Crossroads / Cream 和訳 Robert Johnson Story 悪魔の真実.解説

Eric Clapton 絶賛、来日公演中!

ときたら、Eric のソロのお馴染みの曲を紹介するのが普通ですが、ホレ、LyraはCream 好きと来ている。(๑˃̵ᴗ˂̵)

おまけにGinger 好き。

好きな Bassist はFlea か、Jack Bruece と来たら、Cream じゃないと我慢出来ない〜

で3人のショットをUP!

そして、Cream で1、2、を争う人気曲を和訳&解説するわ。

今日Lyraが和訳&解説するのは、イングランド、ロンドンで結成された3ピースロックバンド Cream クリーム 

今や1960年代のハードロックの元祖と言われる イギリスを代表するばんどであり、それぞれのメンバーが才能と実力があるプレイヤーの集まりで、スーパーグループと言う言葉が生まれたのは、彼らがいたからかもしれない。

Jack Bruce ジャック・ブルーズ、

Elic Clapton エリック・クラプトン、

Ginger Baker ジンジャー・ベイカー、

の3人のパワフルな Bluece Rock ブルースロックと Psychedelic  Rock サイケデリック・ロックを融合させたサウンドが特徴だ。

今日Lyraが和訳する曲は、Creamの2nd スタジオアルバム 1968年8月リリースされた『Wheels Of Fire』から【Crossroads】。

様々なタイプのサウンドを出すCreamだが、ブルーズを基本にしたサウンドも多くその中で1番人気と言っても良いほど、世界中でカバーされる曲であり、Eric Clapton 自身も好んでライブでプレイする曲です。

詳しい解説はLyraのHipや和訳の後に又お話ししましょう!

(click to amazon ↓↓ ) 2nd Studio Album “Wheels Of Fire” [Remasterd ] [ CD, Analog 12inch]  クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

Cross Road Blues” (also known as “Crossroads“) is a blues song written and recorded by American blues artist Robert Johnson in 1936. Johnson performed it as a solo piece with his vocal and acoustic slide guitar in the Delta blues-style. The song has become part of the Robert Johnson mythology as referring to the place where he supposedly sold his soul to the Devil in exchange for his musical talents, although the lyrics do not contain any specific references.

スポンサーリンク

= Crossroad =

[Verse 1]
I went down to the crossroads, fell down on my knees
Down to the crossroads fell down on my knees
Asked the Lord above for mercy, “Take me, if you please”

[Verse 2]
I went down to the crossroads tried to flag a ride
Down to the crossroads tried to flag a ride
Nobody seemed to know me, everybody passed me by

[Verse 3]
Well, I’m going down to Rosedale, take my rider by my side
Going down to Rosedale, take my rider by my side
We can still barrel house, baby, on the riverside

[Guitar Solo]

[Verse 3]
Going down to Rosedale, take my rider by my side
Going down to Rosedale, take my rider by my side
We can still barrel house, baby, on the riverside

[Guitar Solo]

[Verse 4]
You can run, you can run tell my friend boy Willie Brown
Run, you can run tell my friend boy Willie Brown
And I’m standing at the crossroads believe I’m sinking down

(Spoken) Uh, Eric Clapton lead, uh vocal

クロスロードへと南下して行った

俺はその場に着くと膝から崩れ落ちてしまった

クロスロードヘと南下し

膝から崩れ落ちてしまった

頭上の神に慈悲こうた

「どうでしょう、宜しければ私を連れて行ってください」と

 

クロスロードヘと南下し

俺は乗る合図を送ってみた

クロスロードへと南下し

乗る合図を送った

誰一人として俺の事が分かっていないようだった

皆んな俺の前を通り過ぎちまった

 

そうだな、ローズデイルへと南下しよう

俺の隣には、運転手を連れてな

ローズデイルへと南下してみるか

運転手を連れてな

俺たちは、まだ家までぶっ飛ばして走れるぜ

ベイビー、川のほとりの家までさ

ローズデイルへ行ってくれ

俺の隣には運転手をおいてな

ローズデイルへ行ってくれ

俺の側には運転手をおいてな

俺たちは、まだ家までぶっ飛ばして走れるぜ

ベイビー、川のほとりの家までな

お前は逃げれるぞ

お前はまだ逃げれるのだから

ダチだから話してるんだぜ、ウィリー・ブラウン

逃げろ

お前はまだ逃げれるのだから

ダチだから話してるんだぜ、ウィリー・ブラウン

まあな、俺はクロスロードに突っ立っているよ

地獄行きを信じながらな

(あー、エリック・クラプトン、リードギター、あー、ボーカル)

 

Songwriter: Robert Johnson

Translator: Lyra Sky 和訳

 

 

元曲より、かなり早いアレンジがロックンロールと言うことか?

