ウォーキングデッド,シーズン7第11話あらすじ「自我を失い」 大人の階段登る〜♪ 男たち WalkingDead Season7-11

今回はドワイトとユージーンが事件に巻き込まれ、一皮むける回です。 「大人の階段登る〜♪」って感じ。

リック達が鉄屑の部族と一悶着あり〜の、ダリルとキャロルが再会し〜の、とやってた前回の第10話。 

その時より少し時間が遡ったダリル逃走直後から話はスタートします。

スポンサーリンク

*Lyraのブログは常にネタバレ全開で書いております。詳しい内容が知りたくない方は、あらすじ後のLyraの感想を読んでくださいね!

ニーガンのアジトの施設内シーンばかりで閉鎖感がバリバリです。

ドワイトが一回外へ行くだけだから、暗〜く陰湿な雰囲気が不気味さを醸し出しています。

 

 

= 第11話「自我を失い」Hostiles and Calamities あらすじ =

ダリルがいない監禁部屋を見て1人焦るドワイト。逃走経路をたどるとダリルが着替えた部屋に手紙のような紙が落ちているのを発見して驚愕する。『go now』(今だ、行け?)の、その筆跡が見たことがあるからだ。

そこへ、ニーガンの部下達が来てドワイトに殴る蹴るの暴行を始め、それを、ルシールを持つニーガンがジッと眺めていた。

その頃ユージーンが到着。ユージーンは「僕には無理だ、頼む」と泣きながら連れられて来た部屋は、清潔な部屋だった。(前にダリルが見た部屋だ。)

ユージーンはビクビクしながら部屋を見回す。ニーガンの部下で前にスペンサーに色目を使っていた女から「ここが家だよ」と言われ手を縛っていたロープを切って貰う。

「お腹すいてる?何食べたい?何でもOKよ。」言われ「ロブスター」と答えたら「あるわけないでしょ」と呆れられるユージーン。パスタ缶とトマトソースを頼む。

ユージーンは部屋の冷蔵庫を開けたてみる。野菜や卵、ビールがたくさん入っていて驚く。

ステレオのスイッチを入れると、ダリルがドッグフードドッグを食べる時に毎回、大音量でかけられたあの「Easy Street」の曲が流れ出す。

ドワイトは、ダリルが入れられていたあの監禁部屋の真っ暗な中にいた。タッタカタッタとあのドアを叩く音。ニーガンだ。

「やあ、おはよう。ここの居心地の良さを思い出したか?話でもしようや。」と言うニーガン。

「お前の失敗のせいで、周りを捜索してからお前をここにぶち込んできづいたんだよ、女房が1人足りないってな。」と言う。

「誰がいなくなった?」と聞く。

「シェリーだよ、知らないか?ドワイト坊や。偶然にしては出来すぎじゃねぇか?ダリルが脱走した数時間後に彼女も消えた。奴は扉をこじ開けてない。誰かがこのドアを開けてやったんだ。」とニーガン。

「シェリーじゃない」とドワイト。「じゃあ、お前がやったのか?お前は誰だ?」と聞く。

ドワイト「俺はニーガンだ」と答えると扉が開けられた。

ニーガン「ダリルは感情的な奴だろ?家に戻るかここの奴らを皆殺しにくるかのどっちかだ。まぁ、お前と俺をやるだろう。奴は直ぐに見つけられるが、シェリーはどこだ?」聞いて来た。

「知ってる」とドワイト。

「じゃあ、連れ戻せ。自分でカタをつけろ」と言って医者にドワイトの傷を縫うように言うニーガン。

スポンサーリンク

部下の女に案内されユージーンは、念願のピクルスを1瓶受け取った。

外ではニーガンが待っていた。震えているユージーンに「失礼だろ。挨拶しろや」とニーガン。

「やぁ、僕はユージーン」と言うと、ニーガンは周りを囲む部下達に「お前らは誰だ?」と尋ねる。

「ニーガン」と部下達は口を合わせる。

「いいか、ユージーン。ルシールを覚えてるか?ここ、ここを見ろよ、こお前が作った弾が穴を開けちまった。いつもは他人には、もっーと近くで見せるんだがな。何回も何回も振り下ろしてな!だがお前が本当にできる子が知りたいからやめとくわ!お前は博識な奴か?」と聞く。

