ウォーキング・デッド: ワールド•ビヨンド シーズン1第7話 ネタバレ”ハックの過去:恋してるからよ!” 感想 ツッコミポイントあらすじ

いやはや「ムカつく奴らは蹴散らせ!」ってか?

【ワールド・ビヨンド】は、第4話から話がウォーキング・デッドらしくなり、きな臭さい方向に進んで来ました。

前回も伏線があったので、今回がどうなりそうか、予想出来てる人もいるでしょう。

Lyraもその1人!

前回のパーシーとトニー叔父さんが出てきて嫌〜な雰囲気が漂って来たから、「誰かさんが、何かするかも?」と予想。

見事に当たり!

おまけに皆んなが行動を起こし出す。

ムカつく、気に入らない奴を蹴散らしていいのだろうか?

さあ、一気に話がヤバくなるこの第7話に行きましょう!

ハック(上の写真) がめちゃ可愛いよー。

今日Lyraが、あらすじ・感想・ツッコミポイントを書くのは、アメリカ合衆国AMC制作のTVシリーズ、【The Walking Dead: World Beyond ウォーキング・デッド: ワールド・ビヨンド】のシーズン1第7話です。

スポンサーリンク

前回の第6話で新キャラクターのパーシーという少年と叔父であるトニーが仲間入り。

*前回の第6話はこちら!→【ウォーキング・デッド: ワールド・ビヨンド第6話】ネタバレ パーシーはがんばれ!ベアーズ? 感想ツッコミ・ポイントあらすじ like The BadNews Bears

 

詐欺を働いて生きて来た割には、良い奴らだったので、彼らの協力を得られたので、彼らのトラックでパパ救出の旅がスピード・アップ!

だけど色々と人間模様が…

*キャラクター解説は、こちら!→【ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド】全キャラクター解説とストーリー設定紹介! 保存版 World Beyond

 

早速、ストーリーに行きましょう。あらすじ後の【Lyraの感想】、【ツッコミポイント】で、又お話ししましょう!

*Lyraのブログは、ネタバレ全開!詳しい内容をしたくない方は【あらすじ前編】だけ読んで、【Lyraの感想】へ飛んでね。ツッコミPointもオモロく書いています。

 

スポンサーリンク

1.第7話『真実か、挑戦か』”Truth or Dare”

<あらすじ:前編>

人々がバーで酒を飲んでいる。ジュークボックスの前に男が1人。

振り返るとこちらに笑顔を向けた。頬にうっすら傷がある。

周りの人間たちは、時々、赤外線の画像に切り替わる。

まるでセンサーのゴーグルを装着して外界を見ているようだ。

いきなり警報がなり、赤外線で見てる画像の人々が動き出す。

男は心配そうな顔をしてこちらを見てる、、、

そこでハッと飛び起きたのは、ハックだった。

見渡すと朝になっている。

彼女はリュックを背負って、物資を見つけては取っていく。

軍人の死体からは、ブーツと時計などいくつかゲット。

だが胸ポケットから海兵隊のバッジが出てきて、苦々しい顔になるハック。

ウォーカーの群れをやり過ごして道に上がって行くと、偶然フェリックスが運転してるトラックと遭遇。

運良く合流出来た。

 

隠れる場所を探して休憩中。

ハックは、アイリスとパーシーが良い感じ(ラブラブになりかけ)になっているのを、微笑ましく思い、にっこり笑って2人を見てる。

だがサイラスが、パーシーに睨みを効かせてるのに気づき、彼がヤキモチを焼いているのが分かったハックは、気を遣って

「サイラス、このブーツやるよ」と放り投げた。

サイラスは、自分のデカ足に合うサイズをハックがゲットしてくれた事に驚きながら、黙って貰った。

エルトンは「信じられない!こんなの見たことないよ」とトニーの手品にビックリして教えてくれと頼んでいた。

 

(click to amazon↓ ↓ ) “The Walking Dead Daryl Dixon” [Figure] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

しばらくしてみんなで計画を練っている時にトニーは、手品を披露する時のように大袈裟に言いながら、何も特徴のない地図を皆んなに見せる。

「タダー!どうだい、この何でもない地図が、この!色付きのシートで照らしますと〜あら不思議!アイツら(市民共同体)の燃料の場所が書いてあるってわけよ!」

皆はビックリする、、、だって、ただの地図の上に、色付きシートを照らすと黒い目印が出て来たのだから!

