Battle Me / Hey Hey My My 『Sons Of Anarchy』和訳 解説 この世界へようこそ

カッコイイって何だろう?

顔が美しいこと?

Yes!

高身長で均整が取れている体型?

Yes!

でも、それだけならば数時間で飽きてしまうだろう。

だって中身がないじゃない?

世の中、そんなに甘くないぜよ(笑)。

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国テキサス州オースティン出身のバンド、Battleme バトルミー (2009年〜)。

現在拠点は、ポートランドだ。

VocalのMatt Vondy自身のソロプロジェクトであり、最近はバンド形態で活動している南部らしい 香りがするサウンドを持つバンドなの。

スポンサーリンク[ad#go1]

今日Lyraが和訳する曲は、2011年のBattlemeのドラマに使用された、2nd スタジオアルバム『Sons Of Anarchy』から【Hey, Hey, My,My】。(season3)

 

(click to amazon ↓ ↓ ) Soundtrack “Sons Of Anarchy season3” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

(click to amazon ↓ ↓ ) “Sons Of Anarchy” All Seasons Complete Box [DVD] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

ミュージックシーンについて辛口に発言している歌詞を、Battlemeらしく歌っている。

詳しい解説はLyraのHipな和訳の後に又お話ししましょう!

 

Battleme is the stage name and band of Lions singer Matt Drenik, an American musician. It was started as a creative outlet to other projects Drenik was involved in during 2009.

“Hey Hey, My My (Into the Black)” is a song written by Canadian musician Neil Young. Combined with its acoustic counterpart “My My, Hey Hey (Out of the Blue)”, it bookends Young’s successful 1979 album Rust Never Sleeps. Inspired by electropunk group Devo, the rise of punk and what Young viewed as his own growing irrelevance, the song significantly revitalized Young’s career at the time, and today crosses generations, inspiring admirers from punk to grunge. The song is about the alternatives of continuing to produce similar music (“to rust” or – in “My My, Hey Hey (Out of the Blue)” – “to fade away”) or to burn out.

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go4]

= Hey Hey My My =

Hey hey, my my
Rock and roll can never die
There’s more to the picture
Than meets the eye
Hey hey, my my

Out of the blue and into the black
You pay for this, and they give you that
Once you’re gone, you can’t come back
When you’re out of the blue
And into the black

The king is gone but he’s not forgotten
Is this the tale of Johnny Rotten?
It’s better to burn out than to fade away
The king is gone but he’s not forgotten

Hey hey, my my
Rock and roll can never die
There’s more to the picture
Than meets the eye
Hey hey, my my

よぉ、よぉ、まあ、まあ、

ロックンロールは絶対に不滅だぜ

見た目以上の心象ってもんがあるんだよ

おい、おい、まぁ、まぁ、

何の前触れもなく闇に引き込まれちまう

お前タダじゃおかないぞ、世間は、お前を一度は死ぬ目に合わせるもんさ

そうしたら、お前は戻ってはこれねぇな

何の前触れもなく闇に引き込まれちまう

 

王様は逝ってしまわれた、でも、彼は忘れられない伝説になったのさ

これはジョニー・ロットンのお伽話かよ?

消滅して行くよりは、燃え尽きた方がマシさ

王様は逝ってしまわれた、でも、彼は忘れられない伝説になったのさ

 

よぉ、よぉ、まあまあ

ロックンロールは絶対に不滅だぜ

見た目以上の心象ってもんがあるんだよ

おい、おい、まあまあ

 

Songwriter: Neil Young – Hey Hey, My My (Into the Black)

Translator: Lyra Sky 和訳

Music Video もカッコイイでしょ?

Health Angels 並みのライダーばかりで大好きなHarley Davidson ハーレイダビッドソンを見れるからLyraには、楽しいビデオなの。

Lyraが好きなドラマシリーズ『Sons Of Anarchy』のシーズン3に使われているのが、この【Hey, Hey, My, My】なの。

日本では人気ないし誰も知らないよね。

バイク好きで海外ドラマも好きな人ならば知ってるかもしれないね。

カッコイイのに、スチール流しているだけのビデオなのが勿体ないかなー、やっぱりハナム(主役の金髪の人)が動いてる所がみたいんだもん。

でも、Battlemeのねちっこい歌い方と悲しげなサウンドがモノクロで土埃が舞っているアメリカ南部の風景にピッタリ合うでしょう?

不思議よね。

アメリカ南部なんて極端な保守主義な地域なのに、開拓や男臭いイメージが付いて回る。

事実はもっと根深いしネチっこいのに。

でも、Battleme のCoolなサウンドが色んな人間社会のしがらみを歌っているみたいで深い味わいがあると思う。

本当は、腐った音楽業界のうたなんだけどね。

同じようなものか?

