ウォーキングデッド シーズン9第3話ネタバレ感想「AとBの意味 マギー覚醒」あらすじ The WalkingDead9-3

アンジェラに脚本が変わってから撮影方法から、多めのシチュエーションがガラリと変わりましたね。

ただ相変わらずモタモタしています。そんなに新しい敵を出させたくないのか!

そのくせ、敵がもしかしたら2つ?

*The Walking Dead Season9Episode2 ウォーキングデッド、シーズン9第2話はこちら!

 

先週第2話のLyraのツッコミpointで言ったように、今日はいきなりJustinがどうなったかが出てきました。

そして、相変わらずの無理矢理のラブシーンもあり。

スポンサーリンク

不穏な空気も物凄い勢いで到来したし、ツッコミ所も満載だから「あらすじ」の後の「Lyraの感想」で詳しくお話ししましょう!

 

(click to amazon ↓↓) “Entertaiment Weekly The Ultimate Guide To The Walking Dead” クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

*Lyraのブログはネタバレ全開!詳しい内容を知りたくない方は「Lyraの感想・Review」を読んでね〜。

 

スポンサーリンク

= 第3話『前兆」Episode3 “Warning Signs” =

廃墟。

ウォーカー達が新しい死体を喰らっている。

一通り満足するとウォーカー達は、同じ方向に向かって歩き出した。

喰われていた死体が転化し動き出した。群れに続けとばかりに立ち上がる新ウォーカー。

その顔がこちらを向くとジャスティン(救世主ロン毛) だった。

ウォーカーになったジャスティンが群れと歩く側に建物があり、鉄の扉にスプレー缶で殴り書きがある

「最終警告!」と書いてあった。

 

リックはヨイショとばかりにベッドに起き上がり座る。

隣に寝ているミショーンは疲れから爆睡中。リックは寝ているミショーンの肩に右肩にソッと優しくキスをした。

隣の部屋で寝ている長女ジュディスの咳をしている音を聞いてリックは、心配そうに娘の部屋に入り額に手を当てた。熱はなさそうだ。

下に降りていくリックは階段下の壁に貼り付けて飾ってある木製のオブジェに手を当てて暫く佇む。

まるで朝の挨拶をしているよう。

微笑むと玄関へ向かうリック、、、ドアを開け光が入ると、そのオブジェにカールとジュディスの2人でペンキで作ったあの手形がハッキリと映し出された。

リックは、整理整頓された畑と手作りソーラーシステムがあちこち設置してある中庭を抜けて行く。

カブを手にとり齧りながら歩いて行くと真っ赤に熟れたトマトに目が止まり、それをもいでカールのお墓に備えてあげたリック。

朝の一連の儀式が終わりミショーンの元へ戻って来たリック。

「寝れたか?」とミショーンに尋ねると頭が冴えて寝れないという。

ミショーン「夕食までには憲章を完成させないと。手伝ってくれない?」

リック「君が導いている、町の人々や皆んなを凄いよ、それに、俺は橋で精一杯だよ」

ミショーン「ジュディスが咳をしているの」と心配そうに言うとリックは、「セディクの所へ連れて行く、ついでに俺も見てもらうよ。そして今日1日は建設には戻らず君たちと一緒に楽しく過ごしたいんだ」と笑った。

