和訳【The Disaster Area/ Glasshearts】ミュンヘン発 Bring Me The Horizon似の繊細男子 解説

一聴して「オッ!」となるバンドって、意外と多い。

色々なジャンルの音楽が好きな人は、Lyraのこの惚れっぽさ w が分かっていただけると思う。

心のキャパが広いと言うか、惚れるストライク・ゾーンが広いと言うか。

ただの尻軽と言わないで。

だって惚れても、そこから先、皆んなが皆、続くわけじゃないのだから。

マジで好きになるバンドは、ずっと好きになる。The DoorsやRHCPやDepeche Mode等等…。

そこから先よね。

惚れた後、ずっと好きで居られる音って。

それが本物。

スポンサーリンク

今日Lyraが和訳&解説するのは、ドイツ、バイエルン州ミュンヘン出身のメタルコア・バンド、The Disaster Area ザ・ディザスター・エリア。

 

2012年に結成してから、メロディアスな美しい曲調を得意とする、ハードコアなサウンドを奏でるメタルコアバンドである。

今日Lyraが和訳する曲は、The Disaster Areaの2枚目のスタジオアルバムからのシングル【Glasshearts】。

詳しい解説は、LyraのHipな和約の後に又お話しましょう!

 

(click to amazon↓ ↓ ) 2nd Studio Album “Alpha / Omega” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

The Disaster Area is a metalcore / post-hardcore band from Munchen Germany. The band describes their style as a mix of metalcore with influences from post hardcore and alternative rock.

The Disaster Area ist eine Metalcore / Post-Hardcore Band aus Bayern, Deutschland. Die Band beschreibt ihren Stil als einen Mix aus Metalcore mit einschlägen aus dem Post-Hardcore und Alternative-Rock Bereich.

スポンサーリンク

= Glasshearts =

When it’s dark it’s easier to see
The light to lead us through this misery
Hard not to walk away and put it all to rest
When no one ever seems to care or seems to give a shit

Did you get what you needed?
You took everything we believed in
Gave you an inch and you took a mile
We know the truth but you’re in denial
We are the misled generation
We are the Glasshearts

And I spent to long finding where I belong
I couldn’t see that I was lost
Hard not to walk away and put it all to bed
Go back on what you say and be a hypocrite

I’m talking to ghosts but I’m still speaking too fast
Wouldn’t you like to know if they’re talking to me back?
I’m talking to ghosts and they don’t know what they have
Wouldn’t you like to know if I’ll be taking it back?

 

 

暗くなって来たぜ

この方が良く見える

その光が俺たちをこの悲劇へと誘う

誰も世話してくれる人がいない時や

誰も気にしない時は

歩き難いから

すべて落ち着せておくのさ

 

君が必要だったモノは手に入ったかい?

俺たちが信じていたものを

君は全て手に入れた

どこまで図に乗るやつなんだ?

俺たちは真実を知っているよ

君は否定するけどね

俺たちは騙された世代だ

俺たちはガラスの心臓さ

 

俺は自分がどこ属しているか

長い間探して来たよ

迷っているかさえもわからないんだ

歩き難いから

すべて落ち着せておくのさ

君が言ったことに戻って

偽善者になるよ

 

亡霊に話しかけているよ

まだ俺は早口で喋ってるな

奴らが何て俺に言い返したか

知りたくないかい?

亡霊に話しかけているよ

彼らは自分が何をもっているのか

わからないのさ

俺が何かを得られるか

君は知りたくないのかい?

 

Songwriter: The Disaster Area

Translator: Lyra Sky和訳

この曲を初めて聴いた時、Bring Me the Horisonのエモらしかった時に、つまり初期のBring Me the Horisonに凄く似てると思った。

*【Bring Me Horizon / Drown】 和訳 Appearances are deceptive? Lyrics

 

スクリーモ もクリーンズもVocalのAlexander Maidlと、Guitar& Vocalの Franz Apfelbeckの2人がやっていて上手くまとまっている。

曲もメロディアスで覚えやすい。

それなのに、なぜ日本でも大人気にならないのか?と残念に思うわ〜。

心なしルックスが地味だからか?

似たようなサウンドがありがちだからか?

本国ドイツやヨーロッパ圏で人気のあるThe Disaster Area。

「名前が災害地域だからな〜」なんてベタなこと考えてるのは、Lyraだけか?