 

 

それを見てピン!ときたアイリスは、こっそりと一人で、コロニーで中佐から貰ったあの地図にシートで光を照らしてみた。

パーシーが「こそこそ、盗みはいけないぜ?」と茶化して来たので、アイリスは「後で返すつもりだったの、どうしても知りたいことがあるから」と話した。

照らすと予想が当たり、地図には印が浮かびあがる。

皆んなに報告すると、エルトンが「DNAの二重螺旋が書いてある!何故だ?」と気づいた。

アイリスは、この場所にパパが捕まっていると皆に断言した。

 

トニーは地図を見ながら、ハックとフェリックスに、どこまで連れていけば良いか目的地を尋ねる。

フェリックス「それがハッキリと分からないんだ。あの子達の父親がニューヨークのどこにいるとしか分かっていないし、本当に情報があってるかもわからん」

トニーは、それを聞いて無謀だと言うが、ハックは

「それでも行かなきゃ。どうか分からないにしても留まっていてはダメだね。前へと動かなきゃ」と説得した。

ハックは思い出す、、、昔、海兵隊時代にみんなでバーで飲みながら騒いでいたあの夜を。

あの夜ハックは、バーで盛り上がって、大勢の前で目隠しをしてダーツが出来るか遊んでいた。

1番仲良しの男(頬に傷がある男)が後ろから標的を教えてくれたおかげで、ハックはド真ん中にダーツを命中させた。

それだけ2人は信頼関係で結ばれていた。

ジュークボックスの前で酒を飲みながら、ハックは、男の頬を指でソッと撫でた。

「痛ッ!」と男は身をかがめ、そして笑う。

ハック「まだ痛いの?あの日の朝を思い出したりする?」

男「やめろよ、思い出すのは。とにかく一つ言えるのは、俺たちはお互いを守った、ってことさ」と慰めるようにハックの肩に手を置いた。

ハックも納得したようにうなづく。

するとバーのTVから「病院前で人々がおかしな行動を取りだしています。6つの病院は閉鎖されました」とニュース中継が始まった。

あの地球がおかしくなった日だ。

 

スポンサーリンク

皆、パパの居場所がやっと分かったことでお祝いをしようと浮かれ気味。

大人達も今夜だけは、ティーン達が酒を飲むのを多めに見てやろうと知らないふりをしてくれたお陰で、5人で祝うことが出来た。

エルトンは初めて飲む酒に驚き、サイラスだけは「飲まない」と断る。

「うー、寒いね」と、ホープに言うアイリスに気づいたパーシーは、

「これ使えよ」とサッと自分のマフラーを渡す。

良い感じの2人をサイラスは、妬ましそうに見ている。

パーシーの提案で、友達が集まったら遊ぶ『真実か挑戦か』ゲームをすることになる。

パーシーがアイリスを指名すると、

「私は真実にするわ」と言ったのでパーシーは「もし好きな場所に行けるとしたら、どこに行きたい?」と質問。

アイリスはルーブル美術館に行き、ドラクロワの絵が見たいと夢心地で答えると、パーシーは横のソファーにひっくり返って寝たふりをした。

アイリス「マジなんだって!綺麗な絵だよ」とアイリスが起こすと

パーシー「いやはや、眠たくならない答えが良かったなあ」ととぼけたので、エルトンは爆笑して大受け。

サイラスは相変わらず嫌な顔をしている。

アイリス「どうせルーブルは無くなってるよ。でもいつか見たいって夢見てるのよ」と思い詰めたアイリスを見てパーシーは

「夢、良いじゃないか!諦めるな」と夢に乾杯した。

 

