Joe Strummer and the Mescaleros【Mondo Bongo】和訳 命がけの恋 CIA’s Love Affair

毎年恒例Joe Strummerの命日に彼の素敵な名曲達をLyraが和訳&解説して、みんなと一緒にJoe を偲ぶ日が、今年も来ましたよ。

もう1年経ったなんて!

「『光陰矢のごとし』とは、このことだわ」と当たり前のことを言いたくなるほど、今年は色々な事があり過ぎ〜。

良い事が沢山あった年だからオールOKよ。ただSNSは怖過ぎだったから、ますます命の危険を感じてる。何かあった時の為には、、、ね。

Joeが聞いたらなんて言うだろう。勧善懲悪かもな。

毎年Joe の誕生日や命日にソロの曲にするか、The Clashにするか迷うが、今年は、ヒットチャートが好きな人からしたら、かなりマイナーな曲。でもコアなファンなら、絶対好きになる曲をLyraが和訳したので、一緒に楽しみましょう。

映画でも使用された曲よん。

危険な恋は命がけ。

いや、命懸けの恋だからこそ、燃えるのだ。

今日Lyraが和訳する曲は、モロッコ生まれ、イングランド出身のシンガーソングライター、ギタリストの Joe Strummer ジョー・ストラマー こと、John Graham Mellor ジョン・グレアム・メラー(1952年8月21日 – 2002年12月22日)。

スポンサーリンク

パンクロックバンド The Clash ザ・クラッシュ のヴォーカル兼ギタリストとして有名。

*The Clashについては、こちらなど→ 【London Calling / The Clash】 和訳 Ringing Warning Forever! 鳴り響く警告は何の為?

 

1990年代半ばに、優秀なミュージシャンを集めてバックバンド The Mescaleros ザ・メスカレロスを結成。1999年1stアルバム『X-レイ・スタイル』をリリースし、イギリスと北米でライブツアーをするなど、2002年12月22日にJoeが亡くなるまで、精力的に活動していた。

*ソロ活動については、こちらなど→ 和訳【Johnny Appleseed / Joe Strummer &The Mescaleros】解説 Joeの願いJoe’s Hope!

 

今日Lyraが和訳する曲は、Joe Strummer & the Mescaleros の2001年7月24日リリースの2ndアルバム『Grobal A Go Go』に収録されている曲【Mondo Bongo】。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話しましょう!

 

(click to amazon↓↓) 2nd Studio Album “Global A Go Go” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

 

“Mondo Bongo” is a song by Joe Strummer and The Mescaleros from their album Global a Go-Go, which was used in the film Mr. & Mrs. Smith. Global a Go-Go is the second album by Joe Strummer and The Mescaleros, displaying trademark genre-melding folk-rock and Strummer’s unique lyrical style. As the title suggests, there are world music influences on the album, mostly on the title track and “Bhindi Bhagee”, a celebration of the “humble” but diverse and exciting ethnic and multi-cultural areas of London and other major cities. The album is heavy on acoustic instruments, especially in the instrumental “Minstrel Boy”, a nearly 18-minute-long arrangement of a traditional Irish song. Other topics covered include Strummer’s radio show, which was broadcast on the BBC World Service (Global a Go-Go) and left-wing political issues Strummer was well known for expounding as a member of The Clash. The album was well received by critics and fans, making much more of an impact than the group’s previous effort Rock Art and the X-Ray Style. The title track, “Global A Go-Go”, features backing vocals from longtime friend of Strummer, Roger Daltrey. Pete Townshend is also rumoured to be buried in the mix of “Minstrel Boy”, but this has never been positively confirmed. The cover-art for the album was designed by Josh Shoes and Strummer.

