【ウォーキング・デッド シーズン10第16話】ネタバレ感想 トルーパー、カマ人間出ようがTWDは終わらない Never Ending TWDツッコミポイント

ムムムム…これがラストとな?

これが半年待たされたThe Walking Dead シーズン10の最終話とな?

ギョエー!

またHang Overじゃないのぅ〜ん?

本来ならば、2020年4月12日放送予定だったがCovid-19のせいで延期になり、待たされて待たされての、今日10月5日よ?

つい先日このブログでもお伝えしたように、シーズン11終了が決定したこのTWD。

このシーズン10も今回で最終話だったのが、いきなり新たに6話追加が決定。

だから「ウィスパラーズを引き伸ばす気か?」と懸念していたが、それは安心して下さい、今夜で終わります。

ただ色んな意味で物足りない感じ。

良き話なの。

良き話なのだが【World Beyond】のチラッと感想の時も言いましたが、『生温い』のです。

現状況下では、これが精一杯なのかもしれない。

現実世界がapocalypseなんだから。

今話は、ハラハラドキドキはするけれど最終話ではない。

これは、次の【新世界】を覗くためのオープニングだと思ってみたら良い。

そう、、、

新世界を覗きたいなら、Lyraのブログの感想、ツッコミポイントを読んでから見ると良い。

新世界が貴方を待っているだろう!

スポンサーリンク


今日Lyraがレビュー感想、ツッコミPointを書くのは、アメリカ合衆国AMC製作の大人気ヒューマンドラマ(だと私は思っている)【The Walking Dead ウォーキング・デッド】シーズン10第16話です。

前回の第15 話(4月5日)で、新キャラ、プリンセスがやっと出てきたから、中々話が進まなかくて心配していたLyraは安心した回でした。

 

ウォーキング・デッド シーズン10第15話ネタバレ プリンセスと約束出来ない男 Oh My Princess!感想ツッコミポイント あらすじ

 

今回は、プリンセスと出会ったユージーン達4人のチームと、ダリル達のチーム、ゲイビー達の病院にいるチームをメインに、色々、登場!

本編あらすじをいつもの様に、詳しく書きましたので、早速The Walking Deadシーズン10第16話にいきましょう!

あらすじを前編と後編に分けて書いているから、お好みで読んでねん。

ワイが本家本元よん。

 

( click to amazon↓↓ )”The Walking Dead Season9 DVD Box1″ [DVD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

*Lyraのブログはネタバレ全開!詳しい内容を知りたくない方はあらすじ【前編】だけ読み【Lyraの感想】や【ツッコミPoint】を御読みください。↓ ↓

 

スポンサーリンク

1.第16話あらすじ: 前編

 

避難した病院の廃墟にいるメンバー達。

皆無事だが、周りをベータ達ウィスパラーズと、ウィスパラーズが引き連れて来たウォーカーの大群に包囲されてしまった。

グレーシーら、子供達が怖がっているのをゲイブリエル牧師が、落ち着くように話をする。

「私たちは1人じゃ無いんだよ。アレクサンドリア、ヒルトップ、王国、オーシャンサイド、とこの指のように一本じゃ弱くても、力を合わせれば強くなるんだよ」と握り拳を見せるゲイブリエル。

「でもちょっと頼りない気がするよ?」とグレーシーが言うと、

「他にも仲間がいる。皆んながいる。助けてが必要なのを見つけて来てくれるはず。ともに戦うんだ」と意味深なことを言うゲイビー(=ゲイブリエル)。

確かにその頃、この場所から離れた所で、様々な動きや戦いが起きていた。

そのなかで、キャロルが随分前に出した手紙をポストから取り出す者の姿があった。

マギーだ。「みんな死んだ…イーニッド もジーザスも、そして私の息子も。ウィスパラーズのせいよ。貴方の助けが必要なの。」と書かれてあった為、帽子を目深にかぶっていた表情が険しくなった。

外部から、ダリル達が病院に戻って来た。

 

ユージーン、ユミコ、エゼキエル、プリンセスの4人は、出せるだけのスピードで自転車を走らせ、待ち合わせの時間に間に合うように目的地に向かっている。

もう1人、オーシャンサイドに現れた男がいた、、、バージルだ。リュックを背負い、門をジッと見つめている。

ベータ達を見つけ、ウィスパラーズ&ウォーカーの後を追っていた、アーロンとアルデンは森の中で戦っていると、危機一髪のところをフードをかぶった人間がいきなり現れ、カマを振り回すと、敵をやっつけて助けてくれた。

