The Dead Weather / Treat Me Like Your Mother 和訳 解説 Shouldn’t Interface in Lover’s Quarrels 仲良きこと

大好きな2人がタッグを組んだら、最高なものが出来るに決まってるじゃん!

迷いはいらないわ。

ただ聴いて、感じて、騒げ!

Lyraはそうする。

そうやって、痛みを忘れるの、、、

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国テネシー州ナッシュビルで結成されたバンド The Dead Weather デッドウェザー。

2009年から、ブルーズロックをかき鳴らすLyraが大好きなメンバーが集まっているバンドなのだ!

スポンサーリンク

まず、Lyraが大好きな White Stripes ホワイトストライプス ( → 『Seven Nation Army】 和訳 Soulmate & Succer anthem. Lyrics 参照。) の Jack White ジャック・ホワイトが、ギターとドラムをし(今回のようにバックボーカルもするよ)、

これまた大好きなシンガーの1人 The Kills ザ・キルズ( →【The Kills / Future Starts Slow】 feeling Shades of Grey 和訳 参照) の Alison Mosshart アリソン・モスハートがフロントに立つサイケデリックとブルースの香りがするロックバンドである。

メンバー全員クール!

今日Lyraが和訳する曲は、The Dead Weatherの デビューアルバム『Horehound』(邦題:狂おしき薫り)からのセカンドシングル【Treat Me Like Your Mother】(2009年5月リリース)。

各バンドの良い所を集めたのもあるが、今までよりハードロック色が濃くなったサウンドかな?

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話ししましょう!

 

(click to amazon ↓↓)  Debut Album “Horehound 狂おしき薫り” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓


The Dead Weather is an American rock supergroup, formed in Nashville, Tennessee in 2009. Composed of Alison Mosshart (of The Kills and Discount), Jack White (formerly of The White Stripes), Dean Fertita(of Queens of the Stone Age) and Jack Lawrence (of The Raconteurs, The Greenhornes and City and Colour),  The Dead Weather debuted at the opening of Third Man Records’ Nashville headquarters on March 11, 2009. The band performed live for the first time at the event, immediately before releasing their debut single “Hang You from the Heavens”.

“Treat Me Like Your Mother” is a single released by the alternative rock band The Dead Weather. It is the second single released off of the band’s debut album Horehound (after “Hang You from the Heavens” was released in March 2009). The single was released on May 25, 2009, and released with the album on July 14, 2009.

スポンサーリンク

= Treat Me Like Your Mother =

[Verse 1]
Don’t act like you can’t act
I know I seen you do it
You better learn to shake hands
And treat me like your mother

Don’t act like you can’t act
Stand up like a man
You better learn to shake hands
And treat me like your mother

[Pre-Chorus 1]
You came on too late
You came on too late now
You came on too late
To do a thing

[Verse 2]
C’mon look me in the eye
You want to try to tell a lie?
I bet you can’t and you know why?
I’m just like your mother

Ah look me in the eye now
You want to try to tell a lie?
You can’t, you know why?
I’m just like your mother

[Pre-Chorus 2]
You came on too late
You came on too late now
You came on too late
Play dumb, play dead, play straight

[Chorus 1]
Who’s got it figured out?
Play dumb, play dead, play straight
Who’s got it figured out?
Play straight, trying to manipulate

[Bridge]
M-a-n-i-p-u-late
M-a-n-i-p-u-late
M-a-n-i-p-u-late
M-a-n-i-p-u-late
Am I too? Am I late?
Am I too? Am I late?
Am I, am I, am I, am I
Am I too late

[Chorus 2]
Who’s got it figured out?
Left, right, left, right
Got it figured out?
Who’s got it figured out?
Play straight

[Verse 3]
Stand up like a man
You better learn to shake hands
And look me in the eye now
Treat me like your mother
C’mon look me in the eye
You want to try to tell a lie?
You can’t and you know why?
I’m just like your mother

