【Blur/ The Universal】和訳 時計じかけのオレンジ管理社会 Controlled Society like A Clockwork Orange

 

初めて聴いた時は「ラウンジミュージックぽさが、気持ち良い曲だ」と思った。不気味と笑いが相まって独自の世界を構築してる。

「イームスの椅子に座り、ゆったりとお茶かしら?それとも近未来風なモロコバーで、真っ白なミルクでも飲む?」

そんな風に、近未来仕立ての映画を見てる気分だった。

だが去年からの世界情勢を経験した今、この曲を改めて聴くと、何とも不気味な現代を皮肉った曲に思えて来る。

ただ単に大好きな映画『A Clockwork Oragne』へのオマージュ全開のMVだったから良く見ていた(聴いた)だけだったのに。

近未来の世界。

人間は結局、何も変わらない。

ただ文明や周りの社会情勢が、目まぐるしく変化していくだけだ。

いずれこの曲の歌詞のように、世界中が管理社会で統一化されるに違いない。

それが幸せなのか?

果たして便利だが全てを管理された社会が、魂に対して安らぎを与えられるのか?は、不透明だ。

だって人間自身が変わらなきゃ…安住の地は見つからないのだから。

それに自由なしよ?

“【Blur/ The Universal】和訳 時計じかけのオレンジ管理社会 Controlled Society like A Clockwork Orange” の続きを読む

【To The End/ Blur】和訳 宇宙のランデヴー Rendezvous

Happy Birthday, Damon Albern! ! Wish your nice life!

と言う事で、今日はDamonのお誕生日をお祝いして彼のバンドの1つである、Blurの曲を和訳してお祝いしましょう!

「お誕生日だからノリノリの曲を!」と思ったんだけど、Blurの軽快な曲って何故かめっちゃ元気な時でないとキツい時がある。

一般的な意見ではなくて、あくまでも個人的な見解なので、、、許して。それにこれは悪口じゃなくて褒めているの。だって元気な時に、よりハイな気分にさせてくれる曲って最高じゃない?

快晴の日で、遊びに行く時にLyraは、Blurのノリノリの曲を聞くと、いつも気分が上がるのだ。

でも今日はしっとり系が聴きたいの。それも、大人っぽくてラウンジな奴を。

そう思ったらこの曲が浮かんだ。

しっとりしていて、オシャレでアダルトで、ムーディーな曲よ。

ただ歌詞がちょっとBirthday向きじゃないんだよね〜。

でもこのダルい感じにフワフワした雰囲気はおフランスの映画のよう、、、って作った本人もそう思ったんでしょう。

カッコ可愛いおフランス女優の Françoise Hardyをフィーチャーしてるのだから。

今日は歌詞の暗さは気にしないで、「サウンドが素晴らすぅいー!」とLyraがプッシュしてるんだな、と思って聞いて下され〜♪

そして良かったら、Lyraと一緒にフワフワしましょ。

“【To The End/ Blur】和訳 宇宙のランデヴー Rendezvous” の続きを読む

【Graham Coxon/ You Always Let Me Down】和訳 グレアム・コクソンの全て All of Graham Coxon’s Charm

Happy Birthday Graham Coxon! You’ve a unique fashion & personality,I always want to emulate you.I think you’re so fashionable cause your own taste.I hope that today is the beginning of another wonderful year.

今日はGraham Coxon のバースデイなので彼の曲を和訳してお誕生日をお祝いしちゃおぅ!

“【Graham Coxon/ You Always Let Me Down】和訳 グレアム・コクソンの全て All of Graham Coxon’s Charm” の続きを読む

和訳【Tender/Blur】DamonとJustin 消えない想い

Lyraは、皆さんご存知のようにOasis Fanざんす。と言うかOasisが血に流れてるような女。

おまけにLiam Gallagher好きとなったら、あのOasis VS Blur 戦争が又イギリス国内で勃発したら、どちらの味方になるかは、言わずもがな(笑)。

まだ兄貴の方は、Damonと仲直りして、ライブもやっとるがな。(元々喧嘩はしてない…弟と違い w)

ただBlurの楽曲は嫌いじゃなかったし、このブログでも書いたが、Lyraは、Damonの彼女Justin がやっていたElastica (→ 「【Waking Up 】和訳 解説 Unguarded World 開けっぴろげな世界」参照)が、大好きなのよ〜!

GuitarのDonnaと同じ髪型にしたくて、30cm以上長髪を切りましたわ。懐かしい。

その懐かしい想いが、刹那い想いに変わってしまう曲があるの。

全て祭りの後のよう。

Brit Popってお祭りだったのよね。

その祭りの中で、ホノボノしたラブストーリーを綴っていた2人。

泥沼劇なんて気にしない。

愛があるのなら。

“和訳【Tender/Blur】DamonとJustin 消えない想い” の続きを読む