【Inhaler/ Ice Cream Sundae】和訳INHALERを紹介! Charge Your Life

今秋にデビューしたばかりで、ホッカホカのHot New Comerなの〜、にも関わらず、モノクロ写真。ww (例のあの人のアレが撮った写真。)

他にも今は、バーンと銘打ったプロモーションもなく…やる気あるのかしら? もしくは、これからBoom!と打ち上げ花火を上げる前の準備期間なのかも、、、。

だがBackには凄いもんがついている。

気になる。気になり過ぎるぅ〜!

だってフロントマンのVocalが、あの方の息子なのだから〜!

一聴しただけで、「この歌い方!この声!粘っこい節回し〜!」と、アホみたいにLyraはおたけびをあげまちた。

まあ、本人は「パパのことは言うなや。七光りなんて使いたくね〜」と言うでしょうな。

Lyraも同じ立場なら、そうイキッていたでせう。

イキる俺。

熱い想い。

Lyraならなりそうだが、何故かクールなメンバー。

そのせいか9月に書いたままブログにUPするのを忘れていたっ。テヘ(๑>◡<๑)

今年もあと2週間ちょいで終わっちゃうから、早速、Coolに甘い甘いラブソングをお届け〜♪

今日Lyraが和訳&解説するのは、アイルランド、ダブリン出身の4人組ロックバンド Inhaler インヘイラー。

スポンサーリンク[ad#go1]

INHALERは、地元ダブリンのハイスクールで2012年に結成。

今日Lyraが和訳する曲は、メジャー・デビュー作となるニュー・シングル【Ice Cream Sundae」。ポリドールUKからリリースされたInhalerにとっては3枚目のシングルである。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話ししましょう!

 

(click to amazon↓↓ ) Single “Icecream Sundae” [Streaming,CD] クリックしてアマゾンへ ↓ ↓

Inhaler are the rockband from Doblin Irland.They are a four-piece band, who formed in 2012, and decided on their current name in 2015.

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go4]

= Ice Cream Sundae =

[Verse 1]
I’m in the pursuit of happiness
I’m gonna get it, I’m gonna get it
But the hours are getting longer
I’m gonna get it, I’m gonna get it
Easy, I’m backward, going nine to ten
I’m gonna get it, I’m gonna get it
But the feeling’s getting stronger
I’m gonna get it, I’m gonna get it

[Chorus]
Easy as an ice cream sundae
Slipping outta your hand into the dirt
Easy as an ice cream sundae
Every dancer gets a little hurt

[Verse 2]
I’m in the pursuit of happiness
I’m gonna get it, I’m gonna get it
Every hour, I’m getting stronger
I’m gonna get it, I’m gonna get it
Easy, I’m backward, going nine to ten
I’m gonna get it, I’m gonna get it
You know I can almost taste it
Melting on my fingertips

[Chorus]
Easy as an ice cream sundae
Slipping outta your hand into the dirt
Easy as an ice cream sundae
Every dancer gets a little hurt
Hurt
[Bridge]
Here’s to getting hurt
To being down in the dirt
Can’t give in
The end again and again and again
[Chorus]
‘Cause it’s easy as an ice cream sundae
Slipping outta your hand into the dirt
Easy as an ice cream sundae
Every dancer gets a little hurt
Easy as an ice cream sundae
Slipping outta your hand into the dirt
Easy as an ice cream sundae
Every dancer gets a little hurt
Easy as an ice cream sundae
Oh, easy as an ice cream sundae

 

俺は幸福の追跡の真っ只中

もう直ぐ手に入りそう

手に入れるつもりさ

でも時は長くなって来ている

もう直ぐ手に入りそう

手に入れるつもりさ

簡単だろ

俺は後ろの方にいて

9時から10時に行こう

もう直ぐ手に入りそう

手に入れるつもりさ

感情がますます強くなって来たよ

もう直ぐ手に入りそう

手に入れるつもりさ

スポンサーリンク[ad#go1]

 

アイスクリーム・サンデーみたいに簡単さ

抜け出して泥の中に手をいれてみたら

アイスクリーム・サンデーみたいに簡単さ

どのダンサーもちっちゃな傷があるものさ

 

俺は幸福の追跡の真っ只中

もう直ぐ手に入りそう

手に入れるつもりさ

一刻一刻と強くなって行く

もう直ぐ手に入りそう

手に入れるつもりさ

俺は後ろの方にいて

9時から10時に行こう

もう直ぐ手に入りそう

手に入れるつもりさ

殆ど味わえるんだ

俺の指先に溶けているから

 

アイスクリーム・サンデーみたいに簡単さ

抜け出して泥の中に手をいれてみたら

アイスクリーム・サンデーみたいに簡単さ

どのダンサーもちっちゃな傷があるものさ

傷をね

 

ここは、傷を負う為にある

泥の中に沈み込む為に

最後にはそれを与えられないよ

何度も何度も何度もなんて

 

