Muse / Pressure 和訳 Nevermind! Beat’em やっつけろ!解説

上手いのよね。上手いの。

演奏力あるから、捻り潰して敵をバッタ、バッタ切り裂いていく感じ。

ゴリ押しで進んで来たら、あっと言う間に人気バンドになっていた。

そんな感じ。

今日Lyraが和訳&解説するのは、イングランド、デヴォン州ティンマスで1994年に結成されたロックバンド、Muse ミューズ。

グラミー賞のノミネート3回(受賞1回)、全世界でのセールスは1500万枚以上を数えるワールドワイドな3ピースバンドだ。(あれ、また3ピース)。

スポンサーリンク

「イングランド南西部には音楽以外楽しめるものが無かった」と言う彼らがDrumsのDominic Howard ドミニク・ハワードのバンドにVocalの Matthew Bellamy マシュー・ベラミーが加入したことから始める。

後にBassの Christopher Wolstenholme クリス・ウォルステンホムが入り現在のラインナップに。

デビュー時には『ポスト・レディオヘッド』と注目され、99年のデビュー・アルバム『Showbis ショウビズ』は欧州周辺諸国や日本で火がつき、逆輸入の形で本国でブレイクした。

今では、最大規模のライヴ動員数を誇るUKを代表するバンドになった。

2009年の5thアルバム『The Resistance』は2011年のグラミー賞で最優秀ロック・アルバムを受賞し、翌年には「Survival 」がロンドン五輪公式ソングに選ばれ、アルバム『ザ・セカンド・ロウ~熱力学第二法則』も4作連続全英1位を記録するなど、シーンのトップを走り続けている。

今日Lyraが和訳する曲は、今秋 2018年9月28日リリースされたアルバム『Simulation Theory』からの4th Single【Pressure】。

新作の楽曲はPop ポップかつElectro Rock エレクトロ・ロックが前面に出ているが、この「【Pressure】は従来のバンドらしい1曲になっている。ストレートなMuseらしいRock Trackという感じだよ。」とMatthew が語っているようにストレートなロックであり、

「要するに10秒ごとに違うリフが登場するというようなね」といったMuseらしい、転調しまくりな曲だよん。

詳しい解説はLyraの和訳の後にお話ししましょう!

(click to amazon ↓ ↓ ) 8th Studio Album “Simulation Theory” [Delux Edition] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

Muse are an English rock band from Teignmouth, Devon, formed in 1994. The band consists of Matt Bellamy (lead vocals, guitar, keyboards), Chris Wolstenholme (bass guitar, backing vocals), and Dominic Howard (drums).

スポンサーリンク

= Pressure =

[Verse 1]
I’m trapped and my back’s up against the wall
I see no solution or exit out
I’m grinding it out, no one can see
The pressure’s growing exponentially
I’m trying to keep up to speed with you
Your lane changing is oscillating me
I’m hitting the ground and I’m sprinting
I’m falling behind now I’m tuning out

[Pre-Chorus]
Pressure building
Pressure building
Pressure building

[Chorus]
Don’t push me (Ah-ah-ah)
Don’t push me (Ah-ah-ah)
Let me get off the ground (Don’t push me)
To you I’m no longer bound (Ah-ah-ah)
Don’t stop me (Ah-ah-ah)
Don’t choke me (Ah-ah-ah)
I need you out of my head (Don’t push me)
You’ve got me close to the edge (Don’t push me)

[Verse 2]
I’m feeling the pressure
I can’t break out
No one can hear me scream and shout
Get out of my face, out of my mind
I see your corruption
I’m not blind
I’ll carry the burden and take the strain
And when I am done I will make you pay

[Pre-Chorus]
Pressure building
Pressure building
Pressure building

[Chorus]
Don’t push me (Ah-ah-ah)
Don’t push me (Ah-ah-ah)
Let me get off the ground (Don’t push me)
To you I’m no longer bound (Ah-ah-ah)
Don’t curb me (Ah-ah-ah)
Don’t thwart me (Ah-ah-ah)
I need you out of my head (Don’t push me)
You’ve got me close to the edge (Don’t push me)

[Instrumental Break]

Pressure building
Pressure building

[Chorus]
Don’t push me (Ah-ah-ah)
Don’t push me (Ah-ah-ah)
Let me get off the ground (Don’t push me)
To you I’m no longer bound (Ah-ah-ah)
Don’t stop me (Ah-ah-ah)
Don’t block me (Ah-ah-ah)
I need you out of my head (Don’t push me)
You’ve got me close to the edge (Don’t push me)

Outro]
Pressure building
Pressure building

 

