和訳【Everything I Wanted/Billie Eilish】解説 As Long As I’m With You 貴方さえいれば

Happy Birthday Billie Eilish! The More candles, the Bigger the Wish! and I hope that today is the beginning of another wonderful year.

予知夢をよく見ていたのに、最近は見なくなりチョッピリ物足りないLyra。

見なくなっていると言うことは、「ドッキリするようなトキメキが、暫くはありません」と言うことか?

はたまた「災いは全くありません。幸せにお過ごし下さいませ。」と言うことなんか?

Oh, Lord, Please Tell Me!!

なあんて、冗談。平穏無事が1番よっ。

だって平穏とか普通な日常って実は1番難しいと思うから。

あんま泥沼状態や、「深海魚に出会えるんじゃないか?」と言うくらいどん底になったことが無い人だと、理解し難い意見かもしれないが…。

悪夢を見ない方が良いということよ。

寝てる世界でも、起きている現実世界でも。

この可愛い子は、どん底を経験した事があるのだろうか?

今日17歳になったばかりのBeautifulな才能を持つBillie Eilishは、普通のTeenager の数万倍の速さでこの数年間を生きている。

そして悪夢に苦しんでいたようだ。

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国ロスアンジェルス出身のシンガー・ソングライター、モデルの Billie Eilish Pirate Baird O’Connell ビリー・アイリッシュ・パイレート・ベアード・オコンネル(2001年12月18日 – )。

スポンサーリンク

2016年デビュー・シングル【Ocean Eyes】が口コミで話題となり、ダーク・ルームとインタースコープ・レコードの目に止まり再リリース。

2017年8月11日EP「Don’t Smile at Me」が、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアでトップ15になり、商業的成功を皮切りに、世界的に出すシングル、コラボレーションがチャートインする快挙を続行中。

今年、2019年3月29日リリースのデビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』批評家たちからも絶賛され、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアで1位を獲得し、シングルヒットを飛ばしている。

その中でも【bad guy】はブームになるほどの人気を得、アメリカ、カナダ、オーストラリアで1位を獲得した。

*Billieや、Bad Guyについてはこちら→【Billie Eilish / Bad Guy 】和訳 解説 Upturnd eyes’ Love 三白眼で抱きしめて

 

今日Lyraが和訳する曲は、デビューアルバム後の、2019年11月13日にリリースされた最新シングル【Everything I Wanted】。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話ししましょう!

 

( click to amazon↓↓ ) Single “Everything I Wanted” [Streaming] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

“Everything I Wanted” is a song by American singer Billie Eilish. It was released on November 13, 2019. The song peaked at number eight in the US, number three in the UK and within the top 10 in multiple other countries.

スポンサーリンク

= Everything I Wanted =

[Verse 1]
I had a dream
I got everything I wanted
Not what you’d think
And if I’m bein’ honest
It might’ve been a nightmare
To anyone who might care
Thought I could fly (Fly)
So I stepped off the Golden, mm
Nobody cried (Cried, cried, cried, cried)
Nobody even noticed
I saw them standing right there
Kinda thought they might care (Might care, might care)

[Pre-Chorus]
I had a dream
I got everything I wanted
But when I wake up, I see
You with me

[Chorus]
And you say, “As long as I’m here, no one can hurt you
Don’t wanna lie here, but you can learn to
If I could change the way that you see yourself
You wouldn’t wonder why you hear ‘they don’t deserve you'”

[Verse 2]
I tried to scream
But my head was underwater
They called me weak
Like I’m not just somebody’s daughter
Coulda been a nightmare
But it felt like they were right there
And it feels like yesterday was a year ago
But I don’t wanna let anybody know
‘Cause everybody wants something from me now
And I don’t wanna let ‘em down

[Pre-Chorus]
I had a dream
I got everything I wanted
But when I wake up, I see
You with me

[Chorus]
And you say, “As long as I’m here, no one can hurt you
Don’t wanna lie here, but you can learn to
If I could change the way that you see yourself
You wouldn’t wonder why you hear ‘they don’t deserve you'”

[Outro]
If I knew it all then, would I do it again?
Would I do it again?
If they knew what they said would go straight to my head
What would they say instead?
If I knew it all then, would I do it again?
Would I do it again?
If they knew what they said would go straight to my head
What would they say instead?

