ウォーキング・デッド【ワールド・ビヨンド】シーズン1第8話ネタバレ”バイバイ〜!アイツの正体は?”感想ツッコミPoint 考察 あらすじ

イヤッホ〜イ!Lyraの予想がまた当たっちまったぜ〜い。

ドラマ見るたび毎回予想が当たるんですが、TWDって、特に先が読みやすいドラマだ。

その中でも、この【World Beyond ワールド・ビヨンド】は、丸わかりだわ。

きっと素直な人が作ったドラマなんだよ。

毎週金曜日に見ていて(忙しくてリアルタイムで見れない時は、夜中に見てるが)、可愛いらしいメンバー達が、死なないように願ってるのよ。

この【ワールド・ビヨンド】にしろ、本家のTWDにしろ、【Fear The Walking Dead】にしろ、テーマは家族愛だと思っている。

血の繋がりがある家族、血縁関係は無くとも信頼関係で固く繋がっている家族全員が、必死に愛するものを守る姿が好きだ。

Lyraもそうありたいと思うし、好きな人にもそうであって欲しいと願う。

今回の第8話は、その思いを念頭に置きながら読むと辛いかもしれない。

バラバラになるのは、愛のため?

バラバラでいるのは、いつか一緒に居られるようにする為?

そのために命を張って生きて行く。

正解なんてないんだろう?

ならば自分を信じて、相手を信じて生きて行くしかない。

私達は一体、何処へ向かっているんだろ?

今日Lyraが解説レビュー、ツッコミPointを書くのは、アメリカ合衆国AMC制作のTVシリーズ、【The Walking Dead: World Beyond ウォーキング・デッド: ワールド・ビヨンド】シーズン1第8話です。

 

スポンサーリンク  

ここ最近の【ワールド・ビヨンド】は、「エッ?」と言う衝撃シーンと、ラブラブ・キュンキュン青春モードが交互に来る仕様だったのにお気づきでしたか?

前回は、アイリスとパーシーが一気に急接近し「このままステディな関係なるな」と思っていたら、案の定、嫉妬に狂ったサイラスがヤバい行動に出てしまいました。

*前回の第7話は、こちら→ ウォーキング・デッド: ワールド•ビヨンド シーズン1第7話 ネタバレ”ハックの過去:恋してるからよ!” 感想 ツッコミポイントあらすじ

 

予想通り全てがぶっ壊れた中、彼らはサイラスとの関係をどうするか?

真犯人はいるのか?

パーシーは?

この第8話で衝撃シーンがありますわよ。さてさてどんな感じかな?

早速、詳しいあらすじと行きましょうか?

解説は、Lyraの感想で又お話しましょう!

*Lyraのブログは、ネタバレ全開! 詳しい内容を知りたくない方は、あらすじ:前編だけ読み、後編飛ばして、【Lyraの感想】【ツッコミPoint】を読んでねっ!

 

スポンサーリンク

1.第8話『空の墓場』”The Sky Is A Graveyard” あらすじ:

