【Bring Me the Horizon / Mantra】 和訳 New Single & Album Release! 類似性2 解説

My Chemical Romanceの【Mama】を解説和訳した時にも話しましたがLyraは、American Horror Storyが好きで特に最近までやっていた【Cult】がお気に入り。

「あの世界観が又もや蘇ったみたいだ!」と感じたのが、これから紹介するバンドの出来立てホヤホヤの曲なの。

 

今日Lyraが和訳&解説するのは、イングランド、シェフィールドを拠点として活動しているオルタナティブ・ロックバンド Bring Me the Horizon ブリング・ミー・ザ・ホライゾン ( 2004- )略してBMTH」。

* Bring Me the Horizon のバンドについては、こちら!

 

イングランド本国は元より、北アメリカ、ヨーロッパを中心に、そのファッション性とともにEmoのシンボリックな存在であり、主に10代の若者に絶大な人気を誇るバンドだ。

スポンサーリンク

 

今月の8月22日数日前に、新曲「Mantra」を緊急リリースしてファンを驚かせているの。

そして6作目となるNew Album 『Amo』を来年1月(2019年1月 ) にリリースすることを発表。

(click to amazon↓↓) New Album Available 11st January. 2019 Release “Amo” クリックしてアマゾンへ ↓↓

2015年の前作『That’s The Spirit』以来約3年ぶりの新作になる。

( *予約が始まったので、上の画像クリックするとamazonに飛ぶから、予約しやすいよ)

いきなり【mantra】がリリースされてみんな世界中、驚いてる。

でも、Lyra が驚いたのがvocalのOli Syksの変貌ぶり!

Tatooが増えまくりと言う毎度のことでなくて、髪の毛が金髪ショートになった、と言うのもあるけど大人なクールさが出たみたい!

それも貫禄ついちゃって「俺についてこいよ!」て存在感が出たようだ。

それは新作が良すぎて自分に自信がついたのか?

ただ単に女が変わっただけじゃなさそうよ(前妻のピクシーと別れて.アリッサになりました、とさ)。

サプライズ・リリースされたファン待望の新曲【Mantra】は、一段とスケール感を増した味わい。

一緒に楽しもう!

Lyraの和訳の後に又お話ししましょう。

“MANTRA” is a powerful but eerie alternative rock anthem that depicts how people blindly follow others. The highly-anticipated debut single off the band’s sixth studio album has Oli asking for people to get behind him to start a cult.

Like their previous album, That’s The Spirit, this song along with the rest of the album was solely produced by Oli Sykes and keyboardist Jordan Fish to allow the band full autonomy of their sound.

スポンサーリンク

= Mantra =

[Verse 1]
Do you wanna start a cult with me?
I’m not vibrating like I ought to be
I need a purpose, I can’t keep surfing
Through this existential misery
Now, we’re gonna need some real estate
But if I choose my words carefully
Think I could fool you that I’m the guru
Wait, how do you spell epiphany?

[Chorus]
Before the truth will set you free, it’ll piss you off
Before you find a place to be, you’re gonna lose the plot
Too late to tell you now, one ear and right out the other one
‘Cause all you ever do is chant the same old mantra
Yeah!

[Verse 2]
Could I have your attention, please?
It’s time to tap into your tragedy
Think you could use a new abuser
Close your eyes and listen carefully
Imagine you’re stood on a beach
Water gently lapping at your feet
But now you’re sinking, what were you thinking?
That’s all the time we have this week

[Chorus]
Before the truth will set you free, it’ll piss you off
Before you find a place to be, you’re gonna lose the plot
Too late to tell you now, one ear and right out the other one
‘Cause all you ever do is chant the same old mantra

 

[Bridge]
And I know this doesn’t make a lot of sense
But do you really wanna think about yourself now?
All I’m asking for’s a little bit of faith
You know it’s easy to believe
And I know this doesn’t make a lot of sense
You know you gotta work the corners of your mind now
All I’m asking for’s a little bit of faith
You know it’s easy to, so easy to believe

 

[Chorus]
Before the truth will set you free, it’ll piss you off
Before you find a place to be, you’re gonna lose the plot
Before the truth will set you free, it’ll piss you off
Before you find a place to be, you’re gonna lose the plot
Too late to tell you now, one ear and right out the other one
‘Cause all you ever do is chant the same old mantra
Oh!

