【Depeche Mode / Walking In My Shoes】 和訳 Sin or Beauty? Lyrics

LyraのDepeche Mode好きは、このブログの常連さんにはお馴染みのこと。だから、いつもの妖しいSexyな感じになると思うでしょう?

でも今日は、この曲にしたくなったのでdeepで真面目な感じになった。

スポンサーリンク

今日Lyraが和訳&紹介するのは、Depeche Modeの沢山あるアルバムの中で一番好きな1993年リリースされたアルバム “Songs of Faith and Devotion”に収録されている2nd シングル【Walking In My Shoes】です。

1993年4月26日リリースだから丁度Grunge全盛期で巷にNirvanaもどきがあふれていた頃だね。

最近のH&MのCMのWynona Riderが、Black Swanを引きずったままのやさぐれ悪女風を気取っている今の退廃さではなくて、

目をギョロギョロさせながら演技してTom Boy好きの男子や女子の憧れの存在をだった頃に席巻していた音楽。

その匂いがプンプンする。

( To amazon↓ ↓) CD

それがイングランドのDepeche Modeの作品から、イランイランみたいに甘ったるく香ってくるんだから、知らない人は面食らうだろう。

Depeche Modeはヨーロッパ圏では今も大人気だけど、日本では知らない人が殆ど。

でも、この時代の彼らの音は受け入れやすいと思う。

どんな感じか?

それは、Lyraの和訳したのを読んでから、又お話ししましょう。

Music Videoを見た後でね。

“Walking in My Shoes” is a song by British electronic music band Depeche Mode.

It was released on 26 April 1993 as the second single from their seventh studio album, Songs of Faith and Devotion (1993).

The song reached number 14 on the UK Singles Chart and matched the success of the previous single “I Feel You” on the Modern Rock Tracks chart, where it reached 1.

スポンサーリンク

= Walking In My Shoes =

[Verse 1]
I would tell you about the things
They put me through
The pain I’ve been subjected to
But the Lord himself would blush
The countless feasts laid at my feet
Forbidden fruits for me to eat
But I think your pulse would start to rush

[Pre-Chorus 1]
Now I’m not looking for absolution
Forgiveness for the things I do
But before you come to any conclusions
Try walking in my shoes
Try walking in my shoes

[Chorus]
You’ll stumble in my footsteps
Keep the same appointments I kept
If you try walking in my shoes
If you try walking in my shoes

[Verse 2]
Morality would frown upon
Decency look down upon
The scapegoat fate’s made of me
But I promise now, my judge and jurors
My intentions couldn’t have been purer
My case is easy to see

お前に奴等が俺にやりえたことを話してあげるよ

俺が晒し者にされ続けた痛みのことさ

でも神でさえ俺の独白を聞いたら、恥ずかしくて顔を赤らめるだろうな

俺の足元には数え切れないくらいのご馳走が並べられていたよ

禁じられた果実さえ俺の為に与えられた

でもさ、俺はお前の鼓動が激しく打ち始めるだろうと思うんだよ

今、俺は赦罪文を探しているんじゃない

俺が仕出かした事への許し

でもお前がどんな結論を出したにせよ

俺の立場になってみろよ

俺の立場になって考えてみろよ

俺の足取りで行けば、お前は躓くだろうよ

俺が確立した地位を維持して行けよな

もしお前が俺の立場でやって行く気があるなら

もしお前が俺の立場でやって行く気があるなら

道徳は俺に難色を示すだろう

品性は見下すだろう

身代わりの罪は、俺のせいさ

でも俺は今、約束するよ

裁判官よ!陪審員よ!

俺の意向は、純粋さをもう得られなくなったんだ

俺の罪状は分かり切ってるだろ

[Pre-Chorus 2]
I’m not looking for a clear conscience
Peace of mind after what I’ve been through
And before we talk of any repentance
Try walking in my shoes
Try walking in my shoes

[Chorus]
You’ll stumble in my footsteps
Keep the same appointments I kept
If you try walking in my shoes
If you try walking in my shoes
Start walking in my shoes

[Pre-Chorus 1]
Now I’m not looking for absolution
Forgiveness for the things I do
But before you come to any conclusions
Try walking in my shoes
Try walking in my shoes

[Chorus]
You’ll stumble in my footsteps
Keep the same appointments I kept
If you try walking in my shoes