フェリックスとトニーも2人で酒を飲んでいる。

フェリックス「この救出作戦が、果たしてウィルとレオの為になるのか?2人の命を危険に晒すことにならないか?心配なんだ」と打ち明けると

トニー「そんな事言うなよ。未来は予測できないからな。俺はダメ人間の貧乏人だったが、あの子の母親が離婚して出て行った後、身元引受人になってくれと役所から通知が来た時は、『補助金がもらえるからラッキー、適当にやれ』と思ったんだ。だがすぐに気持ちは変わったよ。アイツの為なら何でも出来るって思うようになったんだ。あのダメ人間の俺がね。家族って凄い。初めて家族の凄さを知ったよ」と笑った。

フェリックス「ああ、わかるよ。家族ってスゲェな」と2階にいる皆んなを見上げて言った。

( click to amazon↓ ↓) “The Walking Dead 10th Anniversary goods” [Hobby] 10周年記念グッズ、 クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

ホープ「じゃあ、真実で!」と選ぶ。

するとパーシーが「今までで1番の悪事をバラせよ」と言った。

ホープ「何よそれ。アタシの番じゃないし!」と断ると逃げ腰になってるとバカにしたように鼻で笑うパーシー。

よせば良いのに引き下がれない性格のホープは、昔、学校の先生達全員に下剤を飲ます悪戯をしたことを話した。

だがパーシー「まだあるだろ?俺は詐欺師だぜ?詐欺師の目は誤魔化せねぇよ。吐けよ。もっとあるだろ?」と葉っぱをかける。

ホープが困ってることに気づいたサイラスが「やめろよ」とパーシーを止めた。

ホープは、頭に来てその場から逃げる。

アイリスがホープを追いかけようとすると、エルトンが止めて「僕が行ってくるよ」とホープの後を追いかけた。

スポンサーリンク

 

2.あらすじ:後編 ネタバレ

 

エルトン「ホープ、気にしちゃダメだよ、くだらないゲームさ。それに僕がゲームに参加したのは…ホラ…」と言いかけて、いきなりホープに抱きついた。

ホープは「あ〜あ」と言う顔をしながら「ありがとう、エルトン、アンタ酔っ払ってるでしょ?アタシ、ちょっと1人になりたいからさ。」と言うと1人で言ってしまった。

残されたエルトンは、「あ、分かったよ」と仕方なく戻って行く。

 

ハックは屋上で、海兵隊時代に初めてエンプティを退治した日を思い出していた。

出動したその日は、初めての指令で健康な人と病気の人は分けて対処するように言われていた。

健康な人々を保護して安全な避難所に連れて行く任務だ。

「敵は全員殺せ!」と命令されて、暗いトンネルをライフルを構えながら隊員達と歩いて行く。

トンネル内にはエンプティ化した人間と普通の人々が混在している上に、真っ暗で区別がつかない。

バディであるあの頬に傷のある男が、ハックの赤外線のスイッチを要るてあげる。

すると人間は体温が高いからオレンジで、エンプティは体温が低いからブルーの色と識別出来たために、エンプティを全部倒して市民を救ったのだった。

それを屋上で思い出していたら、いきなりホープがやってきた。

ホープ「ハック、何やってんの?こんな所で?」

ハック「アタシのことはどうでも良いよ。それよりアンタこそどうしたの?何を悩んでんのよ?」と神妙な顔をして泣きそうなホープに気づいたハックは訳を聞いた。

ホープは泣きながら、あの全てが変わった日の夜の話をする。

妊婦の人がホープとママにトラックを奪われるかも?とパニックになりママを撃ったこと、そしてその人がママを撃ち殺した後に銃を落としたから、自分がそれを拾い、彼女の方に向けたら暴発して妊婦さんを殺してしまったこと、そして、その人はエルトンのママであったことを全てハックに打ち明けた。