ミショーンは、そんなリックを見つめながら「マギーは歩み寄ってくれてるけど、納得はしてないみたい。あとダリルも皆んなも納得していないわ」と言う。

リック「時間が掛かるものさ、俺たちだってそうだっただろう?同じさ」

ミショーン「OK」と言って作りかけの憲章のノートに目をやる。

それをジーッと見つめるリック。

「何?何を考えてるの?」とミショーンが尋ねるとリックは、

「君がして来たこと、今していること、君自身でいること…だな。なあ、暫く、休憩しなよ」とノートを閉じるリック。

ミショーン「仕事するなと言ってるの?文明を築こうとしているのに?」

リック「そうだよ、それに、未来を築くんだよ。これもそうだろ?」

ミショーン「未来ねぇ?」

そう言うと2人は抱き合いながらベッドに倒れこんだ、朝の光を浴びながら。

スポンサーリンク

マギーとヒルトップのアジア人の男が荷馬車に乗って救世主に物資を渡しに来た。

するとサンクチュアリィではないのに森の中の道に救世主のメンバー、10人くらいが現れた。

マギー「貴方達、何をやってるの?」と警戒しながら尋ねると

ジェッドが行方不明になっている救世主仲間を探していると言う。

「お前らキモサベか?未亡人だよな、アンタ」とジェッドは明らかに敵意を剥き出しにして、マギーをからかってくる。

大事な物資を無理矢理あけてみて、あの真っ赤なトマトを見つけると無断で齧りついた。

マギー「アンタ名前なんて言うの?今後の為に覚えておきたいの」

ジェッド「マッドだよ」と言いながらトマトを食べて睨む。

マギーも強い視線でジェッドを無言で睨み返す。

ローラ(救世主)が「ジェッドよ。食糧をありがとう。」とマギーとジェッドの緊迫感を消して、その場を取り繕った。

アラット(救世主)も仲間に帰るよう促した。

ヒルトップのアジア人男が「あんな奴らに協力するなんて」とマギーと話していると、一体のウォーカーを見つけた。

 

その頃、リックはセディクがいる医務室で背中に聴診器を当てられていた。

セディクにもう一回、息を吸ってと言われて、わざと「ゴォ〜」と音を立てて息を吸うリックパパに大ウケして笑うジュディス。

ジュディスの咳は大したことがなかったようで、ミショーンと3人で手をつないで帰ると、リックはジュディスと無邪気に遊び始めた。

四つん這いで競争したり、追いかけっこしたり外で遊んであげるリックに、ミショーンは刀の使い方を棒で教えているみたいでジュディスと戦って遊ぶ。

ポーチに3人で座り日向ぽっこしながら、オズの魔法使いを読んであげるリック。

そこへ、スコットが走って来て、先程、マギーが道でジャスティンのウォーカーを見つけたと報告して来た。死んだのは、事故じゃないようだと言う。

ウォーカーに転化したジャスティンは倒されてから、救世主のアジト内のキャンプ場に運ばれた為に、見た救世主達が取っ組み合いの喧嘩になり終始がつかなくなる。

アルデンが飛び込んで大乱闘の皆を必死で止めるが、騒ぎがおさまったがジェッドが「お前は裏切り者だ!」とアルデンをぶん殴った。

危険と判断したキャロルがジェッドに銃を向ける。

ジェッドと数人の救世主達が、ジャスティンを殺したのはダリルかアン(ジェイディス)だと言い始めたせいで、緊張が走る。

おまけにダリルが「やりたいならやってみろ!」と言った為に、ダリルとアンに救世主の男たちが近づいて行く。

救世主のローラも「やめないよ!後戻りできなくなるわ!」と彼らを止めようとするが跳ねのけられる。

救世主たちは斧や道具を掴んでダリル達に反抗を始めた時に、馬に乗ったリック達が現れ暴動を止めた。

アラットとローラが救世主の男達に武器を下ろすよう命令。

全員、持ち場に帰る中、リックが行動するとき必ず2人組で行動するよう大声を皆に注意した。

リックは、救世主達の発言から、ゲイブリエル牧師にアンが昨夜どこにいたのかを尋ねる。

ゲイブリエルは、アンは見張り番の時にずっと一緒にいたと嘘をつく。

リックは、ゲイビーに「救世主達は、まだアンを信用していないから用心して君が守ってやれ、さもないと、奴らにやられるかもしれん」とアドバイスした。

ゲイビーは、アンのテントに行き、リックに昨夜君がどこにいたか、聞かれたが君のために嘘をついたよ。外にいた時、何か聞いたり見たりしなかったのか?」と聞くがアンは何も見ていない、と言う。2人はいい雰囲気になる。ことが済むとアンは1人、テントを出てどこかへ向かう。