いろんな動きを知らぬベータは、大群を引き連れて避難場所の病院へと向かっている。

するとウォーカーが話しかけて来た、

ベータの周りにいるウォーカーがベータに話しかける。

「私達は準備が出来た、これは世界の終わり、、私達が世界の終わり」

周りのウォーカー達もコーラスする

「私達が世界の終わり」

ベータ「さあ、始めよう」

その合図でまたウォーカーの大群が歩き出す。

何万人と言うウォーカーの大群が病院へと進んで行く。

泥んこ道でユージーンが尻餅をついている。

額から血が流れ、自転車がひっくり返っている事から、転倒したのが伺われる。

ユージーン「もうダメだ、間に合わない、諦めよう、チェーンが切れてるんだ。無理だ。うちに帰るろう」と泣き言を言い出した。

エゼキエル「何言ってるんだ?ここまてこれたのは、私達が諦めなかったからだぞ!男なら言った事は最後までやり通せよ」とはっぱをかける。

ユージーン「もう遅すぎる。ステファニーは長くいられない。会えやしないはずだ。悪かった、私の為にここまできてくれたのに」

だがエゼキエルは諦めずにユージーンを説得し、それに、ゆみことプリンセスが同意して、最後までやり通そうと言う。

プリンセス「直ぐに会えなかったとしても、必ず待ってるよ。アタシがアンタ達に会えたように」

ユージーンの顔が明るくなった。

 

スポンサーリンク

 

ウォーカーの大群を避けながら、倒しながら帰って来たダリルとキャロル。

ダリル「彼女は、誰かを助けに旅に行ったらしい。」

キャロル「ミショーンが?彼女らしいわね」と言う。

ダリル「嫌な予感がする。もう会えなくなりそうだ。誰かさんみたいに…」と、いつになく弱気発言するダリルに、

キャロル「私が未だいるわ」と心配そうに答えた。

 

大人だけ集まり、ゲイビーが総指揮をして次の手を考えるための作戦会議しているメンバー。

どうやら昔やった音作戦で、ウォーカーを別の場所に誘導して、最終的には崖から落下させ、倒そうとしている。

ルーク「このデカイスピーカーは出力がたくさんいるんだ。だから、スピーカーを乗せて、発電機も乗せなきゃいけないから、馬車でひかないとダメなんだ。だから人手がいるし、どうやって準備するかが問題だ」と自分が作ったスピーカーを見せながら説明した。

ゲイビー「四つに分かれて作戦開始だ。ただあのウォーカーのひしめく中をどうやってワゴンまでたどり着くかが問題だ。」と話す

リディア「私が…私がやるわ。私なら出来るもの」て言う。

「リディアが行くなら私達はやめるわ」と、オーシャンサイドのビートリス達が言う、「彼女は信用できないもの」

ゲイビーは、一瞬迷った後、リディアには病院にとどまるように言った。

 

ダイアンは、ニーガンとこの計画を実行したくないらしい。敵だった奴をこんな命がけの任務に同行させたくないのも無理もない。

「あいつは、ウィスパラーズと一緒にいて、手助けしていたような奴よ?」とキャロルに訴えるが、キャロルは自分が頼んだせいだ、とは言えず、「仕方ないのよ。ごめんね」としか言えない。

彼女を宥めた後、ため息をついていると、リディアが話しかけてきた。

リディア「大丈夫?あのね。私を避けないで欲しいの。こんなこと言ったら薄情かもしれないけど、あんな人…母親でもなんでも無いわ。だから居なくなって良かったと思っているくらいよ。だから気にしないで欲しいし…私を恨まないで仲良くして欲しいの」

キャロル「恨んでいたわよ。でも何も変わらないのが分かったわ。」

リディア「私は貴方と話をしたいの」

キャロル「自立しなさい」

リディア「私は別にママが欲しいんじゃ無いのよ。キャロルには別の存在の関係性が欲しいだけ」と言いその場から立ち去った。

 

 

(click to amazon↓↓)”The Walking Dead 2021 Calendar” [Hobby] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