ホープ「エルトンは私がママを殺したことを知らないし、アイリスもその妊婦さんがエルトンのママだったって知らないの」と大泣きした。

ハック「それで良いんだよ。アンタはまだ小さいガキだったんだ。それにママも殺されたんだ。だから皆んなの為に秘密を抱えていかなきゃね。アンタも仲間だね。人生は真っ暗なときもある。でもね、必ず夜は開けるよ。光はさす。大丈夫だよ」とハックはホープを元気付けた。

 

スポンサーリンク

翌朝、皆でトラックを飛ばして、目的の市民共同体の給油所に来た。

ガソリンをタンマリ貰って(盗んで)、ニューヨークに向かうと言う計画だ。

トニーとパーシーは他の給油所で何回も盗んで来たから、警備してる奴らがいないのを知っていたから、一応エルトンとサイラスに車を見張らせて、フェリックス達4人とパーシー達の6人で手分けして燃料を探すことにした。

ホープとハックはペアになり、懐中電灯片手に行く。

あの話になり、ハックは、「エルトンには真実を話すな」とアドバイスした。

「隠してる方は辛いだろう。でもね、真実を知らない方が幸せな時もあるんだよ。相手のためだよ」とホープに言うハック。

それでまた昔を思い出してしまうハック。

 

スポンサーリンク

市民を助けた後、いきなり呼び戻されたハック達。

「何が起きたの?」と、先に来ていたバディの傷の男オーウェンズに聞くが、思い詰めて黙ったままこちらを見てるだけ。顔には血しぶきが?

すると隊長がハック達に恐ろしいことを通達した。

「動くものは全て排除しろ、との命令だ。敵も味方も、健康な人も誰でもだ。」

ハック達には上層部からの命令に逆らう事など出来なかった。

 

あの恐怖を思い出し我に返ったハックはホープがいなくなっていることに気づいた。

呼んでも返事がないことから、危険を察知したハックは、銃を構えて施設の奥に行くと、ホープに銃を突きつけている男が立っていた。

「銃を離せ!」と男がいうので、右足のホルダーに銃をしまうハック。

「落ち付きなよ、アタシは何もしないよ。それにアンタ怪我してるじゃないか?もしかして死者に噛まれたの?」とハックがゆっくりと近づきながら行くと、男は「撃つぞ」と怒鳴った。

 

その頃フェリックスとトニーは、燃料を見つけた。

「お宝だな」と喜ぶ2人の横には、共同体のマークが入った新しいピカピカの棚が置いてあった。

 

ハックは説得して、ホープに銃を突きつけている男の名前を聞き出す。

ウォルターと言う名の男に、ハックは優しく名前を呼びながら、「その子はまだ子供だよ。害はないんだから、離しなよ。私に照準を定めてその子を離しなさい。私が助けてやるよ」と言う。

ウォルターは迷っていたが、ホープを離し、ハックに銃口を向けた。

ハック「これでアンタを助けてあげられるよ。傷がある所から切断すれば助かるよ」と言うと、ウォルターは「嘘だ!」と叫んだ。

ハックは危機的状況から、又あの日の最期を思い出してしまう。

 

 

ハックが市民を殺すのはおかしいと上官に詰め寄るが

「中央部が決めたことは絶対なんだよ!それにコイツらが感染していたらどうなるかわかるだろ!今ここでやれば食い止められるんだ!」

 

 

ハックはウォルターに「今ここで、処置すれば食い止められるわ。信じて」と話しかける。

そして近寄ると、ハックはウォルターを羽交い締めにした。

 

あの時も同じように窮地に立たされていた。

上官は「海兵隊員は必ず司令を守ることだ。守らない奴は、拘束もしくは処罰される」と言い「俺だってこんなことはしたくない、でも海兵隊員は必ず命令に従うのだ!」と言って、普通の人々が一箇所にいる柵のところへ行き、隊員全員でライフルを構えた。

隊列の中にいたハック。すると足で電気スイッチを切る。

部屋の中が真っ暗になった中で、ハックはライフルを味方の隊員全員に撃ちまくった。

「やめろ!やめろ!ジェニファー!お前なんてことするんだ?俺は海兵隊員だ。お前は何様だ?」とライフルを掴んで止めるバディのオーウェンズ。

ハックは彼を見つめ、そのまま撃ち殺した。

 

