【Red Machete】第3話 あの人が登場! そして Rickへの想い あらすじ感想 The Walking Dead Webisode

Andrew Lincolin アンドリュー・リンカーンがウォーキングデッドのシーズン9を持って降板!

それも半分の6話まで!

「なぬー⁈」

となってからLyraは、TWDの情報をお知らせしたり、あらすじネタバレを書く気力が薄れています。

2010年10月から見続けて来て、毎週楽しみにし応援して来たのは「The Walking  Deadと言うドラマが好き!」と言うだけでなく、キャラクターの一人一人を愛して来たからです。

スポンサーリンク

特にリーダーであるRick Grimes、

リックと言う存在が魅力的であったのは言うまでもありません!

リックの逞しいリーダーシップには憧れを抱いたし、

リーダーたる者は?と悩む姿には同情し、

家族や仲間を必死に愛している姿を見ると私達も彼を見習って愛する者たちを守り、

強く生きて行こうと思えたのです。

( Click to amazon ↓ ↓) Official Poster “The Walking Dead Season1”                                                クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

その大きな存在であるThe Walking  Dead Familyのリーダーがこの秋から居なくなる、、、それは考えられないくらいのショックを私達 The Walking  Dead ファンに与えたし、ウォーキングデッドファミリーが大好きなLyraには、絶望と無力感を与えたのでした。

頭では「Andyが制作サイドに頭にきてる、と言う噂があったから、やっていけないと判断して辞めるのだろう。イギリスにいる家族とも一緒にいられるのだから、仕方ない」とわかっていたつもり。

でも、Andyが演じている姿をウォーキングデッドの昔の映像を見たり、動いてる姿、喋っている声を聞いてしまうとズタボロになるLyraです。

やっぱ、このアンドリュー・リンカーンと言う役者が演じたからこそ、リックが、アメコミのリックよりリックらしく、リック・グライムスと言う人間像を作り出したんだなーと胸が痛くなるの。

そうなると、脱力しちゃってやる気が出なくなっている、、、。

ファーと遊んだり、キェー!っと騒いだりしてるんだけど、ふとウォーキングデッドを思い出しちゃって、「あっ、リックいなくなる!」と思い出して、ダラーってなるのが最近のLyraざんす。

「この刹那さをどうしたら良いの?」

と悲しくなって、どうしようもないので、やり残していたことを続けます。

それは、ウォーキングデッドのシーズン8 The  Walking  Dead  season8 で放送されたウェビソード【Red Machete レッドマチェーテ】です。

第1話はこちら!

第2話はこちら!

 

今日は続きの第3話を紹介します。

第1話でお話ししたように、テンポが良く話に躍動感があるストーリーで、ワクワクしてしまう。

シーズン5でリックがギャレスを殺した時に使った、あのマチェーテが主役なの!

それだけではない、奥の深いストーリーでもあります。

( click to amazon ↓ ↓ )                               “The Walking Dead Season1” DVD Box    クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

*詳しいRed Macheteの説明は第1話に書いたので読んで参考にしてね!

 

さあ、悲しみを吹っ飛ばすために、第3話をお話ししましょう!

*Lyraのブログはネタバレ全開!詳しい内容を知りたくない方は、Lyraの感想をお読みください。

 

スポンサーリンク

= Red Machete 第3話 “Made To Suffer” 「苦しまされて」 =

黒い髭面のロン毛の男が、川辺で略奪した物資を点検している。

その手には、赤い持ち手のあの、レッドマチェーテがあった。

略奪した物資の中に白いヘッドフォンとiPODがあったのを発見した男は、ヘッドフォンを掴むと早速、音楽を聴き始めた。

軽快なビーチボーイズ風の音楽にノリノリになる男。

聴きながらレッドマチェーテの錆を取り、磨いていく。

手際よく液体を塗りつけ、持ち手には滑り止めの赤いテープを巻いた。

すると、背後から一体の女のウォーカーが現れた。

大音量でリズムに乗る男。

全く気づかない、、、

ウォーカーは男に襲いかかる。

とっさのことで慌てふためく男。

持っていたレッドマチェーテをおもむろに振り上げ、ウォーカーの腹に命中させた。

だが、頭を狙わなかった為に、致命傷にはならずウォーカーはそのまま男に襲いかかり、男の首に噛み付いたまま離れない。

男はそのまま事切れた。

 

満足した女のウォーカーは、腹にレッドマチェーテがぶっ刺さったまま何事もなかったかのように歩き出した。

森の中を歩き、

人を襲っては喰らいつき、

昼も夜も歩き続ける。

時には一体で草原を抜け、

時には何体もの仲間達と生い茂る木々の中を抜けて行った。

すると、突然、人間の素手で顔面を殴られた女のウォーカー。

そのまま仰向けにぶっ倒れた。

そのウォーカーに向かって1人の男が叫んだ。

「俺のもんだ!」

ウォーカーの死骸を上から見下ろして笑う男。

その髭面のグレーヘアの男はジョーだった。

スポンサーリンク

= Lyraの感想 =

ジョーとはシーズン4で出てきた『CRAIMERS』のリーダーだった男です。覚えてる?

11話でカールが忍び込んだ家に居だ奴らで、リックとカールが奴らとすったもんだしてしまい、

13話ではダリルが彼らの仲間に入ってしまう、そのグループのリーダーなんだ。

最後のシーンで「俺のもんだ!」と叫ぶのは、彼らのルール。

手に入れる時は、必ずこのセリフを言って誇示するんだよね。子供みたい!

このジョーが次の第4話でメインになるんだけど、 ふてぶてしさが懐かしくて堪らないよ。

( to amazo↓ ↓ ) “The Walking Dead Season4″DVD Box                                     クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

悪人 (と言ってもこの世界では仕方がないんだけど)だし、リックやダリルを困らせて嫌な奴なのに、メチャクチャ面白かった頃のシーズン4のキャラクターだから、再会できて嬉しくなってしまう!

この知った顔が出てきたり、メインの話に沿った事象が出てくるから、このWebisodeが楽しめる所以ですな。

アナザーストーリーだけど、ちゃんと細かいところまで、楽しめてウォーキングデッドへの思いも強まる仕掛けが最高!

それに、この第3話に出ているウォーカーにさえ、人生の悲哀を感じてしまったLyraざんす。

夕日をバックに中を仰ぐウォーカーの姿と夕日が、まるでトビー・フーパーの映画【悪魔のいけにえ The Texas Chainsaw Massacre】へのオマージュに感じたよ!

時が過ぎていくのが、悲しくなる。

生きていくのも、屍となって歩くのも同じ事なのか?

そんな生きることにまで考えが行ってしまうLyraもおかしいんだけど。

深く考えさせられるのもウォーキングデッドの良さなのよね?

 

( to amazon ↓ ↓ ) The Walking Dead “Black Light 24″ × 36″ Art Printed Poster” クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

ただ、気になることが一つ!

第2話で最後、家の中で女の子Mandyが襲われそうになってたでしょう?
あれの続きなのに、Mandyは出てこなくてイキナリ、黒ひげ黒髪ロン毛の男がマチェーテを持っていたから、あの掠奪した物資はMandyのお家から奪いとったもの?

だとしたら、Mandyは?

死んだの?

殺されたのか?

あのまま上手く隠れていられたのか?

気になるでしょう?

ウッシッシ( ̄▽ ̄)

実は、あーなって、

こーなるんだわ〜って話したいのを我慢して、長くなっちゃったから、また次回にしますね!

またまた、あの人がでるわよん!

次回の第4話をお楽しみに!

See you tomorrow‼

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