前編

サイラスは真っ暗で寒い中、ブランコの柱に後ろ手で縛られている。

建物内では、皆んなで「サイラスをどうすべきか?」の話し合いをしていた。

アイリス「トニー達は詐欺師だったから敵も多かった筈よ」と他所者が建物内に侵入し、トニーを殺害したと主張するが、アイリス以外は疑わしいと言う。

何故ならサイラスには、父親殺しをしたかもしれないと言う前例があるからだ。

フェリックス「俺だってアイツを信じたいんだ。でも記憶にないって言ってるだろ?前と同じだ。もし又何かあったら」と仲間の命を気にしているのだ。

ハックも同意見で、ホープに関しては、身の危険を感じているような発言をし、アイリスに信じるのはやめなさい、と説得中。

エルトンだけが「友達だよ?サイラスを信じたい、パーシーに聞けば分かる!」と、アイリスに同意見だが…。

フェリックス「パーシーは何回も探しただろ…血痕は川で途切れているんだから…万が一生きていたとして川に流されてる…」とパーシーは、絶望的と言っている。

エルトン「サイラスに2人を殺す動機なんてないよ!」と言うエルトンを見ながら、ハックは思い当たる節があると言った。

ハックは外に行き、サイラスのバックパックを持って来て中身を漁りだした。

「この前のキャンプの時に見たから、、、黙っていたんだけど、言わないとね」と言ってサイラスがずっと持っていたアイリスが前に捨てた虎の絵と詩のレポート用紙 (置き忘れた筈だが、劇中では捨てたと言っていた)を出した。

ホープ「捨てたのを拾ってずっと持ってるなんてキミが悪いよ!」と言い、エルトンは、

「掃除員の仕事をサイラスがしていたんだから、見つけて拾ったりはするだろう?」と弁護して話は平行線のまま。

外にいるサイラスは、白い息を吐きながら、寒い夜空を見つめながら、昔の自分と父のことを思い出す。

 

 

あの日、気がつくと自分は後頭部から血を流し、両手は血だらけだった。

何が起きたか全く覚えていない…ただ朧げに思い出すのは、父親が「この豚野郎、汚し散らかしやがって片付けろ!何様だ!」と叫び、サイラスに皿を投げつけたりして暴言を吐き、終いには首を絞めて来たことだ。

サイラスは咄嗟に飾ってあった家族写真の写真立てで父親を殴った。

父親は、不意を疲れて頭を殴られ倒れると、サイラスが馬乗りになり父親を殴り続ける…その後は覚えていないのだ。

我に帰り父親を探すと廊下で血だらけで倒れている。

「パパ大丈夫?」とサイラスは心配で呼びかけたが、意識がある父親は「貴様…」と苦しそうにサイラスを見上げてる。

そこにノックの音。玄関に誰か来たみたいだ。

 

(click to amazon↓ ↓) “The Walking Dead: Lucille Tshirt” [Clothes] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

ホープはアイリスに「サイラスはアンタのことが好きだったってことよ。アイリスがパーシーの事を特別に想っていたように想っていたわけよ」

アイリス「違うわよ」と言ってる2人に、エルトンは、サイラスが大事に持っていたアイリスが描いた絵をバッグに戻そうと言う。

「限られた荷物の中にあったってことはサイラスには大切な物なんだよ」と言う。

同じようにフェリックスとハックも話あっていて、ハックが「規則に従うならオマハに連れて行き裁判すべき」と言うが、父親の居場所が分かった今、姉妹が寄り道するわけはないし早く救出すべきでもある為、「だったら二手に分かれて、お前がオマハにサイラスを連れて行くか?」と言うが、ガタイが良いサイラスを何かあった時は対処できないとハックは言う。

ならば「アイツを置いて行くか、どうするか考えるしかない」と言うフェリックス。

その2人の会話をエルトンはたまたま聞いてしまい、居ても立っても居られずに、サイラスに話に行ってしまう。

エルトンは、怯えているサイラスに「君がやったとは思えないよ。君は記憶がない、と言うだろ?だったら自分はやってない、とは考えないの?それに君は自分か誰かを守る時にキレて暴れてるようだ。だったらもしやったなら理由があるはずさ。君が自分を信じないなら僕が代わりに君を信じるよ。証拠を探さないと。このままだと君は置いていかれるぞ」とサイラスに言い、サイラスはびっくりした。

昔を思い出すと、父親は普段は優しい人だった。

だがある晩も「ママのクリスマスプレゼントを明日買いに行こうな、サイラス」と話しかけた父は、サイラスが話を聞かずに、爆音でヘッドフォンを聴きながら夕食を食べていることにキレてサイラスを殴った、、、それを思い出した。