 

夢を見たよ

欲しいものを全部手に入れた夢

貴方が思ったのとは違うよ

正直に言うなら

アレ、悪夢かもしれないな

誰もが気にしないようなやつ

飛べそうだと思ったのよ

(飛べ)

だから私は黄金時代から飛び降りた

むむむ

誰も泣かなかったわ

(泣かなかった、泣かなかった、泣かなかった)

誰も気づきやしなかったし

私が落ちた場所に皆んなが立っているのを見たわ

気にしてくれてるみたい

(気にしてくれてるかも

気にしてくれてるかも)

 

夢を見たよ

欲しいものを全部手に入れた夢

でも目覚めた時

私は一緒にいてくれる貴方を見るの

スポンサーリンク

 

そうしたら貴方は言うのよ

「俺が居る限り

誰もお前を傷つける事は出来ないよ

ここで一瞬に横にはならないけど

お前も学べるよ

自分自身を理解させるために俺は別のやり方もできる

お前には

「君は奴らには勿体ないよ」と言う言葉を

なぜ聞くのか不思議じゃないだろうしな」

 

私は叫び声をあげようとしたの

でも私の頭は水に浸かっていたのよ

皆んな私が普通の娘じゃないから

弱いと言うの

悪夢になったかもしれない

皆んなそこにいるように感じたの

まるで昨日みたいに感じる一年前の世界だった

でも誰にも知られたくないの

だって皆んな今の私から何かを得たいと思っているからよ

彼らを失望させたくないわ

 

夢を見たよ

欲しいものを全部手に入れた夢

でも目覚めた時

私は一緒にいてくれる貴方を見るの

 

そうしたら貴方は言うのよ

「俺が居る限り

誰もお前を傷つける事は出来ないよ

ここで一瞬に横にはならないけど

お前も学べるよ

自分自身を理解させるために俺は別のやり方もできる

お前には

「君は奴らには勿体ないよ」と言う言葉を

なぜ聞くのか不思議じゃないだろうしな」

 

もし自分が全てを知っていたら

私は又、同じことをするかな?

私は又、同じことをするかな?

もし皆んなが言うことが

私の頭に真っ直ぐ撃ち抜くって知っていたら

皆んな代わりになんて言うんだろう?

 

もし自分が全てを知っていたら

私は又、同じことをするかな?

私は又、同じことをするかな?

もし皆んなが言うことが

私の頭に真っ直ぐ撃ち抜くって知っていたら

皆んな代わりになんて言うんだろう?

 

Songwriters:  Billie Eilish O’Connell, Finneas Baird O’Connelle

Translator: Lyra Sky 和訳

リリースしてからミュージック・ビデオが作られていない所が気になる。

他人から見たら、この歌詞は、何の変哲もない悪い夢を見た時のお話しだろう。

でもこれが、一番本人がきにしてることだったら?

いつも悩んでいる事、もしくは無意識におそれていることだったら?

結構Lyraも悩むと考えすぎて夢に見たり、体調が(胃が痛いとか体に出る)悪くなるから、Billieに気持ちが分かって、彼女が心配になった。

痛みというのは、身体的にしろ精神的にしろ、Heavyなことなのに、現実的に言って当の本人にしかわからないという辛さがある。

想像力がある人や、相手の身になって考えられる能力(もはや能力よ、わからん人が多すぎだから)を持つ人ならば、理解してくれる。

だが実際の所、この世界にはその能力者は、非常に少ないと来ている。

貴方の周りに優しい能力者がいるのならば感謝して大切にしてあげて。

Billieは世界中に知られ、人気があり、愛されている。だがその中で真実の人間関係など一握りに違いない。

目まぐるしい世界での重圧、おべっか、裏切りなど。

Billie は知らないうちにプレッシャーにやられたのかもしれない。

だが、信頼できる人、たった1人の理解者がいたから救われた、、、その想いを歌詞にした。

Finneas だ。

スポンサーリンク

2016年【Ocean Eyes】をサウンドクラウドでリリースしてから、突っ走って来たBillie。

アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアでトップ1 に輝き、商業的成功も手に入れアメリカ人シンガーソングライターの1人になった。

まだ17歳になったばかりにも関わらず、2019年3月29日リリースのデビュー・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』は、批評家にも音楽ファンにも大絶賛されているし、チャートインもしている。

アメリカレコード協会(RIAA)からゴールド7個とプラチナム2個を獲得するなんて凄すぎる速さの栄光だ。

だが、その栄光ともいえる短期間でのキャリアアップは、Billieには重圧が強すぎるのだろう。

周りからの視線や、人気者には付き物のバッシングや悪口。

色んな人間たちが、成功者には群がってくるために、善悪の選別も命がけだろう。

信じられるのは、家族だけなのかもしれない。

もしかしたら、プライベートも音楽制作も一緒に行う、実の兄のFinneas Baird O’Connellしか何もかもわかってくれる人は、いないだろう、

(click to amazon↓↓ ) Debut  Album “When We All Asleep Where We Go” [Analog 12inch, CD, Streaming] クリックしてアマゾンへ↓↓

