We Don’t Have To Dance / Andy Black (Andy Biersack ) 和訳 無理すんな Take It Easy!

Happy Birthday, Andy Biersack & Black! LOL (╹◡╹)    I always hope your happiness. A year full of love💕

「Andy Biersack, Andy Blackに酔いしれて」なんて書いたのが2年前。

そういえば、Andyのバンドである Black Veil Brides ブラック・ベイル・ブライズの曲は和訳したけれどソロ名義の曲の方は、紹介したまんま。

ならばと、今日はイイ男の誕生日祝いとして和訳したから一緒に楽しまない?

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国オハイオ州、シンシナティ出身のミュージシャン、シンガーソングライター、ピアニスト、俳優でもある Andy Biersack アンディ・ビアサック ( 本名 Andrew Dennis Biersack)。

ソロ名義では、Andy Blackとして活躍している、グラムメタルバンドのBlack Veil Brides ブラック・ベイル・ブライズのヴォーカルでもあり、Emo好きのティーンやメタルキッズ達にはカリスマ的人気があるGood Guy!

スポンサーリンク

名前がコロコロ変わるのがわかりづらい人でもあるの。

よい機会だから、知らない人のために、、、

インディーからデビュー当初にかけて、Motley Crue モトリー・クルーみたいなファッションに身を包み、ルックスの良さとスクリーモの歌い方からアイドルみたいだった時は、Andy Six アンディ・シックスと名乗り、

しばらくしたら実際のラストネーム Andy Biersack アンディ・ビアサックになったの。そっちのほうが呼ばれて好きだからだって! SixにしたのはNicky Sixxが彼のアイドルだったからね。

で、次が今日Lyraが和訳する曲が収録されている、2016年3月17日リリースのAndyのソロアルバム『The Shadow Side』の時は、Andy Black アンディ・ブラック 名義でソロ活動しているから、間違わないようにしてね。

そんな名前変える必要ないと思うし、安定が好きな山羊座なのに変だなあ、ても感じるけど、ソロでのサウンドは全くバンドとは違い、80年代を意識したPOPとゴシックサウンドだから区別したいのでしょう。

今日Lyraが和訳する曲は、1st シングル【You Don’t Have To Dance】。

Coolでいつもと違ったAndyの魅力に釘付けよ。

詳しい解説はLyraのHipな和訳の後に又お話ししましょう!

*Black Veil Bridesについてはこちら!

*Andy Biersack 及び Andy Blackについてはこちら!

 

(click to amazon ↓ ↓ ) 1st Solo Studio Album “The Shadow Side” [Explict] (CD, MP3, LP) クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

Andrew Dennis Biersack (born December 26, 1990), formerly known as Andy Six, is an American singer and pianist. He is the founder and lead vocalist for the American rock band Black Veil Brides, and is its only remaining original member. In May 2014, he started a solo music project under the moniker Andy Black and released his debut album, The Shadow Side, in 2016.

We Don’t Have to Dance” is a song by Andy Black. It was released as the first single from his debut studio album, The Shadow Side, on March 18, 2016. The music video for the song directed by Patrick Fogarty was also released three days later. It charted on multiple Billboard charts, peaking number 23 on the Billboard Hot Rock Songs chart.

スポンサーリンク

= We Don’t Have To Dance =

[Verse 1]
Record scratch; Steve Miller band
Tattooed necks and tattooed hands
Oh, how don’t you drown in a rain storm?
Fresh regrets, vodka sweats
The sun is down and we’re bound to get exhausted
And so far from the shore

[Pre-Chorus 1]
You’re never gonna get it
I’m a hazard to myself
I’ll break it to you easy
This is hell, this is hell
You’re looking and whispering
You think I’m someone else
This is hell, yes
Literal hell

[Chorus]
We don’t have to talk
We don’t have to dance
We don’t have to smile
We don’t have to make friends
It’s so nice to meet you
Let’s never meet again
We don’t have to talk
We don’t have to dance
We don’t have to dance

[Verse 2]
Bottles smashed, I raised my hand
How can you all even stand?
And why is there joy in this poison? Oh
Faking smiles and confidence
Driving miles to capture this excitement
I can’t take anymore (oh)
[Pre-Chorus 2]
You’re never gonna get it
I’m a hazard to myself
I’ll break it to you easy
This is hell, this is hell
You’re looking and whispering
You think I’m someone else
This is hell, yes
I am in hell
[Chorus]
We don’t have to talk
We don’t have to dance
We don’t have to smile
We don’t have to make friends
It’s so nice to meet you
Let’s never meet again
We don’t have to talk
We don’t have to dance
We don’t have to dance
Yeah, yeah
Yeah, yeah