いよいよ計画実行の時。

ウォーカーの内臓を割いて、自分たちの洋服や顔に塗りたくる準備を始めた。

ケリーに人の皮のマスクを渡すダリル。

ケリー「貴方はなんでしないのよ?」

ダリル「俺は良い。念の為にしておけ」と言う。

ルークと最近彼女になった女性も文句を言いながら身体中に塗る。

ニーガンが全く準備をしていないのを見つけたダリルは、彼に「やれ」と注意する。

ニーガン「俺様は行かないぜ。大体、俺はあんな事したんだから1番狙われてるだろ?やだね」

ダリル「皆んな必死にやってるんだぞ?お前、ここに俺たちといたいならみんなを助けるためにやることやれよ」と睨みつけた。

ニーガンはもじもじと悩んでいる。

 

ゲイビーが皆を見てうなづきガラスのドアを開ける。

中は無菌室に入る時のように二重扉になっている。

ジュディスは心配そうな顔をして見ている。それに気づいたダリルと目が合い、 ジュディスがガラスに手を置くと、ダリルも手を合わせ無事を祈るかのように見つめあった。その後ろでリディアも中の様子を見守っている。

ダリル、ケリー、ジュリー、マグナ、キャロル、ルーク、ルークの彼女、ビートリスが中に入り、全員で目配せをする。

そして外扉を開けると、外からウォーカーがゾロゾロと流れ込んで来た。

皆、呼吸を浅くしながらそっと出てウォーカーの群れの中へと入って行く。

悪臭と死臭がする中、顔の近くまでウォーカー達がいる中を彼らの真似をするようにワラワラ歩いていると気がおかしくなるようで、皆が危ない様子になって行くのがわかる。

マグナは気分が悪くなったようで、パニックになりそうな青い顔をしてると、誰かがギュと肩を掴んだ。ジェリー だ。

そのおかけで、ぼーっと青ざめた顔から元のマグナのシャキッとした顔に戻る。

ダリルとケリーはくっついて歩いていて、2人とも側にナイフを持った男がゆっくりと近づいてきたのを察知。

ウォーカーの流れに乗ってダリルにナイフを振りかざしたが、うまい具合にダリルは避けて逆に切りつける。

その為、このウィスパラーズは痛がって叫び声を上げたために、周りのウォーカーの餌食になってしまった。

2人共その悲惨さに驚きながらもウォーカーの中を歩いて行くしか無い。

病院からは、リディアが双眼鏡で外のダリル達を見ている。

横にはゲイビーがいて、リディアがウィスパラーズを見つけると、それを伝えて、ダイアンが矢を放つと言う戦法を使っている。

一度は、ウィスパラーズの一人と鉢合わせしたマグナがやられそうになったのを矢を放って助けることができた。

その様子をベータは見ていた。左上を見ると病院の窓が開いて人が見ているのを発見。

ベータ「集まれ。群れを一箇所に集めさせろ」と囁きながら仲間に伝えて、皆が一気に一箇所に集まる。

その為、遠くから見ているリディア達からターゲットのウィスパラーズかウォーカーか、仲間か分からなくなってしまった。

リディア「ベータにバレたんだと思う」

皆が顔を見合わせ、どうしよう、と言う顔をになっていると、

ドンドン!

と階下で激しい爆発音がした。

 ジュディスがドアを開け、駆け下りる、、、するとウィスパラーズが病院内に侵入して来たのが見えた。

急いで駆け上がり、 ジュディスはドアを閉めて後退り。

「あいつらが来たわ」

ゲイビー達の顔が恐怖で固まる。

 

スポンサーリンク

2.あらすじ: 後編

 

