和訳【Scary Love/The Neighbourhood】Your Love is Therapy 貴方は癒し

Lyraには、見ていて可愛らしいなぁーと思うカップルが何組かいる。

今住んでいるこの国にはいないのが非常に残念だが、この人達も好きなカップルの1組だ。

数年前までは、最近SonyのCMに起用されて毎日TVで流れているBring Me The Horizon→(【Mother Tongue / Bring Me The Horizon】Fala “Amo” 愛の形)のVocalの前妻の時のカップルが凄く好きだった。(現在の妻が悪いと言うのでは無い。前が良過ぎただけ)。

良く世間には「人の幸せ見てもオモロ無い」とか「他人がイチャこいてるのはキモイ」とか言う人が多いが、変わり者なんだろうLyraは。仲良しカップル見ているの楽しいのよね。

誰でも良いと言うのではない。

多分、2人の関係性が色恋だけでなく同士っぽいカップルが好きなんだ。

Lyraがこんな関係が良いな、と思う仲良しさがあるカップルだから好きなのよ。

ライフスタイルに共感できるからなの。

スポンサーリンク[ad#go1]

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロスアンジェルスのロックバンド 、The Neighbourhood ネイバーフッド。

*The Neighbourhood については、こちら!→ 和訳【The Neighbourhood/ Sweater Weather】解説 ザ・ネイバーフッドとは

 

今日Lyraが和訳する曲は、The Neighbourhoodの3枚目のスタジオアルバム『The Neighbourhood』の2nd シングル【Scary Love】。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話ししましょう!

 

(click to amazon ↓↓ ) Single “Scary Love” [Streaming] クリックしてアマゾンへ↓↓

(click to amamzon↓ ↓ ) Studio Album “The Neighbourhood” [CD]クリックしてアマゾンへ↓↓

 

 

The Neighbourhood (sometimes rendered as “THE NBHD“) is an American alternative band formed in Newbury Park, California, in 2011. The band is composed of vocalist Jesse Rutherford, guitarists Jeremy Freedman and Zach Abels, bassist Mikey Margott, and drummer Brandon Alexander Fried. After releasing two EPs, I’m Sorry… and Thank You, The Neighbourhood released its first full-length album I Love You. on April 23, 2013, via Columbia Records. The same year, the EP “The Love Collection” was released; and in November 2014, a mixtape titled #000000 & #FFFFFF. A second album, Wiped Out! was released on October 30, 2015. On March 9, 2018, a self-titled third studio album came out, preceded by the release of two EPs: Hard on September 22, 2017, which briefly charted on the Billboard 200, and To Imagine on January 12, 2018. After the release of the album, the tracks from the extended plays not included on the final tracklisting were collected in another EP, Hard to Imagine.

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go4]

=Scary Love=

[Verse 1]
Move to the city with me
I don’t wanna be alone
Don’t wanna be alone
You’re too pretty for me
Baby, I know, it’s true, yeah
You look better when you first wake up
Than anybody else I’ve fucked
Baby, I got good luck with you

[Pre-Chorus]
I didn’t know we’d get so far
And it’s only the start
Baby, you got me worried (Ay)

[Chorus 1]
Your love is scaring me
No one has ever cared for me
As much as you do
Ooo, yeah, I need you here, oh
Your love is scaring me
No one has ever cared for me
As much as you do
Ooo, yeah, I need you here

[Verse 2]
Drivin’ through the city with me
Just watching you glow
I’m in the passenger seat, you’re in control
It’s on you now, mhm
You look better every day, I swear
Really, it’s a little unfair
Baby, I’m star-struck by you

[Pre-Chorus]
Didn’t know we’d get so far
And it’s only the start
Baby, you got me worried (Ay)

[Chorus 1]
Your love is scaring me
No one has ever cared for me
As much as you do
Ooo, yeah, I need you here, woah
Your love is scaring me
No one has ever cared for me
As much as you do
Ooo, yeah, I need you here

[Bridge]
If we fall apart
Maybe it wasn’t meant to be
If we fall apart
Then it was our favorite dream
Ooo, ooo, ehh

[Chorus 2]
Your love is therapy
No drug can give me clarity
As much as you do (As you do, babe)
Ooo, yeah, I need you here (I need you here)
Your love is scaring me (No one)
No one has ever cared for me (Ooh, baby)
As much as you do
Ooo, (Hey, yeah) yeah, I need you here (Oh-oh, oh-oh)

[Outro]
Ooo, I need you, babe
Ooo, ooo, ahh
Yeah, yeah, I need you, baby
Yeah
Ooo, I need you