アイスクリーム・サンデーみたいに簡単さ

抜け出して泥の中に手をいれてみたら

アイスクリーム・サンデーみたいに簡単さ

どのダンサーも悲しみを抱えているんだよ

アイスクリーム・サンデーみたいに簡単さ

抜け出して泥の中に手をいれてみたら

アイスクリーム・サンデーみたいに簡単さ

どのダンサーも悲しみを抱えているんだよ

アイスクリーム・サンデーみたいに簡単さ

ああ、アイスクリーム・サンデーみたいに簡単さ

Songwriters: Ryan McMahon, Robert Keating, Joshua Jenkinson, Elijah Hewson

Translator: Lyra Sky

こちらは今年のショーケースのライブ。

初めて聴いた時、Lyraはつい「70年代ポップスか?」とツッコミを入れてしまったよ。

UK・ポップス全盛期みたいなフワフワしたサウンド。

2020年が来るこの時代から一気に大好きなDepeche  ModeがまだPop なアイドルみたいだった時代、ヒットチャートにEurythmics ユーリズミックスがいた時代、、、そして、U2がPopとPunkとRockを行ったり来たりして今のサウンドを模索していた時代にタイムリープしたみたいだ。

*Eurythmicsについてはこちら!→ユーリズミックス/ Sweet Dreams カラオケ定番曲!LGBTの美 和訳 Eurythmics Lyrics

 

 

彼らの大好きなバンドを突き詰めて行ったら出来たサウンドだと言う。

新しいバンドなのに良い意味で、古臭いPopさがキュンキュンさせてくれるから不思議だ。

これが、ノスタルジーと言うものなのかもしれない。

スポンサーリンク[ad#go1]

Inhalerは、4人組のロックバンド。

☆イライジャ・ヒューソン Elijah Hewson (vocals, guitar)
☆ジョシュ・ジェンキンソン Josh Jenkinson (guitar)
☆ロバート・キーティング Robert Keating (bass)
☆ライアン・マクマホン Ryan McMahon (drums)

アイルランドの首都ダブリンのハイスクール、St.Andrews School で結成した。

先程、話したように彼らの好きなバンド、

The Stone Roses ザ・ストーン・ローゼズ、

Joy Division ジョイ・ディヴィジョン、

Depeche Mode (“Mercy In You” 和訳 愛と信仰、愛の奴隷 Lyrics) デペッシュ・モード、

インターポール、

ザ・キュアー

などから影響を受けて曲作りを始めたのが、今や、自分たちの個性となり、不思議なレトロ感を生んだのかもしれない。

今年 2019年9月メジャー・デビュー。

同時にこのシングル[Ice Cream Sundae】をリリースした。

これがInhalerのメジャーデビューシングルになるが、これ以外にも【It Won’t Always Be Like This】【My Honest Face】の2曲をリリースしているので、3曲目のシングルになる。

冒頭でチラッと話しましたが、Vocalの Elijahは、U2のBonoの息子なの。それだけでも超話題にはなっているが、歌い方などなど、似ている点がかなりある為、かわいそうだけど早くもU2と比較されている。

それだけ注目されているのだから幸せだと思う。

ここは、父親がビックバンドのフロントマンと言うことを逆手に取って、活躍した方が良いと思うな。

変なプライド持ちすぎて何もしないで、その他大勢で生きて行くよりも、上に上がる取っ掛かりになるならば、隠さない方が良い。

だって悪いことでも何でもないし、素直にいくべきだと思う。

どうせ二世タレントみたいなものは、何もしなくても色々言われるのだから。

因みにInhalerは、この6月7日にヒートン・パークの Noel Gallagher High Flying Birdのオープニング・アクトを務めた。

これもBonoが昔からOasisの兄貴 Noel Gallagher と仲良くて、家族ぐるみのお付き合いをしてきたからだ。

先程Lyraが「写真を撮ってるのは、「あの人のアレ」」と言ったのは、兄貴の娘、アナイスが写真を撮影した、と言うことである。(なんか、はっきり言いたくなかった。なぜか)。

この曲は既にライブでもお馴染みの曲で、初めてバンドで一緒に書いた曲だと言う。

5月に発表したシングル「My Honest Face」に続く三枚目だ。

スポンサーリンク[ad#go1]

 

今年は、夏フェスにも出演し、この9月~10月UK・ヨーロッパ・ツアーはほぼソールド・アウトだった。

11月はブロッサムズのUSツアーのサポート・アクトを務め、早いことに、来年のイギリスの夏フェス、Lehcester のVictoria Park に この前、紹介したばかりのKasabian カサビアン (→ 【Fire/ Kasabian】Deep Presenceクドさが武器!)とライブをするらしい!

そして!