世界で売れるって難しい。

スポンサーリンク

2012年結成後、音楽的目標を掲げて道を歩み始めたと言う。

2016年には1st アルバム『Sell Your Soul』Deafground Records)をリリース。

最初の目標を達成した完璧なアルバム作品になりセールスも好調で、又新たに進み始める。

(click to amazon↓ ↓) 1st Studio Album “Sell Your Soul” [Explicit] [Streaming] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

そして2018年、REDFIELD RECORDSと新契約を結び、バンドの歴史における最大のステップとなり、11月には2ndアルバム『Alpha // Omega』REDFIELD RECORDS)をリリースした。

これがきっかけで、ワールドワイドな活動に広がり、SNSでも約5万人のフォロワーを得、アルバムストリーミング数も50万、ビデオ再生は40万回と行く勢い。

2019年には、 a COMEBACK KIDRISE OF THE NORTHSTARPOLARANNISOKAYWALKING DEAD ON BROADWAYDESASTERKIDSUNITY FESTIVALなどのバンドが集まるチェコ最大のコアフェスティバル「FajtFest」に出演。

全国的なショーやフェスティバルのギグをするようになり、 BRING ME THE HORIZONBURY TOMORROWANNISOKAYMADBALLNOVELISTSOCEANS ATE ALASKAなどとフェスなどで、共演するようにな日、ドイツを代表するメタルコアバンドになったのだ。

 

(click to amazon↓ ↓) 2nd Studio Album “Alpha /Omega” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

線の細さが、メタルコア界だと地味になりがちだと思うが、この繊細さを逆手に取って行けば、個性になって良いんじゃないかな?

いっそメタルコアをやめて、Bring Me the Horizonが最近Pop Rock路線に変更したみたいに、モデルチェンジしてしまうか?

このままメタルコアでやる方が個人的には好き。

1stよりメロディアスになってるから、次の3rdアルバムがどうなるか?バンドのカラーは、どうなって行くのか、楽しみにしたい。

歌詞はメタルコアと言うより、完全なるEmoだよ、これ。

明るい光より、闇夜を好み、悩みを抱えて生きている主人公。

騙された世代と言い切り、自分たちの傷ついた心はガラスのハート、、、

やはりこれはTeenager に好かれる歌詞だわ。

歌詞の幾つかに諺が入っていたりするから、Lyraとしては歌詞にもBring Me The Horizonの姿を感じてしまいました。

まあLyraもガラスのハートを持った女なんで(笑)、この気持ち、、、わっかるわ〜。

暗くて人間の偽善や偽りを非難して悲しんでいるけど、寂しくて孤独なのが嫌なのが伝わって来る、、、でも主人公は、聞き手にグチッてるから救わられると思う。

誰かに話す、誰かとコミュニケーションを取るって大切だと思うから。

本気で落ちたら誰にも話したくないもんね。

まだそれが出来ている主人公は、救いがあるよ。

暗くても必ず光は訪れる。

光が現れるには、遅い速いはあるし、巨大か極小か個人差はあると思うけど、訪れた光は見逃さないようにしたい。

暗闇の中にいるのに慣れないように。

貴方には必ず、どん底から抜け出せる翼があるのだから。

 

スポンサーリンク

HE DISASTER AREA play fresh metalcore and melodic hardcore, which stands out creatively, authentically and above all emotionally from the scene.

Since 2012 the band has been on the road with a clearly defined musical goal, which was roughly outlined for the first time in 2016 with the first album “Sell Your Soul” (Deafground Records).

In 2018, the signing at REDFIELD RECORDS was the biggest step in the band’s history to date. In November 2018 came the release of the second album “Alpha // Omega” (REDFIELD RECORDS) with pre-order boxes and sold out headline relesa shows in Nuremberg (Z-Bau), Berlin (Music & Peace) and the Home town of Osterhofen with over 300 visitors!

With the video for the single THE DISASTER AREA take up modern narrative structures as they are known from films or series. “Reborn [Alpha]” marks part two of a story, the first part of which is taken up by the video for “Fade [Omega]” with a feature by Christoph Wieczorek from Annisokay.

THE DISASTER AREA not only has a Germany-wide live fan base, but also understood how vital social media are today. The approximately 50,000 followers, which the band has summed up on all social networks, as well as around 500,000 album streams and 400,000 video plays show that the band can make a lot of noise not only on stage, but also when it comes to promotions!

So far, 2019 has brought further success for THE DISASTER AREA. Shows already booked u. a. At the “FajtFest”, the largest core festival in the Czech Republic, with bands such as COMEBACK KID, RISE OF THE NORTHSTAR, POLAR, the “SummerCore Fest” with ANNISOKAY, WALKING DEAD ON BROADWAY and DESASTERKIDS as well as the UNITY FESTIVAL, other defining milestones in the Be band history.