[Chorus]
You’ll stumble in my footsteps
Keep the same appointments I kept
If you try walking in my shoes
Try walking in my shoes
If you try walking in my shoes
Try walking in my shoes

俺は、明白な良心を探しているんじゃないんだ

俺の人生を終わらせた後の精神の平和さ

後悔について噂する前に

俺の立場になってみろよ

俺の立場になって考えてみろよ

俺の足取りで行けば、お前は躓くだろうよ

俺が確立した地位を維持して行けよな

もしお前が俺の立場でやって行く気があるなら

俺の足取りで行けば、お前は躓くだろうよ

俺が確立した地位を維持して行けよな

もしお前が俺の立場でやって行く気があるなら

俺の立場になって考えてみろよ

もしお前が俺の立場でやって行く気があるなら

俺の立場になって考えてみろよ

Translator: Lyra Sky 和訳

この深い音。

Depeche Modeの重低音とDave GahanのVocalの低い囁きを聴いてるだけでLyraは闇の世界に抱かれているようになり、優しい気持ちになる。

闇の世界がこんなに愛おしいモノとは、闇に引き込まれた者しかわからないだろう。

ただ、一度知り得た世界ならば足が抜けなくなる。居心地が良いからだ。

この”Walking  In My Shoes”はDepeche Modeらしい歌詞で構成されている。

だから、パッと聴いただけだと「宗教色が強いから分からん」となるだろう。それすら分からない人もいるだろうけど、、、変に先入観がない方が良いんじゃない?

今回の歌詞に関しては、余計な知識が無い方が受け入れやすい歌詞だとLyraは感じたので、単語も宗教も知らない人でも理解しやすいように、違和感ないように訳してみました。

まぁ、Videoが司祭やら尼さんが出て来ちゃうし、異形のものをワザと出しているから凄く誤解を生んでしまうだろうなぁ。

これメンバーの意見なのか分からないけれど、第五のメンバーだったAnton Corbijnのアイディアなんじゃないかなー。

あの人(あの映像監督)って宗教的な映像や美しさの中にワザと醜悪な部分をチラ見せしたり、今回みたいにあからさまに大セールしてShow upするのが好きでしょう?

絶対、Antonが押したからこのVideoになったのよ。だから、USAだけが文句をまた言って来てVideoはCutされた部分があるんだよね。

今日、LyraがUPしたビデオはNo Cutだからご安心を。

スポンサーリンク

Dave抜きのMartinとAndyとAlanが3人で裸の女と座ってるシーンがあったけどUSAではカットされた。

そう言うのが話題になって売れる場合もあるけれど、偏見の目で見られちゃう危険性もあるじゃない?

そうなると良い曲や良い歌詞なのに、偏見から聴かない人が多くなると困るよね。

良いものは良いってわかってほしいな。

そう思うから、分かり易く和訳したの。

スケープゴートと言う単語や、裁判官や陪審員に答弁しているような単語が並ぶから、歌詞の一人称の人物は=主人公は罪人かもしれない。

許しをこう人間。

でも、サビの感じからすると、罪人というより、嵌められた人間だ。

愛のためか?

金のためか?

欲のためか?

神さまが聞いたら顔を赤らめてしまうくらい恥ずかしい行為をした、と言う一業から、色恋、色欲な感じもしなくもないけれど(笑)、全体的には地位を確立した人間が悪い奴らに嵌められた感じだね。それか、差別された人間。

お前が俺の立場だったらどうするよ?

て感じかな。

ハマりにハマった泥沼から這い出れない恐怖か、開き直りか、喋っている男は死を覚悟している。

恐れはない。

彼の望みは死後の安泰した世界だ。

心の平穏を願う男の歌だ。

この歌詞のLyraが良いなと思うところは「この俺の立場になってみろよ」というのが宗教的な地位にも取れるし、社会的な地位にも取れるし、人種差別にも取れるし、障害者の差別にも取れるし、一人称を女にしたら性差別にも取れるのよ。

全ての人間が平和で平等であるべきなのに、世界にはびこる差別や違和感を表現し、結果的に疑問を投げかけているところがLyraは素晴らしいと感じるの。

醜悪な部分を露見する事で真実の美しさや、理想を問う、、、そんな意思をLyraは【Walking In My Shoes】に見ているの。

真実を見ないといけないんだよ。

罪や美しさは表裏一体しているんだろう。

ま、Lyraは深読み女だから、考えすぎてんのかもしれないね。

普通に、この暗闇を楽しむだけでもGoodなのよ。

何故ならば、この低音は人間の五感を刺激するような音だから。

初期のDepeche Modeのピコピコサウンドは好き嫌いが分かれるだろうし、

最近の進化したDepeche SoundはLyraは大好きだけどDepeche ファン以外の、一般Peopleのウケは、どう?と冷静に考えると難解なんじゃないかと感じる。難しい暗さ。

