和訳MV【You Do Something To Me/Paul Weller】解説 A Flame of Love

Happy Birthday,Paul Weller!

って前に話したように4月5月は、Iggy Popに始まり、LyraのBirthdayから好きなアーティストのBirthdayが目白押しなのよね〜。

昨日の   Stevie Nicksの前日がPaulの誕生日。

前後したのはLyraの気分です。昨日はPOP熱が上がってシンセサイザーが聴きたかったから。

で、今日はうってかわって渋〜いBluesが聴きたいからこの曲を選んだよ。

The Jamの頃のPaul Wellerを見てから好きになったから、ご機嫌なUP tuneを和訳したの。でも今の気分は、明るい曲より刹那いPaulを欲している。

だから、最近の彼の曲の中で1、2位を争うくらい支持されているBluesを和訳しましょう。

それも燃えるようなラブソング。

“和訳MV【You Do Something To Me/Paul Weller】解説 A Flame of Love” の続きを読む

和訳MV【Champagne Supernova/ Oasis】本当の意味 解説 I Love You

大人気曲。

多くのアーティストがカヴァーしているoasisの名曲の一つ。

人それぞれこの【Champagne Supernova】に対する想いがあるだろう。

「刹那い曲だから、好き〜」とか、

「バラードで歌いやすいから好き」

「oasisの曲だから間違いなく好き」と盲目的に崇拝している人もいるだろう。

中には「ラブソングでしょ?だから好き」って人もいた…もう、ドビックリの極み。アレには、頭が痛くなった。

別に歌詞なんてどうでも良いのだろう、多くの人にとっては…。

Lyraは人が好きな物や、好きなやり方、愛した方を否定したことは生まれてこの方1度もない。

人が人を殺めるなど、暴力や策略を犯す悪人以外は、否定するつもりはない。

貴方の好きにすれば良い。

このブログには、様々の国の沢山の人が見に来てくれるから、メチャメチャ嬉しい。

それに、励ましを頂いて本当に感謝しても仕切れないくらい💕

一度、頭のおかしなoasis ファンが来たけれど、妬みに塗れた人で悲惨だった。暴言を吐く人って何なのだろう?貴方の暴言で死ぬ人もいるんですよ?

だが「そう言う人間が来るようになったと言う事は、Lyraが有名になった証拠だよ」と言ってくれる人達がいて、元気が出た…ありがとう!

皆さんの愛があるから、辛いことがあってもやっていられる〜。

お礼に皆が好きなこの曲を!

歌詞の意味を知るのが好きな貴方達に贈ります。

“和訳MV【Champagne Supernova/ Oasis】本当の意味 解説 I Love You” の続きを読む

Lyra Sky’s Monologue -Favorites vol.82

Your voice ranking (game result) is

【God】
【Angel】
【Legand’s revel】
【Neat and Clean】
【Healthy】
【Abnormals】
【Danger】
【Monster】
【Davil】
【Destroyer】⇦Lyra Skyの声
Boo〜😬
#あなたのボイスランク
shindanmaker.com/924176
#RedHotChiliPeppers #johnfrusciante #chadsmith #flea #anthonykiedis #好きなヒゲ男を貼る #髭男研究家

January.12.2020.

“Lyra Sky’s Monologue -Favorites vol.82” の続きを読む

和訳【Disco2000/ Pulp】解説 伝統的ダメ男の恋バナ Traditional COMMON PEOPLE

良い意味でも悪い意味でも、根底に流れている物は、変わっていないイギリス。

(今住んでいるわけではないから、オンタイムでないが)

「コヤツら、変わることが嫌いなんじゃないか?」とすら思えて来る。

伝統を重んじるイギリス。

変革をするつもりで入ったはずが、結局、EU離脱して元のイングランドに。元サヤってヤツ。

英国の音楽事情は様変わりした、と言われているが、個人的には流行り廃りも、数年サイクルで回っていて全く変わっていないと感じるのだ。

同じ繰り返し…。

それが嫌だと言っているのではない。

自国らしさがあって良いと思うのだ。

これこそ様式美!

良い味出してるよ、イングランド。

アメリカが移民が多い影響で、レゲトンやスパニッシュ系サウンド、又は、テイストをぶっ込んだ音が流行っているのにも関わらず、イギリスは、マイペース。

だから、回ってくるよ、Jervis、又貴方の時代が。

最近、露出し始めたんじゃない?

Brit Pop以前から下積みがあったからこそ出せる、ダサいのを武器にしたオシャレな伊達男スタイル。

オネェじゃないかと思える、余分な動き(笑)。全てが可愛い。

貴方の情けない男性像は、誰にも真似ができない武器だもの。(こぞって日本の芸能人達は真似したけど)

 

また、ブームが戻って来るかも!

例え戻って来ないにしても、このキラキラ・サウンドは、イギリスの音楽史に残るのよ。

リクエスト貰ったから和訳するね。

 

“和訳【Disco2000/ Pulp】解説 伝統的ダメ男の恋バナ Traditional COMMON PEOPLE” の続きを読む

和訳【Me & You Together Song/The1975】解説ストレートに愛を! Macro rather than Micro

ネームヴァリューがある方が良いなあ、と思う時がある。

それは、間違っている事や、人が人を虐めたり差別したり、殺めたりしている時だ。

人が人を簡単には裁けない。

法があろうと時代が変われば、ルールや常識は変わる物だからだ。

法ほど、移ろいやすい物はないのかも。

それに、正義を定義するのは難しい。

だが、「人を傷つけてはいけない」「愛を持って接する」など共存すべき根っこの部分は変わらないと思う。

悪を発見した時に、平和のために声を上げるべきだ。

根っこの部分を信じて。

そんな時、ネームバリューがあればと思う。

microよりmacro。

拡散力がある方が、救える。

“和訳【Me & You Together Song/The1975】解説ストレートに愛を! Macro rather than Micro” の続きを読む