=Mondo Bongo=

There’s something there

I was patrolling a Pachinko

Nude noodle model parlor in the Nefarious zone

Hanging out with insects under ducting

The C.I.A was on the phone

Well, such is life

Latino caribo, mondo bongo

The flower looks good in your hair

Latino caribo, mondo bongo

Nobody said it was fair, oh

Latino caribo, mondo bongo

The flower looks good in your hair

Latino caribo, mondo bongo

Nobody said it was fair

Latino caribo, mondo bongo

The flower looks good in your hair

Latino caribo, mondo bongo

Nobody said it was fair

For the Zapatistas I’ll rob my sisters

Of all the curtain and lace

Down at the bauxite mine

You get your own uniform

Have lunchtimes off

Take a monorail to your home

Checkmate, baby

God bless us and our home

Where ever we roam

Now take us home, flaquito

Latino caribo, mondo bongo

The flower looks good in your hair

Latino caribo, mondo bongo

Nobody said it was fair

Latino caribo, mondo bongo

The flower looks good in your hair

Latino caribo, mondo bongo

Nobody said it was fair

 

ここには何かある

俺がヤクの密売所を見回っていたら

不埒な地域にあるヌード小屋の

裸のストリッパーが

ダクト下でゴロツキ共とデート中

そん時の俺様は

C.I.A.の連中と電話中

ああ

何て人生だよ

 

ヒスパニック系の烙印したような

世界のドラムが鳴る

花々はお前の髪にお似合いさ

ヒスパニック系の烙印

世界のドラムが鳴る

誰も公平とは言わなかったぜ

ああ

ヒスパニック系の烙印さ

世界のドラムが鳴るよ

花々はお前の髪にお似合いさ

ヒスパニック系の烙印

世界のドラムが鳴る

誰も公平とは言わなかったぜ

ヒスパニック系の烙印さ

世界のドラムが鳴るよ

花々はお前の髪にお似合いさ

ヒスパニック系の烙印

世界のドラムが鳴る

誰も公平とは言わなかったぜ

 

サパティスタ民族解放軍の為に

俺は自分の妹達を攫っちまうだろう

それはカーテンとレースを纏った女達さ

ボーキサイト鉱山の下で

お前は自分自身の軍服を着るのさ

昼飯の時間は無しで

お前んちへいく為に

モノレールに乗る

チェックメイトだぜ

ベイビー

 

神は俺たちと

俺たちの家を祝福するんだから

俺たちがあてもなくぶらついていようと

今さ

俺たちを家に連れてってくれよ

兄ちゃん

 

スポンサーリンク

 

ヒスパニック系の烙印さ

世界のドラムが鳴るよ

花々はお前の髪にお似合いさ

ヒスパニック系の烙印

世界のドラムが鳴る

誰も公平とは言わなかったぜ

ヒスパニック系の烙印さ

世界のドラムが鳴るよ

花々はお前の髪にお似合いさ

ヒスパニック系の烙印さ

世界のドラムが鳴る

誰も公平だとは言わなかったぜ

 

Songwriters: Tymon Dogg, Scott Shields, Pablo Cook, Martin Slattery, Joe Strummer

Translator: Lyra Sky 和訳

 

ムードあるサウンドに、実はかなりヤバい事や、時事ネタぶっ込んで来る辺りが、「やはりThe ClashのJoe Strummerだわ」と思うんだが、まあ、知らない人にはアーシーで良いサウンド、と踊ってりゃ良い。

踊ってるのが楽しいなら最高だが、踊らされてるんだったら、アホみたいだけどね。

キッツキツに縛られて、身動き取れなくなってる数字の奴隷こそ、笑える生き物はない。

この歌詞の主人公に一掃してもらおう。

Joe Strummer & The Mescaleros

Joe Strummer & The Mescaleros は1999年に結成し、2002年Joe の死までに3枚のアルバムをリリースしている。

メンバーの殆どがマルチプレイヤーで、オリジナル・メンバーはボーカル兼ギターのJoe 、ギターのAntony Genn アンソニー・ゲン、ベースのScott Shields スコット・シールズ、キーボードとギター(曲によりフルートやサクソフォーンも使用)の Martin Slattery マーティン・スラットリー、パーカッションの Pablo Cook パブロ・クック、ドラムの Smiley (Steve Barnard)スマイリー。このアルバムには、Richard Flack リチャード・フラックも様々な効果音、楽器で参加している。

