和訳【Versace on the Floor / Bruno Mars】解説 Silky Versace Sex 爆発

「秋になったなあ」

と、夜道を歩いている(ドライブしている)と感じる今日この頃。

まだまだ昼間は暑いけれど、夜は少しだけ秋の風を感じる。

今夜は、そんな夜に聴いたらシットリする曲をお届け〜。

大人の恋愛模様をチラ見してるみたいよ。

今日Lyraが和訳する曲は、アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル出身の 歌手、Bruno Mars ブルーノ・マーズ (本名:ピーター・ジーン・ヘルナンデス、Peter Gene Hernandez、1985年10月8日-) 。

スポンサーリンク

グラミー賞を11回受賞、ギネス世界記録を2つ獲得している「最も多くのグラミー賞を獲得したアーティスト」と「一晩で最も多くのグラミー賞を獲得したアーティスト」の一人。

今日Lyraが和訳する曲は、Bruno Marsの3枚目のスタジオアルバム『24K Magic』(2016年)から【Versace on the Floor】。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後にまたお話ししましょう!

 

(click to amazon↓↓ ) 3rd Studio Album “24K Magic” [Streaming, CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

“Versace on the Floor” is a song by American singer Bruno Mars from his third studio album, 24K Magic (2016). Atlantic Records released the song as the only promotional single and the third official single from the album to Hot AC radio in the United States on June 12, 2017. “Versace on the Floor” was written by Mars, Philip Lawrence, Christopher Brody Brown and James Fauntleroy. Lawrence, Brown and Fauntleroy handled the track’s production under the name Shampoo Press & Curl. A remix version composed by French DJ David Guetta was released on June 27, 2017, for digital download and streaming in various countries. “Versace on the Floor” is an R&B song reminiscent of the slow jams from the 1990s, and resembles the early works of Michael Jackson. The song’s lyrics address romance, intimacy and Gianni Versace’s clothing line.

スポンサーリンク

= Versace on the Floor =

Verse 1]
Let’s take our time tonight, girl
Above us all the stars are watchin’
There’s no place I’d rather be in this world
Your eyes are where I’m lost in
Underneath the chandelier
We’re dancin’ all alone
There’s no reason to hide
What we’re feelin’ inside
Right now

[Pre-Chorus]
So, baby, let’s just turn down the lights
And close the door
Oooh I love that dress
But you won’t need it anymore
No, you won’t need it no more
Let’s just kiss ‘til we’re naked, baby

[Chorus]
Versace on the floor
Oooh take it off for me, for me, for me, for me now, girl
Versace on the floor
Oooh take it off for me, for me, for me, for me now, girl

[Verse 2]
Now I unzip the back to watch it fall
While I kiss your neck and shoulders
No, don’t be afraid to show it all
I’ll be right here ready to hold you
Girl, you know you’re perfect from
Your head down to your heels
Don’t be confused by my smile
‘Cause I ain’t ever been more for real, for real

[Pre-Chorus]
So just turn down the lights
And close the door
Oooh I love that dress
But you won’t need it anymore
No, you won’t need it no more
Let’s just kiss ‘til we’re naked, baby

[Chorus]
Versace on the floor
Oooh take it off for me, for me, for me, for me now, girl
Versace on the floor
Oooh take it off for me, for me, for me, for me now, girl
Dance

[Bridge]
It’s warmin’ up
Can you feel it?
It’s warmin’ up
Can you feel it?
It’s warmin’ up
Can you feel it, baby?
It’s warmin’ up
Oh, seems like you’re ready for more, more, more
Let’s just kiss ‘til we’re naked

[Chorus]
Versace on the floor
Hey, baby
Take it off for me, for me, for me, for me now, girl
Versace on the floor
Oooh take it off for me, for me, for me, for me now, girl

[Outro]
Versace on the floor
Floor
Floor

 

今夜は、時間をかけて行こうか

俺たちの空の上の星たちが見ているよ

この世界より

いたいと思える場所はないぜ

君の瞳の中に迷い込んだ俺

シャンデリアの下

2人っきりで踊っているだろ

隠れる理由なんてないぜ

恋に落ちるんだ

今すぐ

 

だからベイビー

さあ、灯りを暗くしようぜ

そしてドアをしめてくれ

ああ、そのドレス、最高だよ

でも、もう、そんなの必要じゃないだろう

だろ?

もうこれ以上

そんなの要らないだろう

ただキスをしようよ

俺たち裸になるまでさ?