歌詞も社会性が強いし。(Lyraは好きなんだけどな)

だけど。

この”Song of Faith and Devotion”の時期の音は、Rock好きにもテクノ好きにもGrunge好きにも受け入れ易いサウンド。

(To amazon↓ ↓) Live CD 

(To amazon ↓ ↓ )スタジオ盤CD

Depeche Modeが始めてGrungeの脅威を意識してサウンドを激変させた作品。

そのサウンドはDepeche Modeの変身であり成功を手に入れた瞬間でもあった。

だから、色んな人に聴いて欲しいからDepecheの中から選んで紹介しているわけです。

サウンドと違って、歌詞はねー、わかりにくいかもしれない。

Depeche Modeの歌詞は、簡単な単語ばかりの時もあるし、

難しい歌詞ばかりの時もあるし、

簡単だと思ったら宗教絡みだったり変態絡みだったりするから。

今回の曲だと、英語を知ってるだけの人だと宗教絡みだわ、と思うし、

音楽好きだけど知らない人は丸っ切り分からない。

だから、音楽好きで変な事ばっかり知っている、知ろうとしてるLyraの出番かな?と、たまにDepeche Modeを和訳しているわけです。

これくらいしか出番なかったりして、、、。

良い曲や良いアーティストは、対訳すのも楽しい。

皆さんにLyraの楽しいをおすそ分け!

そんな気持ちで頑張っております。

皆さんの感想、いつも有り難く頂戴しておりまする。

つぅか、感想や励ましを頂くから頑張れている、というのもあるの。

いつもありがとう!

これからもよろしくお願いしますね。

スポンサーリンク

“Walking in My Shoes”

Single by Depeche Mode
from the album Songs of Faith and Devotion

B-side
“My Joy”
Released
26 April 1993
Format
7″ 12″ cassette CD
Recorded
February 1992 – January 1993; Madrid, Hamburg, London
Genre
Alternative rock synthrock trip hop
Length
4:59 (single version)
5:35 (album version)
Label
Mute Sire (U.S.)
Songwriter(s)
Martin Gore
Producer(s)
Depeche Mode Flood
Depeche Mode singles chronology
“I Feel You”
(1993) “Walking in My Shoes”
(1993) “Condemnation”
(1993)
Songs of Faith and Devotion track listing
“I Feel You”
(1) “Walking in My Shoes”
(2) “Condemnation”
(3)
The 7″ version of “Walking in My Shoes” is not the same as the one in the Songs of Faith and Devotion album.

The sound has been made more noisy and dirty, especially the drums in the verse, and the intro has been shortened. When performed live, elements of the “Grungy Gonads” mix are used in an extended intro and throughout the song.

The B-side is “My Joy”, the only exclusive B-side from the Songs of Faith and Devotion album, and is a rock track in the vein of “I Feel You” and “Halo”.

The song was cited by then-member Alan Wilder to be his favourite song from the album together with “In Your Room”.

Music video Edit

The music video for “Walking in My Shoes” was directed by Anton Corbijn. At the beginning of the second verse, there’s a shot of Martin Gore, Andy Fletcher, and Alan Wilder with naked women on their laps. This was removed in the MTV version in the US and replaced with footage of the three members standing still, alone, from earlier in the video. The uncut version is on The Videos 86-98, Devotional, The Best Of, Volume 1 and Video Singles Collection DVDs.

Release and commercial reception Edit

The single was released on 26 April 1993 in the UK and on 27 April of the same year in the United States; “Walking in My Shoes” failed to enter list of the UK top ten and the American top 40, nevertheless the song became a top ten hit in some countries of Continental Europe, and became a recurring song during the live performances of the band since 1993. The song peaked number 14 on the UK Singles Chart and number 69 on the US Billboard Hot 100, however, it peaked number one on the Billboard Modern Rock Track chart.

The single was featured during the opening credits of episode 9 of season 2 of USA Network series Mr. Robot, entitled “eps2.7_init_5.fve”.

