【Queens Of The Stone Age/ No One Knows 】和訳 Josh Hommeの魅力 Josh’s Appeal Shake Appeal 解説

いやあ〜、この人ほど損してる人はいない、って気がしてしまう。

あくまでもLyraの個人的な感想なので怒らないで欲しいのですが…この長身巨体のマッチョさが、どう見ても海兵隊にしかいないデスボ持ちの乱暴者に見えてしまう。前バンドがKyuss(ストーナーでcoolなバンド)だってのもある。

【Kyuss/ Damon Cleaner】和訳 ストーナーロックの名作の本当の意味 Brushing Your Teeth

アメリカならマッチョ好きが大多数だからOKだが、日本はホラ、ヘナヘナ痩せ型アイドルが一般ウケするじゃない?(良くて細マッチョ)

因みにLyraの趣味は何でもカモン。

強いて言えば、ワイより力強い人という健康さがありゃ良い。

だからこのJosh Hommeも本気マッチョでも好き。

だが初めて彼らの音を聴くまで「乱暴者な音楽」だと思ってあまり期待しなかった。

あら不思議〜聞いてみたらJoshの声は甘く優しいではないですか!

何だ⁈キャッチーなメロディー!

ギターはエッジが効いてるわ、ベースとドラムは骨太で渦を巻いて腰に来るぜ!

それに美声が乗るからたまらん、、、Josh 貴方は、Elvis Presleyですか?

Lyraのびっくり度数はMaxになるし、今日和訳する曲リリース時は、Dave Grohlがドラムよ!

訳わからんくらい好きな要素がてんこ盛り。

久しぶりに聴いたら又ハマってるので、今日はノリノリ気分を貴方にもお裾け〜!

今日Lyraが和訳する曲は、アメリカ合衆国カリフォルニア州パームデザート出身のハードロックバンド Queens Of The Stone Age (QOTSA) クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ
スポンサーリンク

1997年にKyuss カイアスのギタリストだった Josh Homme ジョシュア・ホーミ (1973年5月17日-) を中心に結成。

【Kyuss/ Damon Cleaner】和訳 ストーナーロックの名作の本当の意味 Brushing Your Teeth

 

今日Lyraが和訳する曲は、Queens Of The Stone Ageの2002年8月27日リリースの 6th スタジオ・アルバム『Songs for the Deaf』に収録されているシングル【No One Knows】(2002年11月26日リリース) 。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話しましょう!

 

(click to amazon↓↓) 3rd Studio Album “Song For The Deaf-Delux Edition” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

“No One Knows” is a song by American rock band Queens of the Stone Age written by band members Josh Homme and Mark Lanegan. It was the first single and second track from their third album, Songs for the Deaf, and was released on November 26, 2002. “No One Knows” was a chart success, becoming the band’s only single to top the US Alternative charts. The song was also critically acclaimed, receiving a nomination for Best Hard Rock Performance at the 2003 Grammy Awards.

 

スポンサーリンク

=No One Knows=

[Verse 1]
We get some rules to follow
That and this, these and those
No one knows
We get these pills to swallow
How they stick in your throat
Tastes like gold
Oh, what you do to me
No one knows

[Chorus]
And I realize you’re mine
Indeed a fool am I
And I realize you’re mine
Indeed a fool am I

[Verse 2]
I journey through the desert
Of the mind with no hope
I follow
I drift along the ocean
Dead lifeboat in the sun
End come undone
Pleasantly caving in
I come undone

[Chorus]
And I realize you’re mine
Indeed a fool am I
And I realize you’re mine
Indeed a fool am I

[Outro]
Heaven smiles above me
What a gift here below
But no one knows
A gift that you give to me
No one knows

[Outro: Alain Johannes & Commercial Bumper]
Ustedes que son padres de familia…
…Buenas tardes señores y señoritas aquí está el

“DJ Héctor Bonifacio Echevarría Cervantes de la Cruz Arroyo Rojas”
Esta es la radio Quetzalcoatl
Estación donde el rock vive y no muere
Vamos a escuchar un par de temas de Queens of the Stone Age
Primero vamos a escuchar “First It Giveth…”
…qué música impresionante temible y verdaderamente ahora van a ver a ver a ver a ver aquí va aquí va aquí va aquí va…

 

俺たちには

従うべきいくつかのルールがある

あれとこれ

こんなのや

あんなの

誰も知らないんだがな

飲み込むべき錠剤が手に入る

どんな風に

金の味がする錠剤が

お前の喉に

ひっつくかな

オー

俺に何をする気だい?