可愛い奴

 

スポンサーリンク

 

床に落ちたヴェルサーチのドレス

俺のためにそんなの脱いでくれよ

俺のために

俺のために

今、俺のために

可愛いお前

床の上のヴェルサーチのドレス

俺のためにそんなの脱いでくれよ

俺のために

俺のために

今俺のために

可愛い奴

踊ってくれよ

可愛いお前

 

俺がお前の首や肩にキスしながら

今、お前の背中を見たいから

チャックを外してあげるよ

全てを見せるのを怖がらなくてくれ

お前を抱きしめる用意が俺には出来ているからさ

なあ、お前の頭から踵まで完璧だってことを知っているだろう?

俺の笑顔に混乱しないでくれ

だって今までこれ以上、本気になったことなんてなかったんだぜ

本気にさ

 

だからベイビー

さあ、灯りを暗くしようぜ

そしてドアをしめてくれ

ああ、そのドレス、最高だよ

でも、もう、そんなの必要じゃないだろう

だろ?

もうこれ以上

そんなの要らないだろう

ただキスをしようよ

俺たち裸になるまでさ?

可愛い奴

 

床に落ちたヴェルサーチのドレス

俺のためにそんなの脱いでくれよ

俺のために

俺のために

今、俺のために

可愛いお前

床の上のヴェルサーチのドレス

俺のためにそんなの脱いでくれよ

俺のために

俺のために

今俺のために

可愛い奴

踊ってくれよ

 

これってムード作りだな

感じてるかい?

これってムード作りだな

感じてるかい?

これってムード作りだな

感じてるかい?

これってムード作りだな

お前はもっと良い感じになってるみたいだね

もっと

もっとって

俺たち裸になるまで

キスをしていようぜ

 

床に落ちたヴェルサーチのドレス

なあ、ベイビー

俺のためにそんなの脱いでくれよ

俺のために

俺のために

今、俺のために

可愛いお前

床の上のヴェルサーチのドレス

俺のためにそんなの脱いでくれよ

俺のために

俺のために

今、俺のために

可愛い奴

踊ってくれよ

 

床に落ちたヴェルサーチのドレス

床に

床に

Songwriters: James Fauntleroy, Brody Brown, Philip Lawrence & Bruno Mars

Translator: Lyra Sky和訳

全く、歌声だけで女をその気にさせるなんて、、、何てヤバイ奴。

実際にこんな事はないと思うが、、、

いやありえるな(笑)。

歌詞がグイグイ狙った女迫る男のラブソング。

それに合ったセクシーなビデオだけどBrunoの昭和感が溢れるルックスで、どこかほのぼのして見えるから不思議だ。

ある意味、日常的な彼だからこそ非日常的な強引なビデオであっても、そして、セクシーな歌詞であっても実際にありそうな現実味を感じれるのだ。

特なキャラクターBruno Mars。

そして、迫られている女は、これまたLyraが大好きなZendayaと来てる。

だから、ビデオが嫌味がないし、セクシー過ぎない可愛らしさがプラスされて、とってもファンシーで素敵。

バブリーが似合う2人に見入ったわ。

スポンサーリンク

【Versece on the Floor】は、求愛してる男の歌だ。

ロマンスがこれから始まると言うドキドキした歌詞が魅力的な曲。

肉体関係に持ち込もうとしている男がグイグイ女に迫って行く姿が、こんなにも簡単に想像出来てしまう歌詞もなかなかないわ。

それを、デコラティブでアダルトなファッションブランド Gianni Versaci で味付けしているのだから、いかにもブラックミュージックが好きなファン層な飛びつくシチュエーションだと感じたわ。

バブリー感漂うイメージが歌詞の随所にあるのは、全て【Versaci on the Flnmor】の一行で表しているのだから Lyraは「Bruno スゲ〜♪」と唸ったよ。

バブリーさは、歌詞だけでなくサウンドにも現れていて、聴いていると1990年代のSlow Jam 風だし、このシットリしたポップ感は、Michael Jackson を彷彿させる。

Brunoは、このシットリしたブラックミュージックサウンドを生み出すのが上手いとつくづく思う。

前に紹介した 【Please Me】Cardi B & Bruno Mars 和訳「Cardi Bについて」Cardi B ‘s History

 

もSlow Jam サウンドでレトロでエロい空気感を自分の物にしている。

ダンサンブルでアップテンポな曲を、バックバンドのメンバー達と一緒に騒いで踊っているBruno が、彼の定番と思われがちだが、彼が本領発揮するのはむしろ【Please Me】や今紹介している【Versace On The Floor】なのだ。

