Transvision Vamp/ Baby,I Don’t Care 小悪魔とRockabillyは甘いSoda Pop味 和訳 Lyrics

可愛くてPopでSexyさを売りにしていたWendy James。

イギリスとヨーロッパのお兄さん達は皆んな憧れていたよね。ポーっと。

アホにも見える彼女だけどLyraにも可愛くて見ていて飽きない存在だったの。

スポンサーリンク

Transvision  Vamp(トランスビジョンバンプ)は、イギリスのバンドでWendy Jamesウェンディ・ジェイムスは、ここのVocalistだった。

Lyraは彼らはポップロックだと考えてるんだけど、世間ではオルタナティブロックにカテゴライズされてる。

カテゴライズ嫌い(笑)。

でも、知らない方々のためには、どんな感じの音かを表現するには、こうするしかない、、、

オリジナルラインナップは、VoのWendy JamesとGの Christian Sayerと、BのDave Parsons, Key のTex Axle , D のPol Burton。

GのNick Christian Sayer ニック・クリスチャン・セイヤーとWendy ウェンディがメインとなり1986年に新たに結成したのがTransvision  Vampの始まりなの。

1980年代後半のポップスやパンクサウンドを上手くアレンジしてイギリスのチャートを駆け上がって行く。

Wendy Jamesは、リードシンガーで紅一点だった為、デビュー当時の蓮っ葉だけど可愛いイメージから、次第にお色気を前面に押し出したセクシー路線に変わり、反抗的な態度も合わさって、メディアにはそちらばかり取りだされるようになったの。

そこら辺からかな?

バンドは売れてるけど、5人だったメンバーが1人減ったり、

Lyraは見ていてWendyとバックバンドになってしまったと感じた。

はじめのバンドとしてのまとまりがあるTransvision  Vampは無くなった。でも、見ていて飽きないバンドだったなぁ。

今日、Lyraが和訳したのは彼らがPOP Punkみたいな可愛いロカビリーぽい雰囲気から、セクシー路線に移ったまさにその瞬間の曲。

( amazon ↓  ↓ )

Lyraの和訳の後にミュージックビデオを紹介してるから見て下さい。

これ、前は無くなっていて誰かが変なうるさいMixかけたのしかなくて気持ち悪かったの。

普通のオフィシャルのを、見たいと話したらスペイン人の知り合いが教えてくれて発見出来たビデオです。

ありがとう!

スポンサーリンク

= Baby,I Don’t Care =

Well you can give me all your love
And anything else you got too
But don’t pay it any mind
If it seems like I’m acting cool
Well you can dress me in your mirror
Give me kisses forever and a day yeah
But there’s just one thing
You don’t have to say
You don’t have to say you love me
And you don’t have to say any prayers
No you don’t have to say you love me
Baby it’s alright
Cos honey I don’t care
Oh baby I don’t care
Oh honey I don’t care
Oh honey I don’t care

そうね、貴方は私を一途に愛せるわ

他にも貴方には良いところがある

でも、他の事に構わないで

もし、私がクールに決めてたとしてもね。

貴方は、鏡の前で貴方好みの服を私に着せても良いのよ

私に永遠のキスを一日中しても良いわ、どう?

でもね、1つだけ

言わないで欲しいの

貴方が私を愛してるって言う必要はないわ

どんな願いの言葉も言わなくて良いの

言わないで、貴方が私を愛してるって言う必要ないわ

ベイビー、平気よ

だって、ハニー、私は気にしないから

ああ、ベイビー、私は構わないの

ああ、ハニー、私は気にしないから

ああ、ハニー、私は気にしないから

Well you can turns the lights down low
Somethings are better that way
And you can tell me all your stories
But please spare me the plays

Cos you don’t have to say you love me
And you don’t have to save any tears
No you don’t have to say you love me
Baby it’s alright
Cos honey I don’t care
Oh honey I don’t care
Oh baby I don’t care
Oh honey I don’t care