Track listings Edit

7″, Cassette: Mute / Bong22, CBong22 (UK) Edit
“Walking in My Shoes” (Seven Inch Mix) – 4:59 (remixed by Mark Stent)
“My Joy” – 3:57
7″ released as a promo only, not commercially released, hence why both songs appear on the 12″ version. “Walking in My Shoes” is the first Depeche Mode single not to have a commercial 7″ release in the UK.
12″: Mute / 12Bong22 (UK) Edit
“Walking in My Shoes” (Grungy Gonads Mix) – 6:24 (remixed by Jonny Dollar with Portishead)
“Walking in My Shoes” (Seven Inch Mix) – 4:59
“My Joy” (Seven Inch Mix) – 3:57
“My Joy” (Slow Slide Mix) – 5:11 (remixed by Steve Lyon and Depeche Mode)
12″: Mute / L12Bong22 (UK) Edit
“Walking in My Shoes” (Extended Twelve Inch Mix) – 6:54 (remixed by Mark Stent)
“Walking in My Shoes” (Random Carpet Mix Edit) – 6:35 (remixed by William Orbit)
“Walking in My Shoes” (Anandamidic Mix) – 6:11 (remixed by Spirit Feel)
“Walking in My Shoes” (Ambient Whale Mix) – 4:54 (remixed by Mark Stent)
CD: Mute / CDBong22 (UK) Edit
“Walking in My Shoes” (Seven Inch Mix) – 4:59
“Walking in My Shoes” (Grungy Gonads Mix) – 6:24 (remixed by Jonny Dollar with Portishead)
“My Joy” – 3:57
“My Joy” (Slow Slide Mix) – 5:11 (remixed by Steve Lyon and Depeche Mode)
CD: Mute / LCDBong22 (UK) Edit
“Walking in My Shoes” (Extended Twelve Inch Mix) – 6:54 (remixed by Mark Stent)
“Walking in My Shoes” (Random Carpet Mix Edit) – 6:35 (remixed by William Orbit)
“Walking in My Shoes” (Anandamidic Mix) – 6:11 (remixed by Spirit Feel)
“Walking in My Shoes” (Ambient Whale Mix) – 4:54 (remixed by Mark Stent)
CD: Mute / CDBong22X (EU) Edit
“Walking in My Shoes” (Seven Inch Mix) – 4:59
“My Joy” – 3:57
“Walking in My Shoes” (Grungy Gonads Mix) – 6:24
“My Joy” (Slow Slide Mix) – 5:11
“Walking in My Shoes” (Extended Twelve Inch Mix) – 6:54
“Walking in My Shoes” (Random Carpet Mix Edit) – 6:35
“Walking in My Shoes” (Anandamidic Mix) – 6:11
“Walking in My Shoes” (Ambient Whale Mix) – 4:54
This CD is the 2004 re-release
Promo 12″: Mute / P12Bong22 (UK) Edit
“Walking In My Shoes” (Grungy Gonads Mix) – 6:24
“Walking In My Shoes” (Seven Inch Mix) – 5:00
“My Joy” (Seven Inch Mix) – 3:58
“My Joy” (Slow Slide Mix) – 5:11
12″: Sire/Reprise / 40852-0 (US) Edit
“Walking in My Shoes” (Extended Twelve Inch Mix) – 6:54
“Walking in My Shoes” (Random Carpet Mix Edit) – 6:35
“Walking in My Shoes” (Grungy Gonads Mix) – 6:24
“Walking in My Shoes” (Anandamidic Mix) – 6:11
“Walking in My Shoes” (Ambient Whale Mix – 4:54
“My Joy” (Slow Slide Mix) – 5:11
Released 4 May 1993
CD: Sire/Reprise / 40852-2 (US) Edit
“Walking in My Shoes” (Seven Inch Mix) – 4:59
“Walking in My Shoes” (Grungy Gonads Mix) – 6:24
“Walking in My Shoes” (Random Carpet Mix Edit) – 6:10
“My Joy” (Slow Slide Mix) – 5:11
“Walking in My Shoes” (Extended Twelve Inch Mix) – 6:54
“Walking in My Shoes” (Anandamidic Mix) – 6:11
“My Joy” – 3:57
“Walking in My Shoes” – (Ambient Whale Mix) – 4:54
Released 27 April 1993
The full version of the “Random Carpet Mix” was officially released on Remixes 81–04.
All songs written by Martin L. Gore

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