スポンサーリンク

アルバム『Global A Go Go』

Global a Go-Goは、Joe Strummer & The Mescaleros の2nd アルバム。トレードマークのジャンルを融合させたフォークロックとJoe のユニークな叙情的スタイルのアルバムだ。タイトルが示すように、アルバムは、ワールドミュージックの影響が色濃く出ている。主にタイトルトラックと、ロンドンや他の主要都市の「謙虚」でありながら多様でエキサイティングな民族的および多文化的な地域を祝う【BhindiBhagee】ぽい曲が多い。アコースティック楽器、特に伝統的なアイルランドの歌の約18分のアレンジであるインストルメンタル【Minstrel Boy】に重点を置いているアルバムだとも言える。取り上げられた他のトピックには、BBCワールドサービス(Global a Go-Go)で放送されたStrummerのラジオ番組や、StrummerがTheClash時代に書いていた、左翼の政治問題が含まれている。このアルバムは批評家やファンに好評で、グループのこれまでの取り組みであるロックアートやXray Style よりもはるかに大きな影響を与えた。アルバムのカバーアートは、JoshShoesとなJoe Strummerによってデザインされている。 

 

(click to amazon↓) 2nd Studio Album “Global A Go Go” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

【Mondo Bongo】の歌詞について

 

この【Mondo Bongo】と言う今日は、謎めいた歌詞である。そして非常に官能的だ。

その為か、2005年のハリウッドの超有名スパイ映画『Mr& Mrs. Smith』にも劇中で使用されて、有名になった曲でもある。

Joe がイギリスのパンクロックシーンのパイオニアの1人であるThe Clash のメンバーとして書いたものとは非常に異なるサウンドを持っている。

 The Clashは政治的に非難する歌詞で知られているが、この曲は非常に軽く、ほとんど認識できないくらいの政治的タッチを保持している。

メインの内容としては、地元の女性と恋に落ちて、忠誠心を変えることを余儀なくされた秘密のエージェントの物語である。

CIAは、政府を不安定にするか、適切と思われる反乱を鎮圧するためにエージェントを配置することで定評がある機関だが、そのため、歌詞には曖昧さがあり、別の解釈も出来るようにしてある。Lyraの好きなダブルミーニング。

歌詞の主人公のエージェントは、スパイしていた対象の人々に共感し始め、彼らの文化に恋をし(惚れた女も出来て)、割り当てられたタスクを実行できないことに気付いて行く。

主人公は、リスナーの注意を自分に向けようとしているみたいだ。

だがそれに反して、歌詞は解りにくい。そして曖昧だから意味不明に思う人が多いと思う。ならば、ここで少しだけピックアップして、解説しましょう。

スポンサーリンク

歌詞の表現の解説

初めにある、「パチンコ」はさまざまな方法で解釈出来るだろう。一部では、スラングとしてドラッグゾーンをスパイすることを示しているが、通常の意味は、バーに配置された日本のパチンコのことで良い。

「パトロール」とは、通常、法執行機関、スパイエージェント、または軍隊によって、その地域を監視するためにその地域を訪問することを指している。この箇所の歌詞の場合は、主人公がアングラな施設を定期的に訪問していることを意味しているのだ。

分かりにくいかもしれない表現で、ヌードモデルパーラーはストリップクラブを意味する。そして、ヌードルはペニスの意味もある、、、したがって、ヌードヌードルモデルパーラーは、男性が「ヌードル」を取り出す施設を意味すると考えて良いだろうね。 「悪意のある」とは、主人公がいるパーラーまたは一般的なエリアに関連する日陰/危険を示している。

昆虫の部分は、分かりにくいだろう。これは評判の悪い人々(害虫)、おそらく低レベルの犯罪者を指している。また貧しい、ブルーカラーの個人を指してもいる。主人公は、表面上は情報を得るために、またはアイドル状態のチャットのために、彼らとぶらぶらしているだけだ。

「ダクトの下」とは、壁または天井に密閉された気流パイプを指していて、それらの下に昆虫を見つける可能性が高いから、Joe が、バー/ストリップクラブ内の隅/角のメタファーとしてこの用語を使用している可能性がある。

あるいは、「控除対象外」とは、昆虫が控除対象外であるという事実を指している。つまり、昆虫は主人公を疑ってはいない。主人公は、彼らに溶け込んでいるのだ。

主人公が属しているC.I.Aは、アメリカ合衆国連邦政府の諜報機関である中央情報局の略だ。 CIAは世界中でスパイ活動を行っていることで知られており、ポップカルチャーや一般の人々の理解におけるアメリカのスパイやスパイ活動と強く結びついている。