[Pre-Chorus 1]
You’re never gonna get it
I’m a hazard to myself
I’ll break it to you easy
This is hell, this is hell
You’re looking and whispering
You think I’m someone else
This is hell, yes
Literal hell

[Chorus]
We don’t have to talk
We don’t have to dance
We don’t have to smile
We don’t have to make friends
It’s so nice to meet you
Let’s never meet again
We don’t have to talk
We don’t have to dance
We don’t have to dance

[Outro]
We don’t have to talk
We don’t have to talk
We don’t have to dance
We don’t have to talk
Talk, talk
We don’t have to dance
We don’t have to talk
Talk, talk, talk, talk
Talk, talk, talk, talk

 

スティーヴ・ミラーバンドのレコードをスクラッチしたり、

墨入りの首の奴らに、墨入りの両手

なあ、どうして雨の嵐で溺れないんだよ?

出来たばかりの後悔、ウォッカの汗

日が暮れて、俺たちは、疲れ果て消耗するだけの運命なんだよ

そうして、こんな海から離れたところに来てる

 

お前は手に入れられないだろう

俺は自分自身にも有害な奴さ

簡単にそれを君のためにぶっ壊してやるよ

これは、地獄さ、これは、地獄さ

君は見つめながら、囁いている

君は、俺を他人だと思うな

地獄さ、そうだよ、

文字通りの地獄だ

 

俺たちは話す必要がない

俺たちは躍る必要もないし

無理して笑う必要も友を作る必要もないさ

君に会えて良かったよ

もう会うこともないな

俺たちは話す必要がない

俺たちは躍る必要がない

俺たちは躍る必要がないんだ

 

酒ビンが砕け、俺は頭を持ち上げた

君は、何でまだ立てるんだい?

それに、毒には喜びがあるのは何故だろうな

ああ、愛想笑いに、厚かましさ

この興奮を永遠に捕まえておく為に数マイルもドライブしてる

俺はもう我慢できないよ、オー

 

お前は手に入れられないだろう

俺は自分自身にも有害な奴さ

簡単にそれを君のためにぶっ壊してやるよ

これは、地獄さ、これは、地獄さ

君は見つめながら、囁いている

君は、俺を他人だと思うな

地獄さ、そうだよ、

文字通りの地獄だ

 

俺たちは話す必要がない

俺たちは躍る必要もないし

無理して笑う必要も友を作る必要もないさ

君に会えて良かったよ

もう会うこともないな

俺たちは話す必要がない

俺たちは躍る必要がない

俺たちは躍る必要がないんだ

そうさ、そうさ

そうだよ、そうなんだよ

 

お前は手に入れられないだろう

俺は自分自身にも有害な奴さ

簡単にそれを君のためにぶっ壊してやるよ

これは、地獄さ、これは、地獄さ

君は見つめながら、囁いている

君は、俺を他人だと思うな

地獄さ、そうだよ、

文字通りの地獄だ

 

俺たちは話す必要がない

俺たちは躍る必要もないし

無理して笑う必要も友を作る必要もないさ

君に会えて良かったよ

もう会うこともないな

俺たちは話す必要がない

俺たちは躍る必要がない

俺たちは躍る必要がないんだ

 

俺たちは話す必要がない

俺たちは話す必要がない

俺たちは躍る必要がない

俺たちは話す必要がない

話してよ、話してよ

俺たちは躍る必要がない

俺たちは話す必要がない

話してよ、話してよ、話してよ、話してよ

話してよ、話してよ、話してよ、話してよ

Translator: Lyra Sky 和訳

 

Andyの化粧なしの顔が好き。

Black Veil Brides ブラックベイルプライズの 【In The End 】の時はまだOK (こちらの和訳で昔の顔写真載せてます。)なんだけど、せっかくのハンサム顔が、メイクで良く見えないのは、勿体ないのよね。

だから、この【We Don’t Have To Dance】で、ノーメイクでドレスアップしたスーツ姿とライダー風ファッションを楽しめて嬉しいのはLyraだけではないでしょう。

バンドの時とのルックスのギャップも凄いけれど、サウンドの方もまるっきり違う。

現在のBlack Veil Bridesは、昔と違ったEmoさが減少した、男らしいヘビーメタルなサウンド。

でも、このソロプロジェクトは80年大風なエレクトロポップなデジタルサウンドがメインで、プラスGoth Music ゴシック音楽でエスプリを効かせている感じだから、バンドとは真逆だと言って良い。

これは、Andy Blackの大好きなサウンドの影響から来たもの。

Andyの声に凄くマッチしている。

Andy自身がやりたかったと言う、ポップミュージックの世界観が広がっているのだ。

スポンサーリンク

アンディは、オハイオで生まれ地元のカソリック系スクールに通っていたが、浮いた存在だった。

大好きなMisfitsやThe Damndなどを聴きながら、ロックファッションに身を包んで通学していた為に、教師に目をつけられてしまい、周りにもそれが広がりAndyをターゲットにしたいじめが始まってしまう。

