P!nk / So What 和訳 fait accompli やったもん勝ち 解説

見た目で女の子を判断しないで。

気が強そうな子ほど傷つきやすいんだよ。

そこを分かってくれないと生きて行けないわ。(← 大袈裟)

この方は、分かってくれる男性をGetしたんだけど離れ離れが嫌で色々あったらしい。

女の強がりの話。

今日、Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア出身 のシンガーソングライター Pink = P!nk (表記 ) ピンク (本名 Alecia Beth Moore 1979年9月8日 – )2000年に、R&Bシンガーデビュー。

グラミーやMTV Awardsで強靭な(Lyraにはそう見えてしまう)肉体を使っての空中パフォーマンスや、ダンスを見せながら歌唱はブレないと言う荒技を最近見せてくれるPink。だからサービス精神旺盛Punk Girlに見えるだろう。

スポンサーリンク[ad#go1]

ベトナム退役軍人の父が、幼い頃からPinkに Bob Dylan ボブ・ディラン、

Janis Joplin ジャニス・ジョップリン、

Jimi Hendrix ジミ・ヘンドリックス の曲などをギターで弾いて聴かせてくれていた。その影響でP!NKは歌手を志すようになる。

だが、7歳の頃に両親が離婚。尊敬していた父親が家を出て行ってしまう。

14歳になると作詞作曲をするようになりデモテープ制作もするようになっていたが、母親は、歌手になる夢を理解してくれなかったらしい。

ティーンの頃からクラブ通いしていて、そこで出会ったスクラッチと言うダンサー(後のザ・ルーツのメンバー、スクラッチ)に出会い、彼の所属するラップグループでバッキング・ボーカルをやらせてもらうようになる。

それから歌を歌う日を設けてもらい、自分のパートが増え、レコード会社のA&Rに見責められ BASIC INSTINCT というグループのオーディションを受けるよう言われ、オーディション合格したが、グループはすぐに空中分解。その後、当時LA.リードが社長を勤める、LA Faceレコードが契約した「チョイス (Choice)」というグループに抜擢されこれまた解散。

これソロでやりなさいって神様のお導きよね。

この時知り合ったリードの紹介でソロデビューするのだ。

今日Lyraが和訳するのに選んだ曲は、2008年の5th Album 『Funhouse』から【So What】

“(click to amazon↓ ↓ ) 5th Studio Album “Funhouse”[CD] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

P!nk, Max Martin マックス・マーティン、Shellbackによって制作された曲で1stシングルになる。

元気に周りに喧嘩を売ってるんだけど、実は悲しい乙女心。そんな歌。

そしてPower Songでもある。

今Lyra熱上がって来ちゃってるので元気づけにこれにするつもりなかったのに、ぴったりになったな。

詳しい解説はLyraの和訳の後にお話ししましょう!

(click to amazon↓ ↓ ) “Greatest Hits…So Far” クリックしてアマゾンへ ↓ ↓ 


Alecia Beth Moore (born September 8, 1979), known professionally as Pink (stylized as P!nk), is an American singer, songwriter, dancer, and actress. Originally a member of the girl group Choice in 1995, LaFace Records saw potential in Pink and offered her a solo recording contract. Her R&B-influenced debut studio album Can’t Take Me Home (2000) was certified double-platinum in the United States and spawned two Billboard Hot 100 top-ten songs: “There You Go” and “Most Girls”. She gained further recognition with the collaborative single “Lady Marmalade” from the Moulin Rouge! soundtrack, which topped many charts worldwide. Refocusing her sound to pop rock with her second studio album Missundaztood (2001), the album sold more than 12 million copies worldwide and yielded the international number-one hits “Get the Party Started”, “Don’t Let Me Get Me”, and “Just Like a Pill”.

