The Lumineers【BRIGHTSIDE】和訳Brightsideの本当の意味 American Darkness

書いたまま放置している和訳や記事が多くて、どれからあげたら良いのか迷う。

書き終わり「さあ、UPしよう」としたら、誰かが亡くなると言うコロナ禍での悲しい出来事が多くなっているのも原因の一つなのです。

それに元々、その時の気分で決めてしまうタチなので今迄放置していた記事が200位あるので、それプラスだから…一体、いつスッキリ出せるか? って、まるで腸の話ぜゃんね?w

今日は.その書いたまま上げていない記事の中から、数日前にニューアルバムが出たばっかりのタイムリーなThe Lumineersにしましょう。

今時の人達なのに、今時の音楽をやっていないと言う… 良い意味で、とってもアナログが似合うアーティスト、このLyraのブログで取り上げて来たバンドで、聴いているとスッキリ出るものが出る感じ〜(って又、お腹の話!)

シンプルイズベストを地で行くようなアーミッシュみたいなファッションに、ギターとドラムだけでプレイしたり、必要最小限の楽器で演奏する事が多いメンバー。

地味に思えて、実は無限に広がる世界。

彼らの紡ぐ世界観は、歌声と楽器を奏でる音で空へと舞い上がる。

現実の綻びを言葉に紡ぎ、美しい音色に乗せて地球上に広がって行くのだ。

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国コロラド州メンバーを拠点とするフォークロック・グループ、The Lumineers ザ・ルミニアーズ。

 

スポンサーリンク

創設メンバーはウェスリー・シュルツ(リードボーカル、ギター)とジェレミー・フレイツ(ドラム、パーカッション、ピアノ)。

2005年ニュージャージー州ラムジーで、2人が一緒に作曲と演奏を始めたのが始まり。

チェロ奏者でボーカリストのネイラペカレク(チェロ)な2010年にバンドに加入し、2018年までトリオで活躍して来た。

最も人気のあるフォークロックのバンドとして浮上してから、このジャンルが復活し始め、2010年代に人気が高まった。

【The Lumineers / Sleep On The Floor】 和訳 Resemble Morning Soap Opera! 朝ドラ『半分、青い』のダメ人間ぶり

 

今ではアメリカでトップクラスのツアーバンドの1つになり、世界中に根強い人気を誇るライブバンドになっている。

今日Lyraが和訳する曲は、20022年1月14日にリリースされた同タイトルの4th アルバムの先行シングルとして2021年9月20日にリリースされた【Brightside】。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話しましょう!

 

(click to amazon ↓↓) 4th Studio Album “BRIGHTSIDE” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓ 

 

 

“Brightside” (stylized in all uppercase) is a song by American folk rock band The Lumineers. It was released on September 20, 2021, as the lead single from the band’s fourth studio album of the same name. The song was written by Jeremiah Fraites and Wesley Schultz, and produced by Simone Felice, David Baron, Brian Hubblen, Rick Mullen and Derek Brown.

Brightside (stylised in all caps) is the fourth studio album by the Lumineers, released on January 14, 2022, through Dualtone and Decca Records. It was primarily produced by Simone Felice and David Baron. The album was preceded by the release of three singles: the title track, “Big Shot”,and “A.M. Radio”.

=BRIGHTSIDE=

[Verse 1]

I can see it in the air

Every word was like a smoke from a cigarette

You were blowin’ in your hands

The heater broke in the Oldsmobile

And the light in your eyes

Alone on the freeway

[Verse 2]

I was stranded in the bed

You were listening to The Dark Side of the Moon

I could barely see your eyes

Psilocybin in a hotel room

[Pre-Chorus]

And the light in your eyes

The waves on the ceiling

[Chorus]

I’ll be your brightside, baby, tonight

I’ll be your brightsidе, baby, tonight

Tonight

[Verse 3]

You were tired of Tacoma

I was tirеd of believing we were right

Losing every other friend

Finding nothing in the afterlife

Pre-Chorus]

But the light in your eyes

Alone on a feeling

[Chorus]

I’ll be your brightside, baby, tonight

I’ll be your brightside, baby, tonight

Tonight

[Post-Chorus]

You’re stranded on the bridge

You’re crying for your kids

I’ll be your brightside, baby, tonight

Tonight

Tonight

[Verse 4]

I could see it in the air

Every word was like a smoke from a cigarette

Sun is coming up ahead

Get your crack in the windshield shine

[Pre-Chorus]