サイラスはノックをずっとしてる客が来た為、血だらけの父を置いたまま、玄関に行き扉を開けると、隣の家のおばさんが立っていた。

おばさんは「壁が薄いから筒抜けよ。暴力振るわれてるんじゃない?あのろくでなしがいない所でママと話をさせて。できないなら通報するわよ。それに保護してくれる場所を知ってるわ」と心配して来てくれたのだった。

だがサイラスは「大丈夫ですから」と助けを断ってしまう。

ホッとため息をつき戻ると、廊下で血だらけで寝ていた筈の父が居なくなっていた。

スポンサーリンク

フェリックスが心配してサイラスに水を持って来たが、断るサイラス。

自分が「もしかしたらやっていないとしたら?」と尋ねて来たサイラスに、フェリックスは、

「人が1人、もしたかしたら2人殺されたんだぞ?本当に自分がやっていないと言い切れるか?俺には守りたい奴らがいるんだ。ハッキリするまでダメだ」と断る。

その頃ハックとホープは、トニーを埋葬するために墓を掘っていた。

ホープが、イライラしているのを見てハックは「善悪ではなく皆に取って何が1番ベストか考えるのよ。イライラしても何考えるのも自由。でも辛い決断を下すからこそ、キチンとした結果を出せるのよ」とアドバイスした。

トニーを埋葬後、ホープはアイリスの様子を見に行くと暗号を解読中。

アイリス「サイラスがやったとは思えないし、もし変だったら異変に私が気づくべきだった」と言う。

ホープ「サイラスは2度もやってるんだよ?次は私達の誰かにキレるかもしれない。彼はアンタに気づかれたくなかったのよ。アンタを守ろうとしてやったんだわ、きっと」と言うと

アイリス「私が見て来たサイラスは何だったの?」と悲しい顔をする。

サイラスは星空を見ながら、又あの日を思い出している。

父親は優しい人だったが、幼少期からずっとサイラスに暴力を振るっていた。母にも時々やっていたようで化粧で怪我を隠している母を見たことがあるのを思い出す。優しい時とそうでない時の落差が激しい父。

だがサイラスは彼を愛していた。

ロックを好きになったのも、AC/DC 好きの父親のおかげだった。

 

 

ライブを見た感動をサイラスに教えたくて、父は小さいサイラスを床に寝かせて2人で寝っ転がり、爆音でラジカセを鳴らしてライブ会場のようにして聴いた。あの楽しかった時を思い出すサイラス。

彼は父を探して2階に上って行く。

 

スポンサーリンク

2.あらすじ:後編

部屋を開けると父は、既にエンプティ化していた。

唸り声をあげてサイラスを喰らおうとしてくる父。サイラスは抵抗出来なかったが、迷った末、父を部屋から押し出してドアを閉め、鍵をかけると、父の唸り声を聞きたくないからと、ヘッドフォンでヘヴィメタルを爆音で聴き始め、外界を遮断した。

暫くすると唸り声が聞こえない。

だが階下で母親の叫び声がした。

サイラスはビックリして下に降りて行くと、エンプティ化した父が母を襲っている。

急いで父を母から引き離し、サイラスは父であったエンプティを押し倒すと、床に頭を押し付けた後、力ずくて頭を潰した。

エンプティ化した父を倒し、母を救ったのに母親は、サイラスに「近寄らないで」と泣き叫んだ。ショックを受けるサイラス。

(click to amazon↓ ↓) “The Walking  Dead Memorial Moment” [accessories] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

ホープは、エルトンがどこにも居ないから心配で探していたのに、呑気に帰って来たから「心配していたのに」と注意する。

そしてサイラスの肩を持つエルトンに「チーム全体の利益を考えるべきだ」とハックが言っていたことをそのまま言うと、エルトンは

「全体の利益?それは家族になったみんなで一緒にいる事だろ?」と真顔で言ってくる。

「人を殺していても?」と尋ねるホープ。

エルトン「罪は消えない。一生背負って生きて行くしかないだろう」と言う。

ホープは、泣きそうな顔をしてじっと考えていた。

 

