Faded / Alan Walker 和訳 アラン・ウォーカーとは? Let’s Go To The New World! 解説

 

今日は1番仲良し Buddy のBirthday だからLyra からのプレゼントとして、1番好きだと言うアーティストの曲を和訳してあげようっと。

超メジャーアーティストだから、マイナー専門のLyraがやるのは珍しい〜

でもたまには、売れ線を和訳&紹介するのも良きことかいな。

さあ、美しいメロディで踊りなはれ〜!

今日Lyraが和訳&解説するのは、イングランド、ノーサンプトン出身の音楽プロデューサー、DJ、の  Alan Walker アラン ・ウォーカー( 本名: Alan Olav Walker)。

別名 DJ Walkzz、Walkzzとしても知られる現在は、ノルウェーを中心に活動する売れっ子音楽プロデューサーである。

スポンサーリンク

 

イングランド中東部のノーサンプトンで、ノルウェー人の母親とイギリス人の父親の下に生まれ、2歳のときにノルウェー西部のベルゲンに家族で引っ越し、現在まで過ごしている。

世界中のチャートを賑わし、You Tubeでは今日Lyraが和訳する曲だけでも23億回再生されていると言う驚くべき人気を持つ音楽プロデューサーなの。

今日Lyraが和訳する曲は、2018年リリースの彼のデビューアルバム『Different World』にも収録されている大ヒット曲【Faded】。

この曲自体は、2015年12月3日にリリースされており、Alan Walkerを認知度を一気に世界中に知らしめた彼にとっては、運命の一曲が『Faded』なのだ。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又、お話しましょう!

Alan Olav Walker (born 24 August 1997) is a Norwegian DJ and record producer, born in Northampton, United Kingdom.  He is best known for his 2015 single “Faded” which received diamond certification in Germany and multi-platinum certifications in over 10 countries including the US and the UK. He released his debut studio album, Different World, in 2018. He was ranked 36th on DJ Mags Top 100 DJs list of 2018.

Faded” is a song by Norwegian record producer and DJ Alan Walker. Incorporating vocals provided by Norwegian recording artist Iselin Solheim, the single was originally set to be released on 25 November 2015, but was delayed to 3 December 2015. The song was highly successful, peaking in the top 10 in most of the countries it charted in, and reached the top spot in more than 10 countries. It is currently the 20th most viewed video on YouTube, with over 2.4 billion views, 16 million likes and 442 thousand dislikes as of June 2019 as well as being the 28th most streamed song on Spotify, with over 1 billion streams as of June 2019.

スポンサーリンク

= Faded =

[Verse 1]
You were the shadow to my light
Did you feel us?
Another star, you fade away
Afraid our aim is out of sight
Wanna see us alight

[Pre-Chorus 1]
Where are you now?
Where are you now?
Where are you now?
Was it all in my fantasy?
Where are you now?
Were you only imaginary?

[Chorus]
Where are you now?
Atlantis, under the sea, under the sea
Where are you now? Another dream
The monster’s running wild inside of me
I’m faded, I’m faded
So lost, I’m faded, I’m faded
So lost, I’m faded

[Verse 2]
These shallow waters never met what I needed
I’m letting go, a deeper dive
Eternal silence of the sea
I’m breathing, alive

[Pre-Chorus 2]
Where are you now?
Where are you now?
Under the bright but faded lights
You set my heart on fire
Where are you now?
Where are you now?

[Chorus]
Where are you now?
Atlantis, under the sea, under the sea
Where are you now? Another dream
The monster’s running wild inside of me
I’m faded, I’m faded
So lost, I’m faded, I’m faded

貴方は私の煌めきにとっては影だった

私たちの存在を感じていたの?

もう一つの星

貴方は段々と消えて行く

私たちの目的が見えないのが怖いわ

だから、私たちが輝いているか知りたいのよ

 

今、貴方はどこにいるの?

今、貴方はどこにいるの?

今、貴方はどこにいるの?

これは、私の幻想なの?

今、貴方はどこにいるの?

貴方は、ただの空想上の人なの?

 

今、貴方はどこにいるの?

アトランティス、海底の都市、海の底

今、貴方はどこにいるの?

別の夢にいるの?

怪物が、私の中で荒々しく駆け巡っている

私は、段々と消えて行くわ

私は、段々と消えて行くわ

とてもボロボロなの

私は、段々と消えて行く

私は、段々と消えて行く

とてもボロボロなの

私は、段々と消えて行く

 

スポンサーリンク

この浅瀬の水は、私が必要としているものには、決して出会えなかった

私は手放したわ

より深く飛び込むままに

海の永遠の静寂

私は呼吸している

生きているのよ

 

今、貴方はどこにいるの?

