【Black ‘N Blue /I’ll Be There For You】 和訳 Influenced American Bands! Bon Joviと違うのは何故?

“Black and Blue”と言う言葉を見たら普通、The Rolling Stones ローリングストーンズのアルバム『ブラック・アンド・ブルー』を思い出すだろう。

でも、やっぱLyraは、変みたいよん。

だってHeavy Metal Band メタルバンドが真っ先に思い浮かぶんだもん。

凄いだろっ、エッヘン( ̄^ ̄)ゞ

( ↑ 全然凄くない)

今日 Lyraが和訳するのは、アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド出身のHeavy Metal, Glam Metal Bandの Black ‘N Blue ブラックアンドブルー(ブラックン・ブルー)。

世間ではヘビーメタルにカテゴライズされているが、Lyraは彼らは、もっと聴きやすい Pop Rockよりなバンドだと考えているから、ヘビメタ嫌いな人も気にいるよん!

スポンサーリンク

Black ‘N Blueは、1981年ハイスクールの友人だったVo. Jamie St. James ジェイミー・セント・ジェイムスとG. Tommy Thayer トミー・セイヤーが結成し、1982年Metal Bladeの新人発掘のイベントな Metal Massacreに参加した (‘Chains Around Heaven” て曲で)。

このイベントは音源化されていて、あのBig Metal BandのMetallica も参加していた第一回のものだ。

Black ‘N Blueは、認知度が現在の日本では丸っ切りないが(当時もそうなんかな?) 、本国アメリカでは大期待の新人だった。

LA メタルと日本で言われているバンドの中でも代表的なバンドだったRattやSteelerなんかをカットしてまで、このBlack ‘N Blueをレコードに入れたと言うのだから、如何に彼らが期待されていたか、人気があったか分かるでしょ?

この直後、大手レーベルGeffen ゲフィンと契約、メジャーデビューを果たす。

Black ‘N BlueはLA Metalの先陣を切って行く。

1980年代のアメリカンロックを駆け抜けて行った彼ら。

Black ‘N  Blue の曲はどんな歌詞だったか気になるでしょう?

Lyraが和訳したのを紹介しますね。

その後に又お話ししましょう。

今日Lyraが選んだ曲はBlack ‘N Blueの1986年の3rd Album “Nasty, Nasty” から【I’ll Be There For You】。

Kissの Gene Simons ジーン・シモンズがプロデュースしたアルバムだよ。

( Click to amazon ↓ ↓ ) 3rd Album “Nasty, Nasty” CD.    クリックしてアマゾンへ  ↓ ↓

 

Black ‘N Blue is an American heavy metal band from Portland, Oregon. The current members are singer Jaime St. James, bassist Patrick Young, drummer Pete Holmes, guitarist Bob Capka, and guitarist Brandon Cook.  The band is known for their song “Hold On to 18” from their eponymous debut studio album, Black ‘n Blue, released in August 1984.

スポンサーリンク

= I’ll Be There For You =

In the shadows, we all let go
Walk away before it breaks our hearts
Dreams can fall through, trouble finds you
Who will hold us in our darkest hour
Heartache callin’, we can’t hold it in now
Find a way we’ll make it through the night
I’ll be there for you
When you need someone
If you get lost down a dark, lonely road
I’ll play on your side
You can count on me, just say the word and I’ll
Be there for you
Be there for you
On the ouland, see the empty faces
Turn their eyes away, don’t hear your voice
Find a true friend, you’re a rich man
Live a little and have too much choice
Friends and lovers, shouldn’t be like strangers
We’ve come to far to ever turn away
I’ll be there for you
When you need someone
If you get lost down a dark, lonely road
I’ll play on your side
You can count on me, just say the word and I’ll
Be there for you
Be there for you
And it hurts to be lonely
It’s the coldest game in town
Won’t be afraid if we only
Oh, just let it out

(Solo)

I’ll play on your side
You can count on me
Just say the word and I’ll
Be there for you
Be there for you
I’ll be there for you
Na na na na na
Na na na na na na
I’ll be there, I’ll be there
Na na na na na
Na na na na na na
Na na na na na
Na na na na na na

 

裏からひっそりと俺たちは逃げ出した

心臓が爆発する前にここを離れろ

夢は抜け落ちてしまい、いざこざが又君を見つけ出すだろう

誰が一番最悪な時に俺たちを守ってくれる?