ゲイビー「子供達を優先して、皆を避難させろ。ここはもう危ない」とダイアンに指示。

リディアが心配な顔をしていると、ニーガンが話しかけてきた。

「なあ、もう結果は見えてるぜ。ここはもうダメだ。君はここを出て死人を抜けて逃げろ」と言う。

リディア「いやよ。」

ニーガン「俺達は信用されていない。だから誰も気にしねぇよ。だから逃げろ」

リディア「逃げないわ。貴方も皆んなの為に戦ってよ」

ニーガン「俺はヒーローの器じゃねぇよ。まあ、それが出来るんだがな」と笑うとアルファの皮で出来たマスクを手渡し、下に降りて行った。

予め用意しておいた馬車の側まで来た。

ルークの彼女が「あそこには4人しかいないみたいよ?」と言う。

ルーク、ジェリー 、マグナは困った顔をしたまま。するとダリルとケリーも到着。

ダリル「キャロルとビートリスは?」

2人だけが未だ来ない。

キャロルとその後ろを荷物を持つビートリスが、ウォーカーの群れの中を歩いていると、ウィスパラーズの1人が2人を狙って近づいて来た。

そしてビートリスを切りつける。やり返すビートリスの腕をウィスパラーズは掴み、揉み合う所をキャロルが反撃し、そいつを倒した。

倒れたウィスパラーズを後に2人は先を行く、、、だがそのウィスパラーズは、這って後を追いかけビートリスの脹脛にナイフを振り下ろした。

「ああー!」と痛さでビートリスは叫び声を上げ、ウィスパラーズを倒したが、自分も周りのウォーカーに取り囲まれ、体を揉みくちゃにされながらキャロルの名を呼んだ

「キャロル!キャロル!荷物を!荷物を持って行っ…」

オーディオの部品が入っているリュックを渡そうとしながら、ビートリスは、ウォーカー達に体を引きちぎられ食べられてしまった。

キャロルは、助けることも荷物を取りに行くことも何もしない。

ただ見ているだけだ。

だがそこへマスクを被った小柄なウィスパラーズみたいな者が現れ、地面に落ちているリュックを手にして肩にかけてゆっくりと歩いてくる。

リディアだ。

リディアは静かにキャロルの後ろに付き、そのまま2人でダリル達がいる方向に歩いて行った。

 

(click to amazon↓ ↓ ) “The Walking Dead Action Figure- Michonne” [Figure] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

犬が吠える。 ジュディスとゲイビー達は、ウィスパラーズが中に入ってこないようにドアの前に本棚やテーブルらを縦にして抵抗。

闘う準備をしながらダリル達に無線で、早くウォーカー達をここから遠ざけるように指示した。

 

「終わりはもう直ぐだ」とウォーカーがベータに話しかけて来る。

ベータには仲間よりウォーカーからの話しかけが、重要になってしまったらしい。

すると、どこからかデカイ音楽が流れてきた。

ダリル達が大きなルークが作ったスピーカーを乗せた馬車をゆっくりと崖のある方へと動かしていた。

周囲のウォーカー達は、病院とは逆方向の音がする方へと歩き出して行く。

すると今迄ベータに話しかけて来たウォーカー達のセリフも変わり、「私達の終わりが来た」と反対のことを言い出した。

怒りながらベータは、ウォーカー達について逆方向に行くしかなかった。

その頃、院内では最悪な状況に。ウィスパラーズが侵入して、ジュディス達がいる部屋に爆弾が投げられた。

ゲイビーはもう諦め、「準備はしなくて良い、直ちに皆んなを避難させろ」と指示した。

 

暗い森の中を馬車に揺られて大音量をかけていたルーク達だったが、後ろから敵がやって来た。

ダリルやケリー、キャロル、マグナは矢を放ってウィスパラーズ達を倒して行くが、敵も考えていてウォーカーを盾にして近づいて来る為に、ダメージが全くない。

ウィスパラーズは攻撃してダリルの仲間達が数人やられ、ワゴンの車輪にチェーンを絡ませ、うまい具合にタイヤを外した為、先に進めなくなるダリル達。

ダリル「逃げろ!」

その合図で、皆も逃げて行くしかなかった。

ウィスパラーズは、スピーカーを壊しまくり、喜んでいるようだ。

その為、爆音の音楽が止み、ウォーカー達は又、病院の方へと戻り出した。

 

このままだと病院にいる仲間が危ない。ダリルの提案で

「面倒だが、一人一人ウィスパラーズの奴らを群れから見つけ出して殺して行くしかないだろ?」というと、

リディア「私がウォーカーを誘導するわ」と言い出した。

ダリルは反対するが 「私はやり方を教わっているから、分かるの。私じゃなきゃ出来ないわ」と言う。

ルーク「最後はワゴンを落として、それにつられてウォーカー達を落下させる予定だったけど、もうないんだよ?自殺になったりしない?」

リディア「大丈夫よ、私なら」としっかりと答えた。

 

