和訳【Lyra/Kate Bush】『ライラの羅針盤』のように Happy Birthday Lyra

Happy Birthday to Lyra🎂🎊🎁🎉

って事で、LyraのBirthdayにどの曲を選ぶかで、今日は迷いまくった!

一昨年はOasis の【Lyla】 (和訳 Happy Birthday Lyra! 誕生日は、やっぱこれ!)で、

去年はEric Clapton (Derek & the Dominosの 【Layla 】( 和訳 解説 Laylaの真実 for Lyra’s Birthday!!)とLyra繋がりで来たんだよね。

たまたま好きな曲と名前が似てるってことで、取り上げたから、「今年は好きなバンドのあのハマった曲で!」と数曲候補からUPするつもりが、何となく「名前繋がりをもう一回しよう」って気分になっちゃった。

だから今日は、大好きな映画『The Golden Compass』(邦題:ライラの羅針盤, 原作タイトルは『Northern Lights』)のテーマ曲でもある、この壮大な曲にしました。

このロマンティックな曲を聴いて、Lyraと一緒に冒険の旅に出かけようではないか!


スポンサーリンク

今日Lyraが和訳&解説するのは、イングランド、ロンドン出身のシンガー・ソングライター、音楽プロデューサーである Kate Bush CBC ケイト・ブッシュ(1958年7月30日 – )。

イングランドを代表するアーティストの一人で、長年の功績を称えられ2013年に大英帝国勲章を受章した女性ミュージシャンである。

前にこのブログで紹介した「嵐が丘」はKateの代表曲。

「Q誌選出「歴史上最も偉大な100人のシンガー」第19位。

*Kate Bushについては、こちら等→ 和訳【Wuthering Heights / Kate Bush】True Meanings 『嵐が丘』の本当の意味

 

今日Lyraが和訳する曲は、Kate Bushが2007年11月26日にリリースされたサウンドトラック『The Golden Compass soundtrack』のために書き下ろした曲【Lyra】。

後に彼女のスタジオアルバム『The Other Sides』(2008年)にも収録されている。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話しましょう!

 

(click to amazon↓ ↓ ) Soundtrack “The Golden Compass” [CD] サウンド・トラック、クリックしてアマゾンへ↓↓

 

(click to amazon↓↓ ) Studio Album “The Other Sides-Remasterd” [CD] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

“Lyra” is a song written, produced, and performed by British recording artist Kate Bush, from the 2007 soundtrack album The Golden Compass from the film of the same name. It is used in the closing credits of the film. Bush was commissioned to write the song, with the request that it make reference to the lead character, Lyra Belacqua.

 

スポンサーリンク

 

= Lyra =

[Verse 1]
Where are our lives if there is no dream?
Where is our home?
We don’t know how there will be a way out of the storm
We will find home

[Chorus]
And her soul walks beside her
An army stands behind her
Lyra, Lyra
And her face full of grace
Two worlds collide around her
The truth lies deep inside her
Lyra, Lyra
And the stars look down upon her
As darkness settles on her
Lyra, Lyra

[Verse 2]
Who’s to know what’s in the future
But we hope we will be with her
We have all our love to give her
Oh Lyra, Lyra

[Chorus]
And her soul walks beside her
An army stands behind her
Lyra, Lyra
And her face full of grace
Two worlds collide around her
The truth lies deep inside her
Lyra, Lyra
And the stars look down upon her
As darkness settles on her
Lyra, Lyra

 

もし夢がなかったら

私たちの命はどこにあるのかしら?

私たちの生まれ故郷は?

どうすれば嵐から逃げられるか

私たちには分からない

でも私たちは故郷を

見つけるわ

スポンサーリンク

彼女の魂は

彼女の側を離れず歩き

1人の兵士は

彼女の後ろに立つ

ライラ、ライラ

そして彼女の顔は気品に溢れ

2つの世界が彼女の周りで

ぶつかり合う

真実は彼女の奥深くで

嘘をつく

ライラ、ライラ

そして星群が彼女を見下ろす

一闇が彼女に決める

ライラ、ライラ

 

誰が未来に何があるか

知れようか?

