和訳【Modern Age/ The Strokes】I’m Leaving 置いて行くよ

買い物ついでに多摩川を見に行ったら、木が根こそぎ引っこ抜かれたところや、なぎ倒されたフェンスがあったり、濁流が酷い場所があるから、いかに台風が酷かったかが伺われて驚いた。

ただ近くでも何の被害もない場所もあるし、被害が出る出ないは、ある意味運もあるのか?と感じてしまった。

人ごとみたいに「台風の話なんかしないで他の話しよう」なんて台風が来ていた時に言う人って、困っている人達を思いやれない想像力が乏し人なんだな、とがっかりした。そんな人に、この川を見せてやりたかった。

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国ニューヨークで結成されたガレージロックバンド The Strokes ザ・ストロークス   。

スポンサーリンク[ad#go1]

2000年代におけるGarage Rock Revival ガレージロック・リバイバルや、Rock’n’Roll Revival ロックンロール・リバイバル、Post Punk Revival ポストパンク・リバイバル・ムーブメントの代表的なバンドとして多くの支持を得ているバンドである。

Arctic Monkeys アークティック・モンキーズ (→ 【R U Mine?】 Fashionista への最速の道 和訳Lyrics)など、今現在、快進撃を続けている人気バンドの多くが、このThe Strokes ストロークスからの影響を受けたと公言している。

*The Strokesについては、こちら!→【The Strokes / Last Nite】 和訳 Cool Headed Guys Explode Rock Bomb! クールな爆弾 これで夏を乗り切れ! 

 

今日Lyraが和訳する曲は、The Strokesのデビューアルバム 『Is This It』からのシングル【Modern Age】。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又、お話しましょう!

 

(click to amazon↓↓ ) 1st Studio Album “Is This It” [Explicit] [Streaming, CD, MG3] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

 

 

The Strokes are an American rock band from New York City. Formed in 1998, the band is composed of singer Julian Casablancas, guitarists Nick Valensi and Albert Hammond Jr., bassist Nikolai Fraiture, and drummer Fabrizio Moretti. Following the conclusion of five-album deals with RCA and Rough Trade, the band has continued to release new music through Casablancas’ Cult Records.

This song is by The Strokes and appears on the album Is This It (2001).

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go4]

= Modern Age =

Verse 1]
Up on a hill, here’s where we begin
This little story, a long time ago
Start to pretend, stop pretending
It seems this game is simply never-ending

[Pre-Chorus]
Oh, in the sun, sun, having fun, it’s in my blood
I just can’t help it
Don’t want you here right now, let me go
Oh, let me g-g-g-g-g-g-g-go

[Chorus]
Leaving just in time, stay there for a while
Rolling in the ocean, trying to catch her eye
Work hard and say it’s easy, do it just to please me
Tomorrow will be different, so I’ll pretend I’m leaving

[Instrumental Bridge]

[Verse 2]
I feel so different now, we trained at A-V-A
I wish you hadn’t stayed, my vision’s clearer now, but I’m unafraid
Flying overseas, no time to feel the breeze
I took too many varieties

[Pre-Chorus]
Oh, in the sun, sun, having fun, it’s in my blood
I just can’t help it
Don’t want you here right now, let me go, woo!
Darling, let me g-g-g-g-g-g-g-go

[Chorus]
Leaving just in time, stay there for a while
Rolling in the ocean, trying to catch her eye
Work hard and say it’s easy, do it just to please me
Tomorrow will be different, so this is why I’m leaving

 

丘に上がる

ここが俺たちの出発点だ

このちょっとした物語は

昔々のお話さ

初めはフリをしてるだけ

そのうちフリは止める

まるでこれは終わりのないゲームみたいだな

 

 

ああ、太陽の下

太陽の下

楽しんでるかい?

それは俺の血管の中にある

仕方ねぇ

ここに居ないでくれよ

1人にしてくれ

ああ、もう

1人にしてくれよぉぉぉぉお

 

スポンサーリンク[ad#go1]

 

時間きっかりに出るから

そこにしばらく待って居なよ

海原を転げまわり

彼女の目を引くのさ

一生懸命やってみる

口で言うのは簡単だけどね

俺を喜ばすためにやってくんないかなあ

明日は又、違っているだろう

そうして俺はフリをするつもり

俺は行くよ

 

今、凄く違った風に感じる

動静脈吻合を試し中

君がいなかったら良いな

俺の予想は今はっきりしてる

怖くもない

世界中を飛び回って来たから

浜風を感じてる暇なんてないよ

俺は様々な変種を使うぜ

 

ああ、太陽の下

太陽の下

楽しんでるかい?