“So What” is a song recorded by P!nk for her fifth studio album, Funhouse (2008). The song was written by Pink, Max Martin, and Shellback, and produced by Martin. Selected as the album’s debut single, “So What” was first released to mainstream radios on August 25, 2008, through LaFace and Zomba Label Group. The song consists of a martial beat and synth backing. The lyrics are based on her separation from motocross racer Carey Hart, which occurred six months prior to the release.

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go4]

= So What =

[Intro]
Na na na na na na na, na na na na na na
Na na na na na na na, na na na na na na

[Verse 1]
I guess I just lost my husband, I don’t know where he went
So I’m gonna drink my money, I’m not gonna pay his rent (nope!)
I got a brand new attitude and I’m gonna wear it tonight
I wanna get in trouble, I wanna start a fight
Na na na na na na na, I wanna start a fight
Na na na na na na na, I wanna start a fight

[Chorus]
So, so what? I’m still a rockstar
I got my rock moves and I don’t need you
And guess what? I’m havin’ more fun
And now that we’re done, I’m gonna show you tonight
I’m alright
I’m just fine and you’re a tool
So, so what?

I am a rockstar
I got my rock moves and I don’t want you tonight

[Verse 2]
(Uh, check my flow, uh)
The waiter just took my table
And gave it to Jessica Simps (shit!)
I guess I’ll go sit with drum boy
At least he’ll know how to hit (oops!)
What if this song’s on the radio?
Then somebody’s gonna die
I’m gonna get in trouble
My ex will start a fight
Na na na na na na na, he’s gonna start a fight (huh!)
Na na na na na na na, we’re all gonna get in a fight!

[Chorus]
So, so what? I’m still a rockstar
I got my rock moves and I don’t need you
And guess what? I’m havin’ more fun
And now that we’re done, I’m gonna show you tonight
I’m alright (I’m alright)
I’m just fine and you’re a tool
So, so what?

I am a rockstar
I got my rock moves and I don’t want you tonight

[Bridge]
You weren’t there, you never were
You want it all, but that’s not fair
I gave you life, I gave my all
You weren’t there, you let me fall

[Chorus]
So, so what? I’m still a rockstar
I got my rock moves and I don’t need you
And guess what? I’m havin’ more fun
And now that we’re done (we’re done), I’m gonna show you tonight
I’m alright (I’m alright)
I’m just fine (I’m just fine) and you’re a tool
So, so what? I am a rockstar (oh)
I got my rock moves and I don’t want you tonight (I don’t want you tonight)

[Outro]
No, no, no, no
I don’t want you tonight
You weren’t there
I’m gonna show you tonight (I’m gonna show you tonight)
I’m alright (I’m alright)
I’m just fine and you’re a tool
So, so what? I am a rockstar
I got my rock moves and I don’t want you tonight (I don’t want you tonight!)
[Outro]
Woohoo!
Ba da da da da da

 

ナナナナナナナ、ナナナナナナ
ナナナナナナナ、ナナナナナナ
アタシ旦那をなくした気がする、だってどこ行ったか分かんないんだもんね
そうよ、アタシは自分で稼いだ金で飲むんだからね
彼に借りて飲むんじゃないんだからね(絶対違うわ)
最新式の態度で行くわ、それに最新ファッションで今夜は出かけてやるんだから
災難に巻き込まれたいのよ
ケンカを始めたいわ
ナナナナナナナ、ケンカを始めたいわ
ナナナナナナナ、ケンカを始めたいわ

 

何よ、だから何?
アタシは、まだロックスターよ
アタシにはロックな戦略だってあるんだからね、アンタなんか要らないわ
何だか分かる?アタシはすっごく楽しいのを知ってるわ
今、正にそれをアタシ達は、やろうとしてるんだってば
今夜、アタシがそれをアンタ見せてあげるわ
アタシは大丈夫だって
気分は最高だし、アンタは良いカモよ
何よ、それがどうした?
アタシは、まだロックスターよ
アタシにはロックな戦略だって有るんだからね
今夜はアンタなんか欲しくないわ

