【Greta Van Fleet / Highway Tune】 和訳 Express Your Feelings Run High! 和訳する時の私の気持ち

ソックリさんて実は凄いと思うのよ!

元ネタに迫るわけでしょ?

声に仕草に、しまいにはスピリットまで乗り移る?

中には、そこから突き抜けてOriginal オリジナルなる人もいるわけ。

今日 Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国ミシガン州出身の2012年結成のロックバンド Greta Van Fleet グレタ・ヴァン・フリート。

メンバーは、ミシガン州人口5,000人の町で生まれ育った、Josh Kiszka ジョシュ・キスカ(vo.)、Jake Kiszka ジェイク・キスカ(gt.)、Sam Kiszka サム・キスカ(ba.)、Danny Wagner ダニー・ワグナー(dr.)による平均年齢19歳の4人組だ。

スポンサーリンク

2017年4月、配信リリースされたデビューEP『Black Smoke Rising』は、アメリカ、カナダのiTunesロック・チャートで1位を獲得。

5月にザ・ストラッツの全米ツアーのサポート・アクトでツアー・デビューすると、ロック・メディア&ロック・ファンが大絶賛!

9月今日、Lyraが和訳した初シングル【Highway Tune ハイウェイ・チューン】が全米ロック・ラジオ・チャートを制覇するなど、全米が最も注目する驚異の新人バンドなの。

 

( Click to amazon ↓ ↓ ) 1st Debute  EP, Analog  “Black Smoke Rising”                 クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

 

その後、前出のデビューEPの4曲と、ニュー・レコーディング4曲を収録した8曲入りダブルEP『From The Fires』をリリースして精力的に活動している旬なバンドだが、音はアーラ、どびっくり。

僅か21歳と17歳のメンバーがやってるとは思えない、Blues Rock ブルーズや 往年の Hard Rock ハードロックサウンドなんだから、聴いてる人は「この目の前にいる若造がマジで演奏してるのか?」と疑いたくなるでしょうね。

( Click to amazon ↓ ↓ ) 2nd EP CD         “From The Fire”                                             クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

Greta Van Fleet is an American rock band from Frankenmuth, Michigan, formed in 2012. It consists of vocalist Josh Kiszka, guitarist Jake Kiszka, bassist Sam Kiszka, and drummer Danny Wagner. They were signed to Lava Records in March 2017 and a month later the band released their debut studio EP, Black Smoke Rising. Their debut single, “Highway Tune”, topped the Billboard US Mainstream Rock and Active Rock charts in September 2017 for four weeks in a row.

A second EP From the Fires, containing the four songs from Black Smoke Rising and four new songs, was released on November 10, 2017, alongside a second single, “Safari Song”. The band’s heavy rock sound is influenced by the work of Led Zeppelin and many other rock and blues acts, with lead vocalist Josh Kiszka having a voice that has been compared to Robert Plant’s “husky howl.”

スポンサーリンク

= Higway Tune =

[Intro]
Oh mama

[Verse 1]
No stopping at the red light girl
Because I want to get your signal
No going at the green light girl
Because I want to be with you now
You are my special
You are my special
You are my midnight, midnight yeah

[Chorus]
So sweet, so fine, so nice
Oh my, my my, my my, oh

[Verse 2]
No stopping on the highway girl
Because I want to burn my gas
There’s one girl that I know I’m never gonna pass
She is my special
She is my special
She is my midnight, midnight yeah

[Chorus]
So sweet, so fine, so nice
Oh my, my my, my my, oh

Oh yeah

[Chorus]
So sweet, so fine, so nice
Oh my, my my, my my, oh, sugar

あー、ママ
赤の信号で、お前は止まるなよ
何故って、俺はお前の合図を受け取りたいんだよ
青信号だからって、お前は行っちまうなよ

何故って今、お前と一緒に居たいからだよ

お前は、俺のとっておきの子だから

お前は、俺のとっておきの子だから

お前は俺の真夜中だよ、真っ暗だぜ、最高さ

 

とっても甘くて、とっても素晴らしくて、凄く気持ちいいよ

ああ、俺の、俺の、俺の、俺の、俺の、ああ

 

高速道路で、お前は止まるなよ

俺のおもしろ話をぶちまけたいからさ

俺が知る限り、お前が初めてだよ、俺が認めようとしてる子は

 

あの子は、俺のとっておきの子だからさ

あの子は、俺のとっておきの子だからさ

あの子は、俺の真夜中だよ、とっても真っ暗だぜ、最高さ

 

とっても甘くて、とっても素晴らしくて、とっても気持ちいいよ

ああ、俺の、俺の、俺の、俺の、俺の、ああ

 

ああ、最高だぜ

とっても甘くて、とっても素晴らしくて、とっても気持ちいいよ

ああ、俺の、俺の、俺の、俺の、俺の、ああ、お前だよ

Translator:Lyra Sky和訳

もう、わかっちゃうよね。

Led Zeppelinでしょ、これ。

って、元ネタを色々、考えたり詮索しちゃダメよねぇ。

わかっているのそんな下世話なこと考えちゃいけないって。

でも、このVocalのJosh のねちっこいハイトーンボイスとこの歌い方は、若かりし頃のロバプラ ( Robert Plant)以外の何者でもないわ。

未だ彼は21歳だから末恐ろしや〜って感じがしますが、よく見てるとベビーフェイスのせいか子供っぽくて歌詞の雰囲気と全く合っていない。

歌は上手いの!