今、貴方はどこにいるの?

輝きの下に

でも、消え行く煌めき

貴方は、私の心に火をつけた

今、貴方はどこにいるの?

今、貴方はどこにいるの?

 

今、貴方はどこにいるの?

アトランティス、海底の都市、海の底

今、貴方はどこにいるの?

別の夢にいるの?

怪物が、私の中で荒々しく駆け巡っている

私は、段々と消えて行くわ

私は、段々と消えて行くわ

とてもボロボロなの

私は、段々と消えて行く

私は、段々と消えて行く

 

Translator: Lyra Sky 和訳

これを見ていたら、ゲームの【Death Strandin】→ (Troy Baker とは? – Death Stranding デスストランディング最新ニュース)の世界観と似ている感じがした。

無機質な世界が似合うサウンド。

そして、世紀末的な世界にも合う。

Lyraは、聴くたびに「壮大な世界を出せるクラシックのようだ」とAlan Walkerのゆったりしたサウンドの時は思う。

彼もそれがわかっているからこのアプローチを選択したのだろう。

そして、彼のアップテンポの曲の時は、某女性アーティストのヒット曲みたいで初めて聴いた時はに過ぎていて驚いてしまった。

フェスで盛り上がりそうな一昔前のクラブソングみたい。好きな人には、たまらない一曲だろう。

だからAlan Walkerは、全く真逆な側面を持つクリエイターだと思う。

また、同じ曲でもライブではミュージックビデオとは違ったイメージになるから不思議。

こちら↓ ↓ が Alanの Live です。載せておきますねっ。

【Faded】は、孤独を表現した曲だと思う。

だから、ミュージックビデオでは、Alan Walker が誰もいない都会を独りぼっちでさまよい、まるで愛する人が孤独でいるのを救いに行こうとしているかのようだ。

そして、ライブでは動的な要素が合わさり、愛を叫ぶかのよう。

【Faded】には、色々なイメージに色づけ出来る可能性がいくつも秘められているのだ。

事実、この曲を使って様々なアーティストがリミックスを行なっている。

また、2016年のUMF(ウルトラ・ミュージック・フェスティバル)では、Tiësto(ティエスト)やDash Berlin(ダッシュ・ベルリン)、Don Diablo(ドン・ディアブロ)といった大御所DJたちがこぞってプレイした。

Faded】は、ある意味、未知数な曲、モンスターチューンなのかもしれない。

スポンサーリンク

Alan は、小さい頃からコンピュータに関心を示し、プログラミングやグラフィックデザインをするようになった。

音楽にも興味があった為に、得意のコンピュータを使い、曲作りをするように。

その中で2012年、ゲーム仲間でもあるオンライン上の友達などの力を借りつつ、初めて自分のパソコンで作曲したら、それが大ヒット。

それを聞きつけたイギリスのレコード・レーベル NoCopyrightSounds を通してYouTubeにリリースしたのが、この曲の原型であった【 Fade】だ。

【Fade】は、瞬く間に世界中で大ヒットし、2017年 4月26日時点で2億7千万回近く再生されている。

2015年には 【Spectre】【Force】をYouTubeにリリースし、どちらもBig ヒットし、「Sony Music Sweden」傘下のMER Musikkと契約する。

2015年4月にノルウェー出身の女性シンガー、イセリン・ソルヘイムによるヴォーカルが加わったリマスター・ヴァージョンであるこの楽曲【Faded】をリリースすると、ノルウェーやスウェーデンのチャートだけでなく、フィンランドやデンマーク、イタリア、アメリカ、ドイツ、イギリス、アイルランド、オランダなど世界中のチャートでトップにランクインし、世界最大の楽曲数を提供している音楽配信共有サービスSpotify で“Top 50 Global(世界のトップ50曲)”のトップ10入りも果たした

2018年3月6日時点でストリーミング再生が18億回を、YouTubeにリリースしたMVの再生数が2019年6月3日時点で23億回を超えており、日本においても嵐の櫻井翔主演で2018年5月4日公開の映画『ラプラスの魔女』の主題歌に起用。

つまり【Faded】でAlan の人生は大きく変わり、プロデュースに専念するため大学を中退し、現在も作曲活動及び世界中でのライブ活動を続けている。

(click to amazon ↓↓) “Faded Japan EP” [CD, Sreaming] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