 

(うー、アレ来たか見ないと、あーあ)
ウェイターがアタシのテーブルを取り上げて、ジェシカ・シンプソンにあげてんのよ! (クソッ)
あれよね、アタシがドラムの奴と一緒に座ろうとしたのがいけなかったんだと思うわ
最後には、アイツも殴り時が分かってやっちまうわ
(痛そう〜)
もしこの曲がさ、ラジオで流れたら、誰か死んだ時じゃね?
アタシったら災難に巻き込まれるわ〜
アタシの元カレが喧嘩しだすよ、これ
ナナナナナナナ、アタシのカレが喧嘩始めるわ (ふーふ)
ナナナナナナナ、アタシ達、全員喧嘩しだすわ、これ!

 

何よ、だから何?
アタシは、まだロックスターよ
アタシにはロックな戦略だってあるんだからね、アンタなんか要らないわ
何だか分かる?アタシはすっごく楽しいのを知ってるわ
今、正にそれをアタシ達は、やろうとしてるんだってば
今夜、アタシがそれをアンタに見せてあげるわ
アタシは大丈夫だって(アタシは大丈夫)
気分は最高だし、アンタは良いカモよ
何よ、だから何?
アタシは、まだロックスターよ
アタシにはロックな戦略だって有るんだからね
今夜はアンタなんか欲しくないわ

 

アンタ、あそこに居なかったわね、絶対居なかったって
アンタは全部が欲しいのよ、でも、それってフェアじゃないわ
だってアタシは、アンタに人生を捧げたのよ
アタシの全部をあげたのよ
アンタはあそこに居なかったわ
アンタがアタシを凹ませるのよ

 

何よ、だから何?
アタシは、まだロックスターよ
アタシにはロックな戦略だってあるんだからね、アンタなんか要らないわ
何だか分かる?アタシはすっごく楽しいのを知ってるわ
今、正にそれをアタシ達はやられちゃうわね(アタシ達がやられるわ)
今夜、アタシがそれをアナタに見せてあげるわ
アタシは大丈夫だって(アタシは大丈夫)
気分は最高だし (気分は最高)、アンタは良いカモよ

 

何よ、だから何?
アタシは、まだロックスターよ(あらまあ)
アタシにはロックな戦略だって有るんだからね
今夜はアンタなんか欲しくないわ
(今夜はアンタなんか欲しくないわ)

 

違う、違う、違う、違う
今夜はアンタなんか要らないわ
あそこに居なかった奴なんだから
アタシが今夜アナタに見せてあげるわ (アタシが今夜アナタに見せてあげるわ)
アタシは大丈夫だってば(アタシは大丈夫)
気分は最高だし、アンタは良いカモよ

 

何よ、だから何?
アタシは、まだロックスターよ
アタシにはロックな戦略だって有るんだからね
今夜はアンタなんか要らないわ
(今夜はアンタなんか要らないわ)
ウーフー
バ、ダ、ダ、ダ、ダ、ダ

 

Songwriter: Max Martin / Alicia Moore / Johan Karl Schuster
Translator: Lyra Sky 和訳

パワーあり過ぎて見てるこっちまで元気が出た感じ!

P!nkと一緒にいたのは前からずっと付き合っていて結婚した旦那さん、モトクロスレーサーの Carey Hart だよ。

このお二人さんは仲良しなんだけど、付き合い始めが大変だったらしい。

そのすったもんだが嫌だし、もう離れ離れは嫌だから、だったら既成事実を作っちゃえ、ってことで「旦那だよ」と紹介をするためにプロモに出しちゃったのだ、

それも「『アタシ旦那をなくしたみたいよ』と言う歌詞の曲でいきなり紹介しちゃったから笑える」とP!nk 自身が言っていたから、それ聞いてこっちも笑えたし、そこまで強硬手段を取らないとダメだったのかな?と同情してしまった。

スポンサーリンク[ad#go1].