その時の絶望感や悲しみや怒りは、Black Veil Bridesの デビューアルバムとシングルに、余すところなく表現されているし、

ミュージックビデオは、当時のAndyみたいな男子が、学校でのいじめの苦しみを体感していて、見ている方が辛くなってしまうストーリーだ。

実際にひどい虐めにあったAndyは、耐え抜いた後、ハイスクールになると合格率20%とう難関のハイスクール「Creative & Performing Art」と言う芸術系に進学する。

自らアートや音楽など表現する世界が自分に向いていると分かっていたからだろう。

ドラマとボーカルの勉強をして行く。

どちらにしても今現在のAndyの活動な訳だから、正しい選択だったと言えるね。

そして18歳になった2日後に、シンシナティとは別れを告げて、現在のヴォーカリストのキャリアを始めるべく、カリフォルニア州ロスアンジェルスに移る。

その後、Andyは、Black Veil Bridesのヴォーカリストとして、まさに快進撃を飛ばし、Emoのブームにも乗っかってカリスマ的人気を得たのだから凄いでしょ?

今では、アメリカやイギリスでの人気とキャリアを獲得し、その証拠に、

一昨年、2016年にこのブログでも公開前に紹介した【American Satan アメリカンサタン】で主役を演じているのだから、どれだけ人気があるか分かるだろう。

イジメなんてクソだよ。

「そんな悪い奴らは無視しろ」てLyraは言いたい、今苦しんでいる人たちに。

夢を持って踏ん張って、前に少しでも良いから進んで行けば、必ず夢や目標は叶うし、そこまで進めなかったとしても、必ず自分の居場所を作れるとLyraは思う。

特にAndy みたいに負けないで頑張り続けているパワフルな人間を見ると、そう確信してしまうの。

 

c(click to amazon ↓ ↓ ) 1st Solo Studio Album “The Shadow Side” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

【We Don’t Have To Dance】は、人間関係をクールに見つめた歌だ。

クールってカッコつけてる方の意味ではなくて、冷静に人と人との繋がりを歌っていると言うことを言いたいの。

パーティーや会食やら行事やらで、知り合いたくもない人と出会ったりするでしょう?

あとAndyは、昔の意地悪なクラスメイトや傍観者たちみたいな、自分の大切な人でもない人たちを語っている気もする。

そんな人々とは、「話をしなくても良いし笑いあったり、ダンスを無理にすることはない。」とサビで繰り返し言っているの。

だからと言って喧嘩する必要はないでしょう?それで歌詞の中で、「そんな気力よくあるな」みたいに酒瓶を割って喧嘩してるような輩に言っていると言う、シチュエーションもLyraには見えて来たわ。

でも、最後の方で発してる”Talk”は「話してよ」なんじゃないかな?って思う。

気の合わない奴らと話したくないし、無理矢理友達を作りたくもない。

でも、分かり合える誰かは欲しい。

だから、”Don’t Talk” ではなくて”Talk”を繰り返しているのかなーとLyraは感じましたよ。また深読みタイムでしょ?

世間では、人間1人では生きていけないと言うけれど、やろうと思えば1人で生きていけると思うよ、今の時代は。

でも、それはかなり味気ないものだし、生きている喜びを味わえないだろう。

それはAndyが一番良く知っているかもしれない、孤独さは。

その孤独を乗り越えられたのは、ロックだろうし 、Andyには理解ある家族がいたのが一番のパワーだったんじゃないかな、と思う。

それに現在はJuliet Simmsって奥さんもいるしね。

そんな愛する人々がいるからこそ、ソリの合わない人とは一緒に居たくない。

だから、「みんなも無理して笑ったり、話したり、無理に友達を作ろうとしたりしなくて良いから、とにかく踊らされないようにしろよ。でも、愛する人とは話さないとね。話したいよ。」と、言いたいんだとLyraは思う。

それをこの【We Don’t Have To Dance】で歌いたかったんじゃないかな?

アドバイスみたいだ。

生きて行くための。

サウンドは、Lyraもデジタルサウンドや打ち込みが好きだから良い感じだと思うけど、少し弄りすぎてうるさい気がする。

これ人気出たFallout Boysのヴォーカリストである Patrick Stumpや、The UsedのギターのQuinn Allmanが一緒に制作してるの。

だから、ポップで覚えやすいメロディで良いんだけどあのバンド、、、音がてんこ盛りだった!

盛り上げましょう〜って詰め込んじゃうタイプでしょ?