主人公はおそらくCIAのアソシエイトだ。彼はら彼らと電話をしているので、彼らとコミュニケーションを取っていると言うのが、この歌詞でわかる。

途中出てくる直訳だと「これが人生だ」の歌詞は、理想的とは言えない状況を受け入れることを表すために使用されるフレーズだ。

多くの言語には、このフレーズの変形があり、たとえば、フランス語の「C’est la vie」、スペイン語の「Asíeslavida」などが有名だ。Lyraは、このニュアンスで訳してみたから、「何て人生だよ」と表したのである。

サビの Latino caribo, mondo bongoは、多くの人にとってスペイン語のように聞こえるが、そうではない。mondo bongoは「ワールドドラム」の事だ。 ただし、この行は、施設で演奏されている音楽を表している可能性がある。 ラテン/カリビアンスタイルの音楽は、中央アメリカのどこかにあるようなバーを想像させるし。

因みに【Mondo Bongo】は、アイルランドのバンド、Boomtown Ratsの1980年のアルバムのタイトルでもある。アルバムは施設で演奏されている可能性があるが、ラテン系のカリボは、スペイン語/カリブ海のスピーチの緩い模倣だ。

For the Zapatistas I’ll rob  my sisters の箇所は、サパティスタ民族解放軍のことで、しばしばザパティスタとも呼ばれる、メキシコ最南端のチアパス州に拠点を置く左翼の革命的な政治的および過激派グループのことだ。

だからこの女性は、グループのメンバーであると推測できるため、主人公は政府/ CIAからサパティスタに忠誠を切り替えるよう促されるのだろう。

主人公は、忠誠心を示し、自分が変わったことを彼らに納得させるために、自分の家族とも言えるメンバーから盗むことをいとわないと言っている、、、つまり命がけなのよ〜。

 

(click to amazon↓↓) Compilation Album  “Assembley” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

主人公の男性の新しい人生が、彼に何を提供しなければならないかを歌う。 彼が愛する女性と一緒にいることを意味するなら、彼はスパイとして彼の人生があるのに、どうするのだろうか?

お相手の女性はまた、土地、その地の人々、彼らの生き方の比喩としても考えられると思う。そのために主人公は愛情を育み、忠誠心の変化につながるのだ。

ボーキサイトは、ご存知アルミニウムの鉱石のことであり、家庭用および商業用に非常に多くの用途がある多目的金属のことだ。

新しいブルーカラー鉱山労働者として、主人公は彼の難しい選択が提供しなければならないささやかな利益を評価しようとしているようだ。

そして歌詞に出てくる「ユニフォーム」はそれほど贅沢品じゃない。

あと、昼食をとる時間があることは、ほとんどの先進国での特権ではなく、期待をこめてだ。

Now take us home, flaquito フラキートはスキニーを意味するから、Lyraの和訳を見てみて。

Check mate babyは、これまた意味深だ。Lyraが好きでこのブログで、スラングやダブルミーニングの解説をする「深読みポイント」をしなくても、主人公と彼の愛(土地と人々や、愛した女性)が捕らえられ、ゲームが終了してしまうこととわかるだろう。

チェックメイトとは、1人のプレーヤーがチェスのゲームに勝った時に言う言葉だが、これは人生に勝った意味合いなのか?はたまた彼の人生が終わってしまう最後の足掻きのセリフなのか?

因みにサービスでチェックメイトの別の意味を教えると、スパイの生活を拒否すると、主人公の男性は辞任するし、もはや戦ったり対立したりしないという彼の決定を意味している。

ならば幸せになると良い。

スパイの最期がいつも悲惨だから、たまにはハッピーエンドがあっても良いのでは?

それが天国で、成就する恋だとしても。

Joe Strummer, R.I.P.…

 

(click to amazon↓↓ ) “Joe Strummer 001” [2CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

Mondo Bongo is a highly sensual song with cryptic lyrics, made famous by its inclusion in the 2005 Hollywood spy movie known as Mr. and Mrs. Smith, starring Brad Pitt and Angelina Jolie as a married couple tasked with killing each other by the secret agencies they work for.

The song is from Joe Strummer and the Mescaleros’ second album, Global A-Go-Go, and has a sound very different from anything Joe Strummer wrote as a member of The Clash, one of the pioneers of the British Punk Rock scene. The Clash were known for their politically charged lyrics, and this song retains a very light, barely discernible political touch.