And the light in your eyes

Alone on the freeway

Chorus]

I’ll be your brightside, baby, tonight

I’ll be your brightside, baby, tonight

Tonight

[Post-Chorus]

You’re stranded it on the bridge

The cops are closing in

I’ll be your brightside, baby, tonight

Tonight

Tonight

 

 

俺は空中で

それを見れるんだぜ

どんな言葉も

煙草から立つ

一筋の煙みたいだった

お前は自分自身の手で

吹き飛ばされていた

オールズモービルのヒーターが

ついに壊れちまったな

それにお前の瞳の中の光が

高速道路を1人で行く

 

俺はベッドの上に座礁してるみたいだった

お前はThe Dark Side of the Moonのレコードを聞いていた

俺にはお前の瞳が

微かにしか見えない

ホテルの部屋での

サイロシビン

そしてお前の瞳の中の光

天井で波打ってるみたいだよ

 

俺が本当は違うのに

傷ついてないふりをしてやるよ

ベイビー

今夜はさ

俺が本当は違うのに

傷ついてないふりをしてやるよ

ベイビー

今夜はさ

今夜は

 

スポンサーリンク

 

お前はタコマに飽き飽きしていたんだ

俺は俺で

俺たちは上手くいってるって

信じるのに飽き飽きしていた

他のどの友達も失くし

来世で何も見つけられないぜ

でもお前の瞳の中のその光が

感情のまま孤独でいる

俺が本当は違うのに

傷ついてないふりをしてやるよ

ベイビー

今夜はさ

俺が本当は違うのに

傷ついてないふりをしてやるよ

ベイビー

今夜はさ

今夜は

 

お前は橋の上で座礁させられてるみたい

お前は子供たちの為に泣いているんだな

俺が本当は違うのに

傷ついてないふりをしてやるよ

ベイビー

俺が本当は違うのに

傷ついてないふりをしてやるよ

ベイビー

今夜はさ

今夜は

今夜は

 

俺は空中で

それを見れるんだぜ

どんな言葉も

煙草から立つ

一筋の煙みたいだった

太陽が上って来るぜ

フロントガラスの輝きで

お前の傷が分かったよ

 

そうしてお前の瞳の中のその光

高速道路を1人で行く

俺が本当は違うのに

傷ついてないふりをしてやるよ

ベイビー

今夜はさ

俺が本当は違うのに

傷ついてないふりをしてやるよ

ベイビー

今夜はさ

今夜は

 

お前は橋の上で座礁させられてる

警官が近づいて来る

俺が本当は違うのに

傷ついてないふりをしてやるよ

ベイビー

今夜はさ

今夜は

今夜は

 

Songwriter: Jeremiah Fraites, Wesley Schultz

Translator: Lyra Sky 和訳

 

MVから考えられること

色々な出会いがあり、色々な付き合い方がある。人それぞれ顔が違うように愛し方も違う。

どれが正解で何が重要かは、モラルとしてはあるにしても、実際は、死ぬ間際にならなければ、わからないのが人生だと思う。

この【Brightside】を素敵なラブソングと普通の位置付けにするのは、ちょっと違うと思う。まあ、歌詞の意味と個人的な意見の両方からの考えだが、深読みなしで、コレはドラッグが絡んだ人間関係の歌であり、それを含めた上で、救いがあると考えるならばラブソングと考えても良いだろう。

世間が好きな「君を愛してる」とか、誰彼構わずに対象を「君」と呼び、高らか歌う流行り歌でもなく、聴くものにストレートに刺さる Lyraが好きな激しい熱い愛の歌や歓びのタイプではなくて、真逆の終わりそうな悲しいラブソングか、静かに愛を噛み締める、又は関係を確認してるタイプだろう。

ビデオを見たらわかると思う。アメリカに根強い闇の一部と、言ったら大袈裟?ホワイトトラッシュの人々に見えなくもない為 (完璧にそうだけど、一応ぼかし) 、今、現在アメリカで生きてる人達の孤独や傷を感じる。

このミュージックビデオは、2021年9月29日にリリースされ、Kyle Slash によって監督され、アメリカ在郷軍人会で撮影された。

ビデオの冒頭で、さまざまな人々が「あなたにとって愛は何を意味するのか?」という質問に答えているのだが、わざと色々な世代や人種をあえて選び撮影しているのがわかる。

コレは、すべての年齢、人種、性別のカップルの愛が、歌を演奏しているバンドの周りでワルツを踊っている、、、それは地球を巡る人間たちが回るよう。

VocalのWesley Schultzは、ビデオにこう、コメントしていた、、、「【BRIGHTSIDE】のミュージックビデオは、アメリカ人のドキュメンタリーのようなものです。ラブストーリーだ。すべて実在の人物が登場しています。そこに登場する人物は俳優ではありません。」