With nationwide shows and festival gigs, including At the ROCKAVARIA, the five Metalcore starters from the Munich area have long been pulling a fan base beyond all scene boundaries and have already been enthusiastic about shows and tours with scene sizes such as BRING ME THE HORIZON, BURY TOMORROW, ANNISOKAY, MADBALL, NOVELISTS, OCEANS ATE ALASKA LANDMVRKS, OUR HOLLOW OUR HOME and DESASTERKIDS!

 

スポンサーリンク

THE DISASTER AREA spielen frischen Metalcore und Melodic Hardcore, der kreativ, authentisch und vor allem emotional aus der Szene heraussticht.

Seit 2012 ist die Band mit einem klar definierten musikalischen Ziel unterwegs, das 2016 mit dem ersten Album „Sell Your Soul“ (Deafground Records) zum ersten Mal grob umrissen wurde.

2018 folgte mit dem Signing bei REDFIELD RECORDS der bisher größte Schritt in der Bandgeschichte. Im November 2018 kam dann der Relesase des zweites Albums „Alpha//Omega“ (REDFIELD RECORDS) mit innerhalb 1 Woche restlos ausverkauften Pre-Order Boxen und ausverkaufen Headline Relesaeshows in Nürnberg (Z-Bau), Berlin (Musik & Frieden) und der Heimatstadt Osterhofen mit über 300 Besuchern!

Mit dem Video zur Single greifen THE DISASTER AREA moderne Erzählstrukturen auf, wie man sie aus Filmen oder Serien kennt. „Reborn [Alpha]“ markiert dabei Teil zwei einer Geschichte, dessen erster Teil durch das Video zu „Fade [Omega]“ mit einem Feature von Christoph Wieczorek von Annisokay aufgegriffen wird.

THE DISASTER AREA hat nicht nur eine deutschlandweite Live-Fanbase, sondern verstanden, wie überlebenswichtig Soziale Medien in der heutigen Zeit sind. Die rund 50.000 Follower, die die Band summiert auf allen Sozialen Netzwerken hat, sowie rund 500.000 Albumstreams und 400.000 Videoplays zeigen, dass die Band nicht nur auf der Bühne, sondern auch in Sachen Promo ordentlich Radau machen können!

Das Jahr 2019 bringt bisher weitere Erfolge für THE DISASTER AREA mit sich. Bereits gebuchte Shows u. a. auf dem „FajtFest“, dem größten Core-Fesitval Tschechiens, mit Bands wie COMEBACK KID, RISE OF THE NORTHSTAR, POLAR, dem „SummerCore Fest“ mit ANNISOKAY, WALKING DEAD ON BROADWAY und DESASTERKIDS sowie dem UNITY FESTIVAL werden weitere prägende Meilensteine in der Bandgeschichte sein.

Mit deutschlandweiten Shows und Festivalgigs, u.a. auf dem ROCKAVARIA reißen die fünf Metalcore-Durchstarter aus dem Münchner Umland längst eine Fanbase jenseits aller Szenegrenzen mit sich und begeisterten bereits auf Shows und Touren mit Szenegrößen, wie BRING ME THE HORIZON, BURY TOMORROW, ANNISOKAY, MADBALL, NOVELISTS, OCEANS ATE ALASKA, LANDMVRKS, OUR HOLLOW OUR HOME und DESASTERKIDS!

LINE UP:
Alexander Maidl – Vocals (Screams)
Franz Apfelbeck – Vocals (Cleans) + Gitarre
Alexander Kisslinger – Gitarre
Markus Schmidt – Bass
Christopher Zillinger – Drums

 

Diskografie (Discography)

Alben

  • 2016: Sell Your Soul (Deafground Records, Noizgate Records)
  • 2018: Alpha // Omega (Redfield Records)

Singles

  • 2015: Force of Destiny
  • 2015: Sell Your Soul
  • 2016: Moments
  • 2017: Alright
  • 2018: Reborn [Alpha]
  • 2018: 0800-111-0-111
  • 2018: Deathwish
  • 2019: Glasshearts
  • 2020: Exile

Coverversionen

  • 2015: Animals (Original: Maroon 5)
  • 2016: Want to Want Me (Original: Jason Derulo)

Musikvideos

  • 2015: Sell Your Soul
  • 2015: Force of Destiny
  • 2016: Want to Want Me
  • 2016: Moments
  • 2018: Reborn [Alpha]
  • 2018: 0800-111-0-111 
  • 2018: Deathwish
  • 2018: Fade [Omega] feat. Christoph Wieczorek (Annisokay)
  • 2019: Glasshearts
  • 2020: Exile (Live)

 

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。