Billie は、Finneas のことを音楽を作るにあたってパートナーと呼んでいる。

Finneasが Billie の作った曲をプロデュースし、ライヴでも一緒にプレイし、サポートしているのだからより信頼感が強くなるだろう。

「完全に話を作り上げてそのキャラクターになりきる」ことと「架空の曲」を作ることが好きらしい。

中には、兄妹の実体験から書いた曲もある。

それが今回の【Everything I Wanted】に反映されている。

Billieが悪夢を見た後にどうしようもない気持ちになり書いたのだ。

「私が飛び降りても誰もないていないの。一緒に仕事している人も皆んなタダ見ているだけ。ファンですら気にもしないのよ。それで怖くなって死にそうになった。だって一緒に仕事していたり、仲良しの友達も皆『私たちは彼女のことを全然好きじゃないわ』って感じなんだもの。もうダメだと思ったわ。だから、曲にして書いてどうにかやり抜こうとしたの。インターネットの世界やSNSは私をダメにするわ。あんなのクソよ」

Billieは怖い夢に押し潰されないために書いたのが、この【Everything I Wanted】なのだ。

Billieは時代の申し子かもしれない。

既存の音楽活動よりも軽やかに、手軽に配信できる世界に生きて、波に乗り、ネットの世界も利用しながら、自分たちだけでやって来た。

だが時代の申し子らしく、心ない人間たちの洗礼を受けてしまう。

顔面けいれんしているシーンが編集されている動画がアップされてしまい、2018年11月27日にトゥレット症候群を患っていることを公表しなければならくなったのだ。

マスコミには、わざと来ているダボダボの服を奇妙に思われ、それは自分のポリシーであると、一々説明しているのを見た時は、身に詰まる思いがした。

売れっ子だからしかたないが、何を着ようとBillieの好きなようにしたら良いのよ。

それを、疑問視するだけならともかく、非難する人間の気が知れない。

その重圧からは、分からないが、Billieが見た悪夢をこの【Everything I Wanted】に書いた。

書かなければ自分がこわれてしまいそうになるからだ。

そしてそんな悪夢からBillieを助け、手を差し伸べてくれるのがFinneasなのだ。

「2人とも同じようなことを乗り切ってきているから、私と兄が経験したことが曲にミックスされているの。」

 

(click to  amazon↓↓ ) Single “Everything I Wanted” [Streaming] クリックしてアマゾンへ↓↓

2人は、「皆が考えていることだけれど、誰も口に出さない」ことや「とても興味深い歌詞で会話風」な言葉で書くようにしているらしい。

何か Lyra と同じだなと思った。人にわかりやすい言葉で、同じような気持ちで書きたいと気を付けて来たからだ。

良く知識のない人が「難しい言葉を書けば頭が良いように見えるだろう」と湾曲的に書いたり、専門用語を多用したりするけれど、あれは誰にたも伝わらない。人の心にはダイレクトに響かないのだ。

酷いと80%も相手には伝わっていないよ。早く気づいたら?

 

昔、頭が良く学部長もより多方面で活躍していた教授がいた。学生達や教授達からも「鬼の〇〇」と言われ恐れられていた。

だから「Lyra良い?あの〇〇教授の授業は取っちゃダメだよ。皆んな泣かされているんだから、殺されるよ、やめな」と先輩や友人にアドバイスされた。

だが大学院になり、どうしても鬼の教授の授業を1つ履修しないと余裕を持って単位が取れないために履修した。

授業はLyraと教授だけだ。(その年大学院に受かったのが2人だった。片方は教授が怖くて履修せず)。

初め「女の子だから村上春樹好きです〜でしょ?」とふって来た鬼教授。その為、Lyraは、正直に「私は龍派ですよ。それに好きな作家はS・KingやBurroughsやGinsburgやHuysmansですから」とムカつき気味に話した。

すると教授の顔がパッと電気が灯ったかのように輝いた。

そのあとは、授業そっちのけで互いにアメリカの生活のこと、教授が生活していた70〜80年代のニューヨークの話をしたのを覚えている。

そして、まるで教授は小躍りするかのように、「僕はStephen Kingを読んだことがないんだよ〜。どんな感じなの?Lyra教えてよ。」と知らないことを知らないと言える人間であり、好奇心旺盛に聞いて来たのだ。小娘に。

それからは、まるで友達のように話しかけてくるし、フランクで噂と違い、びっくりしてしまった。

それからずっとLyraは履修したし、彼がいたからLyraは持ち堪えられた気がする。

嫌な教授が派閥争いからLyraが、その鬼教授と仲が良いからと、嫌味を言われレポートを受理しない様なことを言われた時も、泣いているLyraを励ましてくれたのは鬼教授だった。