各パート、それぞれが才能の塊でテクニックも全て持ち合わせているのに、互いにバトルをするかの如く挑んで行く姿に、何十年も経過した今見ても手に汗握ってしまう。

世界でアルバム3500万枚以上売り上げているこのアルバム『Wheels Of Fire』は、世界初のプラチナアルバムに輝いた二枚組のアルバムだからスーパーグループと呼ばれていると言う人もいるが、それよりも、個人の個性のぶつかり合いや、技術力やエゴと言った全てがパワフルだった人間同士が本気でロックの土壌でぶつかり合ったからスーパーグループなんだと思う。

Jimi Hendrix ジミ・ヘンドリックスと共にワウを流行らせるなど最新機材を駆使した大音量のエレクトリックサウンドから、ハードロックの基礎を創り上げたCream は、ロックの歴史に刻まれる素晴らしいアーティスト達なのである。

(click to amazon ↓↓ ) 2nd Studio Album “Wheels Of Fire” [Remasterd] [CD, Analog 12inch] クリックしてアマゾンへ 


Cream の楽曲は大まかに分けられる。

今回の【Crossroads】や【Spoonful】のような伝統的なブルースをカヴァーしたりベースにした曲があり、その他に、更にモダンにしたブルース【Born Under A Bad Sign】、そして、エキセントリックな【Strange Blue】【Toad】などがある。

たった3年間くらいの活動で、ハードロックやブルースロックの全てを築き上げてしまう力や楽曲のバラエティさに感動せずにはいられない。

だから、メンバーのGingerとJack が互いの才能は認めていながらも、仲が悪かったことから亀裂が入り、互いにプライベートでもステージでもバトルし始めたことが解散の原因だったから、余りにももったいなく思えてしまう。

もし、EricがGingerとJackの関係のクッションの役割になるのではないか?と考えてSteve WinwoodをCreamに入れていたら、どうなっていたか?とLyraは想像する。

人間関係なんて予測できないし、思うようにはいかないものだ。

相性なんて出会った0.7秒で決まるとか言う心理学者もいるくらい。

だから、本能でしかありえないのかもしれないが、もしEricがゴリ押ししてSteveが入っていたら、Ericはギターに集中出来るから、もっと凄いギタープレイを披露していたのかな?

GingerもBruceも喧嘩は弱めになって、バンド内が明るくなり長続きしてくれたかもしれない、と想像してしまう。

もっと聴いてみたかったCreamの凄いプレイを!

(click to amazon ↓↓) “Robert Johnson Complete Recordings” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

【Crossroads】はRobert Johnsonの1936年の作詞作曲のブルーズが元曲だ。

長いことこの曲は悪魔の歌だと言われてきた。

映画にもなったからご存知の方も多いと思う。

音楽の才能が欲しい男が(映画だとギターの才能が欲しい男)南部の幹線道路が十字路になっている場所で、ヒッチハイクをして1人で突っ立っていると悪魔と出くわす。

その悪魔が望みを叶えてくれるというので、男は自分の命と引き換えに音楽の全ての才能を手に入れた、と言う話だ。

この話は伝説のように語り継がれてきた。漫画にも映画にもなるくらいに。

ロック好きやブルーズマンに憧れるひとは、この不気味な話を気味が悪いながらも、少なからず心の何処かで、そのようなことが起きたらなっと願ってはいないだろうか?

実際にLyraの和訳を読んでみて気がついた方もいるのでは?

そう、歌詞の中には一度も「悪魔」と言う言葉も「地獄」と言う言葉も出てこない。

それなのに、この歌は1936年のレコードリリースからずっと悪魔と取引をした男の歌と言われている。

それはなぜか?

思うに、Robertの曲で【Hellhound On My Trail】と言う曲があり、その中でDamon houndという単語があること、そして、別の曲【Me and the Devil Blues】で”Early this morning when you knocked upon my door, and I said “Hello, Satan I believe it’s time to go”と言う歌詞があるため、この悪魔的なイメージが、Robertの【Crossroads】でヒッチハイクしている男のこの不思議な歌詞と相まって、ブルーズ達の思考の中でいつの間にか「悪魔と取引した男の歌」いう伝説が作られたのではないか?と思うよ。

歌詞の中に一箇所、地獄に落ちるに似た言い回しがあるのも、悪魔のいるところへ行き取引すると誤解されたのかもしれないね。

事実、この歌詞の通りRobertが南部でヒッチハイクしている時に、なかなか車が止まってくれない荒野みたいな場所で夕焼けが沈みそうな中、突っ立っていた時の気持ちを歌詞にした曲でもあるから、あながち嘘の歌ではないのもある。