呼び続ける激しい心の痛み

もう今じゃ、俺達には手に負えないよ

夜をやり過ごす道を探そうぜ

 

俺が側にいるよ

君が誰かを必要としている時は

暗闇の孤独な道を迷ってしまったら

俺が君の側で灯りを灯してやるから

俺を頼ってくれよ、言うだけで良いから

俺が側にいるよ

側にいるよ

 

 

遠い場所で、虚しい顔を見ろよ

彼らは目を逸らし、君の声は聞こえない

真の友を見つけろよ

お前は大金持ちだろ

質素に暮らして未来は明るいじゃないか

友達に恋人たち、よそ者になるべきじゃないぜ

戻るには、随分と遠くまで来てしまったな俺達

 

俺が側にいるよ

君が誰かを必要としてる時は

暗闇の孤独な道を迷ってしまったら

俺が君の側で灯りを灯してやるから

俺を頼ってくれよ、言うだけで良いから

俺が側にいるよ

側にいるよ

 

スポンサーリンク

 

1人でいることが君を痛めつけている

それは、町で生きていく冷酷なゲームだよ

恐れないで、俺たちだけだったとしても

ああ、さらけ出しちまえよ

 

俺が君の側で灯りを灯してやるよ

俺を頼ってくれよ

言うだけでいいから

俺が側にいるよ

側にいるよ

俺が側にいるよ

ナ、ナ、ナ、ナ、ナ、

ナ、ナ、ナ、ナ、ナ、ナ

俺が側に、俺が側に

ナ、ナ、ナ、ナ、ナ、

ナ、ナ、ナ、ナ、ナ、ナ

ナ、ナ、ナ、ナ、ナ、

ナ、ナ、ナ、ナ、ナ、ナ

Translator: Lyra Sky 和訳

何だろ、このVideo見てると懐かしい気持ちになるのよね。

多分、MTVが急成長し、ロックがポップスと同じくらいメジャーになった時代の Hard RockやHeavy Metalの売れる良い要素が詰め込まれているからじゃないかしら?

見てるとダサいのよ、、、VocalのJamieの衣装なんてQueenクイーンの Fredy フレディばりにヤバイ全身タイツだし!

左から右にGuitarやBassが一緒に移動するとかさ、

サビで皆んなで一緒にNa,na,na,na〜♪と歌う所とか、

何か全部ダサいんだけど、これの丸っ切り全部が、のちのBon JoviやRattやSkid Rowがやってることじゃない?

流石にBlack ‘N Blueと同じMetal Massacreの栄誉に選ばれたMetallicaは、彼らの真似はしていないけれど(笑)、Rough CuttとかDokkenとか、LA Metalと言われるバンドから、1990年始めまで続くアメリカンロックを代表するイメージを既に、1986年の Black ‘N Blueは持っていたことになるから凄い。

言っちゃ、悪いけれど顔は似ていないけれどBon Jovi… これの真似していない?

曲調は違うけど、バラードで”I’ll Be There For You”あるじゃんね、Bonさん… ( Lyra昔からJonと言うよりBonさんて言いたがり〜♪ なの)

この【I’ll Be There For You】の初めとか”Bad Medicine〜♪”に似てる気しちゃうし、曲調もあの曲に、、、て前からBonが真似してるのかなーなんて思ってたの。

で、何か調べてたらLyraの予想大当たり〜 、Bon Joviがこの Black ‘N Blueの 2nd アルバムの曲やサウンドのクオリティの良さにビックリして、「誰がこのバンドのプロデュースしたんだよ?俺のレコードでもやって欲しい!」と言って、あの世界中で売れまくったBon Joviがスターダムにのし上がるキッカケになった、大ヒットアルバム『Sleppery When Wet』にBlack ‘N Blueのプロデューサー、ブルース・フェアバーンを起用したんだって言うんだから、、、はっきりとパクりはしなくても、Black ‘N Blueというバンドのサウンドカラーや、売れ線な爽やかさと、Rock色をうまい具合にMixした聴きやすいHeavy Metal / Hard Rockを自分たちのサウンドやイメージに取り入れて『売れるBon Jovi』作り上げた気がするのよ!

間違いないんじゃない?