ゲイビーは、 ジュディスに跪いて話している。

「私はここに残って止めるから、君はみんなと行きなさい」

ジュディス「大丈夫?ロジータはどうするの?」と言うので

ゲイビー「君は半分のオレンジだって伝えて」

ジュディスは不思議がりながら部屋から出て行った。

その姿を見てゲイビーは、清々しい顔をしながらライフルの安全装置を外しながら

「神は見ておられる。正しいものは救われるのだ」と呟きながらライフルを構えると、ドアを蹴破りウィスパラーズが入って来た。

撃ちまくるが相手は3人いる。

ゲイビーの抵抗も虚しく、押し倒され羽交い締めにされ、ウィスパラーズが、上からゲイビーをブッ刺そうとナイフを振り上げた、、、

そこへカマを両手に持った人間が背後からウィスパラーズを切りつけ、全員アッと言う間に倒してしまった。

それを見た生き残りが相手に襲いかかる、、、と矢で射抜かれ死ぬ。

矢を放ったのはマギー。

びっくりして動けないゲイビーに

「大丈夫よ、この人は私の仲間よ」と言いゲイビーと抱きあった。

横にはアーロンも帰って来ていて、カマの人間が気になるように見ていた。

 

スポンサーリンク

何万人といるウォーカーの中をベータがゆっくり歩いていると、背後や少し遠くで「グェ!」と仲間が倒されて行く音がする

仲間がドンドンやられて行く中でベータは助けを求めるかのように

「アルファ」と話しかける

いつしかアルファの幻が見える。

だがよく見るとアルファではなく、ウォーカーでもないことに気づき、ナイフでやっつけようとすると背後で

「お〜い、クソ野郎」と声がした。

ベータが振り返るとマスクを被ったニーガンが立っている。

ベータはニーガンに突進して地面に押し倒し、ナイフを振りかざして

「これはアルファの敵だ!」と叫んだ。

だがダリルが突然現れ、二刀流でベータの両眼をついた。

これはアルファの分だ!

ギャー!

ベータは立ち上がり、自分で刺さった2本のナイフを引き抜いた。

すると走馬灯のようにアルファとリディアに出会った時のこと、アルファと決めたウィスパラーズのスローガンが頭の中で流れ、懐かしいアルファとの思い出がフラッシュバックして行く。

ダリルは、そのまま夢を見ているベータを刺殺した。

ウォー!

ベータの叫び声と共に頭の中でアルファが言うスローガンが聞こえて来る。

ウォーカーが取り囲みベータのマスクを剥がして行くが、ベータはむしろ喜びの中で死んでいくようだ。

ベータ達の終わりが来たのだ。

 

ニーガン「あいつの顔見たか?」と驚きながらダリルに尋ねる。

ダリル「ああ、誰でもないさ」

 

 

朝になった。

ウォーカーの大群を引き連れて、リディアとキャロルがゆっくり、ユックリと歩いている。

もう崖が見えて来た。

キャロル「リディア、行きなさい。あとは、私が終わらせるから。任せて。」

そして崖っぷちまで行くと、崖の隅に足をかけ、下を見ながら逝こうとする。

後ろからウォーカー達がぶつかりながら崖下の海へと落下して行く、、、

その中でキャロルは目を瞑り、いく、、、だが、誰かが手を握り、グイッと引き戻した。

目を開けてみるとリディアだった。

リディアは思いっきり引っ張り寄せて、反動で2人は倒れ込んだ。

その横を数えきれないウォーカー達が通り過ぎ、海へと落下して行く。

キャロル「何故?」

リディア「だって自分の道を見つけろって貴方、私に言ったじゃない?」と笑う。

キャロル「ありがとう」そう言うとキャロルはリディアの腕の中で泣き崩れた。

リディアは、ポケットから母アルファのマスクを取り出す。

ジッと眺める瞳には母への最後の愛があった。

だが、歯を食いしばり、アルファのマスクを崖へと放り投げた。

母のマスクはウォーカーと共にちゅうを舞って行った。

森では避難したもの達が暫しの休息を味わっている。

ロジータが赤ちゃんを抱いていると、ゲイビーがジャケットを着せてあげている。

マギーが皆と話してるところへアーロンが来て、娘のグレイシーを紹介した。

そこに ジュディスが来て、信じられない様子です立ち止まる。

それに気づいたマギーが嬉しそうに笑う。

ジュディスも笑顔になり2人はハグした。

 

 

リディアとキャロルも帰還し、ジェリーに全部やっつけたと結果を報告。

ニーガンがその様子を嬉しそうに見ていてリディアは、彼に近寄り抱きついた。

それを見つめているキャロル。

ダリルは、彼女に問う

「終わったな。希望は叶ったか?」

キャロル「私には望んだものは手に入らないわ」と寂しそうに答える。

ダリル「俺がいるよ」

キャロル「そう?」

ダリル「ああ」

2人は抱きあった。

ダリル「ニューメキシコに行くか?」

キャロル「いつかね。その前にやる事があるわ」

 