P!nkは、デビューから快進撃を続けて来た歌姫だ。デビュー・シングル「There You go」は全米7位を獲得、セカンド・シングル「Most Girls」は、全米4位を記録。

アルバム『Can’t Take Me Home』は、アメリカでビルボードアルバムチャートに連続59週間チャートインし、カナダ、オーストラリアでダブル・プラチナム、イングランドでもプラチナ・ディスクを記録。

2001、クリスティーナ・アギレラ、リル・キム、マイアと歌ったミッシー・エリオットのプロデュース映画、『ムーラン・ルージュ』の主題歌「レディ・マーマレード」(パティ・ラベルのカヴァー)が全米シングルチャートで5週連続1位、グラミー賞を獲得。( MUSIC AWARDにおいて、VIDEO OF THE YEARとBEST VIDEO FROM A FILMの2部門を受賞)。

同年 11月20日、2ndアルバム『Misunderstood』リリース。 収録されているほとんどの曲を、元4NonBlondsのリンダ・ペリーと共同制作。 これまでのR&Bテイストに変わって、ファンキーなテイストのロックが中心となっている。Billboard誌初回登場8位、世界中で1,200万枚をセールスし、発売日から数日でプラチナアルバムという偉業を成し遂げる。

2003年11月には、3rdアルバム『Try This』リリース。引き続きリンダ・ペリー、そして新たにランシドのティム・アームストロングも参加。前作以上にロック色濃い作品となった。この作品からのシングルカット「トラブル」は、初のグラミー賞を獲得。

2006年、3年振りの4thアルバム『I’m Not Dead 』をリリース。マックス・マーティンとブッチ・ウォーカーがプロデューサーとして参加し、サウンドが更に重厚になった。ボーナストラックに、実父とのデュエット曲も収録。

そして、今紹介している2008年、5thアルバム『Funhouse』をリリース。1stシングル【So What】は、自身のソロとして初の全米1位となった。

 

この曲は「旦那がいなくなったみたい」と別れたみたいな歌詞から始まるため、誤解を招いているが、2人は今でもおしどり夫婦として有名で可愛らしい女の子のパパとママだ。

2人が出会ったのはP!nkがCaryが出ていたモトクロスレースを観戦しに行った時。

Caryは、このレースで事故り16箇所も骨折。それを見てたPinkは「(怪我ばかりする様な不安な職種の)レーサーとは結婚しない」と思ったと言う。

しかし、しばらくして再開したら意気投合し交際がStart。

だが、その直後に売れっ子のP!nkは、2年間のワールドツアーに入ってしまい、淋しくてバスルームで泣いてばかりいたと言う。寂しがり屋さんなんだよね。

好きな人に会えないのは辛い。

そしてすれ違い、会えないことにより喧嘩別れに。そして、別れた直後Caryがまた事故る。

この間、P!nkは、様々な男性とパパラッチされていたがハートの中はいつもCaryを想い続けていたから、コッソリしていたつもりだったと言うが、Caryは他の男性とパパラッチされているのを見て毎回腹が立っていたと言うから笑ってしまう。

その後、Caryが回復した復帰レースをP!nkが観に行き、レース中のCaryに向かって「私と結婚してくれない?これマジだから」とボードに殴り描きしたのを見せた為に、レース中にもかかわらずOKしたCary。2人は抱き合い、挙式する。

 

じゃあ、Happy Endへ向かってGoかと思いきや、再度Pinkの忙しさから逢えなくなりまたもや仲違い。

P!nkは、もう離れたくないし、彼にも逢いたいからと言う理由で、この【So What】のミュージック・ビデオで彼を出演させることを決めた。

「PVに出演してもらえれば私の気持ちも分かるだろうし、逢えるから嬉しかった。私達は10年逢わなくても同じ気持ちで居られるはずだから」と語っている。

今ではP!nk のLiveにサプライズでCaryが出てストリップを始め、それをPinkが見てバカ笑いしたり、仲良くやって来た。あれから、早10年以上になるわけ。

(click to amazon ↓ ↓ ) “So what Tour” [DVD] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