ダリルがナイフを研いでいる。そこへリックが来て近くの丸太に座る。

「良いぜ、聞きたいことありゃ聞けよ」と即すダリル。

「ジャスティンの傷はナイフや銃の傷じゃない。丸くてやりよりもっと小さい物だ」と言うと、

「こりゃ、尋問か?アンタ俺を疑ってんのか?ヤルなら正々堂々と俺なら殺すぜ。大体、奴らと一緒にいたらこんなことばっか起きるぜ?」と言うダリルにリックは、

「未来を創るためだよ。頑張ってくれよ」と話すが、

ダリル「何で奴らに未来があって、グレンやエイブやサシャや、他の死んじまった奴らには、未来が手に入らないんだよ?」と悲痛な表情でリックに食い込む。

リック「俺だって死んだ奴らのことを考えるよ。だがこれ以上殺し合いしていても未来は築けない。こんな死者の世界では、生きるか死んで残るかだ、、、ダリル、お前が実行してくれよ。人々にお前が示すことが最良策な気がするぞ。お前なら出来るよ。だって、デパートの屋上に実の兄貴を置き去りにした奴をゆるして命を助けたじゃないか?」と言うとリックは去って行く。

その背中を呆気に取られたダリルが見つめていた。

スポンサーリンク

リック達、全員がウォーカータッチをする為に、無線で連絡し合っていた。

マギーは、シンディーとペアを組み歩いているとウォーカーの小さな群れを一軒家のそばで見つけ、無線で見たと報告。

リックや他のチームも「そっち向かう」と連絡して来たのを確認して2人でウォーカー退治をするが、シンディが朽ちたポーチに足をとられたせいで、それに気づいたウォーカー達が集まって来て大変な事態に。

マギーが一人で空き家から次々出てくるウォーカーを倒すが、手に負えなくなって来た。

シンディは、横からウォーカーに肩を喰われそうになる、、、が、矢がウォーカーの頭に刺さりたすかる。

ダリルが来たのだ。それに続いてリックやキャロル達が一斉にウォーカー達をやっつけた。

無事終わり帰還しようとしたら、助けに来たはずのGrid5がいない。

リック達で探しに行くと浜辺の部落の女ビーが、倒れていた。

起こすと、アラットが襲って来たのかも、と言う。彼女の姿も見えない。

だが、リックはキャロルにアラットは信用できる女だといい、2人でアラット探しに行く。

リックとキャロルは、探しながら2人きりだから本音で話し合う。

救世主を残すべきか否かだ。

だが、キャロルは「私たちが決めることじゃないんじゃない?彼らが決めることよ、、、でも私今日という日は、本気で引き金を引きたかったわ。」と打ち明けた。

リックも「ニーガンを投獄してから、毎日朝が来ると『今すぐ奴を殺すべきだ』て思うんだよ。毎朝だ。だが、失った人間達のことを考えると、彼らに敬意を払うべきなんだよ、つまり、命は尊いってことさ。生きるか、死者になるかのせかいではな。」

一方、マギーはダリルと歩いていた。

マギー「私もリックみたいになりたいと思うのよ。でもハーシェルを見ると全てを思い出して割り切れないわ。でも、リックは未来のためにやっているのよ、、、それってハーシェルの為にやっているってことにもなるんだから、全く。」

黙って聞いていたダリルが死体を発見した。アラットに刺さっていたやを見て、ダリルは「犯人がわかったぜ」と言った。

 