俺は罠に嵌められてる、背中は壁にぴったり、追い詰められちまった

解決策はないし、出口も見えやしない

だから、それをもみ消しているところさ、誰の目にもつかないようにな

その圧力は、指数関数的に膨らんで行く

お前はコース変更したから、俺はぐらついちまう

俺は地面にぶつかりながら、全力疾走してる

俺は今、遅れをとってるけど、ひっくり返してやる

 

圧力がましてるぜ

圧力がましてるぜ

圧力がましてるぜ

 

押すなよ (ア、ハ、ハ)

押すなよ (ア、ハ、ハ)

うまくスタートさせてくれって (ア、ハ、ハ)

もはやお前のためには、縛られていないんだから(ア、ハ、ハ)

止めるなよ (ア、ハ、ハ)

縛り付けるなよ (ア、ハ、ハ)

俺の頭からお前は出て行く必要があるんだからな (押すなよ)

お前が俺を危機においやってるんだぜ(押すなよ)

圧力を感じる

ぶっ壊れるなんて出来やしない

誰にも、俺の恐怖の叫びや、大声を出してるのも聞こえない

前をどけよ

俺の心の中から出てけ

お前の腐敗なんてお見通しさ

盲目じゃないんだから

重荷を背負って、緊張を取る

やられたら、お前、ただじゃ済まないぞ

 

圧力がましてるぜ

圧力がましてるぜ

圧力がましてるぜ

 

押すなよ(ア、ハ、ハ)

押すなよ(ア、ハ、ハ)

うまくスタートさせてくれ(ア、ハ、ハ)

もはやお前のためには、縛られていないんだから(ア、ハ、ハ)

鎖で抑制するな  (ア、ハ、ハ)

邪魔するな (ア、ハ、ハ)

俺の頭からお前は出て行く必要があるんだからな (押すなよ)

お前が俺を危機においやってるんだぜ(押すなよ)

 

圧力がましてるぜ

圧力がましてるぜ

 

押すなよ (ア、ハ、ハ)

押すなよ (ア、ハ、ハ)

うまくスタートさせてくれ (ア、ハ、ハ)

もはやお前のためには、縛られていないんだから(ア、ハ、ハ)

止めるなよ (ア、ハ、ハ)

ふさぐなよ (ア、ハ、ハ)

俺の頭からお前は出て行く必要があるんだからな (押すなよ)

お前が俺を危機においやってるんだぜ(押すなよ)

圧力がましてるぜ

圧力がましてるぜ

Songwriter: Matt Bellamy

Translator: Lyra Sky 和訳

Music Video見てわかった?

このプロムパーティー…

『Back To The Future バック・トゥ・ザ・フューチャー』でっしょう?

プラス、『Gremlin グレムリン』であり、前にLyraがこのブログで紹介した【Cootiesゾンビスクール!】のテイストも入っているビデオなのよ。

気持ちRiver Phoenixが出ていた『Explores』の雰囲気も入っていて見ているとLyraは懐かしくてホンワカして笑っていました。

Vocalの Matthewは、Marty McFly マーティ・マクフライでしょ、明らかに!

見ていて楽しい。(監督はLance Drake。『エクスペンダブルズ』のTerry Crewsも司会者役で出演している。)

 

でも、内容は、余り笑えない感じ。

お悩みモードから解放されようと頑張ってる男の歌だ。

 

スポンサーリンク

Museのロックって、「ストレートなロック」とMattew は言ってるけれどLyraには、もっとプログレに聴こえるし、もっとグラムっぽかったり、たまにミクスチュアを感じてしまう。

それもそのはず。

1990年代に結成した当初は、「Gothic Plague」と言う名前で Funk Rock ファンクロックをやっていたらしい。

その後、Gothic. Glam ゴシック/グラム的要素を含んだ音楽性にシフト。

と同時に1994年名前も「Rocket Baby Dolls」と改名。

今さっきのビデオの中で、地元の人気バンドと紹介された時の名前が「Rocket Baby Dolls」だったんだよん!

昔のバンド名でプレイしたかったのかな?

Rocket Baby Dolls時代は、地元のバンドコンテストで優勝したことがきっかけでプロを目指すことを決意したと言うからね。

故郷ティンマスを離れ、バンド名も「Muse ミューズ」にしたのはこの時からだ。

ロンドン、マンチェスターでライヴ活動を始め、1998年、マネジメント企業に誘われて行ったニューヨークとロサンゼルスでの小さなギグで大手のレーベルの目に留まり契約。2枚のEPを出した後、1999年に『Show Biz ショウビズ』を制作。

プロデュースしたレッキーが、レディオヘッドをプロデュースしていたからという理由と、作風が似ていたために、始めRadiohead と比較される一方で、全英アルバムチャートで29位を記録。NMEアワーズの新人賞を受賞した。