(click to amazon↓↓) “The Walking Dead Action figure -Daryl Dixon” [Figure] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

 

 

地面に置かれた手が動く。誰かが土の上に突っ伏している。

頭から血を流している女は、泥だらけのコニーだった。

よろよろしながらどうにか立ち上がり数歩歩くが、またぶったおれてしまう。

すると馬の足音がして、目の前で止まった。

ひっくり返ってるコニーがうっすら目を開けると、バージルが馬上からコニーの顔を覗き込んでいた。

ユージーン達は、真っ暗な電車の停車場にいる。周りには照明がついていたから、周りは見渡せる。

約束の待ち合わせ場所の筈だが、誰もいない。

プリンセス「ねー、合図とか決めてないの?」

ユージーン「私はユージーン・ポーターだ!誰かいないか?」

プリンセス「合図決めてねーってか、ダサいな」

江崎(エゼキエル、やっぱ我慢できないからいつもの呼び名で)が、

「車両で寝て、明日までステファニー待とう」と提案するが、ユージーンは、

「彼女はもう立ち去っていないだろう」と言う。

ユミコ「大丈夫よ、必ず来るわ」

ユージーン「そうだ。私は元には戻らん。戻らずに見つけるまで探すよう。会える可能性を信じて。ステファニーはいる。見つけるまで探すよ。」と先程とは違い前向きなことを言った。

プリンセス「良いんじゃない?惚れそう」と言って、皆もうなづき場が和んだ。

 

ガチャン!と音と共に照明が一気に消え

「銃を下ろせ!」と怒鳴り声がした。

見るといつの間にか、周りを白いアーモーを着たトルーパー達に取り囲まれてしまっている。

全員が全員、ライフルをこちらに向け構えている。

ユージーン、ゆみこ、プリンセス、江崎が両腕を頭の近くまで上げ、武器を捨てた。

 

トルーパー達がヘルメットからこちらに狙いを定めている目と目が合う、、、

ユージーンは、目を見開いてアワアワしてするしかなかった。

 

スポンサーリンク

3.Lyraの感想

やっと終わったウィスパラーズ戦争!

救世主達との戦いも、本編ストーリーとは全く関係のない個人キャラクターの回想シーンを丸々一話に費やして、引き伸ばしまくって多くのファンが離脱して去って行きました。

それなのに、又シーズン9と10を、このウィスパラーズ戦争に割いたからねー。

「やっと終わった!」と言うのが正直な今の思いです。

Bad Peopleな人達以外ならば、このドラマをLyraが如何に大好きかを凄く理解してくださっている。

だからそんな方々の参考に成れば、と本音でいつも感想を書く様にしています。

「人気があるから」

「ファンが多いから」で書いているのではありません。

好きだから。

ただ書きたいから。

ただそれだけで書いています。

だから音楽ネタも、もっとメジャーばかり書けば良いものをマイナーばかり書いてしまうの。そんな性格(笑)。

好きだからこそ、良くなって欲しいし、嘘をつきたくないから、最高な時は「最高!」と、泣きながら書いているし(カールやリックの時は、大号泣しながら書きました)、

面白くない時は、「つまんねー!」をわかりやすく伝えたいと思い書いています。

今話は、悪くないんです、トータルしたら。

原作に近いストーリーに戻そうとしてるし、人間関係をチラ見せしたり、、

「リック不在でバラバラ感があるチームの絆を戻してくれるかも?」と期待していました。

リディアやニーガン、ユージーンなどの場面は絆が見え隠れした。

ただ話が薄い。

どこか詰め込みすぎた感が否めない仕上がり。

盛ろうと思えば盛れる箇所がたくさん存在しているのに、終わりが見えたからか?早くまとめよう、という焦りが見えてしまいましたね。

だってベータの最期ですよ?

あの強い強いウィスパラーズのナンバー2の最後が、「クソ野郎」と呼ばれた末の、ダリルたん二刀流がスルッと命中で終ってしまうなんて、、、勿体ない。

カックイイ・ニーガンとの押し問答あリィの、押し合いへし合いで死んでも良かったんじゃないの?

ニーガンがお好みじゃないなら、ダリルたんと、殺陣を極めた上での殺傷でも良いんじゃないの?

だってアルファを殺されてベータは、復讐の鬼と👹 化してるんじゃなかったの?