(click to amazon ↓ ↓ ) 5th Studio Album “Funhouse” [12inch Analog] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

2015年9月には約3年ぶりの新曲で、エレンの部屋・第13シーズンのテーマソングにもなった『Today The Days】リリース。オーストラリアでゴールド認定を受けるヒット。

2016年4月映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の主題歌『Just Like Fire』リリース。

2017年10月には7thアルバム『Beautiful Trauma』リリース。このアルバムでは初の英米両国での1位を記録するとともに、アメリカでは初週で約408,000枚相当を売り上げ、2017年に発売された女性アーティストによる作品としては1位となる(純セールスでは男女含め1位)。

スポンサーリンク[ad#go1]

P!nk が売れに売れるのは、わかる!

彼女のストレートさだ。

自虐ネタだろうが、動物愛護を唱える歌だろうが、セレブを馬鹿にする歌詞だろうが、LGBTを支援し人種差別を止めろ!と叫ぶ歌詞だろうが、全て彼女自身のハートから生まれている。

嘘偽りのない言葉だ。

そのストレートさがP!nk の強みなの。

美辞麗句を並べるより、リアルな会話を通して私たちに語りかけて来る。

それが笑いを誘い、胸を締め付けるのはP!nk の素直さからだ。竹を割ったようなサッパリした性格の良さもある。

嘘のない言葉は胸を打つ。

彼女が馬鹿をやれば、それに嘘がないから馬鹿笑いを誘う。

彼女が涙を流しながら歌えば、皆は心を震わせるだろう。

全て彼女のパワフルな心と精神から生み出されたものだ。

今日もマッチョに鍛えるMama P!nk は、Cool で優しい旦那と可愛い娘の為に、歌うだろう。

世界の平和と愛の歌を。

そして、それは私達の愛や人生とリンクする。

開けっぴろげな人生の始まり。

人生を楽しもう。

愛し合おう。

今日も歌おう、私達の人生を。

 

(click to amazon ↓ ↓ ) “Greatest Hits… So Far!!!” クリックしてアマゾンへ↓↓

;

 

The song’s lyrical content was based on her separation from her husband, motocross rider Carey Hart. After reuniting with Hart on January 1, 2009, Pink told Ellen DeGeneres in an interview on DeGeneres’ syndicated talk show that she found it “funny” to perform the song when he was in the audience and especially enjoyed the bit where she sang the line “You’re a tool”.

the song chronicles the protagonist’s adventures following her separation from her husband. Evan Sawdey of Pop Matters noted that the song has a hint of desperation in the lines “I don’t want you tonight, I’m alright, I’m just fine”, implying that she is spending time convincing herself that she’s enjoying the single life.

Pink’s Discography

  • Can’t Take Me Home (2000)
  • Missundaztood (2001)
  • Try This (2003)
  • I’m Not Dead (2006)
  • Funhouse (2008)
  • The Truth About Love (2012)
  • Beautiful Trauma (2017)

Credits and personnel

Recording, mixing and mastering
  • Recorded at Maratone Studios in Stockholm, Sweden and House of Blues Studio in Los Angeles, California
  • Mixed at MixStar Studios in Virginia Beach, Virginia
  • Mastered at Sterling Sound in New York City, New York
Personnel
  • Vocals – Pink
  • Songwriting – Pink, Max Martin, Shellback
  • Production – Max Martin
  • Recording – Max Martin, Al Clay
  • Mixing – Serban Ghenea
  • ProTools editing – John Hanes, assisted by Tim Roberts
  • Mastering – Tim Coyne

Credits adapted from Funhouse liner notes, LaFace Records, Jive Records.

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go5]

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