ここに、今のアメリカがある。

 

スポンサーリンク

【BRIGHTSIDE】とバンドについて

【BRIGHTSIDE】(すべて大文字で定型化)は、ドラムやベースやピアノのJeremiahFraitesによって作られた曲と言われているが、Wesly Schultz との2人のクレジットも見かける。

Wesly Schultz ウェズリー・シュルツ、Simone Felice シモーネ・フェリーチェ、David Baron デビッド・バロン、Brian Hubblen ブライアン・ハッブレン、Rick Mullen リック・ミューレン、Derek Brown デレク・ブラウンがプロデュース。

バンドのストリップバックの生のサウンドは、Bruce Springsteen 、Bob Dylan、

Tom Petty など、シュルツやフライテスに影響を与えたアーティストから大きく引き出されている。

彼らはエネルギッシュなライブショーで有名で、【Ho Hey】【Stubborn Love 】、【Ophelia】、【Angela】、【Cleopatra】を含む国際的なヒットシングルで知られている。

【The Lumineers/ Ophelia】和訳 運命の人 Soul Mate

 

このバンドは米国でトップのツアーバンドの1つになり、他の国でも人気があり、面白いなとLyraが思ったのは、彼らの歌詞やロゴをTattooにして、ファンがそれを写真投稿して披露していること。

アレは良いね、バカだとは思うけど、愛を感じるわ、Lyraの名前も入れて(笑)。

【BRIGHTSIDE】が収録されているアルバム『BRIGHTSIDE』は、2022年1月14日にデュアルトーンとデッカレコードを通じてリリースされた。これは、4番目のスタジオアルバムになる。

主にSimoneFeliceとDavidBaronによって制作され、アルバムの前に、タイトルトラックの今日取り上げた【BRIGHTSIDE】と、【Big Shot】、【A.M. Radio】の3つのシングルがリリースされていた。

録音は、ニューヨークの Sun Mountain, Boiceville。 地元ではなかったのね。泥臭いライブと違い、洗練された感じがしたのは、そのせいだったのか?

 

2人で歌うだけでも、最高にHotなサウンドだ。

 

The Lumineers の『Cleopatra』と『Ⅲ』のプロデューサーでもある Simone Felice は、ミキサーとエンジニアを兼務したDavid Baron と一緒にアルバムをプロデュースするために戻って来た。このアルバムは、2021年初頭(「冬と春」)にニューヨーク州ボイスビルにあるバロンズサンマウンテンスタジオで行われた2つのセッションでレコーディングされたもの。

リードシングル【BRIGHTSIDE】は1日で録音された。 シンガーギタリストWesley とJeriah が楽器のほとんどをプレイし、David がキーボードとバックボーカルを担当。

その他の演奏のメンバーは、フェリスブラザーズのジェームズフェリス、シンガーソングライターのダイアナデムス、ツアーメンバーのバイロンアイザックスとローレンジェイコブソン、そしてバックシンガーのシンディミゼルが担当している。

Lyraの歌詞解説

バンドのシンガーギタリストであるWesley は「この曲は、たった1日で作られたんだよ。コレは、まるで15歳の燃え上がるような夢のようなものさ。栄光と傷心だけが全てのアメリカ人のラブストーリーだ。最後のカップルが、何かから逃げ出し、去った、彼らだけで」と言う内容の曲だと言う。

彼らが逃げたのは、ただ単に生きたくはない場所からか?それとも闇が広がる社会から?

この曲は「1日で録音」された即興のようなものだが、内容は濃いし、Deepだと思う。

最悪な状況の1人が、パートナーにコミットすることを中心に展開すると歌だが、同時に愛だけが自分の絶望を改善できるという事実に光を当ててもいる。

ミュージックビデオは、新しい映画の世界でイメージを拡大し、彼らの風変わりなマナーを探求しながら、本物のカップルの愛を描いていると言えよう。リードシンガーのWesleyは、2021年9月にFacebookのライブストリームでビデオキャスティングについて話し合ったそうだか、、先に述べたように狙ったキャスティングだと言う読みは当たりだ。

スポンサーリンク

今時のティーンエイジャーから始まり、昔から連れそって来たハーレイに跨りそうなカップルから、ラブ&ピースのサイケデリアの夢を見てアメリカの負けを見てきたカップルなど、トレーラーハウスに住んでいそうな人達ばかり選ぶとは、、、痛過ぎる。でもコレが現実。今時の映える世界は実際はない人達の方が多いのが、アメリカ。でも今日もそれに目を瞑って生きているのもアメリカなのだ。

痛いほどの現実を突きつけられて、聞く【BRIGHTSIDE】は、また違って聞こえてこない?