ハックはウォルターに「大丈夫よ。処置すれば治るわ」と話しかけ、ウォルターは「本当に助けられるんだな?」と聞いている。

「助けるわ」そうハックは言うと、ウォルターを撃ち殺した。

ホープは泣きながらハックに「何で?助けるって言ったのに?」とウォルターを殺した意味がわからなくて聞く。

ハック「未来を見つめなさい。いつまでも止まっていちゃいけないのよ」とだけ言うハック。

銃声がしたのを聞きつけたアイリス、フェリックス、パーシー、トニーが走って来た。

2人の無事を確かめると、フェリックスが燃料を見つけたと言う。他にも色々な物も。

 

スポンサーリンク

トラックに燃料を補給し、物資を入れてから、コテージのような場所に移動した彼らは、一晩ここで泊まることにした。

アイリスはホープと、さっきフェリックスとトニーが棚から見つけて来た市民共同体の暗号化された帳簿を見ていた。

ホープ「暗号といたら意味がわかるわね」

アイリス「パパを見つける手助けになるかも。ねぇ、私たち変わり始めてるね」と言った。

片付けを皆でしていると、トニーから報告があると言う。

トニー「俺たちは君たちともう少し一緒にいる事にしたよ。つまり君達を送り届けるだけじゃなく、一緒にパパを探すのを手伝うことにしたんだ。協力するよ」と言うと、アイリスもホープも皆んな嬉しそうに明るい顔になった、ただ1人サイラスを除いて…。

皆、嬉しそうに笑いながら、寝る用意をしだすと、パーシーがアイリスに「1時間したら外のトラックの所に来てくれ」と言う。「手袋を返してくれ」と言う口実で。

アイリスは「おかしいの〜」と言うふうに笑う。

その2人の会話をサイラスが見ていた。

エルトンはエルトンで、ホープに心配したと話しかける。

「大変だったね。あのさ、僕ね」と言うとトニーに教わった、トランプを出す手品を見せる。

「うわー」とホープが笑うと出したトランプを今度は手から消した。

エルトン「ほら、こ ハートのクイーンだけど、僕こんな風に君を失いたくないんだ」と真剣に話すエルトン。

ホープ「あ、そうだ。ありがとう、この本、全部読んだわ。お母さんは素晴らしい人ね。」と借りていたエルトンのママの研究レポートを返すホープ。

エルトン「そうだね、ママは素晴らしい人だったよ。いや素晴らしい人だ。きっと生きている。こんな風にしていると不可能な事なんてないって気がするんだ。何でも出来るよ」と希望に満ち溢れた顔をするエルトン。

ホープ「そうだね。全て出来ることよね」と答えた。

ハックは横で2人を見ていた。そしてあの日、仲間の隊員を殺した後、人々を助けてトンネルから脱出させてあげたことを思い出す。

 

スポンサーリンク

ホープは、ハックに言う。

「貴方が正しいわ。エルトンに真実を打ち明けるのは自己満足だね。あんな風に前向きなエルトンを見たら絶望させたくないもん」

ハック「アンタは良い子だね」

ホープ「これエルトンのママが落としたの。それを取って来たのよ。これでも良い子?」とネックレスを見せた。

ハック「それが証拠だよ。自分がした事を忘れないためにずっと身につけている。わかるよ。自分を戒めるためにだろ。」

ハックも自分がしたことを忘れないために、バディであったオーウェンズの傷と同じ場所に、自分でナイフで顔に切り傷を入れたのだ。

毎朝、起きた時に自分の顔を見たら思い出すように。

ハック「ホープ、アンタは大丈夫よ」と言うと2人は抱き合った。

(click to amazon↓ ↓) “The Walking Dead Raptop Cover” [Hobby] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