そうね、電気を暗くしても良いわ

あのやり方がもっと良いかもね

それに、貴方自身のことを全部話してくれても良いのよ

でも私なしで遊んでよね

だって、貴方が私を愛してるって言う必要ないわ

それに、貴方は涙を流すのを我慢しなくても良いのよ

言わないで、貴方が私を愛してるって言う必要ないわ

ベイビー、平気よ

だって私は気にしないから

ああ、ハニー、私は構わないの

ああ、ベイビー、私は気にしないから

ああ、ハニー、私は気にしないから

スポンサーリンク

Deep in your eyes
I see your thoughts
I know you want me
Sometimes it hurts
But you know that some things
Are best left never said

貴方の瞳の奥底に

私は貴方の考えが見えるわ

貴方が私を欲しいのは知ってる

時々、それが苦しいの

でも、貴方は言わないでおくのが一番だって知ってるわね

Cos you don’t have to say you love me
And you don’t have to say you care
No you don’t have to say you love me
Baby it’s alright
Cos honey I don’t care
Oh when I tell you baby
I don’t care
Oh baby please believe me
I don’t care
Oh when I tell you baby
I don’t care
Oh baby please believe me
I don’t care
Oh baby please believe me
Don’t you see that I don’t care
I don’t care
Oh honey I don’t care
You know, you know that I don’t care
You know, you know
That you don’t have to say you love me
And you don’t have to say you care
No you don’t have to say you love me
Baby it’s alright, oh honey it’s alright
Oh baby I don’t care

だって、貴方が私を愛してるっていう必要ないもの

それに私の事を想ってくれてるのも言わなくて良いの

言わないで、貴方が私を愛してるっていう必要ないわ

ベイビー、私は平気よ

だって私は気にしないから

ああ、ハニー、私は構わないの

ああ、ベイビー、私が言う時は気にしてないからよ

ああ、ハニー、お願いだから私を信じてよ、

私は気にしないから

ああ、ベイビー、私が言う時は気にしてないから

ああ、ベイビー、お願いだから私を信じてよ

私は気にしないから

ああ、ベイビー、お願いだから私を信じてよ

貴方にはわからないのかな?私は気にしないから

私は構わないの

わかる?貴方にはわかる?私は気にし気にしないから

ねぇ、ねぇ貴方が私を愛してるっていう必要ないからね

それに私の事を想ってくれてるのも言わなくて良いの

言わないで、貴方が私を愛してるって言う必要ないわ

ベイビー、私は構わないわ

ああ、ハニー、構わないのよ

ああ、ベイビー、気にしないから

Song: Nicholas Christian Sayer
Baby I Don’t Care 歌詞 © BMG Rights Management US, LLC

和訳:Lyra Sky

これ「愛してるって言わなくて良いのよ」と言っておいて、メチャクチャ「愛してるって言ってよ!」と思ってる女の子の歌ですね。

これ、お馬鹿な男の子は「へぇ、言わなくて良いのかぁ」なんてハナクソほじって勘違いしちゃうよね。

「お手軽な女の子に思われちゃうからダメな女だわ〜」と感じますが、この歌詞ギターのニックが書いてるのよね。

ニック好きだったのよね、Lyraは。

髪の毛長くなってロカビリー、RockersみたいなファッションになったのもGoodだっだけど。

デビュー当時の髪がショートでツンツンしたPUNKSの時のNickがlovelyでした。

女心がわかってんのか、Nickよ。計算してたんだろうなぁ。

ダーティなウェンディに仕立て上げるために、遊びやすくて可愛い女の子みたいな歌詞や歌を歌わせたんだろう。

その計算というか、WendyをSexy路線に持って行った策略は上手く行ったよ。

しばらくの間は。

“Baby, I Don’t Care” は1989年3月リリース(USは7月)。2ndアルバムの “Velveteen”に収録されてる曲で可愛さとお下品さが良い具合にミックスされた曲だよね。

