追悼する為に、彼のユーモラスな方ではなくて、ジンワリと優しい語りで歌われる、暖かくて切ないAmericanaを和訳するね。

一緒に天国にいる彼に愛を!

“和訳 John Prine 【Souveirs】解説 John Prine R.I.P. ジョン・プライン逝去 &贈り物” の続きを読む

和訳【The Wallflowers/One Headlight 】Jakob DylanとTom Pettyとアメリカーナ

LyraがTom Petty (→【American Girl】和訳 “An American Treasure” ‘s Final Song 解説) 好きなのは、このブログの常連さん達は、まるっとご存知。

だから、これを言ったら頷いてくれるんじゃないかと期待してしまう。

「この人のパパは、本当はTomなんじゃないのうーん!?」

Lyraはそう言いたくなるのである。

初めてこの曲を聴いたあの時。

思わず「Tom Pettyじゃん」と呟いてしまった。

Jakob(写真の人)が、papa Bobに似るのは仕方がないこと…だが、それの数倍もTom Pettyに似てるから笑ってしまう、、、と言うか、

Tomが路地裏のロック野郎てき楽曲から、Bobに近づいていき、いつの間にやらBob Dylon化してしまったのがあるから、当たり前っチャー当たり前なのよね(笑)。

と言うことは、いかにBob臭がアメリカを支配しているか?ってことかしら?

Lyraは思う…アメリカ人の体に染みつく、Homeを探し彷徨う気持ち、それがDNAに組み込まれていて、似たサウンドに行きついてしまうのかもしれないと。

皆んな安らげる場所を探してるのだ。

“和訳【The Wallflowers/One Headlight 】Jakob DylanとTom Pettyとアメリカーナ” の続きを読む

和訳【Fuck It I Love You/ Lana Del Rey】Say me You’re Mine 俺のものって言って

Lyraのブログで度々、紹介して来たLana Del Rey。

お騒がせ女子の一員で年間パスポートが貰えるくらいのパパラッチワールドで生きているような人だ。

ただ、Lyraにはそのお騒がせキャラは彼女が売れる為の戦略でしかないと感じてる。

毎回Lanaのことを「売れる為の戦略でDISられることをしているだけ」と書いてきたが、今回も明らかに世間を賑わしたい気マンマンで帰って来たのだ。

Welcome back , Lana Del Rey!

おかえり Lana !

“和訳【Fuck It I Love You/ Lana Del Rey】Say me You’re Mine 俺のものって言って” の続きを読む