スポンサーリンク

その頃、外で縛られているサイラスを、近くを歩いて来たエンプティが見つけ、襲って来た。

サイラスは慌てふためき、縛られている手の綱を解こうとするが、うまく行かない。

だがサイラスは途中で逃げるのをやめる。母があの時「近寄らないで」と泣きながら自分に言った事を思い出したからだ。

怪物を見るような目で泣きながら震える母を思い出し、サイラスは夜空に顔を向けたまま目を閉じた。

すると「何、やってんのよ!何で助けを呼ばないのよ!」とホープが、槍を持ってサイラスに怒っている。

襲って来たエンプティを、ホープが倒してくれたのだ。

サイラス「何故、僕を助けたの?」

ホープ「アタシは、アンタが犯人だと思ってるけど、これ以上人が死んでほしくないからよ」と言うと、エンプティが壊した柵を直し始めるホープ。

同じ頃、エルトンは眠れず、横で寝てるアイリスに話しかけると、やはりアイリスも眠れずにいた。

エルトンは「ここは、外の世界だ。だから文句を言う大人は、いないんだよ。だから、僕や君にも発言権があるのさ。僕らが団結して、もう1人、誰か同意してくれたらば、サイラスを追放しなくて済むんだ。だから協力してくれないかな?」と頼んできた。

アイリスは考え込む。

翌朝アイリスは、サイラスのところへ行くと自分の絵を出して「何故、こんなのを持っていたの?」と聞くと、サイラスは「綺麗だからだよ」と答える。

アイリス「貴方がやったの?お願いやっていないって言って。そうしたら貴方を信じるから」と言うが、サイラスは、少し微笑みながらアイリスを見つめるだけだ。

ホープがアイリスを呼んでいる。

するとサイラスは立ち上がった。

「夜中にロープは取れたんだ。でも君と話がしたくて…待ってたよ。記憶が飛ぶんだ。前にもあったんだ。自分が怒ってたことしか覚えていないし。僕はパパを殺した。多分トニーとパーシーも僕がやったんだろう。僕はどこかおかしい。ヒーローになりたかったな、君みたいに。君は僕なんかと出会って最悪だろうけど、僕は君に出会えて嬉しかったよ。絶対に忘れないよ」とアイリスに微笑みかけると、サイラスは去って行った。

(click to amazon↓ ↓ ) “The Walking Dead 10th Anniversary Photograph”[Hobby] クリックしてアマゾンペア↓↓

 

アイリスは、皆んなにサイラスが行ってしまった事を報告。

ハック「気が変わって戻るかな?」

フェリックス「いや、それはないな。再出発したいって言ってたから」とサイラスの決意を思いやることしかできない。

ホープ「さあ、出発よ。用意は良い?」とエルトンに尋ねると、

エルトンは、急に真面目な顔をしてサイラスを追いかけると言い出した。

ホープ「私達家族だって言ったじゃない?」と半べそになるホープを見て、決意が揺らぎそうなのを耐えるために、ぶらぶら体を揺らすエルトン。

「サイラスだって家族だよ。僕が一緒に行けば、彼の生存率は上がる。それに、彼は誰も自分を信じてくれないって思いながら一生、生きて行くんだよ?そうはさせない。僕は彼と合流出来るし、ママと妹にもいつか会える。全部うまく行くよ」と言い、ホープを抱きしめた。

 

その言葉を聞いてホープは、エルトンのために真実は話さないと決めたにも関わらず、ついにあの10年前の幼い時の夜のことを話してしまう。

エルトンは信じられないと言う表情で、ただホープの話を聞いているだけ。

そしてホープがネックレスにしていたママのアクセサリーのパーツを貰うと、泣きながらサイラスを追っかけて行く。

サイラスは1人、道を行く。

エンプティが一体、向こうからやって来た。

サイラスは、落ちていた板で倒し、今までどんな時も肌身離さず聞いていたヘッドフォンを外し、地面に捨てる。

サイラスは、過去の自分に別れを告げ、真っ直ぐの道を歩いて行くのだった。

 