でも私たちは

彼女と一緒にいたいと願うの

ああ

ライラ、ライラ

私達、皆んな

彼女への愛で溢れている

 

彼女の魂は

彼女の側を離れず歩き

1人の兵士は

彼女の後ろに立つ

ライラ、ライラ

そして彼女の顔は気品に溢れ

2つの世界が彼女の周りで

ぶつかり合う

真実は彼女の奥深くで

嘘をつく

ライラ、ライラ

そして星群が彼女を見下ろす

一闇が彼女に決める

ライラ、ライラ

 

Songwriter: Kate Bush

Translator: Lyra Sky 和訳

この映画を見たのは、大好きなEva Greenと言う、めちゃくちゃイカス女優さんが出演しているから。

このブログでネタバレ・感想・解説を書いた映画【007 カジノロワイヤル】で、悲劇のボンドガールを演じたと言ったら皆さんお分かりになるでしょう。

 *【カジノロワイヤル Casino Royale】男臭いかっこ良さを徹底解明! あらすじ感想ネタバレ

 

あの映画と同じようにこの『ライラの羅針盤』でも、クールで最高な演技を見せてくれているの。

このMVでは、1シーンだけしか出てないけど(ライラが敵にやられそうになるのを火の精として現れて助けるシーン)、本編を見れば彼女の良さがバッチリわかると思います。

 

このミュージックビデオは、時系列がそっているので、Kate Bushの書いた歌詞に凄くマッチしていると思う。

【Lyra】は、Kateがこの映画の為に書き下ろしただけあって、映画『The Golden Compas』の特徴をそのまま歌詞に表現しているから、原作を読んだことがある人や、映画を見たことがある人ならば、スッと心に入って来るよね。

Kateらしい優しい母性溢れる歌い方も、色々、傷ついて来た【Lyra】を労る母の様で、聴いていて心地よい。

スポンサーリンク

『The Golden Compasライラの羅針盤』について

 

【Lyra】は、映画『The Golden Compass』のサウンドトラックに収録されているテーマ曲です。

この映画は、フィリップ・カウフマン原作の『Northern Lights 黄金の羅針盤』(原題はNorthern Lights。北アメリカやその他の国でThe Golden Compassとして知られる)、UKスカラスティック社が1995年に出版したヤングアダルト向けファンタジー小説が元に作られた映画である。

あらすじ&解説は、また別の機会に詳しく書きますが、簡単にお話しすると、パラレル・ワールド(並行世界)を舞台に、主人公ライラ・ベラクアが、失踪した友人ロジャー・パースロウと、「ダスト」と呼ばれる謎の物質を調査中に囚われた、叔父である、アスリエル卿を探し求めて向かう北極への旅を描く壮大なストーリー。

この映画は、『ライラの冒険』(1995年〜2000年)の3部作の中で最初の作品『The Golden Compass 黄金の羅針盤』を描いているわけ。

アルフレッド・A・クノップが1996年4月、『黄金の羅針盤』と名付けて最初のアメリカ版を出版し、2007年にハリウッドによって長編映画化され、同時期にゲームとして翻案された。

このことからもこの作品が大人気小説だったのがわかると思う。

CastもNicole Kidman, Dakota Blue Richards, Daniel Craig, Sam Elliott, Eva Green, Ian McKellenと、豪華で力が入ったハリウッド作品だ。

 

(click to amazon↓ ↓) “The Golden Compass-ライラの羅針盤” [Blu-ray] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

【Lyra】の歌詞の意味がより解る為に、もう少しだけ話した方が良いかな?

この『The Golden Compass』の世界は、異端を抑圧するマジステリウム(教会とも呼ばれる)という国際的神権政治によって支配された世界が舞台。

その支配された世界では、人間の魂は生まれつき彼らの身体の外に知覚できる「ダイモン(守護精霊)」という形で存在していて、人それぞれ、皆が違うダイモンを持っているの。

そのダイモンは、人間のように喋れる動物の姿をした精霊であり、常に共にいることで人間を助け、安心させていると言う存在だから、初めてこの作品を読んだ時は、「ポケモンか!」と思ったし、「ジョジョの奇妙な冒険のスタンドか!」とも思ったよ。

ただ精霊と言っても、話したり実態がある(悪い奴にダイモンの首を絞められたら、当人も死にかけたりするから)。

そして、子供達のダイモンは、大人のものとは違って、即座にどんな現実の生物、架空の生物にも姿形を変えることができる。つまり定っていないわけ。

だが、思春期に達してしまうと、ダイモンは永久に一つの形に落ち着き、1人の人間につき1匹のダイモンが定まると言う、切ってもきれない関係になるのです。

この設定を知っていると、この【Lyra】の歌詞が、解るでしょう?