着実にスター街道まっしぐらで一歩一歩、歩み順調に来たMuseだが、作品は実験的。

シンセサイザーを積極的に取り入れ、ベースにエフェクトを掛けて音を太くし、多重録音でギターを重ねあわせる、と言った独特の音楽性を確立し個性をアピール。

2003年の『アブソルーション』では前作のスタイルを踏襲し、「過剰なまでの轟音ギターのアンサンブルと切なく鋭いヴォーカル」と表現し「エピック・ロック(壮大なロック)」と形容された。 発売初週の売上は前作の倍を記録し、全英初登場1位。

イギリスを含むヨーロッパ全土で100万枚を売り上げ、初めてチャートインしたアメリカでもゴールドを獲得、全世界トータル売上は300万枚を超える大ヒットとなった。また、ブリット・アワーズでは最優秀アルバム、最優秀ロック・アクトなど4部門にノミネートされるなど、音楽賞でも話題を攫う。

翌2004年には欧州最大のフェス、グラストンベリー・フェスティバルの大トリをポール・マッカートニーやオアシスとともに務める。

マシューが「これまでで最高の瞬間だった」と語るライヴは大成功に終わり、後に映像作品としてリリースされたが、その陰では同日のライヴを観に来たドミニクの父親が心臓発作で亡くなるという悲劇も起きていた。

2005年にはブリット・アワーズとNMEアワーズで「最優秀ライヴ・バンド」に選ばれた。

2007年には、2年連続でブリット・アワーズの「最優秀ライヴ・バンド」を受賞。6月には改修されたばかりのロンドンのウェンブリー・スタジアムにてライヴを行い、2日間で約16万人を動員、このライヴの模様は翌年にライヴ盤『HAARP』としてリリース。

この後も、ビッグフェスにはMuseが出るのは当たり前、というようにイギリス国内だけでなく、ヨーロッパや日本など世界中のBig フェスには参加し話題をさらって来た。

2009年9月、5thアルバム『ザ・レジスタンス』を発表。初のセルフ・プロデュースで、クイーン等の70年代ロックを思わせる曲、シンセポップ風のアレンジ、中近東風の旋律、オーケストラを主体にした組曲など、様々なサウンドを盛り込んだ。

故郷ティンマスで凱旋公演を行い2日間で3万人を動員し、10月にはイギリス『Q』マガジンの選ぶ「ベスト・ライブ・アクト・イン・ザ・ワールド・トゥデイ(現在活躍する世界最高のライブ・バンド)」に選ばれた。

2012年には新曲の「サヴァイヴァル」がロンドン五輪公式ソングに選ばれ、メンバーも聖火リレーに参加 。10月には6th アルバム『ザ・セカンド・ロウ〜熱力学第二法則』を発売。タイトルにもある熱力学第二法則に触発され、4作連続となる全英1位を記録。

10月には日本のお笑い芸人・鉄拳がYouTube上で公開していたパラパラマンガ「振り子」を「エクソジェネシス(脱出創世記):交響曲第3部(あがない)」(5thアルバム『ザ・レジスタンス』収録)のオフィシャル・ビデオに採用した。

2015年6月、7作目のアルバム『ドローンズ』を発売。ロバート・ジョン・”マット”・ラングとの共同プロデュースで制作され、5作連続・2週連続全英1位及び初の全米1位を記録。今作についてベラミーは「このアルバムは僕らのベスト・アルバムだ。」とコメントしている

そして、今年2018年に3年ぶりに『Simulation Theory』を引っさげて帰って来たのだ。

(click to amazon ↓ ↓ ) 8th Studio Album “Simulation Theory” [Delux Edition] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

このアルバムジャケットがなんかね、

和テイストと言うか、日本を知らない外国人が思い描く、映画『Blade runner』みたいな間違ったジャパネスク モード。

でも彼らの親日家ぶりを表しているのだろうから喜ぼうではないか! 😝

今、話題の映画『Bohemian rhapsody」のQueen クイーンみたいに、Museも日本でブレイクしてから本国イギリスに逆輸入された形で人気が出たバンドだからだろう。

アルバムでもQueen ぽさをワザと出したスケール感が大きい作品を制作したり、Museは、実験的なところ、音への探究心までもが、彼らに似ている。

日本人、こういうオーケストラやオペラチックなサウンドが好きなのかもね?

この【Pressure】をストレートなロックと評しているMattew。

ギターが畝っていて珍しくロックしている。

ただ、Lyraにはストレートなロックじゃなくて、もっと手の込んだロックにとれる。

ストレートなロックにしては、ゴージャス過ぎるから。

More Rock me, more Roll me!