Wendyはむかしのキャバレー風のキャミソールドレスを着るようになったのもこの頃から。

Baby Pinkのルージュやミニドレスは減って、このキャミドレスか、ホットパンツをギリギリまでカットオフしたジーンズ着てたのよね。

可愛かったし真似しやすかった。

自分がどの角度から見られたら綺麗に見られるか?を考え始めてたんだね、Wendyは変わった。綺麗になったの。

ヘアのまとめ方も上手くなった。

Lyraのなかでは、Transvision VampはCDやプロモの中のまま。

色褪せないソーダポップみたいな甘くて可愛い歌詞に、聴きやすいメロディが合わさり、ちょっぴりセクシーなイタズラなロックだ。

このVideoにはカットされてるけれど、Lyraが見たのではGuitar Soloの後にスネアコを下にしてNickがWendyにKissしたんだよね。 あれ、素敵だったのよ。何でカットしたのかしら?

やっぱ2人が付き合ってる風はダメなの?

いいじゃない愛し合ったって。

可愛くていけないやんちゃなお姉さんとクールなロッカーズ(初めはパンクス)風のお兄さん達は見ていて楽しかった。いつまでも飽きずに見れた。

でもね、劣化したとか、昔とは大違いでダメだ、見る影もない、とかねスペイン人言うんだよ。

言わないで欲しかったわ。

知ってて考えないようにしてたのよLyraは(笑)。

彼らは3枚目のアルバムを出して解散した。

Wendyはエルビス・コステロに書いてもらった曲を引っさげてソロアルバムを出してヒットした。1993年だ。

そのあとはソロでライブハウスでやっていて今も活動してるし、メンバーもそれぞれバンドをやって売れた人もいるし消えた人もいる。

その後を気にする人もいるかもしれないが、Lyraには可愛くて跳ねてるWendyとNickたちや、薄暗いステージ上でポーズしながら気取る彼らのままで良いの。

それに年とっていいじゃん。深みがあるよ。何がいけないの?

長く続くのがベストだけど、上手くいかないバンドの方が多い。

それで良いんだ。

だって最高のメロディと可愛い歌詞を作り上げたんだから。

素敵なRockを、思い出した時に棚から引っ張りだして聴ければ良いの。

最高な気分にしてくれる。

あの時の思い出も蘇る。

それだけで元気になるんだもの!

Lyraは気にしないわ!

Baby,I Don’t Care ‼️

スポンサーリンク

=  Transvision Vamp =

 

Background information
Origin Putney, London, England

Genres Pop punk, alternative rock, post-punk
Years active 1986–1991
Labels Uni Records, MCA Records
Associated acts Bush, The Partisans, Racine
Past members Wendy James
Nick Christian Sayer
Dave Parsons
Anthony Doughty
Pol Burton
James Piper
Martin Hallett

( amazon ↑ ↑ )

Career Edit

The band’s original line-up was James, Sayer, Dave Parsons (bass), Tex Axile (keyboards) and Pol Burton (drums).

Parsons and Axile had both been in punk bands prior to joining the band; Parsons in The Partisans, and Axile in various bands, most notably The Moors Murderers and X-Ray Spex offshoot Agent Orange.

The band were signed by MCA in December 1986 and released their first single, “Revolution Baby”, the following year. It stalled at #77 in the UK in September 1987.

A cover of the Holly and the Italians’ song, “Tell That Girl to Shut Up”, was released as the band’s second single in March 1988, reaching #45 on the UK Singles Chart.The single became their only charting entry on the US Billboard Hot 100, where it peaked at #87.

The band’s third single, “I Want Your Love”, with its pop/punk crossover appeal, became their first major hit, topping the Norwegian singles chart,and peaking within the top 10 in the UK, Ireland, Australia,[New Zealand,Sweden,and Switzerland. Moderate success was achieved with a re-release of “Revolution Baby”, which peaked within the top 40 in the UK,Ireland,Australia,and New Zealand. Fourth single, “Sister Moon”, narrowly missed the UK top 40.

In October 1988 the band released their debut album, Pop Art. It was a major success in the UK where it stayed on the album chart for 32 weeks, peaking at #4. The album achieved a similar level of success in Australia, where it was certified platinum, and placed as the 25th highest-selling album of 1989.