And her soul walks beside her
An army stands behind her
Lyra, Lyra

彼女の魂は

彼女の側を離れず歩き

1人の兵士は

彼女の後ろに立つ

ライラ、ライラ

 

と言うのは、主人公のLyraとDaemon ダイモンの関係を書いていて、「魂」として、Kate Bushは、表したの。

そして後ろに続く兵士とは【Lyra】が友人を救う為に、強いては、子供達やこの世界を救う為に、必死に戦う姿を表現している。

まだ12歳の少女である【Lyra】だが、優しい心で、出会う人々や、精霊たち、動物の王達の傷ついた気持ちを解して行くの。

素直な少女だからこそ、恐れずに出来るのかもしれないね。

そして彼らと信頼関係を固い結んで行き、皆が彼女を支えていくのよ。

【Lyra】が先頭に立って、皆と協力して助け合い、悪と戦う姿が、この映画のクライマックスであり、この曲のテーマなのだ。

 

(click to amazon↓ ↓) Soundtrack “The Golden Compass” [CD] サウンド・ドラック、クリックしてアマゾンへ↓↓

 

(click to amazon ↓ ↓ ) Studio Album “The Other Sides” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

Kate Bushは、監督のDel Parmar にこの映画のテーマ曲を書いて欲しいと頼まれて、この曲を書き下ろしたのだけど、たった「10日間で書いてくれ」と言われたらしい。

Kateは、作詞作曲だけでなく、自らプロデュースもして、自宅のスタジオでレコーディングもして全部、完成させた。

【Lyra】は、International Press Academy’s Satellite Award の、original song in a motion picture でノミネートされた。

派手さはないけれど、映画を見ればこの曲が、忠実にストーリーを描いているのがわかると思う。

そして、この歌詞の優しさに触れられるだろう。

確かにこれはフィクションの夢物語だ。

だが、善と悪のこの戦いは、大小の違いはあれど、日常的にも起きていることだと思う。

誰かが世界を制圧しようとしていたら、それが間違っているならば、声を上げる者たちもいるからだ。

現実世界でだって、現に私たちは戦っているでしょう?

いじめや、人種、男女、住んでいる国や地域による差別、パワハラにモラハラに、理不尽なことをされて、それに耐えている人たちもいるからだ。

それ以外にも天災に人災に、巻き込まれたり、今現在は、世界中でCovid-19 コロナウィルスが蔓延して、私たちは戦っているでしょう?

 

 

この歌詞は、私達全ての人間にも当てはまるものだと思う。

戦い、死にたくなるような辛い時に、持ち堪え、どうにかでもやっていける方法は、夢を持ち続けることだと思う。

別にすごいものでなくて良い、、、「何何になりたい」とかでも良いし、「解決したら、海に行きたい」や「美味しいものを、今休んでいるあの店で食べたい」でも良い。

何かしたいことや、夢を持っている人間の方が、強いのだ。

私たちには未来は分からない。でも歩き続けていけば、必ずたどり着ける。

この歌詞の「故郷」は、Lyraには自分でいられる場所なんだと感じる。

自分が自分らしくいられる場所だ。

自分が行きたい場所であり、居るべき場所が「故郷」なのだ。

だから嵐が起きようと「私たちは、故郷を見つけるだろう」なのだと思う。

その場所は、国かもしれないし、好きな町かもしれないし、風景かもしれないし、好きな人の腕の中かもしれない。

貴方のいたい場所に行けたら良いよね。

それも夢だと思うの。

Who’s to know what’s in the future
But we hope we will be with her
We have all our love to give her
Oh Lyra, Lyra

そう思って貰えたら嬉しい。

そう、思って欲しいの。

I want you to want me.

 

According to Del Palmer, Bush was asked to do the song on very short notice and the whole project was completed in 10 days. The song was produced and recorded by Bush in her own studio, and features the Magdalen College, Oxford choir. It contains the introduction of an unused song written for Disney’s “Dinosaur”.

 

 

“Lyra” was nominated for the International Press Academy’s Satellite Award for original song in a motion picture.

 

Lyra’ was released on the soundtrack CD for ‘The Golden Compass’ only. However, a promotional CD-single was issued in the USA, featuring only one track.

The Golden Compass is a 2007 fantasy adventure film based on Northern Lights, the first novel in Philip Pullman’s trilogy His Dark Materials. Written and directed by Chris Weitz, it stars Nicole Kidman, Dakota Blue Richards, Daniel Craig, Sam Elliott, Eva Green, and Ian McKellen. The project was announced in February 2002, but difficulties over the script and the selection of a director caused significant delays. At US$180 million, it was one of New Line Cinema’s most expensive projects ever, and its disappointing results in the US contributed to New Line’s February 2008 restructuring.

 

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。