誰も知らないんだがな

 

でもお前は俺のものだって気づいたよ

確かに俺はアホさ

でもお前は俺のものだって気づいたよ

確かに俺はアホさ

 

望みのない精神の砂漠への旅へ

俺はついて行く

大海原へとあてどなく漂流さ

太陽の晒された

死んでる救命艇で

終結は取り消される

快く洞窟探検と来たもんだ

俺は解けちまった

 

スポンサーリンク

でもお前は俺のものだって気づいたよ

確かに俺はアホさ

でもお前は俺のものだって気づいたよ

確かに俺はアホさ

 

天国は俺の上で微笑む

何という贈り物だ!

でも誰も知らないんだがな

お前が俺にくれた贈り物さ

誰も知らないんだがな

 

両親である貴方方…..こんばんわ

紳士淑女の皆さん

こちらは、“DJ Héctor Bonifacio Echeberría Cervantes de la Cruz Arroyo Rojas.”です。

これは Quetzalcoatlラジオですよ。

ここはロックが生き、死なない場所で、これから何曲かQueen Of The Stoneage の曲を聴きましょう。まず初めに【First It Giveth】を聴きますかね…

なんて素晴らしい曲だ!

本当に素晴らしい音楽に今

私たちは出会おう

出会おう 出会おうとしているんですよ!

さあ始めるぞ、ここで

ここが、その場所!

始めるぞ!

 

Songwriters: Josh Homme / Mark Lanegan / Nick Oliveri

Translator: Lyra Sky 和訳

 

Translation It into English is this ↓↓

“You who are parents…
Good evening, ladies and gentlemen, here is the “DJ Héctor Bonifacio Echeberría Cervantes de la Cruz Arroyo Rojas.” This is the radio Quetzalcoatl, the place where the rock lives and does not die, we are going to listen to a couple of songs from Queens of the Stone Age, first we will listen to “First It Giveth…”
…What awesome and truly awesome music now you are going to see and see and see here, here goes here, here is here, here goes …”

The outro serves as an introduction to “First It Giveth,” the song following “No One Knows” on Songs for the Deaf.

こちらは、面白いMV. ↓↓

 

めっちゃっ格好いい!

ドラムのDave Grohlって上手いだけじゃなく、目が行くオーラがあるドラマーだ。

派手な小細工は一切なし。それで目立つのは、重いドラムが叩けるからだと思う。

意外とベースのNick Oliveri が個人的には、好きなタイプ。手足長くて細めや普通体型が良いので。

それ言うとJoshはガタイがマッチョ過ぎなのよね。でもこの声は良いわ〜。惚れる美声よね?

イケボのせいで、プレイ中の男臭い弾き方とのギャップが激しくて、萌えるわ、、、と超個人的な感想を述べてみました(笑)。

スポンサーリンク

【No One Knows】は、アルバム『Songs for the Deaf】の1st シングルであり、1番ヒットしたQOTSAの代表曲である。

Joshが言うには、このアルバムのセッションをする前から出来ていた曲だったらしい。

このミュージックビデオは、Dean KarrとMichael Gondry が、監督した。Michaelが6月に前半を撮影し、Deanが後半を引き継いだ。Josh Hommeは、Michael Gondry が選ばれたのは、「このビデオは、Bjork ビョークの為にすべて作成されていたからだよ。俺たちは、Bjork の大ファンだから、興奮しているんだ」と述べている。

まさかのBjork繋がりとは!

でも曲にストーリー性がある所や、寓話的な映像が似合う歌詞が似てるかも。

スポンサーリンク

=Josh Homme について=

さっきからLyraがギャップ萌えしている、バンドの顔であるJosh Homme ジョシュア・ホーミについてチラッと書くと、このブログで昔、解説したストナーロックバンドKyussや、このQueens of The Stone Age、Eagles of Death Metal 、Them Crooked Vulture などのメンバー。ギタリストのみ、又は、ヴォーカル&ギターを務めるバンドと2通りいけるミュージシャンである。