僕と一緒に街に引っ越そうよ

独りぼっちは嫌なんだ

1人にはなりたくないよ

君は僕には素敵過ぎるよね

ベイビー

僕にはわかっているよ

本当のことだもんな

そうだよ

キミは寝起きがまた可愛いんだよね

俺がHした女の子の誰よりも

君がきれいなんだから

ベイビー

君と一緒なら幸運さえ僕のものさ

 

こんなふうになるなんて思っていなかったよ

俺たちは始まったばかりだから

ベイビー

キミは僕を心配にさせるよ

(マジだよ)

 

スポンサーリンク[ad#go1]

 

キミの愛が俺をビビらせるよ

誰1人として君みたいに俺を気にかけてくれる奴なんていなかった

うう〜

最高じゃん

キミにここにいて欲しいんだ

そうだよ

キミの愛が俺をビビらせているぜ

誰1人として君みたいに俺を気にかけてくれる奴なんていなかった

うう〜

最高じゃん

キミにここにいて欲しいんだ

 

俺と一緒に街にドライブに行こうよ

キミが幸せそうになるのを見たいからさ

キミは搭乗席にいてね

今はキミの思い通りだ

そうしてくれよ

毎日キミは素敵だよ

ウソじゃない、誓うよ

でもチョットずるいよなぁ

僕は君って言うセレブに逢えて嬉しくてどうにかなってるよ

 

こんなふうになるなんて思っていなかったよ

俺たちは始まったばかりだから

ベイビー

キミは僕を心配にさせるよ

 

キミの愛が俺をビビらせるよ

誰1人として君みたいに俺を気にかけてくれる奴なんていなかった

うう〜

最高じゃん

キミにここにいて欲しいんだ

そうだよ

キミの愛が俺をビビらせているぜ

誰1人として君みたいに俺を気にかけてくれる奴なんていなかった

うう〜

最高じゃん

キミにここにいて欲しいんだ

 

もし僕らがバラバラに別れちゃうなんて事になったら

多分そんな意味ないんだけど

もし僕らが別れてしまったら

そんなの僕たち好みの夢みたいなものさ

ウーウー

ああ

 

キミの愛はセラピーだよ

どんなドラッグも君がしてくれるみたいな明確な効き目はないよ

(君がしてくれるようにはね、ベイビー)

うう〜

最高じゃん

キミにここにいて欲しいんだ

(キミにここにいて欲しいんだ)

そうだよ

キミの愛が俺をビビらせているぜ

(誰1人としていないよ)

誰1人として君みたいに俺を気にかけてくれる奴なんていなかった

うう〜(ねぇ、キミ)

最高じゃん

キミにここにいて欲しいんだ

(ああ、最高じゃん)

ああ

キミが必要なんだ

ベイビー

ウーウー

最高じゃん

そうさ

僕にはキミが必要なんだ

ベイビー

そうだよ

ああ

僕には君が必要なんだ

Songwriters: Zachary Abels / Mike Margott / Michael McGarity / Lars Stalfors / Jesse Rutherford / Jeremy Freedman / Brandon Fried

Translator: Lyra Sky 和訳

と〜ても男性のLove Love度が高くてこういう一途系な歌詞は、Lyraの好きなタイプの歌詞よ〜。

イマトギナ感じでEmo好きな若者に人気があるのもうなずける。

でもビデオはねー。

個人的な感想だが、イマイチ。

ネオンサインを使うところや、一昔前にはまだあったダイナーぽい店も良いのだが、「お前が必要なんだよ!」と叫ぶ男性が誰だか意味不だし、プレデターみたいな女もわけわからん。

メンバーはチラッとしか映らないしね。

ファンなら物足りない。

曲が良いだけに勿体ない。

まあ曲が良ければ別に良い?

スポンサーリンク[ad#go1]

Neighbourhood (ザ・ネイバーフッド)は、2011年8月にカリフォルニア州サウザントオークスのメンバー5人で結成されたバンドだ。

彼らは、ロックとダンスミュージックや Hip-Hopなど他ジャンルのサウンドを取って来て、彼ら独自のサウンドにするのが上手いバンドである。

*The Neighbourhoodについては、こちら!→ 和訳【The Neighbourhood/ Sweater Weather】解説 ザ・ネイバーフッドとは

 

この【Scary Love】もCool な無機質さがあり、おしゃれなデジタルサウンドとも言えるPop Rockに仕上がっている。

彼らのサウンドは、デジタルサウンドをうまく利用してRockをベースにしていても、1980年代のテクノポップを彷彿させるレトロさが魅力だと思う。

例えば、昔流行った『ビバリーヒルズ高校白書』や『Friends』や『ビバリーヒルズ・コップ』などのドラマのBGMに使われとしても全く違和感なく使用出来ると思う。

お洒落でPopな曲が沢山生まれたMadonnaやPrinceが全盛期だった時代。MTV世代の、ロスアンジェルスが、業界のメインストリームだったあの時期。

Lyraは、The Neighbourhoodの曲を聴いていると、MTV世代の音楽を狙っているのだと感じるよ。

つまり彼らの幼少期か?