1989 proved to be the band’s most successful year, with the release of the single “Baby I Don’t Care”. The single peaked at #3 in both the UK and Australia,making it the band’s most successful single in both countries. In Australia, the song spent 20 weeks in the top 50.

The band’s second album, Velveteen, was released shortly after, debuting at #1 on the UK Albums Chart and remaining on the chart for 26 weeks.Velveteen also reached #2 on the Australian Albums Chart,spending 25 weeks in the top 100,and becoming the 39th best selling album of the year.The other singles from Velveteen: “The Only One”, “Landslide of Love” and “Born to Be Sold”, all peaked within the top 30 in the UK,and the top 20 in Ireland,but fared less well in other countries.

In June 1991, MCA refused to release Transvision Vamp’s third album Little Magnets Versus the Bubble of Babble in the UK, reportedly disliking the mellower direction of the music, and after two heavily promoted singles stalled on the UK charts. In Australia, the album was released and it peaked at #25,spending 12 weeks on the ARIA top 100 albums chart.The album’s first single, “(I Just Wanna) B with U”, peaked at #16 in Australia,but barely entered the UK and Irish top 30.The second single released from the album, “If Looks Could Kill”, only entered the top 40 in New Zealand,and became the band’s final single release. On the third album, Wendy James has stated “…it came out in America. But then we decided to split up, during which time the English record label had said they weren’t convinced about this record, we’re going to hold off on it and see how well it does in other countries first. By the time they were ready to release it, we’d already decided to split up, and so it never came out.”

The group officially disbanded in February 1992 following a statement from MCA. Wendy James launched her solo career in 1993 with the Elvis Costello-written album Now Ain’t the Time for Your Tears.

Band members Edit

Wendy James: vocals (1986–1991)
Nick Christian Sayer: guitar (1986–1991)
Dave Parsons: bass (1986–1991)
Tex Axile: keyboards and drums (1986–1991)
Pol Burton: drums (1986–1989)
James Piper: guitar (1989-1991)
Martin Hallett: drums (1989-1991)

スポンサーリンク
Discography Edit

Studio albums Edit

●1988 Pop Art
Released: October 1988
Label: MCA Records
Format: CD, Cassette, LP, vinyl
4 13 − − 50 25 20 115
UK: Gold[23]
AUS: Platinum[12]
●1989 Velveteen
Released: July 1989
Label: MCA
Format: CD, Cassette, LP, vinyl
1 2 25 20 12 37 16 −
UK: Platinum[23]
AUS: Platinum[24]
●1991 Little Magnets Versus the Bubble of Babble
Released: August 1991
Label: MCA
Format: CD, Cassette
− 25 − − 14 27 − −
“—” denotes releases that did not chart or were not released.

Singles Edit

●1987 “Revolution Baby” 77 − − − − − − − − − − − Pop Art
●1988 “Tell That Girl to Shut Up” 45 44 − − − − − − − 87 − 9
●”I Want Your Love” 5 7 23 3 32 1 9 8 4 − − −
●”Revolution Baby” (re-issue) 30 24 − 17 − − 37 − − − − −
●”Sister Moon” 41 95 − − − − − − − − − −
●1989 “Baby I Don’t Care” 3 3 − 6 − − 29 − − − − − Velveteen
●”The Only One” 15 30 − 7 − − 22 − − − − −
●”Landslide of Love” 14 70 − 8 − − − − − − − −
●”Born to Be Sold” 22 108 − 12 − − − − − − − −
●1991 “(I Just Wanna) B with U” 30 16 − 30 − − − − − − 40 14 Little Magnets Versus the Bubble of Babble
●”If Looks Could Kill” 41 56 − − − − 38 − − − − −

Compilations Edit
●The Complete 12″ers Collection Vol. 1 (1990, MCA Records)
●Mixes (1992, MCA Records)
●Kiss Their Sons (1998, Universal Records)
●Baby I Don’t Care (2002, Spectrum Music)

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