[Chorus 1 – excerpt]
Play dumb, play dead
Trying to manipulate

[Outro]
You blink when you breathe
And you breathe when you lie
You blink when you lie
You blink when you breathe
And you breathe when you lie
You blink when you lie
You blink when you breathe
And you breathe when you lie
You blink when you lie
Who’s got it figured out?
Left right left right
Got it figured out?
Who’s got it figured out?
Play straight
Trying to manipulate
Who’s got it figured out?
Left, left right, left right, left right
Who’s got it figured out?
Play straight
Trying to manipulate

You blink when you breathe
And you breathe when you lie
You blink when you lie
Who’s got it figured out?
Play straight

 

演技出来ないようなフリはやめてよ

私にはアンタがやって来たこと、全部分かっているんだからね

仲直りの握手することくらい覚えたら?

それに、アンタのママみたいに私を扱いなさいよ

演技出来ないようなフリはやめてよ

男らしく立ち上がったら?

仲直りの握手することくらい覚えたら?

それに、アンタのママみたいに私を扱いなさいよ

 

やって来るのが遅いのよ

やって来るのが今だなんて遅いのよ

やって来るのが遅いのよ

それ、するのが遅すぎんのよ

 

ちゃんとその目で私を見なよ

嘘をつこうとする気?

出来ない方に私はかけるわ

何でだかわかる?

それは、私がアンタのママみたいだからよ

ああ、今、その両目で私を見なよ

まだ、嘘をつこうとする気?

アンタには出来ないわ

何故だか分かる?

それは、私がアンタのママみたいだからよ

 

やって来るのが遅いのよ

やって来るのが今だなんて遅いのよ

やって来るのが遅いのよ

アホなフリしなよ

死んだフリしろ

真面目なフリしたら?

 

誰が理解できるってんだよ?

左、右、左、右

理解できるのかよ?

誰が理解できるってんだよ?

真面目なフリしたら?

スポンサーリンク

 

うまく操ってみたら

操ってみたら?

あやつーってみたら?

あやつーってみたら?

あやつーってみたら?

私も?私も遅いって?

私も?私も遅いって?

私が?私が?私が?私が?

私も遅いって?

 

誰が理解できるってんだよ?

左、右、左、右

理解できるのかよ?

誰が理解できるってんだよ?

真面目なフリしたら?

 

男らしく立ち上がったら?

仲直りの握手することくらい覚えたら?

今その両目で私を見なよ

アンタのママみたいに私を扱いなさいよ

ちゃんと今その両目で私を見なさいよ

まだ嘘をつこうとする気?

アンタには出来ないわ、何故だか分かる?

私がアンタのママみたいだからよ

アホなフリをしたら?

死んだフリしろ

上手く操ってみたら?

 

アンタは、息をするときに瞬きして

アンタは、嘘をつくときに息をする

アンタは、嘘をつくときに瞬きをする

アンタは、息をするときに瞬きをする

そして、嘘をつくときに息をする

アンタは、嘘をつくときに息をする

アンタは、嘘をつくときに瞬きをする

アンタは、息をするときに瞬きをする

そして、嘘をつくときに息をする

アンタは、嘘をつくときに息をする

誰が理解できるってんだよ?

左、右、左、右

理解できるのかよ?

誰が理解できるってんだよ?

真面目なフリをしろ

上手く操ってみたら?

誰が理解できるってんだよ?

左、左、右、左、右、左、右

誰が理解できるってんだよ?

真面目なフリをしろ

上手く操ってみたら?

アンタは、息をするときに瞬きをする

アンタは、嘘をつくときに息ををする

アンタは、嘘をつくときに瞬きをする

誰が理解できるってんだよ?

真面目なフリをしろ

 

Songwriter:

Translator: Lyra Sky 和訳

歌詞だけ聴いていたら、仲が良いから喧嘩をしています、みたいに感じるのよ。

夫婦喧嘩は犬も食わない、みたいな?

