Them Crooked Vultures【Elephants】和訳 理想の女 The ONE in Eden

スーパーグループと言えば、Cream がまず頭に浮かび「Ginger (Baker) ス・テ・キ ❤️」とエキサイトしてしてしまうLyraです。

あと愛しのJimi Hendrix とかPsychedelic Rockで育って来た為かついつい昔の凄腕アーティストの集まったバンドを思い出してしまう。

色々カテゴリー気にせず聞いてきたのに自分でも不思議。きっと、ライブビデオの見過ぎなのだと思うが、目配せしながら、相手の出方で演奏を自由自在に変えるバトルしてる様が好きだからだろう。

勿論、ヘヴィメタルのライブだってそうなのは見てきたからわかっているし、Jazzのライブも間近でよく見たが、モロ即興しかないあの空気が大好き。

それなのにOld Waveなスタイルが頭ん中に響き渡るのは、もう育ってきた環境がそうだったから仕方あるまい。血が血を呼ぶのだ。オールドウェーブの台頭や!

だがそんなオールドウェーブを現代で正々堂々とやってのける面々が!

それがThem Croocked Vulturesだ。

何回もこのブログで取り上げて来たQueens Of Stone Ageの Josh Homme とFoo Fightersや Nirvana の Dave Grohlと Led Zeppelinの John Paul Jonesのバンドだ。正にスーパーグループ!

各々が有名バンドのメンバーだが、そんなことよりも「演奏力が素晴らしい」と言うことでスーパーグループだと言いたいのだ。

彼らのパワフルなプレイは、バトルし互いを高めて行く。

サムシングがあるバンド。

聴いてみればわかるだろう。

本当のロックと言うものが!

“Them Crooked Vultures【Elephants】和訳 理想の女 The ONE in Eden” の続きを読む

【Led Zeppelin/ Kashmir】和訳 Kashmirの本当の意味! A Traveler of Time and Mind

I wish that life brings you a beautiful surprise for your beautiful songs! Happy birthday Jimmy Page.

今日はJimmy PageのBirthdayを祝ってLed Zeppelinの曲を和訳して盛り上げちゃお!

先日詳しく解説したのは、Johnの誕生日だったので彼が曲を作り、メンバーに持って来た【Black Dog】を選びましたが、今日は、ジミペのギターも、Johnのベースも格好良い曲で、Lyraが大好きなこの曲を選びました。

何だかLed Zeppelin Weekになっちゃったけど、たまに良いんじゃない?

サイケデリックな世界へようこそって感じで!

psychedelic 満載の曲で、とってもDreamy。

いつものLyraお得意の妖しい世界や、エロエロ全開な歌詞ではないけれど、SF好きだからタイムトラベルしたみたいでLed Zeppelinの沢山ある名曲の中で、お気に入りの曲です。

Led Zeppelinのこの【Kashmir】で、一緒にタイムトラベル(他の意味のトラベルも) の旅に出ましょっ!

“【Led Zeppelin/ Kashmir】和訳 Kashmirの本当の意味! A Traveler of Time and Mind” の続きを読む

Them Crooked Vultures【No One Loves Me and Neither Do I】和訳【Planet Terror】についても解説

このバンドの曲を聴くたびに「カッケ〜‼️」と身悶えてしまうLyraです。

最近ちょいちょい書いているので、このブログなど色々Lyraをフォローして下さっている皆さんならご存知でしょう。

そうです、LyraはQueens Of The Stone Age熱が再燃しちゃっているのです!w

そのせいでJosh Homme(このバンドのヴォーカル&ギター)周りの音を聴き返してるの〜。

すると思わず「Cool〜!」と叫ばざるおえなくなる、この凄いテクニックと私好みのストレートなサウンド。

そして重低音に絡みつくようなラブラブな(時にはエロエロな)歌詞!

私を狂わせる気?

なあ〜んて、改めて身悶えているわけ。

変態って呼ばないで〜、今日和訳するThem Crooked Vulturesはまじで凄いって!

スーパーグループと呼ばれる彼ら。

確かに有名バンドのメンツが3人集まったのだから、スーパーグループと呼ばれるのも当たり前なんだが、ただ知名度があるメンツの寄せ集めじゃないのよ。

テクニックが凄すぎて、そして音が重く、これでもか!これでもか!と、聴いてる者に攻めてくる圧の強さで笑うしかないの。

分かる?

こんな凄いバンドが日本のチャートに上がって来ないなんて、この世は闇成らぬ、病みか?

まあ良いのよ、マイナーで(と、世界レベルで言ったら、めっちゃメジャーであちこちで受賞しまくっているのだが)、日本ではそれでOKよ。

「知る人ぞ、知るバンド」って方が彼らに似合う。分かる人と分かち合いたいし。

上質なB級ホラームービーのように。

本当に好きな人が、「最高」と思い、愛するの。

Lyraみたいに身悶えながら…。

“Them Crooked Vultures【No One Loves Me and Neither Do I】和訳【Planet Terror】についても解説” の続きを読む

和訳【Led Zeppelin /The Battle of Evermore】解説 限りなき戦い

偉大なバンドTopナンチャラに必ずランクインする彼ら。

今日、Lyraが紹介するこの曲が収録されている「アルバムタイトル無し= Untitled」で有名なこのアルバムが、Lyraの初Zeppelinだった。

小学生の時に【Rock’n’Roll】をカヴァーするかで購入したような…。

でも、昔のリアルタイムファンが身悶えするようなセクシャリティは感じないし、Hard Rockerたちが師と仰ぐ、学びの道を示す師には思わない。

Lyraにとって彼らは、良質な曲を作るソングライティング・チームなのだ。

歌うものにやる気を出させ、演奏するものに喜びを見出させる曲を作るグループなのよ。

“和訳【Led Zeppelin /The Battle of Evermore】解説 限りなき戦い” の続きを読む

【She’s A Rainbow / The Rolling Stones】和訳 解説 Evil Scheme 可愛いだけじゃないのよ

昨日このブログで、「【アメリカンホラーストーリー シーズン8 黙示録】第3話ネタバレ感想あらすじ “She’s the Rainbow” 帰って来たで!」を書いた時に、劇中ラストでこの曲が良い感じに、、、使われていたとお話しました。

余りにも有名な曲だから「今更、Lyraが紹介しなくても良いんちゃう?」と思ったの。

でも、海外ドラマ大好きな人でも洋楽を全然聴かない人や、知らない人が意外と多いので、「魔女団が出てきた曲は何?」と興味を持ったひとがいるかも。

ならば、私めが紹介して差し上げよう。

Welcome to Rolling Stones’ World!

“【She’s A Rainbow / The Rolling Stones】和訳 解説 Evil Scheme 可愛いだけじゃないのよ” の続きを読む