それは俺の血管の中にある

仕方ねぇ

ここに居ないでくれよ

1人にしてくれ

ああ、もう

1人にしてくれよぉぉぉぉお

 

時間きっかりに出るから

そこにしばらく待って居なよ

海原に転げまわり

彼女の目を引くのさ

一生懸命やってみるのさ

口で言うのは簡単だけどね

俺を喜ばすためにやってくんないかなあ

明日は又違っているだろう

そうして俺はフリをするつもり

俺は行くよ

 

Songwriter: Julian Casablancas

Translator: Lyra Sky 和訳

ガレージロックリバイバルの1番人気バンドと言っていいThe Strokes。

彼らにはPopな曲やアメリカン・ロックな曲もありバラエティに富んでいる。

だが、今紹介している【Modern Age】のようなストレートなロックがウリだ。

ストレートな彼らのサウンドの中で、疾走感がある曲は、リビドーをあげてくれる。

そして、この曲のようにVelvet Undergroundの影響をモロ受けたような、けだるく歌うボーカルと、シンプルなギターリフだけで乗り切ってしまう曲もある。

特にこのようなシンプルすぎる曲は、普通なら怠くなってしまう、、、が、The Strokes は、個性が強いからこそ、聞いているものを飽きさせずに、最後までドキドキさせて引きつけてしまえるのだと、この[Modern Age】を聞くたびに痛感せざるおえない、、、。

The Strokesの個性、ハンパない。

スポンサーリンク[ad#go1]

The Strokesは、1999年に結成されてから、5枚のスタジオアルバムをリリースしている。

どれもクオリティが高いアルバムで、人気者の彼らなだけに、ファン達は、それぞれお気に入りのアルバムがあるが、殆どのファンが1番好きなアルバムに上げるのが、このThe Strokesのデビューアルバムである『 Is This It 』だろう。

このアルバムには、ロックバンド、特にガレージバンドが持っている良い資質が、全部詰まっていると言っていい。

疾走感、若者の反骨精神、気だるさ、ニューヨークパンクスの影響が丸出しの斜に構えた歌詞。

そして、前からLyraが言っているThe Strokesの 超エリート校出身だからこそ醸し出せる、超御坊ちゃま気質。

この御坊ちゃま度数の高さがあるからこそ、他バンドと違う汚らしさがなく、プラス現代風ガレージバンドと言った都会らしさが強みの彼らの個性なんだと思う。

このアルバムでThe Strokesは一気にイギリスでNo.2に輝き、

【Last Nite】 (→ 和訳 Cool Headed Guys Explode Rock Bomb! クールな爆弾 これで夏を乗り切れ!)

【Hard to Explain】

【Someday】

そして、この【Modern Age】がシングル・カットされた。

 

(click to  amazon ↓ ↓ ) 1st Studio Album “Is This It ” [CD]クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

因みに、バカ売れしたこのデビューアルバムは、イギリスで売れたのち、日本でもバカ売れ、、、

最後に逆輸入みたいな形で、アメリカ本国でも火がついた。

だが、アメリカではアルバムジャケットが発禁となってしまい、ジャケットが女性の曲線美を描いたものから、緑と橙のステンドグラスのものに変更されている。

ただ、このステンドガラスもただのガラスではなくて、緑と橙はステンドグラスではなく、欧州原子核研究所から借り受けた「BIG BANG: 素粒子衝突図」である。

やることは、やる奴等、伊達に良い学校を出ていないわけ。

頭使って嫌味に出てるのが笑った。

Vocalの Julian 曰く「あっち(=お尻)は実はそんなに気に入ってない」とのこと。

本当は全て同じステンドグラスにしたかったけど、ヨーロッパ盤と日本盤は間に合わなかったらしい、、、皆んなはどちらのジャケットが好き?