アイリスは1時間経ったころにトラックに行く。

するとパーシーはいないが、トラックにはモナリザや名画の切り抜きがたくさん飾られていて、キャンドルがたくさん置かれ、綺麗なラグも敷かれて素敵な部屋のようにデコレーションされていた。

パーシーがアイリスの夢を叶えてやろうとしたのだろう。

アイリスは嬉しそう笑うと、置いてある名画集を胸に抱いていつしか眠ってしまった。

パーシーを待っていたら寝てしまったアイリスだったが、何かが割れるような音を聞いて目が覚めた。

見るとまだパーシーは来ていない。

アイリスは1人で探しに行く。

すると真っ暗な部屋の中で、男が血だらけで倒れていた。

顔はギッタギタに潰されていて誰だかわからない状態だが、周りにトランプが散らばっていること、着てる服からトニーのようだ。

「ホープ!フェリックス!誰か来て〜!」と叫ぶアイリス。

アイリスの声を聞いてフェリックス達が大慌てて駆けつけた。

アイリス「あれ、サイラスの持ち物よ」と落ちてあるものを発見したアイリスが言う。

すると血だらけの遺体の側から、血痕が続いて行き、個室トイレの方に向かっている。窓は開けっ放し。誰か外へ逃げたようだ。

しかしトイレには、誰かが隠れている。

フェリックスは、銃を構えて恐る恐る扉を開けた。

すると、便器の横にへたり込んでいるサイラスがいた。

サイラスは虚な目で、プルプル震えていた。

3.Lyraの感想

話が一気にサスペンスになりやした〜。

先週Lyraが予想したようにサイラスは、嫉妬に狂っておかしくなっちゃったね。

この終わり方だとサイラスが殺害の犯人ぽい。考えようには、ウォルターの兄貴の可能性もなくもないが。

又は誰か不審者がいて、殺して逃げた説もアリだが、あの状況からはサイラスが犯人説が濃厚だわ。

この【ワールド・ビヨンド】は、善悪を描く物語なんです。

それが目的であるため、脚本家は初回から、誰かキャラクターの1人が悪の道に行くと言っていました。

それがサイラスなのかも〜。

 

スポンサーリンク

元々、彼は父親殺しをしてるでしょう?多分、何らかの理由があって実父を怒り狂って殺したのでしょう、、、

はっきりと殺害理由をドラマ内では未だ描いていないから、予想するしかないのですが…、サイラスの殺害手段はブン殴り手法だから、今回の遺体の顔が、ギタギタにやられていることから、かなりサイラスの犯行に似てる。

まあ、どんでん返しがあると言うのを期待したいけど、どう考えてもパーシーとアイリスがラブラブになるのが許せないサイラスが、嫉妬からパーシーを殺そうとして、トニーを先に殺した気がしちゃう。

トニーは「パーシーの為に生きる」と言うくらい甥を愛していたから、体を張ってパーシーを守ったのでは?

悲しいなあ、もしそうだったら。あんな良い人を殺すサイラスが許せない。

ただサイラスは病気な気が初めからしているの、、、家族を殺した事をコロニーの住民全員に知られていて嫌われて来たから、それを知っていたサイラスがおかしくなるのもわかる。

そして彼にとっては、アイリスが唯一の理解者。好きになった憧れの女性でもあるか、嫉妬に狂うのも説得力があるわけです。

かなり辛い思いをした彼には、アイリスがたった一つの希望なんだろうしね。

この病んだ男子が犯人確定だとは思うが、もしそうだったらこの旅に彼を同行させて大丈夫なのかね?

かなり危険よ?

まさかアイリスを襲うわけないとは思うが、、、やめて欲しいよ、女を襲うのは!

因みに脚本家のMatthewが、遺体はトニーだと言っているから、パーシーは生きていそう。

万が一、負傷したまま逃げて外で出血多量で死んでたらどうしよう?

やめて〜!パーシーとアイリスの2人を割かないで〜!

せっかくのラブラブが壊れるのは嫌よ。

マジで可愛らしい2人の時間で、キュンキュンしたのに。

来週が、怖くて堪らないわ!