 

なるべき自分にゾクゾクしてるんじゃないよ
生きる目的が必要なんだ
拡大していく悲しみに我慢し続けるなんて無理な話
だから今こそ我々には、新しい階級が必要になるだろう
でも、己の言葉には気をつけないとな
だって俺にはお前をもてあそぶことだって出来たんだぜ
俺様は導師、指導者だからな
あれ、ちょっと待てよ、公現祭てどう書くんだっけ?

 

スポンサーリンク
真実は人間を自由にする前に、困惑させるもの
自分の居場所を見つけ出す前に、その構想を無くしてしまう
今はもう、お前に話すには遅すぎたな
一つの耳と、丁度反対にある耳
だから、お前が今までやった事は全て古きから伝わる真言と同じ詠唱なんだから
ほら!

皆様、お知らせ致しま〜す!
いよいよ皆様の惨劇に着手する時が参りました
新しい乱用者を1人使う事が出来たらって考えております
さあ、目を閉じて注意深く聞いて下さいね〜
さあさあ、波打ち際に貴方が立っていると想像して見て下さいね〜
海は優しく貴方の足を包み込む〜
でも、ホラ貴方は沈み始めた!
さあ、貴方は何を考えていたか⁈
これが、今週、我々が一日中ずっとやっていたことさ

 

真実は人間を自由にする前に、困惑させるもの
自分の居場所を見つけ出す前に、その構想を無くしてしまう
今はもう、お前に話すには遅すぎたな
一つの耳と、丁度反対にある耳
だから、お前が今までやった事は全て古きから伝わる真言と同じ詠唱なんだから
ほら!

 

これが、全ての観念を作り出すとは思っちゃいない
でも、今、お前は本当に自分自身について知りたいのか?
俺が聞きたいのは、ほんのチョットの信仰があるかについてさ
解ってんだろ?信じるなんてたやすいこと
だから、これが、全ての観念を作り出すとは思っちゃいない
わかるか?今、お前は心の隅々にまで働きかけなきゃいけないだぞ
俺が聞きたいのは、ほんのチョットの信仰があるかについてさ
解ってんだろ?たやすいこと、信じるなんてたやすいことなのさ

 

真実は人間を自由にする前に、困惑させるもの
自分の居場所を見つけ出す前に、その構想を無くしてしまう
真実は人間を自由にする前に、困惑させるもの
自分の居場所を見つけ出す前に、その構想を無くしてしまう
今はもう、お前に話すには遅すぎたな
一つの耳と、丁度反対にある耳
だから、お前が今までやった事は全て古きから伝わる真言と同じ詠唱なんだから
ほら!

Translator:Lyra Sky 和訳

もうね、これ【American Horror Story Cult】だって!マジで!

見てない人は分からないだろうけれど、あらゆるカルト集団を話のあちこちに出してきたCultというドラマの話と同じだし、ミュージックビデオのラストの集団自殺するシーンも、世界的に有名な南アメリカの新興宗教団体の集団自殺と全く同じだから、Lyraは「Oli もAmerican Horror Story Cultを見ていたなー!」と思わず叫んでしまったよ!

あのドラマ、見ていたら「胸糞悪いとはこの事だ!」と言うほどの気持ち悪い人間しか出て来ないストーリーなの、

でも、現代アメリカの闇を大袈裟ではあるけど良く捉えていて見ていて真実味溢れていて怖くなる。

そのリアルさにBring Me The HorizonのvocalのOliも影響されたんじゃないかしら?

ひょっとしたらドラマに出るのかな?って予感がした。

まさかね?又Lyraの予感当たる?

