ストリートオブファイア! Streets Of Fire。映画とサウンドトラックについて。

私はかなりのオッチョコチョイで、昨日もやらかしました。

それはこれ。

”Streets Of Fire”のサウンドトラックのCD!
好きなバンドはLP買いします。

アートワーグが良いとジャケ買い。

スポンサーリンク
1年前位から断捨離していて、片付けついでにこちらはCD買うつもりでまだ、だったよねーと他のと一緒に購入。
帰宅し気になり探したらありました!

家に!( ̄◇ ̄;)
またやっちまったー!と返品お願いしました。
皆さんは同じ物買っちゃった、てないですか?こんなドジしないよね。

映画は私と違って格好良い、単純明快な話で、攫われたRockQueenダイアンレインを元カレの風来的なカウボーイ狙いなのか?のマイケルパレが救い出す、て内容。
でもファッションはバレンチノ?だったか、監督が拘り捲ってるし、パンクス界では当時アメリカではチョイチョイ出てた俳優さんがいたり、フラッシュダンスの本当に踊ってたほうの女優さんがポールのダンスしてたり車やバイク好きには良いと思う。
大好きな女優さんの1人ダイアンレインは、実際には歌ってません。

そのせいか歌唱中ユラユラ揺れてるのが音にあってない!

おまけに、昔vocalやってたせいかダイアンのマイクさばきがぎこちないし、ダンス下手な所も落ちつかなくなる〜〜!

でも、ダイアン綺麗だから許す!( ;∀;)

まぁ、この時期、ダイアンは、BON JOVIとつかあってだからね〜!

ロックスターになりたかったんじゃないかな、と思うと健気だわ。

本当、この頃のダイアンレインは、ランブルフィッシュの時と良い、可愛くてSexy,で、完璧なアメリカンガールでした!

それにね、この映画の楽曲がぜーんぶ良いから映画がただのラブストーリーではなくて、青春映画としても完璧な内容になっていますよ!

楽曲は、疾走感があって、ストーリーも高揚感溢れるものとなっていて、今見ても新鮮です。

始終、濡れたような映像が悲しげでラストをより切なくします。

オシャレで、

50’s好きはたまらんよ!

ドレスアップしたファッションは、ダンディでセクシー。

少しマフィアチック。

カジュアルなのは、キュートでウェストマークしていてセクシー!

男性は、クール!

曲は捨て曲ないですよ!

↑ ↑ amazon

大好きなRy Cooderいるし、中に数曲全米ヒットチャートに入ったのもありますし、メジャー好きさんでも、映画見てない人も、ドハマりすると思います!
映画見た人は曲聴いたら、脳みそに映像がドーンと蘇りますよ!
夜寝れなくなるかも?
Nowhere Fast‼️

 

 

 

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