本当に頭の良い人は偉ぶらないし、難しさより、相手に分かる言葉で伝え、話す。

そして、心を許したものや気が合う人間に寄り添えるのである。

卒業してからも「Lyraよ、遊びにおいで。私は月曜日と水曜日と…」とハガキ一杯に、自分が大学院にいる時間を書いて誘ってくれていた。とても優しい、尊敬できる素晴らしい教授であり、鬼さんでした。一生忘れません。出来たらこれからも、そちらからLyraを見守って下さい。ついでにLyraのMa&Paに会ったら宜しく〜。

BillieにとってFinneasは、それ以上の存在だろう。兄弟の絆と、なんでも分かり合える感性をもつ同志なのだから。

そして、道を示してくれる尊敬できる存在なんだと思う。Lyraもそんな人に出会いたいなあと願うよ。

Finneasは言う。「 Billie が自分自身に関連付けられる内容で、歌いながら楽しむことができ、歌詞を強調させて、彼女のものにできる」よう心掛けているという。

「彼女が伝えたいストーリーを伝える手伝いや、彼女からの意見も得て、彼女のアイデアにも耳を傾ける」とも。

この徹底なるサポートぶり!

妹想いの兄と言うだけでなく、仕事面でも細かいところまでヘルプする敏腕ぶりにLyraは、拍手を送りたい。

Finneas自身も来年から自分のリリースをすると言っている。

最近Lyraが和訳&解説したSelenaの曲のソングライティングにも、名を連ねているFinneasは、どんどん売れっ子プロデューサー、ソングライターになるだろう。婚約もしたしね。Happy続きだわ。

*和訳【Lose You To Love Me/ Selena Gomez】ジャティン・ビーバーとセレーナの関係を解説! Song for Justin Bieber

 

Billieには心強いFinneasがいる。

売れっ子になっても Billie のサポートを上手くやって行って欲しいと願わずに居られない。

今日のBillie の誕生日に、小さい時の彼女の映像がUPされていた。

まだ17歳と周りは言うが、小さい時から兄と2人で音楽漬けで歌い、作って来たBillieには長い道のりだったのかも知れないね。

険しい道も楽しい日々も2人で乗り越えて来たのだろう。

これからもBillieは、リアルな言葉で発信して行く。

世界中に囁くように歌い、

ヘッドバンキングして踊り狂い、

皆に笑顔と最高のサウンドを発信して行くのだ。

夢ではなく現実のこの世界で…

信じ合える人と。

Happy Birthday, Billie Eilish! Kick Ass this World from now on!! I love You!  💕 Lyra Sky

 

スポンサーリンク

“everything i wanted” sees Billie recalling a nightmare she experienced where she committed suicide and saw all her friends and fans turn their backs on her. The song also showcases Billie’s strong relationship with her brother FINNEAS, as he’s the one she goes to for support when dealing with these types of problems.

(click to amazon ↓↓ ) Reserve “Billie Eilish 12/18 Birthday Anniversary -Airbrush Flames Bloush Foodie” [Clothe]予約商品、誕生日記念オフィシャル、クリックしてアマゾンへ ↓↓

as well as a nightmare that the singer had. The nightmare involved Billie “stepping off the Golden Gate and finding out that people didn’t like her as much as they let on”. The singer also said, “We started writing it because I literally had a dream that I killed myself and nobody cared and all of my best friends and people that I worked with basically came out in public and said, like, ‘Oh, we never liked her.’ In the dream, the fans didn’t care. The internet shit on me for killing myself, all this stuff, and it really did mess me up.”

View this post on Instagram

18 tomorrow

A post shared by BILLIE EILISH (@billieeilish) on

 

This is Billie Eilish’s first single released after her debut album, WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?. The song was announced on November 11, 2019 via Twitter and Instagram stories, and had been previously teased on November 5th, 2019. On November 12, 2019, one day before its release, Eilish teased a 12-second snippet of the track via Instagram. A year before the track’s release, an eight second instrumental clip of “everything i wanted” could be heard in the background of one of Eilish’s Instagram stories.

Eilish performed the song live for the first time on the final stop of her When We All Fall Asleep Tour in Mexico City  and in an Apple Live acoustic show in San Francisco.

Credits and personnel

  • Billie Eilish – vocals, songwriter
  • Finneas O’Connell – producer, songwriter, engineer, backing vocals, drum programmer, bass, piano, synthesizer
  • John Greenham – mastering engineer
  • Rob Kinelski – mixer

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