だけど何だろう、歌詞の情景が見えてこないというか、なぞっているだけというか、わかります?そう…

つまり、色気がないんです。

歌は上手いし、演奏も上手い!

だけど、ちょっぴりだけ物足りないの。

スポンサーリンク

他のBassとDrumsなんてまだ、17歳なんだから無理もない。

あったら逆に怖い?

いや、ある子は、あるよね。

多分、この子達はベビーフェイスで可愛から色恋ネタが、まだマッチしないのかもしれない。

まだTeenだし、GuitarとVocalは21歳で双子なの。良く見ると顔は似てますよ、髪型が違うだ〜って感じ。

お父さんもミュージシャンだったから、小さい頃からパパが聴いていたJimi Hendrix, Deep Purpleなどのハードロックが体に染み付いているのだろう。

本人達はLed Zeppelinの影響は周りが言うほど無いって言ってるの。

それより、Joe Cocker, James Brown, Wilson Pickettの方に影響を受けたんだって。皆ソウルフルな方々ばかりね。

まあ、小さい頃から聞いていた曲、つまり、お家で良く流れていた曲って意識してないのかもしれない。

でも、そう言うサウンドの方が自分では意識していなくても、知らぬ間に体内に染み付いていると思う。

そして、より強く影響を受けているし、それを無意識でも自分の体内に取り込んでいる分、オリジナルに変換し易くて、より進化したサウンドとして作り出されるんじゃないだろうか?

音楽的家庭環境と言うか、ロックな家庭環境が良かったって点は、前にLyraが紹介したWarbly Jetsと同じ家庭環境だよね。あちらは、UK Rock中心だからThe Verveぽいサウンドが多いけれど。

あとつい最近、和訳したThe Lemon Twigsも ミュージシャンの親と俳優さんの子供だものね。幼少期から楽器がおもちゃ変わりだった。あそこも兄弟が中心となっているバンドだ。

ロック好きの家庭って仲良しさんが多いから、兄弟で、親子で、ジャムっているうちにバンド が出来上がったんだろうね。

Greta Van Fleetもその系統の成功例になるわけだ。

これから沢山恋をして、色んな出来事を経験して行くうちにギターの音色も艶っぽく(何か嫌らしい言い方だね、これ)なるだろうし、歌詞も同じような内容であっても歌い方がより深くなるだろう、、、と期待してGreta Van Fleetを見て行きたいですね。

( Click to amazon ↓ ↓ ) 2nd EP CD “From The Fires”                                              クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

歌詞は、わかりやすい。

男子が女子と「お付き合いしたいです!」のラブソングだ。

恋をドライブに見立てている歌詞だから、あちこち青信号とかね、スピードとか出て来るのです。

「俺だけのものになって」と言う歌詞は大好きなので、歌詞の言葉は、普通過ぎるから少しLyraはセクシーにしました。

意味は全く同じだし、意訳してないからストレートな翻訳です。

Lyraの和訳、翻訳はストレートに訳しています。

たまに原文が言葉足りない時は、皆様がLyraの和訳を読んでいて分かりやすいように簡単な説明文みたいにワードを足しますが、特に曲の歌詞を和訳する場合は、映画やドラマより忠実に訳した方が良いと考えているので、ほぼ直訳です。

誰かの歌詞と比べて違うと思われる場合は、Lyraの頭の中に浮かんだ映像をリアルに表現しているからというのと、ニュアンスが曲を作っているソングライターや作詞家と近いからでしょうか?作詞家の後ろに広がる世界をLyraは見ています。

そこが違うのかもしれませんね。

あと、変な単語が好きなのと、普通の人が知らない事を見たり聴いたりするのが好きだから、普通に和訳する人間が知らない事を知って流から和訳が違うのでしょう。

そして歌詞の和訳は、翻訳する人の性格に左右されるのが大きいんじゃないでしょうか?

前にOasisの【Slide Away】を和訳した時にも話しましたが、和訳する人間がLyraみたいにポジティブ人間だと「2人で生きていこう!」という明るい未来のある和訳にSlide Away もなるし、あの歌の和訳で多いらしい暗い和訳は、Lyraとは真逆な考え方の人が和訳したから、暗い別れた前の女を思い出している歌詞になってしまったんですね。

毎回、励ましの言葉を頂きとっても励みになっています。

ありがとう!