ここからは、Lyraの詳しい歌詞の解説なので、興味ある人だけ、どうぞ。

 

歌詞のOldsmobileは、自動車メーカーのオールズモビル のことで、昔のアメリカの定番だった形をしている車のことだ。

オールズモビル は、ランサム・E・オールズが、1897年にアメリカ合衆国ミシガン州のランシングに設立した自動車メーカー「オールズ・モーター・ビークル・カンパニー」のち「オールズ・モーター・ワークス」になった略称である。

歌詞の中に出て来る【Dark Side Of The Moon】は、先日取り上げたばかりのPink Floyd の決定的なアルバム『狂気』。

これは、誕生から死までの男の人生の物語だ。

2019年9月のブラジルのウェブサイトTMDQAとのインタビューで、彼がお気に入りのコンセプトレコードを持っているかどうかについて尋ねられたとき、Jelemy Freitzは、Pink Floyd の8枚目のスタジオアルバムの重要性について次のように述べていた、
「ええ、絶対に!狂気は俺の人生のお気に入りのアルバムの1つだよ!」

2018年9月のFacebookの投稿で、Jelemyは、Pink Floyd の1994年のヒット曲【ComingBack to Life】のライブバージョンを共有し、Pink Floydが、彼が成長したときに与えた大きな影響についても話していたから、どれだけ大きな存在かが分かる。

「これは、兄の繰り返しによるもの。バンドのギターソロを学ぶために取る: 彼の寝室は私のすぐ隣にあり、寝室の壁からこもったさまざまなフロイドの歌を聴いた後、テイクを聞いたのをいつでも覚えています。 […]これは彼らのアルバムPulseからの彼らのライブバージョンで、ここでも言及されているのだ。

スポンサーリンク

 

「お前の瞳の光」とは、おそらく虹彩を指している。目の筋線維に作用して虹彩を収縮および拡張させる強力なサイケデリックス化合物であるサイケデリックスの使用により、ほとんど見えないはずだ。 摂取すると、この物質は、視覚および聴覚の幻覚を引き起こす原因となる。
マイケルポーランの2018年6月のTheAlanticに関する記事では、マジックマッシュルームの体験を無限の光と闇に満ちた旅として説明している。
目を閉じるたびに、ふたの内側がスクリーンのようにランダムな画像が噴き出した…目を開閉することは、チャンネルを変えるようなもの。
あなたがつまずくと、あなたの目はより敏感になり、すべてが明るく奇妙に感じられ、これらの幻覚的な知覚がこの人に天井の波を見るようになるのだ。
それをサビ前の歌詞に書いているのだと思う。
その証拠に歌の中にある単語、サイロシピンが歌われているしね。
タイトルの【BRIGHTSIDE】は、 困難な状況の慰めの側面を意味するが、このブログでも取り上げたThe Killersの曲の主人公が言及する内容から、「そうでないときに幸せなふりをする人」のことを指す。振られたのに振られてない素振りをする人を言う。

薬物乱用の兆候は、家族や友人から離れていることが原因で多い。主人公は心理的な離脱症状を経験している。愛を言うところも離脱状態かもしれない。

歌詞の中の来世は、しばしば「天国」と呼ばれる。

キノコにつまずいたときにユーザーが連れて行かれると説明した場所だ。

この人はサイケデリックスへの耐性が強くなっていて、ハイの時に同じ経験をするのに苦労している。これらの劇的な認識の変化は、彼らが非常に独特な方法で世界を見ているので、彼らを非常に孤独に感じさせる。周りの人々はそうじゃなくても、孤独で仕方がないのだ。

煙が立っているように見えるのは、幻覚剤キノコのおかげ、と歌詞からわかる為、先にLyraがただのラブソングではない、と書いたのはそれが理由だ。

そのため、サビの【BRIGHTSIDE】は、迷ったが、嫉妬してるのにしていないふりをする男の意味が最近使われるのが多いし、そちら寄りに和訳した。

こんなに詳しく解説するのは、勿体無い気がするけど(笑)、今日はサービス、っていつも詳しく書き過ぎていますよね、わたくし?