でも、このミュージックビデオを見ると『Mr.&Mrs.スミス』のブラピとアンジー並みにバトルを繰り広げている、と言うか、それ以上!

ライフル撃ちまくりで、アリソンの背中は撃たれた銃弾の穴ぼこが空いた革ジャンになっているし、ジャックは血が垂れている。

Lyraは激しい恋愛はしたことあるけど、こんな風に男の人と大喧嘩したことないから分からんわ。

相手が思い通りにならないと互いにライフル撃ちまくりたいくらいになるものなの?

でも、映像がラスメイヤー感が半端ないから、あの雰囲気が好きなので見ていて面白かったです。

スポンサーリンク

この【Treat Me Like A Mother】は、バンドメンバー全員の合作らしい。

ArisonとJack以外のメンバー2人もバンドを他にやっていて、

Jean Feruta は、Queen Of The Stone Ageのメンバーであり、

Jack Lawrence は、The Racountersや The Greenhorns City and Colour など兼任してるのもあるから、それぞれがやりたい音があるのだろう。

Lyraだったら「このメンツなら許してもらえる」という信頼関係が出来上がっていないとワガママいえないの〜。

だから、このバンドは、自己主張が強いメンツが集まったから、それぜれがやりたいことを言える信頼関係が出来上がっていて、尚且つギミックがあるバンドなのかな?と感じた。

でなければ、個性強いと空中分解しちゃうでしょ?

そんなバンドメンバーの仲の良さもフリーなグループ音から感じるね。

ある意味、やりたい放題なの。

そこも好きなポイントです。

この曲は、歌詞はAlsonが書いて作曲をそれぞれパートで作り持ち寄った。

個人個人がやりたいサウンドをこのThe Dead Weatherにぶち込んだって感じじゃないかな。

それが違和感なくまとまっている事からも、息のあったバンドなんだ。

だから「レコーディングが、メチャすごく簡単に出来上がったし、すごく早く終わったんだよ」とアリソンが言っている。

やっぱ仲良しなのが1番よ。

(click to amazon ↓↓) Debut Album “Horehound” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

【Treat Me Like Your Mother】は、タイトルそのまんまの愚痴言いまくりのラブソングね。

「アタシをアンタのママみたいに優しく扱いなさいよ!」って彼氏(もしくは旦那)に言ってるの。

ぐうたらかは、わからないけど約束をちゃんと守らないとか、嘘ついている彼氏に対してブチ切れている彼女が怒りまくっているのです。

彼氏も余りに彼女が怒るから「そんなの察しろと、いわれても分かるかよ?」と言い訳してるんだけど、強く言えない感じが笑いを誘う。

どちらにしてもマザコンが多いアメリカ人ぽいな、と思った。

彼女の「アンタが出来ないって分かるわよ、だってアタシはアンタのママに似ているんだからね」っていうのもウケる。

女はパパみたいな男が好きになるし、逆に男はママみたいな女が好きになるんだよ。

Lyraもそう。ファザコン気味。

そんなセリフも仲が良いカップルだから出ると思うから、やっぱりこの【Treat Me Like Your Mother】は、痴話喧嘩してると言うアメリカンジョーク(ウケ狙い)のラブソングだと思う。

喧嘩は良くないけど、相手を愛していて自分も素直に生きたいならば、本音をぶつけ合う方が良いのかも。

人間、本音で付き合った方が良いもんね。

その方がより仲良くなれる。

Lyraもそう言う人の方が好き〜。

ラブラブでいきましょう、令和の時代もね〜。

LyraのBirthday にメッセージをくれた皆さんありがとうねっ。

沢山、愛を頂いて頑張らなきゃなあ、と改めて思ったし、嬉しくて感動しました。

やはり、「おめでとう」とか、「ありがとう」、「頑張って」、「好き」、と自分の感情を相手に伝えることは大切な事だし、伝えることが出来るって幸せだなと思いました。

もちろん、言ってもらえることも幸せ!