そのため、リアルな描写が皆の心に不思議な気持ちを与えるだろう。

Creamはその悪魔的な雰囲気を持つヒッチハイカーのブルーズマンの歌をロックにアレンジしたのだ。

疾走感がありRobertのBluesよりテンポアップした為に、互いのバトルが勃発する。

その悪魔のような歌詞との相乗効果で3人の戦いは、ミュージックビデオの中でもレコードの中でも沸点にまで燃え上がるのだ。

LyraもこのCreamの3人の白熱ライブを聴くたびに、ドキドキしてしまう。

何回も何回も繰り返し聴いているのにドキドキが止まらない。

それは、彼らが本物だからだ。

誰かの物真似だけしかしない怠け者でもなく、上っ面だけ並べた嘘のソングライターでもなく、自分たちの出す音を信じ、高めあい、オリジナルを吐き出す人間達だからだ。

そして、Creamの3人のパワーと曲の妖しさが迫って来るからだ。

ギリギリまで極めた技術と、本気で出し切った人間が出す力のある音の凄さが私たちのハートを鷲掴みにする。

捉えて離さないのだ。

もう、あなたのハートも持って行かれるよ?

ロックという魔物使いの手でね。

 

スポンサーリンク

“Crossroads” is a song originally by Robert Johnson, written in 1936. It’s a blues track, and the most popular iteration is by the Eric Clapton-led Cream. It was the first single of their Wheels of Fire record in 1968, and featured an epic live video of the track. A portion of Johnson’s “Travelling Riverside Blues” also exists in the song.

The lyrical intent has been debated over the years, with some saying it signifies selling your soul to the devil, while Samuel Charters, noted Blues historian, see’s a racial angle, with references to racial segregation in the second verse.

Clapton has used the name “Crossroads” repeatedly in his life since this release. His Greatest Hits release was titled Crossroads, and he created the Crossroads Guitar Festival in 2004, to help benefit his Crossroads Centre, an institution to help with drug addiction in Antigua.

A crossroads or an intersection of rural roads is one of the few landmarks in the Mississippi Delta, a flat featureless plain between the Mississippi and Yazoo rivers.

It is part of the local iconography and various businesses use the name, such as gas stations, banks, and retail shops.  A crossroads is also where cars are more likely to slow down or stop, thus presenting the best opportunity for a hitchiker. In the simplest reading, Johnson describes his grief at being unable to catch a ride at an intersection before the sun sets.  However, many see different levels of meaning and some have attached a supernatural significance to the song. 

Both versions of the song open with the protagonist kneeling at a crossroads to ask God’s mercy, while the second sections tells of his failed attempts to hitch a ride  In the third and fourth sections, he expresses apprehension at being stranded as darkness approaches and asks that his friend Willie Brown be advised that “I’m sinkin’ down”. The first take of the song, which was used for the single, includes a fifth verse that is not included in the second take. In it he laments not having a “sweet woman” in his distress.

The song has been used to perpetuate the myth of Johnson selling his soul to the Devil for his musical ability.  The lyrics do not contain any references to Satan or a Faustian bargain, but they have been interpreted as a description of the singer’s fear of losing his soul to the Devil (presumably in exchange for his talent).

Johnson was “fascinated with and probably obsessed by supernatural imagery.” His song “Hellhound on My Trail” tells of trying to stay ahead of the demon hound which is pursuing him and in “Me and the Devil Blues” he sings, “Early this mornin’ when you knocked upon my door, and I said ‘Hello Satan I believe it’s time to go'”. These songs contribute to the Faustian myth; how much Johnson promoted the idea is debated, although many agree “the ‘devil angle’ made for good marketing”.

“Crossroads” became a part of Cream’s repertoire when Clapton began performing with Jack Bruce and Ginger Baker in July 1966. Their version features a prominent guitar riff with hard-driving, upbeat instrumental backing and soloing. Clapton previously recorded “Ramblin’ on My Mind” with Mayall and “From Four Until Late” with Cream using arrangements that followed Johnson’s original songs more closely. However, he envisioned “Crossroads” as a rock song:

 

It became, then, a question of finding something that had a riff, a form that could be interpreted, simply, in a band format. In ‘Crossroads’ there was a very definite riff. He [Johnson] was playing it full-chorded with the slide as well. I just took it on a single string or two strings and embellished it. Out of all of the songs it was the easiest for me to see as a rock and roll vehicle.

Cream were a British rock power trio formed in 1966 consisting of drummer Ginger Baker, guitarist/singer Eric Clapton and lead singer/bassist Jack Bruce. The group’s third album, Wheels of Fire (1968), is the world’s first platinum-selling double album. The band is widely regarded as the world’s first successful supergroup. In their career, they sold more than 15 million records worldwide. Their music included songs based on traditional blues such as “Crossroads” and “Spoonful”, and modern blues such as “Born Under a Bad Sign”, as well as more current material such as “Strange Brew”, “Tales of Brave Ulysses” and “Toad”.

Members

  • Eric Clapton – lead and rhythm guitars, vocals
  • Jack Bruce – lead vocals, bass, keyboards, piano, harmonica, cello
  • Ginger Baker – drums, percussion, vocals

Discography

  • Fresh Cream (1966)
  • Disraeli Gears (1967)
  • Wheels of Fire (1968)
  • Goodbye (1969)

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