難しい現実と向き合ってる人々の為に、今日も、詳しい解説をしました。

Lyraの文章が貴方の生き方のヒントになれば、嬉しいです。このブログを宣伝してね〜。

沢山、読者が増えて嬉しいです。あなたの応援だけが、LyraのPowerなの。

本当に嬉しくて仕方ない〜♪ もっとたくさんの人に読んでもらいたい。もっと、も〜っと!宣伝してね。

先へ、先へ。上へ、上へと進んで行くよ〜、どこまでも。

私達の先には闇など一つもなく、光しかないわ。

これからもよろしく〜☆

 

 

(click to amazon ↓↓) 4th Studio Album “BRIGHTSIDE” [Analoga] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

Simone Felice, producer of the Lumineers’ Cleopatra and III, returned to produce the album alongside David Baron, who also served as mixer and engineer. The album was recorded in two sessions that took place in early (“winter and spring”) 2021 at Baron’s Sun Mountain Studios in Boiceville, New York. Lead single “Brightside” was recorded in a single day.

Singer-guitarist Wesley Schultz and Jeremiah Fraites performed most of the instrumentation themselves, with Baron providing keyboards and backing vocals. Other contributions came from the Felice Brothers’ James Felice, singer-songwriter Diana DeMuth, touring members Byron Isaacs and Lauren Jacobson, and backing singer Cindy Mizelle.

The band’s singer-guitarist Wesley Schultz stated in a press release: “The song ‘Brightside’ was recorded in a single day. It’s like a 15-year-old’s fever dream, an American love story in all its glory and heartbreak. The last couple left, on the run from something and all alone”.

Video

An accompanying video was released on September 29, 2021, and directed by Kyle Thrash. It was filmed at an American Legion Hall. At the beginning of the video, a variety of people answer the question: “What does love mean to you?” And showcases “the love of couples of all ages, races, and genders dance the waltz around the band as they perform the song.”Schultz commented the video: “The ‘Brightside’ music video is like a documentary of the American love story. It features all real people – none of the people that appear in it are actors”.

The song was “recorded in a single day” and revolves around one person committing themselves to their partner when times aren’t the best, while, at the same time, shining a light on the fact that only love can ameliorate one’s despair.

The music video expands the imagery with a new cinematic universe, depicting the love of real couples, while exploring their eccentric manners. Lead singer Wesley Schultz discussed the video casting on a Facebook livestream in September 2021:

Pink Floyd’s definitive album, The Dark Side of the Moon, tells the story of a man’s life from birth to death.

When asked in a September 2019 interview with brazilian website TMDQA about whether he had a favorite concept record, Jeremiah Fraites mentioned the importance of Pink Floyd’s eighth studio album for him:

Yeah, absolutely! The Dark Side of the Moon is one of the favorites albums of, like, my life.

In a September 2018 post on Facebook, Fraites shared the live version of Floyd’s 1994 hit “Coming Back to Life”, and took the opportunity to talk about the huge influence Pink Floyd had on him when growing up, that due to his older brother’s repetitive takes in order to learn the band’s guitar solos:

His bedroom was right next to mine and I can always remember hearing take after take of various floyd songs being learned muffled through my bedroom walls. […] This is their live version from their album Pulse, which to me will remain one of my favorite albums of all time.

“Coming Back to Life” is also included on The Lumineers Inspiration, a Spotify playlist curated by the band and full of songs that inspired them to write their sophomore album, Cleopatra.

The eyes—most likely referring to the iris—of this person are barely seen due to the use of psilocybin, a powerful psychedelic compound that acts on the eyes’ muscle fibers, making the iris contract and dilate:

When ingested, this substance is responsible for causing visual and auditory hallucinations. Michael Pollan’s June 2018’s article for The Alantic describes magic mushrooms’ experience as a journey full of endless light and dark:

Whenever I closed my eyes, random images erupted as if the insides of my lids were a screen. […] To open or close my eyes was like changing the channel.

 

スポンサーリンク

As you trip, your eye gets more sensitive, everything feels brighter and odd, in such a way that these hallucinatory perceptions provokes this person to see waves on the ceiling.