ユージーンはピクルスの瓶を抱きながら「僕は本当にできる子だ。」と一瞬バカなふりをしたが、ニーガンに「ありえねーバカだな」と言われ頭が来たのか、「僕は、生化学の博士号を取得し免疫学と微生物学も。つまり僕は、博士だ。ヒトゲノム研究所の研究員の一人としてブルックス・エリス博士の下、病原兵器を研究していた。各部門では」とツラツラ話しだした。その時。鉄棒に突き刺さしていた上半身だけのウォーカーが音を立てて、ドロドロ〜っと腐って落ちてしまったのが目に入る。

ニーガンは「あの問題も解決できるな?あの生ける屍たちがここを守ってるが崩れ落ちてしまうんだな。そこでだ。できる子博士。立たせておくにはどうやりゃいい?」と聞く。

ユージーンはしばらく考えてから「ここは製錬してるだろ?古い溶鉱炉だが機能してるのを見た。それが問題解決の手段だ。金属を溶かし、崩れそうなウォーカーをフェンスごと覆う。金属が固まれば崩れ落ちるのを防ぐと同時にフェンスに溶接できる。更に、頭を覆えば外部の敵などによる攻撃からも守れる。」と説明した。

ニーガンは一瞬おったまげた〜と言うリアクションをすると、「すげーっな!人生で最高にクールな話だぜ!さすができる子博士だ!」とご機嫌になる。

ニーガンはご褒美に妻たちを貸してやると言った。「セックスは駄目という条件付きなのを忘れるなよ」

3人の妻たちが来ているのに、テレビゲームしかしないユージーン。

「ヒトゲノムの話をして」と女達は会話を弾ませようと気を使う。

「漂白剤とようじがあれば爆弾を作れる?」と聞かれユージーンは、

「不可能だ。ドライイーストと過酸化水素、食器洗い洗剤、トイレ洗剤が排水管洗剤と風船があればいい。家庭用雑貨で作れる」と答えたので
彼女たちは作れと言いだした。

風船を体に巻きつけながら材料を運んで外で実験を始める4人。

薬品を混ぜると大量の泡が噴き出て来て、ゴム手袋の風船に火を近づけるとバァン!という音と共に火花が散って見事に爆発した。

女性たちは喜んでユージーンに抱き付いた。

スポンサーリンク

ドワイトはチョッパーバイクでシェリーと2人で暮らしていた家に来た。「ハニー?」と呼びながら部屋に入るが返事はない。

室内は荒らされていたが、幸せそうなドワイトとシェリーの写真が入ったフォトスタンドが落ちていた。

フォトスタンドを懐かしそうに眺めると棚に置いて台所へ行くとメモパッドから切り取った紙に手紙が書かれていた。その筆跡とニーガンのアジトの部屋で拾ったメモを比べるドワイト。

go のgの筆記体が同一だ、やはりシェリーだったのだ。

シェリーの手紙はドワイト宛だった。「ドワイト。はぐれたらここであなたを待つ約束したわね。あなたはビールとプレッツェルを持って来ると言っていたわ、覚えてないでしょうけど、、、貴方ったら、付き合い始めた頃から物忘れの激しい人だった、、、いつもイラついていたわよね?人は、楽しい日々を忘れてしまう。貴方を待とうと思ったけど、私と逃げてくれるか?私を連れ戻すか?私を殺すか?私は貴方に死んでほしくなくてこの道を選んだけど、間違いだったわ。私があんな世界に引きずり込んでしまった。貴方は私より優しい人だったのに、今は人殺しをする人間になってしまった、、、私のせいだわ。ダリルは昔のあなたと同じ。だから助けてあげたいの。どうか私を忘れて。あなたは間違ってる。あそこにいるより死を選ぶわ。死んだ方がマシ。それにやっと気が付いたの。あなたも逃げて。楽しい日々を覚えてて。あなたを愛してた。私があなたを変えてしまった。さようなら ハニー」と書かれていた。