それは、全てBruno のイメージを掻き立てるエロい歌詞と、歌唱力の素晴らしさがあるからこそだと思う。

 

( click to amazon↓↓ ) 3rd Album “24K Magic” [Streaming, CD] クリックしてアマゾンへ↓↓


【Versace on the Floor】は、スローバラードだが、実際には6パターンの違ったバージョンがある曲。

“プールサイドバージョン with a piña colada” があり、彼が “fly through a storm on a unicorn … Make love on a mountain, bathe in a fountain”.というロマンティック(というか物語)なのもあったらしい。

だが、ある日、これは歌いたくないな、と思い poolside vibe, はボツにしたようだ。

次が “more epic musical track”. で、何かが彼を飽きさせてしまってボツ。

それ以外にも色々、雰囲気変えたらしいが結果的に、最後に作った “Boyz II Men–ish にしたという。

それがラストに録音したバージョンであり、結果的に12回目の正直(笑)になったのだ。

この曲はゴージャスだ。

それも大人の現在進行形の愛の形。

だからか、ゴージャスなファッションブランドのデザイナーのDonatella Versace も気に入り、Brunoにセクシーな服を着せた。

そして、それがよりBrunoのサウンド作りに貢献したのである。

今から始まる2人の恋にロマンティックなサウンドとエロい歌詞が似合う。

昼間でも意味を気にしない人ならば、リラックスサウンドのカテゴリーに入れて聴いてみてはどうだろう?

Bruno のロマンティックな歌声は、ピリピリした気分をほぐしてくれるとおもうわ。

意味を気にしちゃう人は、、、真っ昼間からザワザワしちゃうから、やめなはれ。

夜まで待って。

1人で「ジィッ」と聞き入れるシチュエーションで聴きましょっ。

恋するドキドキを感じて。

もしくは、好きな人と一緒にいる時に聞こうか?

No, you won’t need it no more
Let’s just kiss ‘til we’re naked, baby

そう、

Let’s just kiss ‘til we’re naked, baby.

XOXO

 

スポンサーリンク

“Versace On The Floor” is a slow-paced track about Bruno Mars’ connection with a woman whose Versace dress rests on the floor while she and Bruno enjoy each other’s company.

This song was released with the pre-order of 24K Magic. “Versace On The Floor” is the third single released from the album, following the title track “24K Magic” and “Chunky.”

The song’s music video, directed by Cameron Duddy and Mars, was released on August 13, 2017, and features American actress and singer Zendaya. Mars and Zendaya have adjacent hotel rooms. As Mars sings, his music has a magical effect on Zendaya next door, causing her Versace dress to unzip itself while she dances to the music. It ends with her dress hitting the floor, followed by a knock on Mars’ door. He performed “Versace on the Floor” during the 2017 Billboard Music Awards and on his 24K Magic World Tour (2017-2018). The song was nominated for The Ashford & Simpson Songwriter’s Award at the 2017 Soul Train Music Awards.

During an interview with Rolling Stone magazine, Mars explained there were six different versions of “Versace on the Floor”. He played the original demo of the track for the interviewer, calling it the “poolside version” with a piña colada” vibe. Mars tells a girl they can “fly through a storm on a unicorn … Make love on a mountain, bathe in a fountain”. However, since he did not want the song to have a poolside vibe, he and his team remixed the track. The new version had the same lyrics, but a “more epic musical track”. According to Mars, this version was set to be on the album, however, “something” was bothering him. “We’re painting this picture … I’m promising the world. But I’m not singing. This is supposed to be a big ballad on the album, but I’m not giving it to ’em! If we’re gonna really, dramatically slow things down, I’ve got to be singing some shit.” At this point, the team decided to work on a new melody and lyrics. The final version sounds like a “Boyz II Men–ish anthem that climaxes with an indelible hook”. According to Mars, the final recording is the 12th version.

In November 2017, Mars was a guest on the Charlie Rose Show. He said the way he dressed and looked when he went into the studio could affect his creativity. For the recording of “Versace on the Floor” Mars and his production team decided to compete to see who could be the “flyest” coming to the studio. Mars arrived wearing a Versace jacket, which made him feel “fancy” and wanting to “have some silky Versace sex”. Both Italian fashion house, Versace, and designer Donatella Versace, who has dressed the singer, inspired the song.

 

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