深夜、真っ暗な中をアンが1人、前のゴミの部落の場所に来た。

鉄くずの中から鉄の郵便箱を探し出すと、中には無線機が入っていた。

チャンネルを合わせ「こちら、ジェイディス、近くにいるんでしょ?ヘリを見たわよ」と言うと、

男の声で返事が来た。

「何を持っるんだ?A か B か?」と尋ねてくる。

アン「昨夜のあれは何?ど持っていったのか?」と聞くと、「何も」と言う。

無線から「俺達の持っているのはAかBかどちらだ?」と言う。

アンは「私の分は既に支払った」と言うと、

「お前はちゃんと保証されている」と男は答える。

アンは「何が必要?」と又聞くと

無線から
「A」と返答が来た。

「Aね」とアン。

「明日だぞ」と男。

すると、「誰と話してる?」とゲイブリエルの声がした。

ゲイビーは、アンを尾行していたようだ。

アンは、ゲイビーにバレたとわかると自分が過去に食物との交換で人質を提供したこと打ち明けた。

そして、ゲイビーに「いい場所があるから、遠い場所だけど楽園だからそこへ一緒に逃げよう、幸せになれるわ」と手を出した。

しばらく黙って見ていたゲイビーは、「リックに正直に話すべきだ」と言い彼を裏切れないと答えた。

すると「あなたはてっきりBだと思っていたわ」と言うが早いか、アンはゲイブリエルを突然殴り倒した。

スポンサーリンク

リックとキャロルは、まだアラット探していた、その時、ジェッドに襲われる。

ジェッドはキャロルを羽交い締めにし、キャロルの喉元にナイフを突きつける。

リックは ジェッドに銃を向ける。

リックは、恨み言を言ってナイフを突きつけているジェッドに「話し合おう」と話しかけていく。

その隙にキャロルは袖に隠して刺してあるナイフをそっと手で引き寄せる。

ジェッドが「どんな命も尊いなんて」と文句を言う

リック「こんなことしたら引き返せなくなるぞ」と話すと

キャロルがナイフを握り終えて直ぐ「終わりよ」と言うと

リックが「終わりだ」と合図に合わせていい、

何だか分からず変な顔をするジェッドにキャロルがナイフを突き刺さし倒した。

ダリルとマギー。

犯人がいる場所に見当があるマギーがダリルを連れていくと処刑が始まっていた。

浜辺の女たちがアラットの頭に銃を向けていた。

シンディが見逃してくれとマギーとダリルに頼み込む。

この森の中で、ジャスティンがベトリースの夫を殺したこと、そして、アラットがシンディーの弟を殺したことを泣きながら話すシンディ。

シンディーが言うには、アラットが弟を殺した時に笑っていたと言う。

アラットは、「助けて、私はあの頃とは違う!変わったわ!」と叫ぶ。

マギーにシンディは言う。「サイモン達が私たちのものを全て取り上げたわ。ここの事わすれようとしたわ。でもダメ忘れられない。リックに従ったのは、他に選択肢が無かったからよ。でも、違ったわ!

貴方が道を示してくれた!
マギー、貴方がグレゴリーを処刑してから考えが変わったの。貴方が、私たちのすべき道を示してくれたのよ。だからお願い見逃して」

アラットは、ダリルに助けてくれと叫ぶ。

シンディーは「こいつは、弟が命乞いした時に笑いながら酷いことを言ったのよ!」

マギーがなんて言ったのかアラットに尋ねる。

アラットは泣きながら「期待すんな」と答えた。

それを聞いたマギーとダリル。

静かに背を向け去っていく。

アラットの「お願い、私は変わったわ!行かないで!助けて!」の声がする。

無表情のマギーとダリルは、そのまま足早に森を去っていく。

背後でパンッと銃声がした。

 

アスファルトの道路をダリルとマギーが行く。

「納得しようとしたけど、シンディの私が道を示した、て言葉で分かったわ。彼女たちみたいに私を支持してくれる人がいる。」

ジッとマギーの顔を見ながら歩くダリル。

突然、マギーが右横のダリルに顔を向けて言った。

「リックのやり方は、おしまいよ。ニーガンの所へ行くわ」

ダリル「わかった」

2人は黙ったまま同じ目的地に向かって力強く歩いて行った。

= Lyraの感想 Review=

 

うーん、もう、Rickに遺言言わせてるじゃん、もう、もう!( ← 牛 )

初っ端からミショーンとエッチするのはOKなんだけど、遺言みたいな、「君が皆を導いている。君がして来たこと、今している事、君でいる事、素晴らしいよ。」って台詞 、、、すっごく素敵な言葉だけど、お別れみたいじゃない?