中傷されて押し倒して、やられたなんて男子の喧嘩みたい、、、

ベータがカントリー歌手だったんだから、カントリーをBGMにしながらendでも良かったんじゃない?

可哀想にベータ、可哀想にRyan Hurst。

 

 

ジーザスの時もそうだが、大事なキャラを粗末に扱うからTWDの薄情さを、最近は感じてしまう。

前はもっと愛があったな、、、と最近シーズン2と3を見返しブログに書いていたから、特にそう強く思ってしまいますね。

【ウォーキング・デッド シーズン3第1話】ネタバレ感想 恋愛と成長と大事件‼︎ ツッコミポイント あらすじ

 

キャラ愛の減り方が激しいから、原作者はTWDの原作をいきなり終わらしたんじゃないかな?と思ってしまう。

ユアンが戻って来ないのもそれが原因だったみたいだし。

彼のスピンオフを作る話が出てるのは、新たに掘り下げて描いてくれそうだから、OKした気がするし、アンディも映画なら愛がありそうだから出るのかも。

次回から始まる追加の残り6話と、シーズン11は、無駄話はなくしてキャラたちが輝ける愛のあるストーリーになると良いなあ、と期待しています。

ファミリーへの思いやり、チーム間の愛情が、このウォーキング・デッドの魅力だったのだから、、、。

期待してるよ!

の意味も込めて、今週のツッコミPoint 行ってみよ〜♪

 

4.LyraのツッコミPoint

①ゲイビーボーイの無敵さに違和感

いつの間にかの上から目線。

ダリルがリーダーだったんじゃないの?本人やりたがってないけどw

悪いが、今回、ゲイビーが出過ぎ。

ウィスパラーズのベータを描くか、あんなに悩んでるなら、キャロルやリディアを描く事に時間を当てればよかったな。

大体、グレイシーが不安がっているときに、いきなり「ほかの人達が助けに来てくれるよ」と分かったの?

「大丈夫?」ってグレイシーと同じ質問、Lyraも画面にむかって呟いたわw

スタッフも半月やらないからストーリーが何処まで描いていたから忘れているんだと思う。

マギーにキャロルが手紙を書くのは、ミショーンもやっていたから理解出来る。

でもバージル出てきたり、何だか分からん。

一気にメンバー集めたのは、ストーリーとキャラを忘れてしまった人への配慮かな?と。

それにしても、付け焼き刃な感じがした。

あと 皆を逃して1人で立ち向かうところは感動的だが、「正しいものは救われる」で、ウィスパラーズにやられそうだったのを回避。

ラッキーで助かるとは、、、嘘っぽい。

まあ運が良い人は、助かりますからね、、、って生死が運任せが、ちと説得力に欠けた。

しかし、なぜ「知らない人達が助けに来てくれるよ、大丈夫、共に戦うんだ」と分かる?

エスパー?

 

スポンサーリンク

②御転婆バージル

いきなりお散歩か?

確かミショーンと一緒の時は、同僚を監禁してミショーンも監禁して、彼女にやり返されて、「アイタタ」じゃなかったの?

「もうやりまへん」 と言う感じで、外界には出ず無人島で暮らす頭がいかれた人の終わる方をしたのにどうして本土にいる?

彼もダリルと同じでオリジナルキャラだから、漫画にいない分、自由に作者や脚本家が動かせる存在だ。

未知数がまだあるだけに、期待はするが、また話がそれちゃいそう。

それでも話が面白くなるならOK。

でもイカれていたバージルで大丈夫か?

コニー助けてまた監禁したりして!

御転婆さん。

 

③コニー、バージルに?

 

そのコニー。

いきなり戻って来て、あれしか出番なくてどこにいたかも不明。

要らないキャラになったから適当にバージルとくっつけるとかやめて欲しいわ。

だって頭が良くて行動力があり、愛情深いコニーには、長生きして欲しいしダリルとくっついて欲しかったよね〜TV局は、キャロルとくっつけるつもりだから嫌だな〜。

オーシャンサイドにいる事になりそうなコニー。

バージルとくっつくにしろしないにしろ、下手するとダリルとはなんともない事にしてずっと行きっぱなしになりそう。

キャロルがやることがある、と言ったのは、彼女を助けるためだと思ったのに、、、どうなる?

④和風味のカマキリ

 

皆、「誰?」となるよね。

鎌を振り回していた、あの動きモーガンだったりしてね。

シースの可能性あるけどガタイが良い彼には見えなかったから。

あと和を感じたわ〜w

和だと座頭市モーガンでしょ?