スポンサーリンク

その頃、クープリック中佐は連絡が来るのを待っていた。誰かと廃屋で待ち合わせをしているのだ。

外にいる部下から来たと無線が入ると、「通して」と許可する。

すると近くにいる部下が「中佐、お言葉ですが、ミシシッピ川のこちらは、大変な事になっていますよ。もっとやりようがあるのでは?」と忠告するように話し出すと、

クープリック中佐「本人が良いって言ってるのよ?他人を演じながら監視を続けている人間が言ってるんだから、これで良い。2人とも死ぬかもしれない。彼女は全てを危険に晒してやっているんだから。」と強い口調で答えた。

そこにドアが開き、待ち合わしていた人物が入って来た。

ハックだった。

エリザベス・クープリック中佐は、ホッとしたような顔でハックを迎える。

ハック「48時間過ぎたら彼らは又探し始めます。」と言うと

エリザベス「アセットは?」

ハック「無事です。私も大丈夫。」

エリザベス「良かった。体を洗って来なさい。その後で話しましょう。」と言うと腕時計を渡す。

ハック「パパの?」と聞くとエリザベスはうなづいて

「次は遅れないように」と言うと奥の部屋に入って行くハックを見つめていた。

3.Lyraの感想

いやっほ〜い!

Lyraが「ハックはスパイ」と初めの方から言っていたのが当たりました。

どう考えても妖しいですよね〜。

ミシシッピ川に着いた途端、皆んなと離れて1人、別行動した時は「予想が当たった」と確信したくらい。

「偵察する」理由がないだけに「誰かと連絡を取りに行くな」とファンならピンとくるわよね。

おまけに第2話あたりから言ってることや行動がおかしい。

フェリックスと仲良しだからと言っても、こんなに危険な旅に出かけるわけだから、付き添う強い理由がなくて危険な外界に行くのは、指令じゃないんだからおかしいわけ。

それに、、、。

まあ、その話は後でするとして。

「サイラスが嫉妬からキレて、とんでもない事をする」と言うのも前回第7話で当てたけど、思ったよりもオブラートに包まれた感じでモヤモヤになり残念。

「早く解決する」と脚本家が言っていた通り、事件発生の翌週には解決したわけだが、モヤモヤ発生したらモヤモヤなまま終わってしまうとはね。

真相をハッキリさせて欲しかったです。アレでは「犯人はサイラスであろう」なだけ。パーシーも「死んだだろう」って仮説ばかり。

モヤったままのサイラス犯人で、そのままストーリーから離脱させた為、可哀想なキャラクターになってしまった。

記憶が飛ぶサイラスだから、「誰かがサイラスのせいにした」と言う複雑な考え方も出来るでしょうに。妖しいですわ、話の全てが。

まあ、その場合、ハックが濡れ衣を着せた事になるけど、、、何故なら他にサイラスをやり込めるタイプがいないからだ。皆んないい人だから。

ただハックには、トニーを殺さなきゃ行けない理由がないからね〜。強いて言うなら「これから父親探しをする時に、トニーとパーシーが邪魔になるから消した」と言う理由が思いつく。

ただこの【ワールド・ビヨンド】に出てくる人間の考え方は、複雑じゃない。皆さん、単純なんですね。

だからハックがサイラスを犯人に仕立て上げた線は薄い。もしそうならば【アメリカン・ホラー・ストーリーThe 1984】と一緒になっちゃうよ。

 

サイラスは旅立った。

どこか吹っ切れて、清々しいくらい。

ヘッドフォンやプレイヤーを捨てたのは、暗いパパとの思い出の呪縛から解き放たれたいからでしょうね。

そして解き放たれてもやっていける気になったから捨てたのだ。

第6話の【Lyraの感想ツッコミPoint】で「アイリスとサイラスのラブシーンはキツイ」と書いてしまったけど、このままサイラスが終わってしまうのは、少し可哀想ですね。

エルトンは、そんなサイラスを信じてついて行く。

家族がいないから、同じ孤独な者同士、放って置けないのでしょう。

エルトンとホープがくっついて欲しかったから、こちらの2人については、非常に残念な展開だ。

しかし第一話から予告していた通り、皆んなバラバラになるね。

バラバラでも良いけど、新キャラがその度に入ってくるのかな?