( Click to amazon ↓ ↓ ) 2nd Album “Without Love” CD.   クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

別にパクってると言ってるんじゃないのよ。(曲名同じのあるからBonさんパクリ疑惑あるけど…てか、同じの母国語の英語喋ってんだから、同じにもなるわよね〜とフォロー。)

パクりは絶対にダメよ!パクる奴は自分で考えない馬鹿だから結局、最後ダメになるわよ!

ただ、音楽の世界や映画にしろ、先人の良いアイデアや作品にインスパイアされて、似た作風になってしまうことは良くあること。

だから、Bonさんがこの耳に残るサウンドや覚えやすくて分かりやすい歌詞に影響されちゃうのも仕方ない気がしますね。

それだけ、このBlack ‘N Blueは良い曲を作る才能があったバンドだったと言うことなのよ。

スポンサーリンク

この3枚目のアルバム『Nasty,Nasty』は、さっき話したようにKISSのGene Simons ジーン・シモンズがプロデュースしたんだけど、良い具合に少しKISSのキャッチーさも出ている。

Geneてプロデュースのお仕事をあちこちでやっているのだが、良い具合に、何処へ行ってもKISSサウンドが出ちゃうから面白い人だなーと感心しちゃう。揺るぎない自分を持ってる人なんだね。

この3枚目のアルバムでGeneとBlack ‘N BlueのリードギタリストのTommy Thayerは、出会った。

( Click to amazon ↓ ↓ ) 3rd Album CD “Nasty, Nasty”        クリックしてアマゾンへ ↓  ↓

まあ、お仕事を一緒にしました、て事なんだけど、、、まさか、その後、うん年後?10年後?KISSのギタリストになるとはね!

誰が想像出来ただろう。

このアルバムの後、1988年に4th Album”In Heat”をリリースしてBlack ‘N Blueは解散してしまう。

Skid RowやGuns ‘N Rosesに時代がシフトしたからか?

時代が変わってしまいLA の空気ではなくなったのかもしれない。

それぞれソロ活動をしたり他のバンドに加入したりしていたが、2011年に再結成ライブをした後にアルバムリリース。

そして、現在、又Black ‘N Blueとしてバンドは活動していると言う。

ビッグヒットする要素がありながら、勿体無い立ち位置でいたBlack ‘N Blue。

また、ビッグヒットかまして欲しいです。

この歌詞は、励ましの歌。

ちょっと子供っぽい気もするけれど、家計のやりくり?みたいな1行があるので大人の歌でもありますな。

無駄遣いせずに、働いてソコソコお金持っているし、友人もいて恋人もいるんだから、そんな後ろ向きになるなよ!って励ましてるのよね、これ。

なんだ、幸せじゃん!

Genaジーナがお金なくて哀しんでいるのを、彼氏のTonyトニーが「大丈夫、幸せになれるよ、、、いつか、、、」なあーんて最低な生活をして神様に祈っているBon Joviの歌詞の主人公たちより全然、幸せじゃんね!

最低さや極貧さが足りなかったから、Bon Joviと違って世界的に売れなかったのかもね。

世の中インパクト!

Deep Impactがある方が勝ちなのよ。

でも、普通は嫌なことはあっても毎日、仕事をしてご飯食べて仲良しと喋っていられる。

家族といられる。

仕事がある。

好きなものを見たり、聞いたりできる。

そう、みんな幸せなのよ。

アレしたい、コレ欲しいって、馬鹿な欲求を満たしたがって、現状の幸せを見ていない。

それじゃ、いかんよ。

小さな幸せからコツコツと!

ってなんかで聞いた気がする。

毎日の幸せを噛み締めて生きていこう!

腐らずに、楽しみながら生きていけば幸せなのよ!

って当たり前のことを気づかせてくれた【I’ll Be There For You】でした。

Black ‘N Blue。

あなた達、実は凄かったのよ。

 

スポンサーリンク

= Black ‘N Blue =

Black ‘N Blue
Origin Portland, Oregon, United States
Genres Heavy metal, glam metal
Years active 1981–1989, 1997, 2003, 2007, 2008–present
Labels Geffen, Frontiers
Associated acts Kiss, Warrant, Malice, Vicious Rumors
Website http://blacknblueofficial.com/
Members Jaime St. James
Patrick Young
Pete Holmes
Bob Capka
Brandon Cook
Past members Tommy Thayer
Jeff Warner
Virgil Ripper
Shawn Sonnenschein

Black ‘N Blue was formed in November, 1981 by high school friends Jamie St. James and Tommy Thayer in Portland, Oregon. Originally calling themselves Movie Star, the band later chose the name Black ‘N Blue based on their ‘in-your-face’ sound and denim and leather look. The band got their first break in 1982 when heavy metal fanzine editor Brian Slagel heard their song demo of “Chains Around Heaven” and subsequently added the track to his first edition of Metal Massacre — an independent compilation album that also introduced newcomers Metallica, Ratt, and Malice.