レトロさは、彼らのノスタルジーから来るから懐かしさが、現実味があるのかもしれない。

それを感じるからこそアメリカ合衆国で、根強い人気を得ているのだろう。

(click to  amazon↓↓ ) Single “Scary Love” [Streaming] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

(click to  amazon↓↓ ) 3rd Studio Album “The Neighbourhood” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

余談だが、巻頭にわざと載せたのはVocalのJessieと彼女の Devon Lee Carlson なの。

Lyraが好きなカップルだ。Devonは、人気ブロガー。

オシャレセレブとしても知られている。

2人は2015年に出逢ってから、一緒に暮らして4年になる。

その為、仲良しな様子を良くUPしていて微笑ましい。

他のセレブカップルと違うなあ、とLyraが思うのは、お洒落なのは勿論のこと、2人にはJokeが効いているところだ。

キッチュでPopなファッションが得意で、良く2人でコスプレをしていたり、奇抜なファッションで格好良い。

また、その格好良さだけでなく、自分たちを笑い者にして2人でコメディアンみたいなファッション(Sponge Bobや上の天使と悪魔とか)で笑いをとるのだ。

これって同じ笑いのセンスや、ファッションの好みがないと出来ないと思わない?

もしくは、互いに理解しようとする思いやりや、努力が出来るからだと思うの。

それって人間関係で基本中の基本だ。

互いに思い合い、理解しようとする、歩み寄る努力が出来る人が、幸せになれる人なのだと思う。

だから、彼らを見ていると楽しいしのだ。

自分の理想とする関係に近いから、無意識に参考にしているのかもしれないしね。

見ていて楽しいのだから、本人達はもっと楽しいんじゃない?

見た目だけって続かないと思う。

周りにも格好良さばかり気にしている男子や、見た目ばかり努力する奴がいるけれど、何も中身がなくて全然魅力を感じないよ。

あんなのと付き合っても直ぐに飽きちゃうし、2人でいる意味がないと思う。

それより2人で話しあったり、笑ったり泣いたり、一緒に共有出来る方が良い。

つまり中身が良い人、味がある人が良いわけ。

ハートが繋がるのは、強いよね。信頼関係の強み。

互いにわかりあっている、と言うのは、いくらでも生み出していけるから。

互いに成長したい、とか格好いい話じゃなくて、単に2人で楽しいのが良いわけ。

その楽しさが、周りも幸せにする。

そう思う。

だから

Your love is therapy
No drug can give me clarity
As much as you do (As you do, babe)

となるのよ。

どんな薬より貴方が私の癒しになるのよ、てことだ。

Ooo, yeah, I need you here
Your love is scaring me (No one)
No one has ever cared for me (Ooh, baby)
As much as you do

I need you here

私が好きなのは貴方だけ。

 

スポンサーリンク[ad#go1]

“Scary Love” is the second song by American alternative band The Neighbourhood from their fifth extended play (2018 EP), To Imagine. It also serves as the second song of the band’s third studio album, The Neighbourhood. It was released as the EP’s first single on December 4th, 2017.

The single has an eerie new wave feel, heavy with synthesizers and vintage drum machine sounds. The track was premiered worldwide by Zane Lowe on Beats 1 Radio on the 4th of December, 2017.

A music video starring Tommy Wiseau was unveiled alongside the release of The Neighbourhood on March the 9th, 2018

Devon Lee Carlson is an American fashionista and vlogger. She co-founded the company Wildflower Cases alongside her mother Michelle and sister Sydney.Devon started dating The Neighbourhood’s lead singer Jesse Rutherford on April 25th, 2015. As of 2019, they have been together for four years.

Members

Current

  • Jesse Rutherford – lead vocals
  • Zachary Abels – lead and rhythm guitar, backing vocals
  • Jeremiah Freedman – rhythm and lead guitar, backing vocals
  • Michael Margott – bass guitar, backing vocals
  • Brandon Fried – drums, percussion, backing vocals

Former

  • Bryan “Olivver” Sammis – drums, percussion, backing vocals.

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go5]

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