冗談

新キャラや『Fear The Walking Dead』からの出張もアリエル、アリエール。

 

(click to amazon↓↓) “The Walking Dead Season9 Box1” [DVD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

⑤積極的なキャロル

キャロルが少し、昔に戻った気がして嬉しかった。

だが、それは死ぬことを決めたからか?

積極的にダリルと話したり、敵だったリディアと、真正面から話したり、昔のキャロルみたいだった。

昔のキャロルは、ちゃんと人と話をしていた。

最近の、特にシーズン10のキャロルは、人と話をしない。

話しもしないで、勝手に暴走し、皆に迷惑をかけていた。

それも演技かもしれないけれど。

息子ヘンリーの仇を取ることでおかしくなるのは無理もない。母親ならあんな事を去れたら怒りと悲しみで、誰でもおかしくなるだろう。

ただ犠牲者を出しても平気な顔をしていたり行動がおかしかった。

ジャンキーだった(のフリをしていた?)から、としても変だった。

だから、少し冷静な彼女を見れてよかった。

今回、目の前で仲間のビートリスがやられたのを、シラーっと見捨てるのは怖かったけれど。昔のキャロルならば、助けようとしたはず。

助けるのは無理と判断したとしても、食われながら必死に「キャロル、荷物を持って行って!」と叫ぶビートリスの意志を継ぐために荷物を取りにいくはずだ。

それもせずに逃げたキャロルが悲しかった。リディアがいて拾ってくれたから良かったが、リディアが居なければ計画は実行されなかったからね。

かなり冷酷な人だと思う。

キャロルファンは多いけど、このシーンは気にしないか、するーしてしまうのもね。

でも、かなり怖い人格だとビビッた。

で、ダリルには「私がいるじゃない」と言うから心の余裕は戻って来たみたい。

過去の話を見たら、昔からキャロルは自分勝手なわがままな人だと分かったので、理解できる。

ダリルがニューメキシコ行くか?とやっと言ったら「やりたい事をやってから、、」

シーズン2 のダリルじゃないけど、「アンタ一体何がしたいんだ?」

 

スポンサーリンク

⑥リディア

 

大活躍だったリディア。

彼女とニーガンがいたからこの計画が上手く行き、ウィスパラーズをやっつけることができたのだ。

これから彼女が、みんなの信頼を得るにはまだまだ時間はかかるだろうけど、このお手柄で信頼できると分かる人には、理解してもらえると思う。

ニーガンとの関係もダリルとも上手くいっているし、 ジュディスも彼女には親を失ったシンパシーを感じている様だ。

上手く行くと良い。

いきなりすぎる「キャロルと仲良くしたい」アプローチが不自然で、気になる。

友情なんて仲良くしたい、と思ったらいつでも仲良くやれば良いのだが、何故わざわざキャロル?

ヘンリーを亡くした喪失感を共有したいの?

違和感。

でもリディアがいたからキャロルが死なずに済んだから、これから2人は仲良くなるのでしょう。

リディアが、マスクを捨てたシーンはジワッと来ました。

母のマスクを捨てる事で、彼女は苦しくて不幸だった過去と決別したのだ。

サヨウナラ、孤独な私。

コンニチハ、未来の私。

 

(click to amazon↓ ↓ ) “The Walking Dead Guitar: Michonne [Instrumentals] ギター、クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

 

 

かなり話を詰め込みすぎた第16話。

最終回だったはずが、あと6話追加されるから、どんな話になるか気になります。

マギーが戻るのは、わかっていたけど、バージルとコニーまでもが戻って来たのはビックリ。

トルーパー達もやっと出てきたし、話の舞台が、次回から3方向に進みそうですね。

シーズン11で終わるのはショックではない。

だって1年前に原作があんな終わり方をしたからだ。

ブログで書いていたが、やめた。

あの終わり方が作者が終わらせたくて無理矢理終わらせた感じがして悲しくて力が出ず、最後まで描かずにいる。

あれがあったからTWDが終わるのは嫌ではない。

ただカールもいないでどう終わるのか?

そして本編が終わっても、スピンオフでダリルとキャロルの話と、グレンの話があるし、リックの映画もある。

結局終わらないのだ。

ならば楽しんで見たもの勝ちだ!

楽しんで。

【The Walkind Deadウォーキング・デッド】は、終わらないのだ。

終わらないのだ。

 

スポンサーリンク

 

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。