「君が好き」とか、

「君は素敵だ」とかパキーンって言うのは愛の言葉だよ。

でも、リック長いんだもん、まるで死に行く前の言葉じゃん。

それに、やたらダリルにも「お前が実践して皆に示してくれよ、ダリルなら出来るよ。だって、実の兄貴をデパートの屋上に置き去りにした男を許し、命を救ったじゃないか、なっ」ってLyraを泣かせる気?

シーズン1のダリルのダメダメ兄貴のメルルを置き去りにせざる終えなかった話をしてるのよ。

全部リックのせいじゃないのに…、ずうっとリックは自分を責めていたのか?と思うと胸が痛くなる。

こんな自分落として相手に気づかせようとしたり、優し過ぎるリックがどうも今シーズンのリック像らしい。

シーズン7&8が、かなり非人間的リックみたいに言われていたから、わざと軌道修正して良いイメージで終わらしてやりたいのかもしれないね。

私たちがリックが止めるのわかってるからね。だから、遺言みたいに感じちゃうのかもしれない。

今回、ジャスティンを殺した犯人が浜辺の部落の女たちだと判明しました。つまりシンディたち。

Lyraは、やたら気になるんだわ、シンディ。

あと。この前、矢を放って助けに来た救世主の男も。バーン出てきた。

ねぇ、違和感ありありのドアップが今シーズン多いの知ってる?

シンディにやたら、そのドアップむけるのよ。何?

矢を放った男もドアップ。

一体何があるの!

シンディがまさか?

ダリルのBuddy 相棒かあ?

(click to amazon ↓↓) “The Walking Dead Glasses 4Pack Characters” クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

 

やたらダリルと絡みが多いシンディに注目ですが、ってあまり興味ないLyra なんだけど(笑)。

はじめに「最終警告」とスプレー缶に誰かが書いたのが気になったのに、なあーんも、今回絡みがなかったのが残念です。

「あっ、The Whisperes ウィスパラーズ出るわ!」とウキウキしたの、これがバーン出てきたから。

そしたら何もないわ、ジャスティン殺したのは、浜辺の女たちで、それが引き金となってマギー覚醒!

ニーガン殺しに行くぜ Babyになったと言うのがメイン話よね。

ラストシーンのマギーとダリルが2人で一直線の道を行くのが印象的だった。

今回の第3話の1番良いシーンだとLyraは胸に刻む。

だから、巻頭の写真に選んだの。

2人とも大好きなキャラクターだしね。

ジーンと感動した所で今回第3話のLyraのツッコミポイント話そうね。

スポンサーリンク

= Lyraのツッコミpoint=

①無理矢理 Love Scene ブッコミ

→ からアンジェラ(脚本家) 欲求不満?

もしくはロマンティックが好きなのね、女性だからロマンティックなの好きよ!

②リックがミショーンにやたら子作り宣言する。

→ リックは、いつもだと「なんとな〜くHに入る」のが普通なんだが、今シーズンいちいち言葉でいう特徴にLyra 気づいちゃったよ。

今回、誘う時に何回も「未来を築く」と言いまくっていたから、ジュディス1人より兄弟姉妹いた方が良いよね。

ミショーンとリックの子ならばスタイル抜群な可愛い子が生まれるよ!

産んでくれ!