生まれも育ちも、アメリカ合衆国カリフォルニア州で、9歳からギターを始める。

1988年15歳の時に学校の友人とバンドを結成し、リード・ギターを担当。

後にKyuss カイアスとして知られるこのバンドは商業的には成功しなかったものの、ストーナーロックの確立に大きく寄与した。

【Kyuss/ Damon Cleaner】和訳 ストーナーロックの名作の本当の意味 Brushing Your Teeth

 

1995年Kyuss解散後に、新た結成したのが、このQueens Of The Stone Age。このバンドで、ギター&ボーカルも担当する様に。

Sceamin Treesのサポートメンバーをしながらだったらしい。

*Screaming Trees【Nearly Lost You】グランジを聴く心構え 和訳 

初めはGumma Rayとして活動開始したが、同名のジャーマン・メタルバンドがいた為、改名を余儀なくされ、音楽プロデューサーでJoshの旧友であるChris Goth クリス・ゴスの発案により、Que ens Of The Stone Age (= 石器時代のおかま)に改名した。

1997年 Pearl Jam パール・ジャムのStone Gothard ストーン・ゴッサードが設立したレーベル「ルーズグルーヴ」よりセルフタイトルのデビューアルバムをリリース。その直後にKyus時代の盟友、Nick Overi ニック・オリヴェリが加入。

2000年インタースコープ・レコードに移籍し、2ndアルバム『R指定』をリリース。NME誌のアルバム・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、一躍注目を集める。

2002年Foo Fightersの Dave Grohl デイヴ・グロールをドラマーとして迎え、この3rdアルバム『Song For The Deaf 』をリリースした。

全世界で100万枚以上のセールスを記録し、続くツアーで世界的な人気を確立した。しかし、2004年にNickが脱退。Joshは、一時は解散も考えたが、バンドの存続を決意した。

2005年4thアルバム『Lullabies to Paralyze 』は全米チャート初登場5位を記録。2007年5th アルバム『Era Vulgaris』リリース。

この年にJoshは、The Distillers ザ・ディスティラーズのメンバーとして知られるBrody Dall ブロディ・ドールと結婚。

和訳【The Distillers/ Drain The Blood】解説 Brody Dalle’s Punk Queen&Mom

 

2008年のレディング&リーズ・フェスティバル出演後、活動小休止。

2012年11月6日6枚目のアルバム制作、脱退したJoey Castero ジョーイ・カステロに代わってDave Grohl デイヴ・グロールがドラムで参加。

また、Trent Reznor トレント・レズナーや元メンバーのNick Oliveriも制作に参加。

制作終盤にはドラマーとしてJohn ジョン・セオドア(元The Mars Voltaマーズ・ヴォルタ)が参加し、そのままメンバーとなった。

2013年6月6枚目のアルバム『Like Clock Work』をマタドール・レコードでリリースし、アメリカで発売初週に9万1000枚を売り上げて(うち13%に相当する1万2000枚がヴァイナルLPである)Billboard 200で1位を獲得した。バンドにとって、そしてマタドール・レコードにとっても初の出来事である。全英アルバムチャートでも初登場2位を記録。2014年に行われた第56回グラミー賞ではLindsey Buckinghamリンジー・バッキンガムLindsey Buckinghamリンジー・バッキンガム、Dave Grohl デイヴ・グロール、Trent Reznor と共にパフォーマンスした。

スポンサーリンク

=Josh Homme他アーティストとのコラボ=

Joshは、他のアーティストとの交流が盛んな人でもある。

2008年、イギリスの人気バンド、このブログで良く取り上げているArctic Monkeys アークティック・モンキーズとフェスティバルで共演し、Alex達が衝撃を受けたとインタビューで語った縁もあり、2009年のArctic Monkeys のアルバム『Humbug ハムバグ』ではプロデューサーとバッキング・ボーカルを務めた。

2009年Foo Fighters フー・ファイターズDave Grohl デイブ・グロールLed Zeppelin レッド・ツェッペリンのJohn Paul Jones ジョン・ポール・ジョーンズと共にThem Crooked Vultures ゼム・クルックド・ヴァルチャーズを結成。11月17日に1stアルバムをリリースした。

2013年にはArctic Monkeysのアルバム『AM』で再びバッキング・ボーカルを務め、2016年にはIggy Pop イギーポップのアルバム『Post Pop Dipression ポスト・ポップ・ディプレッション」のプロデュースも務め、ツアーにも参加した。