ならば来週は、新キャラ登場し、そのまま繋げて引っ張り、シーズン2に突入か?

ドキドキする〜。

ドキドキついでにツッコミPointに行っちゃいましょ!

スポンサーリンク

4.LyraのツッコミPoint

①生き延びてエルトン

エルトンは良い子だ。

どんな時も仲間を大切にしていたエルトン。

本当に優しい子。

エルトンにとっては、家族を全員失ってから誰かと一緒にずっと居ると言うのは初めてな事かもしれない。

だから孤独の辛さを知っているので、サイラスを1人にしたくないのだろう。

人に暴力を振るうたび、記憶が飛んでしまうサイラスって都合が良過ぎるキャラ。

だから個人的に夢落ちならぬ、「記憶ありません」落ちを放送するたびにやられては仕方ないので、個人的には居なくなって良かったです。信用できない人は嫌いだし。

ただエルトンは、いて欲しかった。

エルトンと意見が合わなくなったりしたらサイラスはエルトンを殺しちゃうんじゃないか?と思う。

ホープ曰く「気味が悪い」奴です。

あと腑に落ちないのが、第7話であんなに「ホープLOVE」になっていたのに、女を置いてサイラスを追いかけて行くか?

「家族じゃなかったの?一生会えなくなっちゃうかもよ?!」とホープが泣きながら言っていましたが。

ドラマだから、ひょっこりシーズン2で再会する可能性大だけど、ラブラブしてた男子がいきなり、こうなるのは無理がありますね〜それも色恋重視のアメリカのティーンえいじがね。

いつかホープを許してあげて欲しい。そして生き延びて。

再会しましょう。

 

②パーシーはどうする?

全く。

制作時間がないのか知らんが、パーシーを「死んだっぽい〜」で流すのは、ストーリー上、消化不良を起こすのでやめてくれ。

「血痕は川の所で切れていたんだ。生きていたとしても川に流されている」ってフェリックスに状況説明させて終わりっておかしくない?探してるシーンすら1秒もないのよ。変だわ〜〜。

今のところ【ワールド・ビヨンド】も最近のTWDと同じで、「あれはどうした?」と言う事件が解決しないまま流して、ストーリー進行をゴリ押しするのが多いから、パーシーはこのまま消滅する可能性はあります。

ただ( ハックが嘘つきの可能性が高いので断言は出来ませんが)、もしかしたらパーシーは、昔のハックのように、「ミシシッピ川に助けられて(この表現キモいから嫌だがハックが言っていたので)命拾いした」かも。

ならばシーズン1の最終回にチラッと出てきて、視聴者が「アレ?今のってひょっとしてパーシー?」と言う終わり方して、シーズン2に引っ張るやり方をするかもね。

トニーがあんな終わり方して可哀想だから、トニーが我が子のように可愛がっていたパーシーが復活してくれるのに期待しましょう。

あんなにロマンチストで、いい奴いないからね。トラックをルーブル美術館みたいにしてアイリスに捧げた彼を見てからLyraは彼を見直したから。

スポンサーリンク

③スパイのハック

ついこの前ハックの回だったから、また「ハックの回が来るのは当分先だろう」と思っていたら、確かに今回はサイラスがメインの回。でもラストのシーンでハックが全部持って行っちゃったわ。