腐った人間たちに皮肉を言ってるのだから、、、。

スポンサーリンク[ad#go1]

Battleme のこのアルバムは、『Sons Of Anarchy』というドラマシリーズのシーズン3に使われたサウンドトラックみたいなもの。

2010年から2015年まで続いたシリーズでBattlemeが人気が出たきっかけになった。

因みにドラマは、チャーリー・ハナムとロン・パールマン主演によるクライムアクションだ。

下のは、第1シーズンのコンパクトBOX。暴力に支配された街のギャングチーム、サンズ・オブ・アナーキー(SOA)の紛争などを描いたドラマで第1シーズンは、彼らの武器倉庫が爆破されたことから話が発展して行くストーリーで、全13話からなる。

 

(click to amazon ↓ ↓ ) “Sons Of Anarchy Season1-Compact Box”  [DVD]  ( 第1シーズンコンパクトボックス) クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

ストーリーを少し紹介すると、舞台は、カリフォルニア州チャーミング、(Texasではないの。でも同じ砂漠の街)。

無法者グループ・SAMCROは、表向きはバイククラブ、しかし裏では悪をもって悪を制すギャングとしてこの街で活躍していた。

ある日、彼らの武器庫が何者かに襲われた事から、メンバーの運命が少しずつ狂い始めていく…。

危険な敵を相手に、クールなヒーローたちが街と絆を守る戦いを描くクライム・ドラマだ。

*”Sons Of Anarchy” は、R-1指定なので大人が見てねん!

 

“(click to amazon ↓ ↓ ) “Sons Of Anarchy” All Season Complete Box [DVD]  ( 全シーズン・コンプリートBox )クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

詳しい解説やLyraの感想は、例の如く、熱が入って長〜くなってしまうので別の機会にしますねっ。

バイク好きやバイクファッションを好む人、Heavy Metal ヘビーメタルやHard Rockハードロック好きさん達は、かなり気にいるとLyraは思うので強くオススメしますう。

実は誘われてLyraが入っているサークルには、Heavy Metalを愛している人達の集まりなんだけど皆んなバイクファッションやバイク好きが多いの。

で、結構、このBattlemeというバンドが好きな人や、Battlemeの【Hey,Hey,My,My】を推してくる人が多いのよ。

今Lyraがわざわざ「Battlemeの【Hey, Hey, My, My】と言ったかというと実は、これカバー曲なの。

アメリカン・ロック好きさんは、初めからピンと来てLyraの和訳を読んでくれたと思う。

そう、この【Hey,Hey,My,My】は、1979年の Neil Young Crazy Horse Banの曲なのです。

Neil Young Crazy Horseのアルバム『Last Never Sleeps』に収録されている曲で、例にしてNeilの簡単な言葉ですごい皮肉を言っている風刺が効いた歌詞なの。

LyraはNeil Youngのシンプルな歌詞なのに深い愛情を表したり、簡素な言葉で痛烈に社会批判したりする所が大好き。

彼の最大の魅力だと思う。

それを、あのヘナヘナな歌い方と声で歌うと不思議なことに胸に染みるの。

そのNeil Youngの良い味を見事にBattlemeは表していると思うよ。

声質が似てる!って言うのもあるけれど、よりドライな感じが、ライダー達のライフスタイルを描いたドラマに合っているわ。

 

(click to amazon ↓ ↓ ) Soundtrack “Sons Of Anarchy” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

結局、長くなってしまった!

Lyraは好きなことや好きな人に関して話すときだけ饒舌になってしまう (╹◡╹)。

短めに今日は、書こうと考えていたのに〜。

ついつい詳細に書いてしまいました。

又いつかNeil Young話もしたいと思います。

しかーし、最近、LyraったらTexasずいている。

Austinネタ多いし、、、

好きなデザイナーや、motorcycle 関連を手広くやっている人もTexasなんだよ〜、もしかしてLyra呼ばれているのかも、Texasに。

Battlemeは、元はLionsのヴォーカルのMatt Drenikがソロプロジェクトで始めたもの。自分のRockを怠け者ロックとか言ってるけど、真面目だと思うよ。

Battlemeは、『Sons Of Anarchy』の第2シーズンから歌を提供していたんだけれど、今Lyraが解説した【Hey,Hey,My,My】が第3シーズンで使われたことでより人気がUPしたの。

2億回視聴されたと言われているから如何にこの曲とミュージックビデオが皆に受け入れらたかわかるでしょ?

因みに歌詞の中のキングは、ELVIS PRESLEYのこと。

Johnny Rottenは、あの言わずもがな パンクパンドの Sex Pistolsのヴォーカルよん、知らない方の為に説明しました。

皮肉満載な歌詞なんだけど、ロックへの愛があるとLyraは考えるている。

たまにLyraが「こうしたら良いのに」とか、「この点が嫌」とか解説の一環として感想を書いてしまうのはNeilと同じロックを愛しているからです。

生活の一部として空気を吸うようにしてRockを聴いてきたからLyraとは切っても切り離せない仲なの、Rockは!