2018年発売のRockstar Games, Inc.のゲーム『RED DEAD REDEMPTION II』(レッド・デッド・リデンプションII)のサウンドトラックに参加。

ゲーム内のエンディングのカントリー調の楽曲『Cruel World』でボーカルを務めている。

交友関係の広さから、西海岸から他地域、他国への活動を得て、世界中で愛されるアーティストになってきたのだろう。

勿論、良い楽曲を作れるイケボ・ヴォーカリストだから、と言う才能が1番の魅力だけどね。

やっぱ、ライブいいわあ〜‼️

笑っちゃう位バカテクのDave が凄すぎる〜。Foo Fighters和訳した時に書いたけれど、Daveのドラム愛は半端ない。拘り強過ぎてドラマーに教えて、結局、やめさせちゃったり、、、そこまで拘るドラマなのに、ヴォーカル&ギターをやり続けているのを見るとLyraはウルッと泣けてくる。Kurt愛を感じるのよ、Daveから、、、って今日は、Queens Of Stone Ageネタなんだった。またそれは別の日に。

Foo Fighters / Rope 和訳 Pull the Reins! 自分の力で 解説

 

JoshもNickもMark Kanepanも超Cool‼️

この歌い方堪らん!

Elvis Presly 好きなJoshだけど、似てるよね?てか、Elvisよりも良い声だとLyraは思いますよ、Josh!

Nickのベースの音割れゴリゴリも好き。やっぱ彼がベースが1番好きなんだけどなあ。

男臭さと繊細さが垣間見れるのがQOTSAの魅力だと思う。

彼らのライブを(前座で出演した彼らを)見た Guns N’ Roses のAxl アクセルが (→【Patience】和訳 アクセルとイジーの元カノ話 Axl & Izzy’s Exes“)「よわっちいメタルの鳩バンド」と言って彼らを解雇した、とか。

Axlの趣味だろうと、他人の趣味なんてどうでも良いことだから、文句は言わないし、世の中、特に業界は力があるもの勝ちだから仕方がないこと…でも趣味合わない奴とは合わないわ、って再確認したエピソードですな。こんな良い音がわからんとはね。Blind Melonの良さが分かった人だとは思えない違いだ。

Blind Melon【No Rain】 Don’t Sacrifice for Success. 和訳 Lyrics

 

因みに、嫌われてしまったエピソードがもう一つ。

この曲のエンディングに、わざとヒスパニック系のDJがでてくるでしょ?このアルバムの他の曲と同様に、この曲のエンディングは、バンドが曲をリリースするときに直面したヒスパニック系ラジオ局との闘いに敬意を表するもの。

これらのラジオ局はQOTSAの音楽をかけるのを拒否したらしい。

何とも勿体ない。

是非、根深い争いでなく、解決していて欲しいです、、、(なんかやったんか?)

 

「俺たちは、音楽に忍耐力を持っている。1年か5年後に、音楽は自分自身を書き直して、本来あるべき姿になるかもしれないんだ。このレコードには5年以上前の2曲があるんだよ。【God is the Radio】と【No One Knows】だよ。」と語るJosh。

こんなにストレートで、キャッチーなサウンドだが、頭に残り離れないメロディは、練りに練られたビッグヒットを狙った曲なのかもしれない。

その効果は絶大。ミュージックビデオチャンネルで大きなローテーションを受け、2003年MTV Video MusicAwardsでMTV2Awardにノミネートされた(おしくも【Girl’sNotGrey】でAFIに敗れたが)

ビッグヒットした為、彼らの名を一気に知らしめた曲である【No One Knows】は、多くのアーティストにも愛されている。

2007年のアルバムのThe Section Quartet、Fuzzbox、Franco Saint de Bakkerなど、多くのグループによってカバーされている。

2004年にリリースされたLive At The Ancienne Belgiqueにも出演してRazorlight にもカバーされている。

 

 

Dvine Comedy ディバインコメディーはライブでこの曲を頻繁に取り上げ、ライブの様子は、2004年のDVD、Live At ThePalladiumにこの曲が出ている。

マーク・ロンソンもこの曲を【Stop Me】のB-サイド曲としてカバー。 後に英国でチャートインしている。

そのほかにも、イギリスのミュージカル衣装Unkleによってリミックスされたり(これが最初のQueens of the StoneAgeトラック)、この【NoOneKnows】リミックスは、フォローアップシングル【GowiththeFlow】とEPStone AgeComplicationのB面に収録されているなど…