The song has often been interpreted as a story of a secret agent who falls in love with a local woman and is forced to switch his loyalties. The CIA has a reputation for placing agents to destabilize governments or quell revolt as it sees fit. As such, there is an ambiguity in the lyrics which points at a different interpretation: the agent starts to sympathise with the people he is spying on and falls in love with their culture, realizing that he cannot carry on with the task he has been assigned.

The narrator (person referring to themselves as “I” in the song) calls the listener’s attention to a presence.

Pachinko can be interpreted in multiple ways: some sources indicate that it’s espionage-speak for a drug zone, but its usual meaning is that it’s a Japanese game similar to pinball, placed in bars. “Patrolling” refers to visiting an area to keep an eye on it, usually by law-enforcement, espionage agents, or the military. This line means that the narrator is making a routine visit to a shady establishment.

Nude model parlor can mean a strip club, while noodle can refer to penis. A nude noodle model parlor, therefore, could mean an establishment where men take their “noodles” out. “Nefarious” indicates shadiness/danger associated with the parlor or general area that the narrator is in.

Such is life” is a phrase used to express one’s acceptance of less than ideal circumstances. A lot of languages include some variant of this phrase, for example “C’est la vie” in french, or “Así es la vida” in Spanish.

“Latino caribo, mondo bongo” It is difficult to ascertain the meaning of this lyric. It sounds like Spanish to a lot of people, but it isn’t. Mondo Bongo translates to “World Drum” in Portuguese.

However, it’s possible that this line refers to the music that’s playing at the establishment. Latin/Carribean style music would provide hints to the location of the bar, which seems to be somewhere in Central America.

“Mondo Bongo” is also the name of a 1980 album by the Irish band The Boomtown Rats. The album could be playing in the establishment, while Latino Caribo would be a loose imitation of Spanish/Carribean speech. The narrator believes his situation is an unfair one. Considering the general melody of the song and the rough meaning of the verse, it can be assumed the narrator is lamenting that he has become smitten with this woman while on an operation/mission.

The Zapatista Army of National Liberation, often referred to as the Zapatistas, is a left-wing revolutionary political and militant group based in Chiapas, the southernmost state of Mexico.

We can assume that the woman is a member of the group, thus prompting the narrator to switch loyalties from the government/CIA to the Zapatistas. The narrator says that he’s willing to steal from members of his own family in order to make a show of loyalty and convince them that he has turned.

The narrator is describing what his new life has to offer him: he has to leave his life as a spy behind if it means he’s going to stay with the woman he loves.
The woman can also be a metaphor for the land, its people, and their way of life, for which the narrator has developed a fondness, leading to a shift in loyalties. Bauxite is an ore of Aluminium, a multi-purpose metal that has tremendous household and commercial uses. As a new blue collar miner, it sounds like the narrator is trying to appreciate the modest benefits that his difficult choice has to offer.
A uniform to call your own is not much of a luxury. Having some time to have lunch is an expectation, rather than a privilege in most developed nations, one of which the narrator ostensibly comes from.

“Now take us home, flaquito”  Flaquito means skinny. But in this context it’s used as a colloquial term with a meaning that is similar to “dude”.

So he is saying “Now take us home, dude.”

 Personal

Written By Tymon Dogg, Scott Shields, Pablo Cook, Martin Slattery & Joe Strummer

Percussion By Pablo Cook

Backing Vocals By Martin Slattery & Scott Shields

Violin By Tymon Dogg

Spanish Guitar Tymon Dogg

Flute By Martin Slattery

Accordion By Martin Slattery

Release Date July 24, 2001 

Members

  • Joe Strummer – lead vocals, rhythm guitar
  • Martin Slattery – lead guitar, keyboards, saxophone, flute
  • Scott Shields – guitar, bass guitar
  • Antony Genn – guitar (1999–2000)
  • Simon Stafford – bass guitar, trombone (2001–2002)
  • Tymon Dogg – violin, Spanish guitar, keyboards (2000–2002)
  • John Blackburn – bass guitar (2000)
  • Jimmy Hogarth – bass guitar (2000)
  • Pablo Cook – percussion (1999–2001)
  • Luke Bullen – drums (2001–2002)
  • Steve “Smiley” Barnard – drums (1999–2000)

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