Lyraは、勿論、尻です。

 

出発と旅立ちをテーマにしたと言われている【Modern Age】。

Lyraには、そうは感じていなくて自由になりたいんだけど、いまだに彼女に未練がある男の歌に感じるよ。

「いい加減、1人にさしてくれよ」と言っているくせに、気を引こうとしているし、

別れようとするフリをして気を引いているように見えちゃうんだよね。

そんな優柔不断な男性の気持ちをストレートなガレージサウンドに乗せているから、ジメジメ感が無くて良いと思いました。

こんなジメジメした日には、ジメジメ感がありつつ、ストレートなロックに乗りたかったの。

だからと言って、走りまくっている気力はない、となったら、なぜかThe Strokesの1st アルバムを手にしてしまった。

人の心が分からない人にもガッカリして、世知辛さにヤられたからかもしれない。

意外と世の中、冷たいし、自分勝手な奴等ばかりなんだよね。

日本がボランティア精神がなさ過ぎるのかもしれないけれど、今回の台風で起きた色々なことに、残念な気持ちになったのは確か。

逆に優しさや暖かさや、思いやりにも触れた。

自分がもし、こうだったら、と想像する力が必要だね。

ほんの少しでも、想像力があるならば、相手の身になって考え、行動することをしてみて。

世の中、何があるか分からない。

運なんて誰にも平等にあるもんだよ。

次は痛い目に合うのは、あなたの番かもよ?

 

スポンサーリンク[ad#go1]

“The Modern Age” was one of three tracks included on The Modern Age EP that prompted a record label bidding war and later appeared on their debut studio album Is This It.

The track is an observation of life’s idiosyncrasies in “modern” times. It stomps like a renegade elephant with bashed kickdrums and turbulent guitar riffs while Casablancas passionately reels off in an unsteady sing-speak that invokes all the right elements of a great rock leadman.

 

The melodic garage rock sound of Is This It received universal acclaim from both mainstream and independent publications, including 5 stars from Rolling Stone, and a 9.1 from Pitchfork Media; it made many critics’ top 10 lists, and was named the best album of the year by Entertainment Weekly and TIME. NME, in an article previewing summer concerts, urged readers to attend their shows, claiming that the band was touring on the strength of some of the “best pop songs ever”. The influence of 1970s CBGB stalwarts Television was noted by many reviewers, although Casablancas and bandmates claimed to have never heard the band, and instead cited the Velvet Underground as a reference point. After the release of Is This It, the band toured around the world, featuring dates in Japan, Australia, New Zealand, Europe, and North America staging for the Rolling Stones. The band headlined UK’s Carling Weekend festivals in 2002, largely chronicled by a mini-documentary entitled In Transit which was released to members of the now-defunct “Alone, Together” fan club. Today it can be seen on their official website.

In August 2002, the band played at New York’s Radio City Music Hall on a bill with The White Stripes. Jack White joined the Strokes on stage to perform the guitar solo on “New York City Cops”. During that period, the band also appeared as musical guests on various late-night talk shows. Is This It yielded several singles and music videos, all of which were directed by Roman Coppola.

In 2009, NME named Is This It as the greatest album of the decade (2000s). The album placed second on a similar list compiled by Rolling Stone. The same issue featured a list of the ‘100 Best Songs of the 00’s’, in which songs “Hard to Explain” and “Last Nite” charted at #59 and #16, respectively. In January 2011, Rolling Stone conducted a survey among their Facebook fans to determine the top ten debut albums of all time. Is This It came in at number ten and was also the most recent behind Pearl Jam’s 1991 debut.

As of 2010, Is This It has sold over 3.5 million copies worldwide

Julian Casablancas said about Is This It: “I just wanted to write music that could touch people. As a songwriter, you play a few chords and sing a melody that’s been done a thousand times, and now you’re a singer-songwriter. I think it takes a little more than that to do something that matters. And I wish I could write a song where all the parts work. When you hear a song like that, it’s like finding a new friend.”

In light of the World Trade Center disaster, the track “New York City Cops” was pulled from the U.S. release.

Band members

  • Julian Casablancas – lead vocals (1998–present)
  • Nick Valensi – lead guitar (1998–present), keyboards, backing vocals (2010–present)
  • Albert Hammond Jr. – rhythm guitar (1998–present), keyboards, backing vocals (2010–present)
  • Nikolai Fraiture – bass (1998–present)
  • Fabrizio Moretti – drums, percussion (1998–present)

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go5]

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