それ以上でもなく、それ以下でもない、、、仲良しの相棒みたい。

たまに、彼氏にもなってLyraを優しく愛してくれるし、時には意外な返しをして来て真剣じゃないのもある。

そう言うときは愛してるから「こうしたらもっと素敵だから」と言う意味を込めて批判しているの、、、それが、Neil Youngのこの歌詞みたいだな、と思う。

同じ気持ち。

だから、同じ気持ちを共有出来る人たちにLyraの文章や和訳や解説を読んで欲しい。

そう思って書いています。

わかる?

愛なんだよ、愛。

この愛がわかってもらえたら嬉しい。

そして、同じ気持ちならば一緒に楽しもう。

LyraがRock な宇宙に飛ばしてあげるよ!

スポンサーリンク[ad#go1]

Battleme is the stage name and band of Lions singer Matt Drenik, an American musician. 

Battleme first appeared in the season 2 finale of Sons of Anarchy on FX Network with the song, “Burn This Town.” It was a departure from the guitar heavy band Lion that Drenik fronted.These spurts of lo-fi acoustic folk produced numerous songs that began to see Drenik breaking away from the heavy psychedelic outfits he’d previously played in, one of which “No Time For Blood” was featured on NPR’s KUT “Song of the Day.

Sons of Anarchy (2010-2015)

Several Battleme songs appeared in Sons of Anarchy season 3, including a cover version of Neil Young’s “Hey Hey, My My,” which has received over 22 million YouTube views and an assortment of remixes by the likes of Stefan Biniak and others. Battleme’s collaboration with Bob Thiele (Sons of Anarchy, Forest Rangers) on songs “Time” and “Lights” was released on November 19, 2012 on the Sons of Anarchy Volume II soundtrack via Columbia Records. On December 6, 2012 Esquire Magazine picked the Battleme / Thiele collaboration “Lights” as one of the 10 Best Songs of the Week, stating, “Because if the Flaming Lips had written an original song for their Dark Side of the Moon live shows, this is what it might’ve sounded like.”. Drenik began appearing with The Forest Rangers on multiple original cuts for the show. He remained working with them through 7 seasons of the series.

= about Matt Drenik and BattleMe =

Matt Drenik is the former singer and guitarist of the band Lions from Austin, Texas. He started out as the sole artist behind BattleMe. On later albums he took help of other musicians and included a band / team to evolve his sound.

BattleMe started when Matt moved from Texas to Portland, Oregon and began to write tracks with his basement as the battleground. Experimenting with the lo-fi, folk and electro genres he created more than 40 tracks before getting signed by Thomas Turners Trashy Moped label in 2010.

Nowadays Matt Drenik and BattleMe make their releases through the label El Camino Media. The latest release is Cult Psychotica which was released the 6th October 2017 with some excellent tracks like “No Truth” and “Testament”. The album carries a politcal agenda with a lot of criticism to the 2016 election and Trump which shines through in the lyrics.

During the seven years that BattleMe have existed they have gotten stellar reviews and quotes by big players in the music industry including Esquire (“if the Flaming Lips had written an original song for their ‘Dark Side of the Moon’ live shows, this is what it might’ve sounded like”), Rolling Stone (who compared BattleMe to Smashing Pumpkins), Billboard and Total Rock.

One of BattleMe’s most noticed songs are “Shoot the Noise, Man” which was released on the “BattleMe” album in 2012. It has been used as soundtrack in different TV-Shows, Video Games (EAs eSport game-franchise: NHL) and Commercials (PGA Golf Commercial). A lot of different BattleMe tracks have been used by the TV-Series Sons of Anarchy over several seasons.

 

=Members =

Matt Drenik – Guitar / Noise / Vox
James Eliot Jones – Bass / Guitar / Vox
Randal Blaschke – Guitar / Bass / Vox
Scott Noben – Drums / Beats / Vox////// Past Members /// Past BumblebeesChad Savage
Pauli “P Did” Pulvirenti
Eric “Magic” Johnston
Zachary Richards
Henry Brown
Evan Railton
Thomas Turner
Now Pla ce→ Portland, OR

 

Rebal
El Camino Media

Discography

  • “Big Score” – Get Loud  (2010)
  • “Songs of Anarchy: Music from Sons of Anarchy Season 1-4” – Columbia Records  (2011)
  • “Battleme” – Trashy Moped Recordings  (2012)
  • “Green Fields Session 1” – Get Loud  (2012)
  • “Sons of Anarchy : Volume 2” – Columbia Records(2012)
  • “Weight on the Brain EP” – El Camino Media (2013)
  • “Future Runs Magnetic” – El Camino Media (2014)
  • “Habitual Love Songs” – El Camino Media (2016)
  • “Cult Psychotica” – El Camino Media (2017)

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go5]

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