世界中で愛されているAlanだが、初めは、「DJ Walkzz」と呼ばれて、複数のプロデュース集団の一員だった。

その後「Walkzz」になった。現在のトレードマークにもなっているロゴは、ウォーカーの本名の頭文字「A」と「W」からなっており、2013年に彼自身がデザインしたもの。

自分のイメージを出すために、ブラック・ブロックのコンセプトに似たパーカーとフェイスマスクを着用しているのも、彼のトレードマークの一つになっている。

常時、そのファッションで、自分のロゴが入ったパーカーを頭まですっぽり覆った写真を多くSNSらに投稿している

曲を作り始めた2012年から自分の曲をインターネットにアップロードしてきたAlanだが、「自分の外見などではなく曲だけを聴いて評価して欲しいし、一度も有名になろうと思ったことはない。」と語る。

 

( click to amazon  ↓ ↓) “Alan Walker Foodie” [fluorescence] パーカー、クリックしてアマゾンへ↓↓

 

KKBoxのインタビューでコンセプトについて聞かれたAlan…

「最初は、Alan Walker をアーティストとしてどのように宣伝できるかといったアイデアを考えていたが、その後、誰でもできるようなシンボルを作り、パーカーとフェイスマスクを持っているのであれば、誰であってもすぐに『ウォーカー』になることができる、だから、僕たちはすべて平等だ」と語っていた。

NRKのインタビューで、なぜマスクを使用したのか聞かれた時には、

「彼らが僕に与えてくれたイメージを維持すること。基本的に、僕は匿名性に焦点を当てているから、誰でもアラン・ウォーカーに加わることができ、マスクは誰でも似合うことを示している。」と答えている。

Alanサイドが手渡した最初のプロモーション写真では、Alanの顔はほとんど見えなかった。

彼のシングル”Alone”のミュージックビデオでも、彼はすべて黒い影の人物として登場しており、これはレコード会社”Sony”と共に慎重に計画して製作したイメージであるそうだ。

「彼らとの会合で、自分のプロフィールをどのように構築できるか話し合った」とVGに語っており、「彼らは僕の興味について尋ね、僕はPC、コンピュータゲーム、そしてアノニマスやハッカー文化のようなものに、パーカーが役割を果たすと答えた」とも語っている。

ここまで匿名性にこだわりを持つのも変わり者な気がしてしまうが、彼にとっては自分より自分の作品に焦点を与えたいからなのだろう。
ブラック・ブロックやハッカーのようなファッションをまとったWMAでのアラン・ウォーカーは、目立たないように行動することの難しさを認めてもいる。
「Instagramのアカウントを初めて作成したとき、自分自身や自然などの写真は一度も投稿しなかったが、匿名性を保つのも難しかった」

 

2016年11月9日の記者会見で、「ハッカー集団『アノニマス』とテレビシリーズ『Mr. Robot』からインスピレーションを受けたマスクのコンセプトはかっこいいと思う。僕は音楽を始める前からゲームをしていたから、マスクをかけたらゲーマーに見えるだろう。」というのだから、Alan 自身が顔を隠すことゲームとして楽しんでいる面もあるみたい。

だが、基本は「僕がなぜマスクを着けているのか、多くの人が僕に尋ねてくるけど、これはお互いの違いよりも団結を示すための象徴でありシンボルでもあるんだ」と、語っているから、平等性を願っているのだろう。

 

(click to amazon ↓↓) “Alan Malker: Faded Tshirt” クリックしてアマゾンへ↓↓

初めに作った【Fade】は、トロピカル・ハウスにしようと作成して、エレクトロ・ハウスのドロップを曲に挿入した。

だが、トロピカル・ハウス+エレクトロ・ハウスではいい感じにMix出来なかった為に、方超え性を変えて完全なエレクトロ・トラックにし完成させたのだ。

この【Faded】は、その【Fade】にヴォーカルを加え、リマスターしたものだから、コンセプトは同じだ。

Alanがこの【Fade】製作時期にインスパイアを受けたのがオランダ出身の19歳のプロデューサー、Ahrixの“Nova”であったり、ノルウェー出身のプロデューサー、K-391のメロディックさだ。

スポンサーリンク

 

 

” (click to amazon ↓ ↓ ) 1st Studio Album “Different World” [CD] including Bonus track クリックしてアマゾンへ↓↓

匿名性を求めるAlan。

それは、話題の渦中になるのを回避するためではなく、クリエイターもリスナーも平等でいたいと考えたからだ。

「誰でもロゴ入りマスクをしたらAlan Walkerになれる」とは面白い発想だ。(マーチャンタイズを売りたいからだ、と言う意地悪な考え方はしないで〜)。

アーティストもリスナーもファンもクリエイターも平等だとLyraも思って来たからAlanの考えと行動して来たことに凄く共感した。

たまに「アーティストだから」とリスナーと違うと強調したがる人間がいるが、自分が優劣を感じて斜に構えて、リスナーを見下して、それで何が出来るというのだろうか?