って感じなの、Lyraはね。

Lyraの中のストレートなロックではない。

もっと手が込んだ感じがMuseだ。

格好いい。

だけど、物足りないの。

好みの問題だから、仕方ないの、、、だから、ファンの皆様、御免なさいね。

不思議なのは、歌詞が、サウンドよりも荒々しい出来になっていること。

【Pressure】は、プレッシャー。そのまんまの意味。

だけど、この歌詞の主人公は、プレッシャーが、キツイらしい。

周りの期待に押しつぶされそうで、

誰かの路線変更に迷惑を被っていたり、

何となくファンや世間の評価の話を話してるようにとれる。

気にしなきゃイイんじゃないのかな?

周りの目が気になるのも分かるんだけど、気にしていたら押しつぶされてしまう。

だあーれもアナタの事なんて気にしていませんよ?

フリーな気分になったら?と言いたくなる歌詞ですね。

だから、プレッシャーに潰されそう、には和訳しませんでした、なぜならば、

プレッシャーの域をこの主人公は、超えているから、、、

圧力や圧迫感を感じて欲しくて、本来の意味にして「圧力が増してるぜ」にしてみたの。

それにビデオが、パーティーから、いきなりグレムリン襲われたり、生徒がゾンビ化したりだからねー、プレッシャーより押しつぶされた感じゃない?

面白いよね、このビデオ。映画好きなら凄く楽しめるよ。

Museも今や、大御所バンドの直ぐ下にいるような中堅バンドになったよね。

U2並みの大きなアリーナでライブをバシバシやれるバンド。

それでも、毎回のアルバム制作には奮闘しているのね。

「周りのアーティスト達のサウンドの路線変更があると、余波が来るのかしらん?」と想像してしまった。

セールス(売り上げ)も、気になるんだろうしね。

でも、そんなの気にしないで作れば良い。

キツくてたまらない、とか、

周りの目が気になる、とかならば、無理する事ない。止めるべき。

そんな時には上手い表現できないから。

逆に楽しんでやれるならば、とことんやるべきだと思う。

だってハッキリ言って周りの人達って、そんな見てないもの。

特に、ファンなんて気分屋だものね。
気に入れば喜ぶし、
イマイチならば、だらけるし、
気に入らなきゃ、一瞬、文句言って終わり。
そして、次に行く。
次に好きなバンドやアーティストがいればそっちにいくだけ。
家族でも恋人でもないんだから気にしない方が良いよ、、、
あなたにはステキな家族がいるじゃない, Matthew?
楽しんだもん勝ちじゃないの? Matthew!
と、Museに言いつつ、今、落ち込みながらLyraのブログを読んでいる人々にも向けて元気出して欲しいので、Lyra ちょっと生意気言っちゃいましたわ。
勿論、皆んなを元気付けるついでに、自分にも向けて頑張れ!と言ってるのん。
でも、そうじゃない?
楽しんだもの勝ちだよね。
プレッシャーに押しつぶされる必要はないもの。
だから、って逃げるんじゃなくて真正面から戦うの。
だから、今日は、周りを気にせずにRockしよう!
Museのこの【Pressure】みたいに騒いじゃおうよ、ビデオの中みたいに。
ゾンビみたいな嫌な奴が来たら、やっつけちゃえ!
私たちのPower は無限大よ!
ホラ 、【Pressure 】なんかに押しつぶされるな。
やっちまえ!
Fuck off your face!
スポンサーリンク

About “Pressure”

The song was released in September, as a single for their 8th studio album, Simulation Theory.
According to Matt Bellamy, this is a heavy song and talking about the “Pressure” of fans to make them keep on playing in their previous style. Many old fans are still obsessed with their previous genres such as alternative and progressive rock.

The song’s video sees the band introduced as Battle of the Bands winners ‘Rocket Baby Dolls’, as Muse were in 1994.

The members of Muse played in separate school bands during their stay at Teignmouth Community College in the early 1990s. Guitarist Matt Bellamy successfully auditioned for drummer Dominic Howard’s band, Carnage Mayhem, becoming its singer and songwriter. They renamed the band Gothic Plague. They asked Chris Wolstenholme–at that time the drummer for Fixed Penalty–to join as bassist; he agreed and took up bass lessons. The band was renamed Rocket Baby Dolls and adopted a goth-glam image. Around this time the band received a £150 grant from The Prince’s Trust for equipment, leading to supporting the Trust through a gig at the Albert Hall on 3 December 2018.

In 1994, Rocket Baby Dolls won a local battle of the bands, smashing their equipment in the process. Bellamy said, “It was supposed to be a protest, a statement, so, when we actually won, it was a real shock, a massive shock. After that, we started taking ourselves seriously.” The band quit their jobs, changed their name to Muse, and moved away from Teignmouth. The name “Muse” was supposedly inspired by Matthew Bellamy’s art teacher Samuel Theoun. The band liked that it was short and thought that it looked good on a poster. According to journalist Mark Beaumont, the band wanted the name to reflect “the sense Matt had that he had somehow ‘summoned up’ this band, the way mediums could summon up inspirational spirits at times of emotional need”. 

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