Brightside is Someone who pretends to be happy when they’re not, referring to the confused bisexual narrator of The Killers’ album Hot Fuss. In a reference to the song “Mr. BrightSide” by the Killers, a brightside is someone who is jealous of his/her ex’s new beau.

“He takes off her dress now
Let me go
And I just can’t look
It’s killing me
And taking control”

“Destiny is calling me
Open up my eager eyes
I’m Mr. Brightside”

【The Killers / Mr.Brightside】 About Jealousy & Eric Roberts 和訳 Lyrics

 

An indication of substance abuse is one separating themselves from their family and friends. Since the risk of psychedelics addiction is low, this person is going through a period of psychological withdrawal, during which their brain may have trouble to produce the same desired effects.

The afterlife is often referred to as “heaven”, in which is the place users have  described being taken to when tripping on mushrooms. This person has developed the tolerance to psychedelics and struggles to have the same experience while high.

These drastic change of perceptions makes them feel very lonely, since they’re seeing the world in a very peculiar way, but people around them are not.

The Lumineers are an American folk rock band based in Denver, Colorado. The founding members are Wesley Schultz (lead vocals, guitar) and Jeremiah Fraites (drums, percussion, piano). Schultz and Fraites began writing and performing together in Ramsey, New Jersey in 2005. Cellist and vocalist Neyla Pekarek (cello) joined the band in 2010, and was a member until 2018. The Lumineers emerged as one of the most popular folk-rock/Americana artists during the revival of those genres. their popularity growing in the 2010s.  The band’s stripped back raw sound draws heavily from artists that influenced Schultz and Fraites such as Bruce Springsteen, Bob Dylan and Tom PettyThey are known for their energetic live shows and several international hit singles including “Ho Hey”, “Stubborn Love”, “Ophelia” “Angela” and “Cleopatra”.  The band has become one of the top touring bands in the United States and is also popular in other countries.

【The Lumineers/ Ophelia】和訳 運命の人 Soul Mate

 

Credits and Personal

  • Luke Armentrout – assistant mastering engineer
  • David Baron – bass, engineer, mixing, organ, piano, producer, synthesizer
  • Derek Brown – producer, sound supervision
  • Taylor Chadwick – assistant mastering engineer
  • Andrew Darby – assistant mastering engineer
  • James Felice – vocals (background)
  • Simone Felice – producer, recording arranger, tambourine, vocals (background)
  • Jeremiah Fraites – bass (electric), composer, drums, piano, recording arranger
  • Sara Full – production coordination
  • Bobbi Giel – assistant mastering engineer
  • Renee Hikari – stage assistant
  • Anthony Hook – editing assistant
  • Brian Hubblen – producer, sound supervision
  • Byron Isaacs – vocals (background)
  • The Lumineers – primary artist
  • Andrew Mendelson – mastering engineer
  • Rick Mullen – Producer, Sound Supervision
  • Wesley Schultz – composer, guitar (electric), recording arranger, vocals, vocals (background)

 

Written By

Jeremiah Fraites & Wesley Schultz

Video Production Coordinator

Susan Marinello

Video Director

Kyle Thrash

Electric Guitar Wesley Schultz
Label

Dualtone Music Group

Assistant Engineer Renée Hikari
Assistant Editor Anthony Hook
Production Coordinator

Sara Full

Sound Supervisor

Derek Brown, Rick Mullen & Brian Hubblen

Mastering Engineer

Andrew Mendelson

Assistant Mastering Engineer

Luke Armentrout, Bobbi Giel, Andrew Darby & Taylor Chadwick

Lead Vocals

Wesley Schultz

Drums

Jeremiah Fraites

Synthesizer

David Baron

Piano

Jeremiah Fraites & David Baron

Organ

David Baron

Bass

Jeremiah Fraites & David Baron

Engineer

David Baron

Background Vocals

James Felice, Byron Isaacs, Wesley Schultz & Simone Felice

Recording Arranger

Wesley Schultz, Jeremiah Fraites & Simone Felice

Studio Personnel

Anthony Hook, Sara Full, Luke Armentrout, Bobbi Giel, Andrew Darby, Taylor Chadwick, Renée Hikari, Andrew Mendelson & David Baron

Mixing Engineer

David Baron

Tambourine

Simone Felice

Recorded At
Sun Mountain Studios, Boiceville, NY
Release Date
September 20, 2021
Tags

 

Produced by Simone Felice, David Baron,
Brian Hubblen, Rick Mullen, Derek Brown

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。