③自然光を取り入れたカメラワーク→

今シーズン、ロマンティックにしたい時に、自然光を上手く取り入れているのに気づいたLyra。

だから、カップルのナチュラルな関係が表現されているみたい。

柔らかくて良い世界観があると思う。

大事なシーンでも淡くしてるのが面白いと思うよ。

④アン(ジュディス)の裏切り →

だから、言ったでしょう?

この女嫌いだって!

あんなお人好しのゲイビー(ゲイブリエル神父)を騙して酷いわ。

「リックとゲイビーが信じてくれるから、ここに居られる」と言っていたから、リックが昨夜の行動をゲイビーに聞いただけで、「もう居場所がここにはナイ、だめだ」とばかりに、人質をヘリコプター野郎に渡すと言う、、、おっそろしいことを物資交換の為にずうっと実行して来たし、これからゲイビーを送るのか?だね。

それも、リックをヘリコプターの主に引き渡そうとしてるみたい。

それに1番気になるのが、、、次のこれよ!

⑤AとBの意味 →

Aはね、リックにつけられていたマークだ。

シーズン7でリックがパンイチ(パンツ一丁)で捕まった時のコンテナに「A」マークが書かれていたのだ。

勿論、ニーガンが縛られてた時も「A」だ。

ダリルにもサンクチュアリィにいた時に囚人服に「A」が胸についていたよね?

☆その3つ全てが関係性が有るならば、

最優先の意味での 「A」か、特別「Aランク肉」になる。

ダリルはニーガンにとって最優先、と言うか「1番のお気に」だったからAだし、アンにとっては、リーダーであり、一番人を欲しがっているヘリコプターの主も喜びそうなランクAがリックだ。

つまり、リーダーやニーガンやダリルなど重要人物やお気に入りレベルの人間を最高級の肉のランクに基づきランク「A」か?

この場合、食べる、食べない別にして「美味そうな人」というのがAで、普通はBだ。

アンには美味そうだったゲイビーが腑抜けだから殴りB下がりにしたのか?

☆関連性がない場合

・「アルファα の A 」と「ベータ βのB 」か?

この場合、【ウォーキングデッド シーズン9 新キャラクター説明】した時に紹介したThe Whisperes の幹部2人よ!

どちらかの持ち物にするという感じだね。

餌食にされるか、部下にするかわからないが良くはないリックにとっても、ゲイビーにも!

・ゲイビーを「アンタBだと思ってたのに違ったわ!」と言うアンのセリフが気になる。

多分 Bは反乱分子でもなく、リーダーどもなく、普通の人間てことになりそうだ。

勿論、Aは、反乱分子やリーダー格と言うことになる。

これが1番ありえそうだけどね。

(click to amazon ↓↓) Da Chocolate Candy Souvenir “The Walking Dead Chocolate Gift Set”(スーベニアウォーキングデッドチョコレートセット)クリックしてアマゾンへ↓↓

リックが原作には居ないアン(ジェイディス)に拉致られてヘリコプターで別の世界へ〜だけはやめて欲しい。

要らないキャラクターや、面白くない雑魚キャラに、大切な大切なキャラクターを消されたくないです。

そこのところ考えていないのだろうか?スタッフよ。

TWDは、時々、やらかす。

ベスが必死に助けた黒人の掃除夫の子を、ベスが死んだ翌週にアッサリと無残に殺しちゃう、と言うヘマをやらかすのがTWDだから、

今回ばかりは、真剣にリックをやるならば格好良く、又は歴史に残る死に方をあげてくださいよ!

ヘリコプター野郎が女だったら昔出てきたカーネル叔母さん(シーズン8に出てきた)かもしれないけど、

無線の相手が男性だから新しいキャラクターか、The Whisperes になるでしょうね。

リックが心配。

ゲイビーも殴られた後に連れてかれるだろうから、ついに犠牲者になるのか?

来週の第4話を楽しみに待ちましょう!

See you tomorrow!

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