来年、2回目の来日が決まったの。(詳細は、最後の方に書いておきますね。)

「Ice Cream Sundae」は彼らにとって3曲目のシングル。

リリースされたばかりなのに、まるで往年のヒットソングを聴いているような安心感と、懐かしい思い出に浸る気持ちにさせてくれる曲だ。

不思議…。

(click to amazon↓↓) Single “Icecream Sunday” [Streaming, CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

Elijahは語る。

「失うことと得ることについての曲。僕は、誰もが覚えているような普通のティーンエイジャーの体験を書くのが好きなんだ。生きる喜び、ティーンエイジャーであること、そしてそれに伴うつらさを描きたかった」

今年最後のTeenager ( Eligh は今19歳)だからこそ、歌いたかった思いなのだろう。

 

(click to amazon↓↓) “It Won’t Always Be Like This” [Streamingクリックしてアマゾンへ↓↓

9月~10月のUK・ヨーロッパ・ツアーがソールドアウトしていたらしく、11月はマンチェスター南部ストックポート出身バンド  ブロッサムズのUSツアーのサポート・アクト。

着実に経験を積んでいる模様。そして、この地道なライブ活動が身を結んで、熱狂的なファンの心を掴んでいるのだ。

現在は、12月のUK&アイルランド公演中。

 

「この勢いに乗って突き進みたい、車輪が外れてしまうまで」とElijahは語る。

 

良く考えたら、Inhalerは、まだこのメジャーが1曲のみだ。

シングルを3枚、トータルで7曲しか発表していない新人バンド、アルバムもないバンドが、いきなり来日公演は、異例かもしれない。

やはり、わざと地味にしている予想の方が当たりみたいね。これからBoom! するための準備期間が、今なのだ。

来年2020年の来日公演から速度を早めて、一気にスターダムへ。

このLyraの予想当たるんじゃない?だって、和訳をして書いたばかりの時は、PVすらなかったんだもの!

放置していたLyraもなんだが(笑)、ブログに載せようと思ったら、PVが出来ていたから、「売れたな」と思った。PVの出来は何とも言えないが、、、曲は素晴らしい。

この歌詞をTeenagerの気持ちとElijahは語っていたが、これからチャンスを掴もうとしているInhalerのメンバー達のようだと感じる。

「手に入りそう」と成功に手を伸ばしている人間が頭に浮かぶよう。

それは、愛かもしれないし、ずっと欲しかったものや、長く思い描いていた夢かもしれない。

誰もが願うもの。欲しいものを思い浮かべればこの曲の意味が分かるだろう。

ただ、得る為には、諦めずに走り続けて行かなければならない。

「車輪が外れてしまうまで」

 

「俺は幸福の追跡の真っ只中

もう直ぐ手に入りそう

手に入れるつもりさ

一刻一刻と強くなって行く

もう直ぐ手に入りそう

手に入れるつもりさ」

必ず手に入るよ。

 

スポンサーリンク[ad#go1]

🐶 Inhaler  Live in Japan 🐱

2020年2月8日(土)

渋谷STREAM HALL

Open: 17:00 / Start: 18:00〜

Tickets: ¥5500 ( All Standing + 1Drink 別)

 

Elijah Hewson is Inhaler’s frontman – his dad is Paul Hewson, better known as Bono Vox, the lead singer of U2.

Also in the band are Josh Jenkinson on guitar, Rob Keating on bass and Ryan McMahon on drums. They met at St Andrews school in Blackrock, Dublin.

Dublin quartet Inhaler recently completed a UK and
European tour that saw them sell over 7,000 tickets
and play to frenzied, sold-out crowds. November saw
them support Blossoms across the US, before
heading to Mexico for a slot at Corona Capital.
They’ve announced a new run of dates in the UK &
Europe for 2020 that will include a show at London’s
Heaven on Thursday 20th February, their biggest
headline show to date. Kasabian recently announced
Inhaler as one of the support acts at their huge
hometown show at Leicester’s Victoria Park next
summer.

Four friends who formed the band in school, Elijah
Hewson, Robert Keating, Ryan McMahon and Josh
Jenkinson bonded over a love of similar groups,
taking in The Stone Roses, Joy Division, The
Strokes, Depeche Mode, Interpol, Kings Of Leon,
The Cure and more.

Over a handful of singles – It Wont Always Be Like
This, My Honest Face & Ice Cream Sundae – they
have amassed a diehard fanbase, with their tracks
being streamed over 8 million times. They make
songs about being young and finding your way,
music that connects. “I’m just trying to write about the
joy of being alive, being a teenager, and the bad
things that can come with that. I don’t like it to be all  happy, I don’t like it to be all sad”, says frontman
Hewson.

Bono was spotted at Inhaler’s debut live gig at Dublin’s Button Factory in December 2017. “My dad’s good when I want to see if a song is shite or not,” Hewson told Extra in Ireland. “He will tell me straight away.” “His old man does help us a bit but he will definitely point out the hardships that we might have to go through more than the positive things,” Keating admitted.

 

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go5]

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