ただ曲を作ったと言うだけ、、、その曲の良し悪しを決めるのはリスナーではないか?

音を感じることに上下関係などあるわけないじゃない?

たまに、「バンドマンだから」を言い訳にして自堕落でいるのを肯定しようとする人間がいるが、ただ単に怠け者なだけでなんの理由にもならない。

普通に会社勤めしている人でも、貴方達よりもクリエイティブに音を作ったり、物を作る人が沢山いるよ。(逆の意味で悪いことを貴方達よりやってる輩もいるしね)

何も変わらない。

皆、同じ悩みを抱え、喜びを感じているだけ。

皆と同じであり、同じように音楽を楽しみたい、、、

Alan は人間が平等であることにこだわり音楽だけで勝負したかったのだ。

Alanは最近、「僕はマスクの無い静かさを選んだ。コンセプトが三部作に達すると、新しい扉を開けて探すことは面白いと思う。マスクは永遠性を失っても一時的なものにはならないからね。」とイメージからの脱却を図っていることを示唆した。

更にソニーのスポークスマンである Yonas Aregai は「アラン・ウォーカーとしての音楽は焦点であって周囲の全てを包含する必要は無い。”Faded”や”Sing Me To Sleep”に”Alone”のような三部作と呼ばれる作品のテーマで良いんだ。」と説明している。

拘りを捨てるAlan 。

新しいAlan Walkerが生まれようとしている。

今迄のこだわりを捨てもっと自由なものを探しに行くのだろう。

自由な自分。

自らを解放した時に生まれる音はどんな音なのだろうか?

Alan の新しい音の世界を見てみたい。

きっと美しい、皆が平等に楽しめるサウンドが広がっているに違いない。

and I’d like to give my heart to my buddy,

Happy birthday!

Hope your life will be full of happiness.

and thank you with me.

I’m on beside of you.

always!

 

スポンサーリンク

Originally an instrumental from August 2014 titled “Fade,” Alan released this updated version with vocals in December 2015 under the slightly-altered name “Faded.”

“I’m still just an eighteen year old from Bergen in Norway,” Walker told Genius. Until “Faded” blew up, he was “more concerned about [his] homework and lack of focus in studies than on having a song that was topping the charts in many territories.”

I’m just really humble and grateful for the response and feedback this track has gotten. Unimaginable, if that’s possible to say. Just unreal!

The song “Faded” is a revamped version of Walker’s past compositions “Fade”, which was released via the record label NoCopyrightSounds in 2014.

In the creation of “Faded”, Walker was inspired by the music producer Ahrix’s sound on his track “Nova” from 2013. In an interview he stated: “The melodies and the way the track progresses are what’s so unique and its what inspired me to create ‘Fade’ which later on became ‘Faded.’

The style is inspired by the Norwegian producer K-391. The melody, I don’t know where it came from, but I try to let my emotions and feelings have a big influence on the melodies I produce.”

While the structure and melody are almost identical to “Fade”, “Faded” is noticeably different for its piano intro; with uncredited vocals by Iselin Solheim and mainstream production.

The song is set in common time and has a tempo of 90 beats per minute. Having the chord progression of Em–C-G–D, the song is written in the key of E minor.

= Discography =

Studio Album

  • Different World (2018)

Singles

  • Faded
  • Fade
  • Spectre
  • Force
  • Routine (Alan Walker x David Whistle)
  • Sing Me To Sleep
  • Alone
  • Tired (Alan Walker ft. Gavin James)
  • All Falls Down (feat. Noah Cyrus with Digital Farm Animals)
  • The spectre
  • Hymn for the weekend remix (Alan Walker vs Coldplay)
  • Hope
  • Memories
  • New Heart
  • Burn
  • The Raid
  • Long Road
  • Golden Alley
  • Light Dreams
  • Above the Sky
  • Big Universe
  • 135
  • Dennis 2014
  • Energy
  • Sky
  • Ignite (feat. Julie Bergan & Seungri)
  • Different World (feat. Sofia Carson, K-391 & CORSAK)

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