ドワイトは、マルボロの赤箱からシェリーの口紅のついたタバコを出し眺め、結婚指輪とシェリーが置いて行った指輪を重ねて見つめ、大事にしまった。

帰り際、ビールとプレッツェルをテーブルに置いて去って行く、、、ちゃんとドワイトは約束を覚えていたのだ、、、。

またゲーム中ユージーン。そこへ昨夜の女性が2人やって来た。

2人は昨日一緒にいた酒をずっと飲んでいたアンバーが「ニーガンの妻として生きていけない、辛いから終わらせてほしい」と言っているから自殺するための苦しまないで確実に死ねる薬を作ってくれ、と頼んで来た。

それを聞いたユージーンはセラピストとかいないのかと言うが、そんなものはいない。

2人が執拗に頼み続けるのでしかたなく早速材料を集め製剤した。
ドワイトは医師の所で傷の手当てを受けていた。シェリーはどうした?といつも2人の心配をしていた医師に聞かれて、ドワイトは「シェリーは逃げようとして死人に捕まったからああなる前に殺した」と嘘を言った。

ユージーンは部下の女に連れら処刑場の手すりのところへ。

ドワイトが釜でアイロンを温めている。ニーガンが現れユージーンに「しっかり見ててくれよ」と言った。

医師をいきなりルシールで殴りつけるニーガン。

あのシェリーのメモを見せ「この小さな土産がお前の机から見つかった!」と言う。

それは、ドワイトがあの手紙の「さようなら ハニー」の部分を切り取ったものだった。

「そんなものは知らない」と言う医師は叫んだが「お前がドアを開け俺の子犬を逃がした!シェリーはダリルに心を痛めてた。彼女の英雄になりたくてダリルを逃したんだろ?裏でコソコソしやがって!」とニーガン。

医師は「ドワイト」と声をかけるがドワイトは無視。

「彼はウソをついている」とニーガンに訴える医師。

だが、ニーガンは信じない。

アイロンを持つと医師に近づく。「認めて謝ればやめてやる」と言うニーガン。

医師は仕方なく「そうだ!私が逃がした!悪かった!」と叫ぶ。

ニーガンは「それでいい」と言って医師をアイロンで焼くのをやめた。

そしてユージーンの方をジーッと見ると、いきなり医師を燃え盛る釜に放り込んでしまった。

スポンサーリンク

アンバーの薬を頼んでいた女達がやって来て「薬を作ってくれた?」とユージーンに聞く。

「作ったけど渡さない。僕の知性を侮るな。薬はニーガンに使うんだろ?だから2錠なんだ!」と言った。

「あっそ、渡さないとニーガンに言うから!あなたが私達をそそのかしたってね!」と態度を一変。

だが「それは戦略ミスだな!医師よりドワイトを信じたのと同じ事だ。君達の代わりは幾らでもいるが、私の代わりはいない」とゲームをしながら冷静に答えた。

女達は「アンタは臆病者よ!」と吐き捨てて出て行く。

部屋で1人、一点を見つめピクルスをムシャムシャと食べるユージーン。

そこへ、ニーガンがドアをノックして来た。

ルシールを担いで真顔のニーガンは「居心地はどうだ?できる子博士は快適か?フランキーたちはお前を褒めてばかりだよ。」と言う。

ニーガン「だがこれは分かってくれ。誰でも歓迎するわけじゃない。それから手加減なんてものは絶対にしない。なあ。おい。もう怖がる必要なない。一つだけ質問に答えろ。大事なことだ。お前は誰、、、」と聞くが早いか、

「ニーガンだ!僕は、完全に、徹底的に、完璧に、ニーガン!あなたに出会う前からニーガンだった!ニーガンだ。」と息継ぎなしで言うユージーン。
翌朝、ウォーカーに金属を被せる現場の指揮をテキパキとするユージーン。ユージーンの黒いコートのポケットには、製剤する材料集めの時にパクッた猿のぬいぐるみが入って顔を出している。

ドワイトが隣に来て「腹をくくったようだな?」と言う。

ユージーン「ああ、君のようにね。僕は、ユージーンだ。君は、ドワイト。で、僕達はニーガンだ。」と言いドワイトも驚いた顔を見せながら「そうだな」と口を合わせた。

= Lyraの感想 =

今回の第11話は、男2人の成長記録に見えました。

良い意味でも悪い意味でも、人は変化して行くもの。

ドワイトは、シェリーの想いを知り我慢してニーガンに使われて行く内に、悪魔の右腕のような存在になり罪のない人を平気で殺すような悪人になってしまった。それが、妻のシェリーには耐えられなかったのです。