ハックは基本、いい奴なんだと思う。

フェリックスや皆んなをよく見てるし元気付ける言葉も的確。

フェリックスもホープも、今まで落ち込んだ時に、毎回ハックの言葉で前を向けているからね。

ただよく見てるのは、みんなを監視してるから…。

元気付ける言葉も、遅れないように先に進む為に全体が効率よく回るように、彼らを前進させる手段な「だけ」かもしれないが。

ホープが「サイラスをどうしたら良いか分からない。何が何だか分からない」とイライラしていた時に、

「善悪でなく全体の利益を考えな。辛い決断をしたからこそ良い結果を出せる時もあるんだから」と言っていたけど、それが良いとはLyraは全く思わない。善悪で考える時も必要だし、それが出来るのが人間だけだと思う。

多分ハックも善悪が大切なのはわかっているはず。

ハックは自分に言い聞かせているんだと思うな、、、ホープにアドバイスしながら、ハックは自分自身に対して「善悪で考えるな。国家の利益(市民共同体の利益)になる事を考えろ」と言い聞かせてるんだと思う。

それを考えたら可哀想な人だ。

元々ハックは上層部の「国民を皆殺しにしろ」と言う考えが悪だと分かって、仲間の海兵隊を撃ち殺してまで市民を助けた人だから、人一倍善悪を考える人間だと思う。

意に反してそれを実行し、自分の命を投げ出してまで他人を演じて監視を続けるのは、何故でしょうか?

国のような市民共同体のためでもある。

そして?

④エリザベス・クープリック中佐が、わざわざ来る意味は?

 

指令を出してるからって言うのもあるが、ハックが心配だから。

Lyraのいつもの深読みですが、ハックはエリザベスの娘なんじゃないかってずっと思ってるの。

第1話で「私の家族も皆んなの為に戦地に出ているのよ。娘よ。どこにいるかも分からないけど」って、レオナルド・パパを心配しているアイリスとハックに言っていたから「あれ、これスパイっぽいハックの事じゃないの?」とピンと来たの。

まあ、Lyraの深読みだから当たる気はしてるけど(笑)、脚本書き変えたりしたら予想は外れるから何とも言えないが。

娘だとしら、部下が中佐に「他の方法にするべきでは?」とアドバイスしたら、キレ気味で「あの子が自分でやるって言ってるんだから良いじゃないの!自らの命を投げ出してまで他人のフリをして監視を続けているんだから!」と答えた意味がわかるでしょう?

それに時計を渡されたハックが「パパの?」と聞いたでしょ?

パパの遺品か、パパは生きていてエリザベス中佐に「あの子に渡してくれ」と言ったかまでは、わからんが、何かしら家族のような絆が2人にはあるようです。

で、ここで気になるのが…

(click to amazon↓ ↓ ) “The Walking Dead Alarm Clock” [Hobby] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

⑤アセットとは? 2人って?

ラストシーンは、まだ一回しか見てないから、チェックしたらもっとわかるかもしれませんが、エリザベスが「2人共、命を失うかもしれないのよ」と言ったのが、Lyraは気になってるの。

この場合の2人は、ヴェネット姉妹を指してるようで、実はハックとホープであって2人は、本当の血が繋がった姉妹なんじゃないか?と感じました。

前から「優等生アイリスには冷たい癖に、ホープは妹のように可愛がっているハックが変よね、姉妹じゃね?」と言っていたのが、まさか本当にその設定だったりして!

もし妹ならば、ホープの本名がアセットだったりして〜。

ペア組む時も必ずホープと組むハック。

前回見知らぬ男(ウォルター)にホープが捕まった時も、体を張って守ったハック。

その意味も姉妹なら納得が行く。

自分の家族を危険に晒してまで、任務を実行しなければならない事ってなんだろう?

家族バラバラにならなきゃいけない何か、危険な目に遭わないためにホープを手放したんだとしたら?

多分それをパパのレオナルドは、ホープに言いたかったのかもね。

勿論本当のママや姉、もしかしたら父親の存在もホープに明かしたかったんだと思う。

そこまでしてホープを手放し出て何から逃したんだろう?