4.LyraのツッコミPoint

①可愛いパーシー

 

ルックスのことではありません。性格ですよ、可愛いのは。

ラブラブし始めて急接近のパーシーとアイリス。

アイリスが「寒い」と言ったら、さっと「使えよ」とマフラーを差し出す。

アイリスが一人でパパの居場所を探してる時も、気にして探しに来てくれる。

見てないようでいつもアイリスだけを見て、サポートしてる所がたまらんわ〜!タイプ(笑)。

ふざけてアイリスの夢を茶化したけど、彼女が「マジでルーブルの絵を見るのが夢」と言ったら「夢を諦めるな!」と言って、その事を覚えていたからあのモナリザやドラクロワなど、名画を画集から切り取りトラックに飾り付けして、パーシーなりのルーブル美術館にデコレーションし、アイリスの夢を叶えようとしたのよね。

それって凄いことだと思う。

大人の男性だって自分勝手な人が多いし、彼女よりも自分のことしか考えてない人もいるのに、パーシーはちゃんと好きな子の為に愛を与える術を知っている。

「皆んな自己中で車のキーを渡したら逃げる。でも君は俺を心配して戻って来てくれた。助けなきゃいけない人だと思ったんだ」と前回言っていたパーシー。アイリスの勇気と思いやりが余程嬉しくて感動したのでしょう。

【ウォーキング・デッド: ワールド・ビヨンド第6話】ネタバレ パーシーはがんばれ!ベアーズ? 感想ツッコミ・ポイントあらすじ like The BadNews Bears

 

人生の嫌な面ばかり見てきたパーシーだけど、卑屈にならずに愛する人に思いやりをストレートに出せるのは、叔父であるトニーの愛し方、育て方が良かったんだとLyraは感じました。

愛を注がれた子は、人を愛せると思う。深く。

愛を知ってる人は強いからね。

こう言う男性に出会った時、女は幸せになれるのです。

アイリス頑張れ。

スポンサーリンク

②優しいトニー叔父さん

その愛をパーシーに注いでいたトニーが今回、殺害されたのが嫌。良い人がキャラ強くなるとThe Walking Deadって犠牲者になりがちなんだよね。

「いきなり出てきて死にそう」と思っていたし予想が当たったんだが、サイラスに殺されたとはね〜。

まだサイラス犯人確定ではないし、ウォルターが「兄貴が朝起きたらアレになってたから殺した。隣の部屋にいる」と言っていたから、殺し方がイマイチで、「起きて来て油断してるトニーを喰らった」とも考えたんだが、違うだろうね〜。

あの用心深いフェリックスも「詐欺師だが良い奴だ」と言っていたし、二人で「家族の存在ってスゲェ〜なあ」と愛について語るおっさん達が好きだったのに。

良いコンビになってたよ。

もしパーシーを助ける為に殺されたなら、パーシーには生きていてほしい。それなら、まだトニーの勇姿も報われる。

ただ、生きていたとして危険人物がいるアイリス達のチームに、果たして普通に戻って来れるか?は、疑問だが…。

③一途なエルトン

エルトンも可愛いね。弟キャラだから姉御っぽいホープと合いそうなんだが、彼女は悩みまくっていて恋愛どころじゃないのよ。

可哀想だが、ホープの中で何かが変わらない限り、恋愛モードにはなれないから、エルトンは今のところ上手くかわされたままなのです。

何かね、Lyraが思ったのは、このドラマに出て来る子達、特に男子は、皆んな素直で愛情をストレートにぶつけて来る子ばかりだなあーって。だから、脚本家のMatthew Negreteが素直で優しい人なのかな?と思ったの。

愛し方が直球の人なのかも。この愛し方はモロLyraの好み!

そのせいもあってパーシーとエルトンが好きな女子達と上手く行って欲しいのです。

良い子達だから。

「このハートのクイーンみたいに、君を失いたくない」と、トランプ手品を見せて言うからね〜エルトン頑張ってるわ。

ホープはエルトンを上手くかわしているのか?