あの手紙に「さよなら」と書いてあったから別れの文章に見えるけど、シェリーのドワイトを愛するラブレターです、あれは。

ドワイトの悪への変化は、全て私のせいとシェリーは自分を責め続けていたのが痛々しかったです。それ程ドワイトを愛しているのですね。

あの手紙だと、あんな地獄のようなニーガンの場所にいるくらいなら死んだほうがマシ、だから死を選ぶ、と書いてありましたが、シェリーは本当に自殺したのかな?と疑ってしまうイジワルな私。

優しいシェリーには、生きていて欲しいと願います。

ダリルを逃がしてあげたのはシェリーだったのもうなづけました。

最初っからシェリーは、ダリルを気にかけていたから。

忠告してあげてたのは、ダリルが昔のドワイトに似ていたから、、、とシェリーは言っていたから、ドワイトのような善人が悪人になるのを間近にして、また同じ事が起きては大変だから阻止する為に、ダリルを逃がしたのでしょう。

そして、逃がしたのはいずれバレる。

バレたら命がないのはわかっていたから、死を覚悟して逃亡したのです。まさに命がけの逃亡。

そんな勇気のある人間が簡単に死ぬ世界ではあってはならない、、、そう願うから私はシェリーには生きて欲しいのです。

スポンサーリンク

シェリーが死んだことにより、(死んでいないかもしれませんが)ドワイトの目が覚めてリックに協力するか、と思いきや、ドワイトは、うるさいけど気にかけてくれていた医師を陥れてしまいました。

何故?

いちいち、シェリーの事を分析して言うから?

忠告してくるのがウザいから?

シェリーの手紙を小細工して医師がダリルを逃がした張本人にすれば、シェリーが万が一、生きていたとしても犯人と思われないで済む、、、そうすれば発見されたとしてもニーガンに殺されずに済むからと、予防策を講じたのではないかしら?


ドワイトの更生(笑)には、もう少し時間がかかりそうですね。

もう1人、悪い意味で成長した男がいます。そう、ユージーンです。

奴の変化は、恐怖から。

全ての行動は、ユージーンは死や暴力から避難するためのもの。

殺されない為に、銃弾を作るし、

自分の知性を馬鹿にされる恐れから、博士であることをカミングアウトし、

死にたくないから、博識である事を表明し、おまけに、腐って固定出来ないウォーカーを鉄で固めるアイディアまで教えてしまう。

もう、何なんだ?この負け犬っぷりは。

知性を馬鹿にされたくない + ニーガン達に殺されたくないか=ニーガン殺しの薬は作ったのに妻たちには渡さなかったと言う、「臆病者!」と彼女たちに詰られても仕方がない人間、と言うか犬。

最後は、自分はニーガン、強いぞニーガンみたいに言っちゃって、情けない。

リック達が有利になる為に、何か企んでいて、いざって時にリックたちやアレクサンドリアが有利になるように仕向ける為、、、という説はないな。

このユージーンって男は、本物の弱虫、毛虫です。

本物の、悪魔の「ニーガンの犬」です。

始めっから、弱虫。嘘をついてエイブラハムとロジータを騙して護衛にさせて旅していたし、保身のためには嘘も平気でつくし強く出る時もあるユージーンは、生粋の負け犬です。

そんな奴が、仲間を守る企てはしないでしょう。

きびきびしちゃったラストで、ユージーンは、悪のシスに転落したジェダイのように変化してしまった。

悪人に成長してしまったユージーンは、リック達の元には戻る気はないでしょう。

この2人の変化、大人の割り切り具合がどうなるか?が今後の見どころポイントですね。

ドワイトは改心するのか?

ユージーンは、ニーガンの部下のままで強くなり、幹部へのし上がりリック達の敵になるのか?

次回の第12話は、もっと策略が炸裂するかも〜!

次回もネタバレ& 本音トークで書きますので宜しくね!

お楽しみに〜!

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