歌詞の内容は、今、元ネタの話したように、新しい精神世界や新興宗教団体、もしくは宗教絡みの団体の儀式においでよー、って誘いから始まる。

そして、誘って来た人間自身がGulu つまり、導師であって、人を集めて行く状況や考えを説明している歌だ。

ビデオではOliがGulu役やったり、催眠術しやったり忙しいし、ラストでニヤリと笑うのは、導師の復活つまり、キリストの復活を意味してるわけだが、マントラって真言のことだからキリストではなく、キリスト教が毛嫌いしてきた、ヒンズー教や密教のこと!

だから矛盾があるんだよ。

でも、ドラマの中でも復活をして自分の地位を不動な物にしたがったからこれもドラマからの影響でしょう。

因みに歌詞の the Epiphany  公現祭や顕現日のこと。

ベツレヘムの三博士を祝う1月6日のこと。クリスマスのお片づけはこのひまでにしましょうねん!

他の意味もあるんだけど、この【Mantra】は、マントラの癖に、歌詞は、キリスト教を意識した単語ばかりなので、あえて公現祭と訳しましたよ!

キリスト教信者の人でないと分からない言葉もありますが、分かりやすくまとめてみました。

Lyraは、やっぱイかれたCrazyな歌詞を翻訳すると本領発揮するみたい。

Ha Ha Ha…← Mad?

 

( click to amazon↓ ↓ ) New Album Available 11st, January, 2019 Release. “Amo” [6th Album] CD.   クリックしてアマゾンへ↓↓

来年1月にリリースされルコのアルバム『Amo』は、予約始まったよ!

上をポチるとamazon へ行きます。予約しちゃったよん。

来年リリースの『Amo』は、珍しくロスアンゼルスでレコーディングされ、VocalのOliことOliver SyksとKeyboardsの Jordan Fishがセルフプロデュースしたというのだから、気合いの入り方が今までとは違う。

Oliも、「『Amo』は、愛、という最もパワフルな感情の、ありとあらゆる側面を探った作品だ。良いことも悪いことも醜いことも表現していて、その結果として、これまで出してきた作品のどれよりも実験的で、多様で、変で、そして素晴らしいアルバムを作った」と言っているように、この【Mantra】も『愛』の歌なのだよ。

そして、Lyraには【Mantra】の表現する世界は、神への愛を使いながら、自分を変えたい、ハイスペックな人間になりたい、と言う自己愛をも意味していると感じた、非常に内面的な歌だと考えてる一曲になりました。

キリスト教を否定している誤解されてしまう【Mantra】ってタイトルをワザと使って話題性を出そうとしてるんじゃないのかな、Oliは!

11月からワールド・ツアーを決行することも発表されているBring Me The Horizon。

異常性でカルト的な人気があるLyraお気に入りドラマのように、自分もカルトで密な関係をロックファンに求めてるのかもしれないわ。

サウンドも昔より一気に聞きやすくなったし、骨太になったのも良い驚きを与えてくれた。

*Bring Me The Horizon の昔の歌はこちら!バンド説明もしています。

 

どう?

ザワザワして来ない?

Lyraはザワザワしてたまんない、何かが始まりそう。

新しいBring Me The Horizonの新曲【Mantra】とNew Album『Amo』がもしかしたら新しい世界の幕開けになるかも。

異常性なんてこの際、考えないで、Lyraと一緒にBring Me The Horizonを楽しまない?

彼らが描く新しい魅力的なヘビーサウンドが、貴方を頭の中を再生させてくれるかもよ!

スポンサーリンク

 

【Mantra】

“MANTRA” is the single and Bring Me the Horizon’s 6th Studio Album are going to release next year, on 11th January 2019.

This is a highly-anticipated debut single off the band’s sixth album has Oli asking for people to get behind him to start a cult.

Like their previous album, That’s The Spirit, this song along with the rest of the album was solely produced by Oli Sykes and keyboardist Jordan Fish to allow the band full autonomy of their sound. Oli spoke about this during an interview after the track’s world premiere on Annie Mac’s BBC Radio One Hottest Record show:

We want to do heavy in a completely different way. We wanna do catchy in a completely different way. I mean this is the hardest record we ever wrote and these songs are the hardest songs because we really challenged ourselves to do something completely different and not lean on anything we’ve done before”

Members

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