はたまたLyraと同じ鈍感な女なのか? (同じシチュエーションで全くわからない時が何回目もあったアタイって…アホ)

目が離せない2人ですな。

④ハックの傷(心も体も)

第一話登場からズ〜ッと気になっていたハックの頬の傷。

ウォルターズと言う海兵隊時代のバディの頬の傷を真似して自分を戒める為に、自らナイフで斬りつけたとは、悲し過ぎるわ。

ずっと罪を背負って行くために自分に貸した傷。

毎朝鏡を見る度に、彼女は思い出すだろう。

ハックは口がめちゃくちゃ悪い。

女の癖に乱暴な男みたいに振る舞うのは、海兵隊時代の処世術だったんじゃないかな?海兵隊ってかなりヤバいからね。

そこで狙撃手をやっていた凄腕ハックは、そうやって生きて来た。

だから酷い決断も、正義のためにと、パッと出来たんだろう。

仲間達との絆が強い海兵隊たち。

バディのウォルターズは、ハックを守るためにあの傷を負ったみたいだし、、、それにバーでのシーンは、恋人同士みたいだ。あの視線の絡みようったら〜。

男女の感情を互いに持っていたと推測出来るあの雰囲気だし、その人を撃ち殺したのは、いくら「人民全員を殺せ」と言う命令がおかしいにせよ、本人にとっては良き行いとは言えず「過ち」に近いだろう。

彼ウォルターだけが、ハックを「ジェニファー!やめろ!」と名前で呼ぶのよ。

やっぱ付き合ってただろ?(笑)

もしそうなら自分の顔に彼と同じ切り傷をつけるのが分かる。忘れたくない人。

でもジェニファー・マリックには、市民を、アメリカ国民を、見殺しには出来なかった。

正義の人だよ、ハック。

⑤気になるセリフ

●「ロケットが宇宙から帰還して、そこについていた物質を誰か(宇宙研究所?又はNASA?)が吸って起きた。」と海兵隊の1人がハック達に聞いた噂を話したんだよ。

もしそうだったら、あんな地球になった原因が初めて分かったことになる!

大発見!… まあ、海兵隊の噂ですが。

●「私たち、変わり始めてる」

アイリスがホープに言ったことば。意味深。

このドラマって時々、意味深な事をキャラクターが言うのよ。

大体それがドラマのテーマだったりするからね〜気が抜けん。

変わって来たのは、姉妹の関係?

それともアイリスの考え方が、恋愛至上主義になって来たから?

強く逞しくなって来たね、と言う正統派の意味ならば、安心なんだけどね。

 

全体的に恋愛モード全開で、1話丸々通した第7話でした。

ハックの愛が深いのは、愛する人や仲間たちを犠牲にしたから、今度は自分が犠牲になる覚悟で、みんなを守る生き方を選んだからです。

奉仕の愛が溢れてたからLyraは感動したわ。

それがラストの2分くらいで台無しよ〜(笑)。

次回の第8話で直ぐ犯人が分かるらしいので、必ず見逃さないようにしましょうね。

あと3話でシーズン1が終わると言われているが、マジで終わる?

パパ、救出無理じゃない?

脚本家がインタビューで、最終的に(最終話だけか?) 、仲良しチームが皆んなバラバラになると言っていたんだが、、、その中に悪の道に行く人が出て来るのかな?

まるでStar Warsなんだけど。

そうなるとパパ救出直前で終わり、救出出来ないまま、シーズン2に続く〜になるか?

又は、パパはギリギリでエンプティ化されて、撃ち殺さなきゃいけなくなり、皆んなショックでバラバラになるのかしらね?

ヤバい方向に話が進んでいるのは確か。

予想が当たるか色々考えながら見ると楽しいですね。

次回の第8話も頑張って描くので、Lyraのブログに又遊びに来てくださいね。

良かったらこのブログを宣伝して下さい〜。

励みになります。いつもありがとう。

第8話もお楽しみに。

See You Tomorrow〜♪

 

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。