この曲の魅力をQOTSAの良さがわかる人達は世界中にいるのだよ。

 

(click to amazon↓↓) 3rd Studio Album “Song For The Deaf” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

 

歌詞は、サビがラブソングぽく思わせぶりだが、トータルでは幻覚剤、麻薬、処方薬、それらのプラス面とマイナス面、そしてすべての未知の効果を歌っている。

その悪い面をブラックジョークにしたのが、この鹿にやられてしまったメンバーのミュージック・ビデオといえる。

アルバム 『Songs For The Deaf』のリリース直後にMTVからインタビューを受けたとき、Joshは、ファンと同じくらい暗闇の中にいると認めていた。

「この曲が何なのかは謎だ。 誰も知らない。 まるでドライビングビート付きのビートルズ風であり、神経過敏なびくびくした感じだよね」と言っている。

得体の知れない魅力と言うことかしら?

確かに不気味さが漂うギターリフが魅力だもの。

B級ホラー映画を見てるみたいで笑えるし、サイコビリーに通じる魅力よね〜? The Cramps 思い出す。

*【The Cramps / The Mad Daddy】 和訳 Very Gifted Vulgar Couple! 悪趣味は美徳

 

それだけQueens Of The Stone Ageが色んなジャンルの魅力を持っているのだと思う。

1つの音楽を極めるのは素敵だし、大好きなバンドには、1つのジャンルを極めてるバンドが沢山ある。

でもそれと同時にジャンルも何もかも壁を乗り越えて、型にはまらないバンドもいて、その軽やかさによりLyraは、惚れてしまうのだ。

Queens Of The Stone Ageは、その軽やかさがある。

Jnshの音楽性の幅広さもヘヴィーさも好き。彼を見習いたいくらいだ。

早く彼の次の音を聴きたい。

ガタイの良さは、ハートの広さかも!

Joshの次のデカイ動きに期待しながら、Queens Of The Stone Ageの曲を聴いていよう。

魅力に悶えながら。

 

スポンサーリンク

“No One Knows” was released as the first single off of Songs for the Deaf and went on to become QOTSA’s biggest hit.

According to Homme, “No One Knows” existed before the recording sessions for Songs for the Deaf:

We have patience with music, a year or five years down the road it may kind of rewrite itself and become what it’s supposed to be. There’s two songs on this record that are over five years old, you know? ‘God is the Radio’ and ‘No One Knows’.

Recording for Songs for the Deaf began in March 2002 at three studios across California. Though the liner notes credit Homme and Eric Valentine with producing the majority of the album – including “No One Knows” – Homme credits Valentine with merely recording the beginning of the album for contractual reasons.

“No One Knows” received heavy rotation on music video channels culminating in a nomination for the MTV2 Award at 2003 MTV Video Music Awards, where it lost to AFI for “Girl’s Not Grey”.

The lyrics deal with hallucinatory drugs, narcotics and prescription drugs, and the positive/negative sides to them, as well as all the unknown effects.

When Josh Homme was interviewed by MTV shortly after the release of Songs For The Deaf, he admitted that he was as much in the dark as fans:

It’s a mystery what that song’s about. No one knows. It’s kind of almost Beatles-esque with a driving beat, and it’s kind of jumpy.

Like on other songs on this album, this outro serves to pay homage to the struggle with hispanic radio stations the band faced when releasing their songs, since these stations refused to play QOTSA’s music.

The music video for “No One Knows” was directed by Dean Karr and Michel Gondry; Gondry filmed the first half in June with Karr taking over in July. Josh Homme has said Gondry was chosen because he “did all those videos for Björk and we’re huge fans of Björk, so we’re excited”.

 

  • The song has been featured in numerous video games including NHL 2003, Guitar Hero (covered at WaveGroup Sound), Guitar Hero Smash Hits and Rock Band 3 (in both cases with their master recordings).
  • The UNKLE remix of “No One Knows” also appears on the soundtracks for video games SSX 3, Test Drive Unlimited, and Race Driver: Grid and its advertising campaign.
  • The song was included in the soundtrack of the video game Dirt 4 (2017).

Personnel

  • Josh Homme – rhythm and lead guitar, lead vocals
  • Dave Grohl – drums
  • Nick Oliveri – bass
  • Mark Lanegan – backing vocals

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