「本当はこういう歌詞の意味だったんですね?」とか、

「和訳がわかりやすくて良かった」とか

「ロックな和訳で好き」とお褒め頂き嬉しくて舞い上がりそうになります。褒めて伸びる子なの (^∇^)

 

Lyraは、人の心を重要視して生きて来ました。

SNSを見てると世の中には真逆な人がいて、愚痴だけを言ったり、他人の悪口ばかり言ってる人がいて凄く怖くなります。

己のことしか見えていなくて周りの心が見えていない人だから恐ろしい。

そう言う人は、自分以外の他人が全て悪に見えてるみたいだから、もう側にに来ないでほしいですね。

そんな人間にはなりたくない。

ハートがわかる人間だし、わかる人間であり続けたいです。

ハートがある文章は最高よね。

そして、ハートがあるロックも最高さ!

感情の奥底から湧き上がるような叫びをLyraは聴きたい。

自分も感情を爆発させたいし、読む人の感情も揺さぶりたいです。

いつか Greta Van Fleet も、今も素敵だけど、今よりもっともっと感情から湧き上がる叫びの歌で私たちを狂わしてくれる日が来るでしょう。

その日は、近いだろう。

来年かもよ?

だってあちこち、ロードに引っ張りだこだから。

何倍もの速さで経験して行くだろう。

だから、その日を楽しみしている。

心待ちにしている。

まずは、この【Highway Tune】を聴いて気分を盛り上げよう!

ハードロックのサウンドに身を任せて踊れ!

So sweet,

So fine,

So nice  !!

 

スポンサーリンク

= Greta Van Fleet =

Origin Frankenmuth, Michigan, US
Genres
  • Hard rock
  • blues rock
Years active 2012–present
Labels
  • Lava
  • Republic
Website Official website
Members Josh Kiszka
Jake Kiszka
Sam Kiszka
Danny Wagner
Past members Kyle Hauck

History

Formation and early years (2012–2015)

The band was formed in Frankenmuth, Michigan in 2012 by brothers Josh Kiszka, Sam Kiszka, and Jake Kiszka, plus Kyle Hauck. Hauck left the band in October 2013 and was replaced by Danny Wagner the same year. The band name was created when one of its members heard a relative mention Gretna Van Fleet, a resident of Frankenmuth; their use of the variation on her name was done with her (subsequent) blessing.

( Click to amazon ↓ ↓ ) Debute, 1st EP Analog “Black Smoke Rising”        クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

At the time Hauck was the drummer, the band recorded and released three songs: “Highway Tune”, “Cloud Train”, and “Standing On”. On February 28, 2014, a live EP was recorded in one take and subsequently released on June 7, 2014.

In 2014, their song “Standing On” was featured in 2014 Chevy Equinox advertisements in the Detroit area.

 

It is one of several songs, along with “By the Riverside”, “Cloud Train”, “Lover, Leaver, Taker, Believer”, “Down to the River”, “Sing in the Rain”, “Thunder Stomp”, “You’re the One”, and “Written in Gold”, that were previously released but are currently unavailable.

Black Smoke Rising and From the Fires (2016–present)

On January 17, 2016 the song “Highway Tune” was featured on the Showtime show Shameless. On March 31, 2017 the first single “Highway Tune” was released on iTunes. On April 2, 2017 iTunes started streaming the song “Highway Tune”. On April 18, 2017 the music video for the song “Highway Tune” was released exclusively on Loudwire.

The band’s debut EP titled Black Smoke Rising was released April 21, 2017. On April 21, 2017 Apple Music named Greta Van Fleet new artist of the week. The band toured with The Struts  during May, 2017.

In October 2017, the band won Best New Artist at the Loudwire Music Awards. The band released an eight-song double EP titled From the Fires on November 10, 2017. In addition to the four tracks from Black Smoke Rising, From the Fires features the new recordings “Edge of Darkness” and “Talk on the Street”, as well as covers of Sam Cooke’s “A Change Is Gonna Come” and Fairport Convention’s “Meet on the Ledge”. The four new tracks were recorded in September 2017 at Rust Belt Studios in Detroit and produced by Al Sutton and Marlon Young, the same duo that produced Black Smoke Rising. The band also released “Safari Song” as a single in October, 2017.

Greta Van Fleet opened for fellow Michigan native Bob Seger at the Dow Event Center on September 7. In November 2017, the band announced that they would begin recording their first full-length studio album shortly after the release of From the Fires, and that they expected its release by mid-2018.

The group performed at Elton John’s Academy Award Party on March 4, 2018 at the host’s personal request. John joined Greta Van Fleet onstage for his “Saturday Night’s Alright for Fighting” and their “You’re the One”

Members

•Josh Kiszka – lead guitar

•Jake Kiszka – lead guitar

•Sam Kiszka – bass guitar, keyboards

•Danny Wagner -drums

Former Member

•Kyle Hauck -drums

Discography: Albums

•Black Smoke Rising -April 21,2017

•From the Fires -Novemeber 10,2017

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