だから、音の隙間なくしてまでコーラスのサンプリング入れたりしてるのかも、と感じたよ。

メロディは良いしLyraが好きなDepech Mode デペッシュモードのDavid Gahnぽい歌い方で凄く魅力的なのにもったいない。

だから、煩いくらいに音を詰め込むのはやめた方が良い、Andyの声を聞かせるためにね。

AndyのVocalの低くて男らしい声を楽しめるようなサウンドを作った方が、もっと売れると思う。

意外とね、恋人同士の時に歌ったデュエットの時のAndyが良かったりする訳よ。

だから、次にAndyがAndy Blackとしてまた、活動するときはポップにしたいならヴォーカリストを目立つシンプルなサウンドにしてくれるのを期待します。

普通にRockしても良いんじゃないかな?

バンドと差別化したいらしいけど、気にせずにやりたい放題やって欲しい。

だって、Andyのバリトンぽい声好きだから!

低い声の男性って最高!

最近の「チュンチュンやらキーキー高い声出せば良いって感じのポップミュージックの安っぽい風潮やめたら?」って思うから。

自分の個性に合わせた歌い方や、声を出した方が、バラエティに富んでいるから低迷期の音楽業界がもちなおすと思うもの。

今の高い声ばかりの頭悪そうな(海外では声が高いとアホなイメージがある。特に女性はそう)キャンキャン声はやめた方が良いわ。(って、昔のチバがLyraと同じことを言ってたのを思い出した。ゾォー)

Andy Biersack( Andy Black)みたいなカッコイイ声は貴重よ!

背も高いし198cmよーん。

俳優業もまたやれば良いな、と期待してます。

うー。

やっぱり男らしい声ってセクシー!

もっとAndyの曲を聴いちゃおう。

みんなも聴いてみてね!

 

See you tomorrow!

 

スポンサーリンク

Biersack was born in Cincinnati, Ohio. For his early education, Biersack attended a Catholic elementary school, which he has spoken of in many interviews. His preschool teacher was Jamie Peters, who had a big influence on his creativity. Because of the way Andy dressed and the music he listened to (i.e. The Misfits, Avenged Sevenfold, The Damned, The Dropkick Murphys, etc.), he was the target of bullying at school. This bullying is reenacted in the “Knives and Pens” music video, performed by his band, Black Veil Brides.

For high school, Biersack attended Cincinnati’s School for Creative and Performing Arts, and majored in drama and vocal music. Two days after he turned 18, he left school before graduating to move to Los Angeles in hopes of furthering his potential career.

 

Writing and composition

“We Don’t Have to Dance” was produced by Ricky Reed and John Feldmann. The song is described as a “upbeat, dance-able” song and Black’s “departure” from the musical style of Black Veil Brides. Black described the song as “poppier than his work with Black Veil Brides”.  The song’s lyrics are about social anxiety, loathing social events and hatred of small talk. The song was written by Black and his team of writers in collaboration with Fall Out Boy vocalist Patrick Stump and former The Used guitarist Quinn Allman. On writing with Stump, Black said that it was “very simple in that we just sat and talked about things that we mutually hated for like a half an hour and then we just put them in a list and that is the lyrics to the song.” A week later, the title for Black’s debut album was confirmed to be titled as The Shadow Side and would be released on May 6. The song was released as the first single to the album on March 18, alongside a music video released three days later. The song was the official theme song for WWE pay-per-view event Payback  and is included in the video game WWE 2K17.  At the 2017 Alternative Press Music Awards, it was named “Song of the Year”.

The song is all about how you wish to meet someone, get to know them, try to foresee a brief future with them, but in truth, you don’t feel like you would be good for them; besides that, on a slightly sadder note, the song talks about anxiety and how it’s hard to approach social situations.

Andy Black

On May 2014, Biersack revealed to Kerrang! magazine that he had been working on new music outside Black Veil Brides under the moniker ‘Andy Black’. He explained that his solo project will have a radically different sound compared to the band, and that he felt he couldn’t create that sound within the band, thus deciding to take it on as a solo artist. Andy’s inspiration for this project was his love for ’80s synth and goth music. He will be working with former Black Veil Brides producer John Feldmann. Despite this project, he reassured his fans that this does not mean this is his primary focus, but rather more of a hobby or a side-project. On May 19, 2014 he premièred his first song, titled “They Don’t Need to Understand”, online with a music video via Hot Topic.

On March 17, 2016, Biersack announced the title of his first Andy Black album The Shadow Side, scheduled to be released on May 6, 2016. The lead single from the project, “We Don’t Have to Dance” was released on March 18, 2016, with a music video for the song being released on March 21.

 

Andy Black’s Album

●The Shadow Side (2016)

Black Veil Brides’s Album

  • We Stitch These Wounds (2010)
  • Set the World on Fire (2011)
  • Wretched and Divine: The Story of the Wild Ones(2013)
  • Black Veil Brides (2014)
  • Vale (2018)

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