次回の第9話の展開が、ますます面白くなって来た〜。

あと2回の【ワールド・ビヨンド】。

どのような形で、家族になった彼らがバラバラになってしまうのか?

パパを救い出せるか?

家族はどうなるのか?

シーズン1の最後まで、そしてどうシーズン2に繋がるのか、しっかりと見届けましょう。

第9話も頑張って書くので応援ヨロピク〜。

このブログを宣伝してくれると気合いが入ります〜♪

次回もお楽しみに。

See You Tomorrow〜☆

スポンサーリンク

④エリザベス・クープリック中佐が来る意味は?

 

指令を出してるからって言うのもあるが、ハックが心配だから。

Lyraのいつもの深読みですが、ハックはエリザベスの娘なんじゃないかってずっと思ってるの。

第1話で「私の家族も皆んなの為に戦地に出ているのよ。娘よ。どこにいるかも分からないけど」って、レオナルド・パパを心配しているアイリスとハックに言っていたから「あれ、これスパイっぽいハックの事じゃないの?」とピンと来たの。

まあ、Lyraの深読みだから当たる気はしてるけど(笑)、脚本書き変えたりしたら予想は外れるから何とも言えないが。

娘だとしら、部下が中佐に「他の方法にするべきでは?」とアドバイスしたら、キレ気味で「あの子が自分でやるって言ってるんだから良いじゃないの!自らの命を投げ出してまで他人のフリをして監視を続けているんだから!」と答えた意味がわかるでしょう?

それに時計を渡されたハックが「パパの?」と聞いたでしょ?

パパの遺品か、パパは生きていてエリザベス中佐に「あの子に渡してくれ」と言ったかまでは、わからんが、何かしら家族のような絆が2人にはあるようです。

で、ここで気になるのが…

⑤アセットとは?2人?

ラストシーンは、まだ一回しか見てないから、チェックしたらもっとわかるかもしれませんが、エリザベスが「2人共、命を失うかもしれないのよ」と言ったのが、Lyraは気になってるの。

この場合の2人は、ヴェネット姉妹を指してるようで、実はハックとホープであって2人は、本当の血が繋がった姉妹なんじゃないか?と感じました。

 

(click to amazon↓ ↓ ) “The Walking Dead Season9 Box1” [Blu-ray] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

 

前から「優等生アイリスには冷たい癖に、ホープは妹のように可愛がっているハックが変よね、姉妹じゃね?」と言っていたのが、まさか本当にその設定だったりして!

もし妹ならば、ホープの本名がアセットだったりして〜。

ペア組む時も必ずホープと組むハック。

前回見知らぬ男(ウォルター)にホープが捕まった時も、体を張って守ったハック。

その意味も姉妹なら納得が行く。

自分の家族を危険に晒してまで、任務を実行しなければならない事ってなんだろう?

家族バラバラにならなきゃいけない何か、危険な目に遭わないためにホープを手放したんだとしたら?

多分それをパパのレオナルドは、ホープに言いたかったのかもね。

勿論本当のママや姉、もしかしたら父親の存在もホープに明かしたかったんだと思う。

そこまでしてホープを手放し出て何から逃したんだろう?

次回の第9話の展開が、ますます面白くなって来た〜。

 

あと2回の【ワールド・ビヨンド】。

どのような形で、家族になった彼らがバラバラになってしまうのか?

パパを救い出せるか?

家族はどうなるのか?

シーズン1の最後まで、そしてどうシーズン2に繋がるのか、しっかりと見届けましょう。

第9話も頑張って書くので応援ヨロピク〜。

*第9話はこちら!→【ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド シーズン1第9話】ネタバレ BL好きじゃなくてもドキドキ!感想ツッコミポイントあらすじWorld Beyond

 

 

このブログを宣伝してくれると気合いが入ります〜♪

次回もお楽しみに。

See You Tomorrow〜☆

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。