Early Success

Black ‘N Blue moved to Los Angeles in 1983 making an immediate name for themselves in the Hollywood club scene. Within six months the band signed a worldwide recording contract with Geffen Records, releasing their self-titled debut album, Black ‘N Blue, in August 1984. The Dieter Dierks-produced album included “Hold On to 18,” which was released to radio and MTV and became a moderate success, boosting album sales.

A follow-up album, entitled Without Love, was released the following year. This album saw the band modify their original rougher, hard-edge sound in favor of a more polished, radio-friendly pop-metal approach, a move that alienated many fans. Although the tracks “Without Love” and “Miss Mystery” were both released as singles, neither of them saw major chart success. A third track from this album, “Nature of the Beach” appeared in the film Vision Quest and also appeared as the B-side to the Madonna single “Gambler” from the same movie, although it was not included on the soundtrack LP.

スポンサーリンク

Later Years and Solo Careers

In 1986, Black ‘N Blue gained the attention of Kiss bassist Gene Simmons, who would later take over as the band’s producer for their next two albums. The band would go on to release two more albums under the Geffen label, Nasty Nasty in 1986 and In Heat in 1988, both of which saw them making a conscious effort to return to the original raw power that characterized the music on their debut. Songs such as “Nasty Nasty” and “Rock On” were minor hits for the band, but neither of the albums could recapture the Black ‘N Blue sound of old, and the band broke up in 1989.

After the band’s breakup, many of the former band members took on different projects. Jaime St. James formed his own solo band, called Freight Train Jane, composed of Tommy Bolan (formerly from Warlock), Scotty Werner, and Davy Jones. Freight Train Jane released only one album of the same name, which had little success. Guitarist Jeff “Woop” Warnerwould team up with former Rough Cutt guitarist Chris Hagar in the short-lived Woop & The Count and played for a short time with Kneel Cohn in an early line-up of the band The Dead Stars On Hollywood, which is now based in New York City. Warner later took guitar duties in a new band, NYC. Guitarist Tommy Thayer joined Harlow for their sole album in 1990, played guitar on Doro’s eponymous 1990’s album, before joining Shake The Faith with whom he released America The Violent in 1994. Thayer and fellow Black ‘n Blue member Jamie St. James also starred in the L.A. all-star Kiss tribute band Cold Gin alongside Cold Sweat members Anthony White and Chris McLernon. Deciding to retire as an active musician, Thayer began working as Gene Simmons’ assistant and eventually became the tour manager for Kiss. In 2002 he became the new lead guitarist for Kiss, replacing Ace Frehley (after Frehley’s second departure from Kiss). Thayer’s first album with Kiss, entitled Sonic Boom, was released in 2009 and was very successful. His next album with Kiss, entitled Monster, was released on October 9th, 2012. Pete Holmes took roles in the bands Malice, The Black Symphony and Mandy Lion’s WWIII. He also played alongside Michael Schenker, Uli Jon Roth, Peter Gabriel, and Ted Nugent.

Members

  • Jaime St. James – Lead vocals (1981 – Present)
  • Patrick Young – Bass guitar, backing vocals (1981 – Present)
  • Pete Holmes – Drums (1981 – Present)
  • Bobby Capka – Guitars, backing vocals (2017-Present)
  • Brandon Cook – Guitars, backing vocals (2013-Present)

Previous members

  • Tommy Thayer – Lead guitar, keyboards, backing vocals (still reunites periodically with the band) (1981-1989, 1997, 2007, 2010, 2011, 2018)
  • Jeff Warner – rhythm guitar, keyboards, backing vocals (1982-1989, 1997, 2003, 2007, 2008-2013)
  • Virgil Ripper – Rhythm guitar (1981-1982)
  • Shawn Sonnenschein – Lead Guitar, Backing vocals (2003-2017)

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