優しさを頂いた方々のことは、はっきり記憶しています。

愛してくれる人にだけ愛を注ぎます。あとは知らない〜。誰にでも優しくしちゃうのが悪い癖だったから、心を入れ替えて時間を無駄にしないようにします。

いつか皆んなに恩返し出来るといいなあ。

ありがとうね〜。

今年も皆さんのお陰で素敵な年になりそう。

これからも応援よろしくお願いしますね。

Lyraも愛してるよ〜♪

(((o(*゚▽゚*)o)))♡

スポンサーリンク

The song was co-written by every member of the band. Alison Mosshart told Mojo magazine about the writing process of the band: “Everybody just did what they wanted. I wrote most of the lyrics because that’s my favorite thing, and everybody wrote different parts to the music- someone would lead with something and I’d be writing furiously, and within an hour we’d have something good enough to record or work on. It was super-easy and super-quick.”

As a b-side, the 7″ vinyl single features as “You Just Can’t Win”, a Van Morrison penned song originally performed by Them and featured on the album The Angry Young Them. The digital single has no b-side, though an alternate version of the digital single features a remix of the title track by the DJ Diplo instead  of the album version.

The song appeared as downloadable content for the video game Rock Band along with “Hang You from the Heavens” and “No Hassle Night” on July 14, 2009, to coincide with the release of the album.

 

The band’s second studio album, Sea of Cowards, was released first in Ireland on May 7, 2010, then on May 10 and 11 in the United Kingdom and the United States, respectively. Dodge and Burn, their third studio album, was released in September 2015.

When The Raconteurs were performing in Memphis, Tennessee, Jack White lost his voice and the band asked Alison Mosshart of The Kills with whom they were touring to fill in on some songs. She sang lead vocals on “Steady as She Goes” and “Salute Your Solution”. White later asked her if she would record a song with him and Jack Lawrence. They met Dean Fertita at the studio and they ended up performing more than one song that night.

Ultimately they decided to form a band with Mosshart as their lead singer, Lawrence on bass, Fertita on guitar and keyboard and White on drums. White claims he wanted to play the drums in the band, having rediscovered drumming after playing on a kit on “Another Way to Die” with Alicia Keys. He had played drums as a child, and for Goober & the Peas before forming the White Stripes. White said he felt that playing lead guitar in another band would be too redundant and saw it as an opportunity to do something different.

In January 2009, Mosshart, Fertita, Lawrence and White got together for an impromptu jam at White’s Third Man studio. The session was followed by two and a half weeks of song writing and recording, during which The Dead Weather formed. “Things just started to happen,” said White. “We didn’t have a direction. We just went a song a day, two songs a day, whatever we could do and recorded them on the fly… There was no time to think about what it was. It just was.”

The Dead Weather’s debut album, Horehound, was released on July 14, 2009 in North America, and July 13 in Europe. It entered the U.S. Billboard 200 Album Charts at No. 6 and the UK Album Charts at No. 14. Three tracks from Horehound (“No Hassle Night”, “Hang You from the Heavens”, and “Treat Me Like Your Mother”) were made available as downloadable content for the Rock Band video game series on the same day as the North American release.

Jack White co-directed a short documentary about The Dead Weather called “Full Flash Blank”. It contains exclusive interviews of the band members and performances of “60 Feet Tall”, “I Cut Like A Buffalo”, and “Treat Me Like Your Mother”. “Full Flash Blank” aired on Channel 4 straight after the showing of “Later . . . With Jools Holland” which featured The Dead Weather performing their first three singles.

Band members

  • Alison Mosshart – vocals, rhythm guitar, keyboards
  • Jack White – drums, vocals, lead and rhythm guitars
  • Dean Fertita – lead guitar, backing vocals, keyboards
  • Jack Lawrence – bass guitar, backing vocals, drums

 

Albums

● Horehound

●Sea of Cowards

●Dodge and Burn

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