Oasis/ Listen Up 和訳 Lyrics. 男の強がり。あなたOasisの何を知ってるの?

LyraにとってOasisはスンゴクSpecialなバンド。

こんな超メジャーバンドになる前から大好きだった。

今は、ロックを知らない人まで、「オアシスが大好き」って言うでしょ?

一緒にしないで、貴方たちと、、、

スポンサーリンク

生ぬるい気持ちで、大好きなバンドの事を語られると頭に来るなんて事、今迄なかった。

自分で言うのもなんだけど、争いは大嫌いだし、Peacefulな人間。

そう平和主義者なんだわ。

そんなLyraが、ロックを好きでもない癖に「ちょっと洋楽知ってます」にムカつくなんてコト無かったのよ。

でもね、Oasisだけは違うの。

「イギリスで超メジャーだしぃ、オアシス押さえとく?」みたいな輩には「マジで、ど頭カチ割ったろか⁈」となってしまう、、、

それは、マジで好きだったからなんだよ。

中には何も知らない癖に、当時のOasisネタや噂を引っ張り出して来ては、

「Liamは、小さい頃からこんなフーリガンでした。」とか、

「NoelとLiamは、マジでヤンチャでビックマウス」とか書いてる人や話してる人、たっくさんいる、、、もう、飽きちゃった。

「オアシスのライブ全部行きました」

→  あっ、そう。良かったね。当たり前。

「CD全部持ってるんだから」

→  ファンなら基本でしょ?

そんな上っ面、なぞっただけでOasisファン気取って、語らないでほしいわ〜。

同じ事を口を揃えて言っても良い。

でも、あなた、本当に好き?

好きじゃないのに好きなフリや、何も知らないのに知ったかぶりはしないでほしいの。

だって、Liamは家庭環境が劣悪だったから問題児であったけれど、それは過去。実際は、すっごく優しいShyなお茶目さんだよ。(気に入らない奴には冷たいけど)

決してフーリガンなんかじゃなかった。寧ろ、あなた、彼は紳士よ!

兄弟がビックマウスと言うのは、インタビュアーに印象づけたいだけ。Rockerが昔からやるアレよ。

Manic Street Preachersの方がもっとデカイこと言ってたよ!

2人とも全くヤンチャではなかったよ。、、、まぁ、会ってない幼少期は知らないけれどね(笑)。

 

Oasisの話はね。

好き過ぎてどうしたら良いか解らず、このブログには、メインとしては書けなかった、、、。

ちょくちょく話の流れでは触れて来たけれどね。

好き過ぎて大好きな人と上手く話せない、ってあるでしょ?

まさに、それなの。

それに、ああだこうだ詳しく書いたら、身バレが怖い、つぅのもある。気にし過ぎかな?

LyraはOasis 知ってんの?、って頭来る人もいるかもしんないね。

ゴメン、知ってんだわ。

 

今日は、オアシス知らない人には、「は?Oasisとは何ぞや?」な日になっちゃったね。ゴメンね。

Oasisの詳しいバンド説明は、又、別の機会にするからね。

今日は、Lyraの好き好き話をさせて。

スポンサーリンク

好き好き話ついでに、Oasisの1番好きな曲を紹介するね。

Oasisの3rd シングルの『Cigarets & Alchohol 』に入っていた『Listen Up』って曲。(今このシングル盤売ってないのね。)

Oasisは、捨て曲が無いバンド。

まるで金太郎飴みたいに、どこを切っても「スッバラシイ」曲ばかりで本気で驚くよ。

この『Listen Up』は、カップリング曲になる訳だけど、はっきり言ってシングルの『Cigarets〜』よりも、Lyraは、魂がある曲だとオススメするよ!

1994年のデビューアルバム『Definitely Maybe』から、Oasis の全ては始まった。

ううん、イギリスのロックの歴史が新しく始まったんだ。

そんな気運がこの曲を聴くと、ピシピシ伝わって来る。

もう、イントロからしてね。

イギリスのどんよりした空なんだよ。でも、

その向こうに突き抜けた星が輝いているんだ。

今でも、あの時のドキドキが蘇ってくる。

初めて彼らを見た時。

初めて彼らと話した夜。

初めて彼らの曲、Super Sonicを聴いた時。

そして、このListen Upを初めて聴いて震えた時。

これ、聴いてフーリガンみたいな、何も考えてない野郎の声だと思う?

魂の叫びだよ!

わかる?

ジョニー・ライドンとジョン・レノンを合わせたような声?

違うよ、オリジナル。

リアム・ギャラガーだよ!

和訳するから、曲のイメージを頭に広げて見て。

宇宙まで意識が飛んでいくよ!

” Listen Up “

 

Listen up
What’s the time said today
I’m gonna speak my mind

俺の話をちゃんと聴いて欲しい

今日がまさにその日、

これからマジな話をするからさ。

Take me up to the top of the world
I want to see my crime

世界の頂上まで連れてってくれよ

俺がしでかして来た罪を見て見たいんだ。

Day by day
There’s a man in a suit
Who’s gonna make you pay

毎日毎日、スーツを来た奴らが、お前から金をむしり取って行く

For the thoughts that you think
And the words they won’t let you say

自由に考えた思想や言葉を奴らは、好きに言わせなくないんだよ

One fine day
Gonna leave you all behind

いつか晴れた日に

全てを放り出してやるんだ

It wouldn’t be so bad
If I had more time

それって、そんなに悪くないだろ?

もっと時間があったらな

Sailing down a river alone
I’ve been trying to find my way back home

1人、この川に漕ぎだすんだ

俺ん家への帰り道をずっと探してるんだよ

But I don’t believe in magic
Life is automatic
But I don’t mind being on my own
No I don’t mind being on my own

でも、魔法なんて信じてないぜ

人生なんて勝手に流れて行くもんだろ?

でも、1人で生きて行くのなんて気にしない

そう、1人で生きてくのなんて気にしないぜ

Listen up
What’s the time said today
I’m gonna speak my mind

俺の話をちゃんと聴いて欲しい

今日がまさにその日、

これからマジな話をするからさ。

Take me up to the top of the world
I want to see my crime

世界の頂上まで連れてってくれよ

俺がしでかして来た罪を見て見たいんだ。

Day by day
There’s a man in a suit
Who’s gonna make you pay

毎日毎日、スーツを来た奴らが、お前から金をむしり取って行く

For the thoughts that you think
And the words they won’t let you say

自由に考えた思想や言葉を奴らは、好きに言わせなくないんだよ

One fine day
Gonna leave you all behind

いつか晴れた日に

全てを放り出してやるんだ

Wouldn’t be so bad
If I had more time

それって、そんなに悪くないだろ?

もっと時間があったらな

Sailing down a river alone
I’ve been trying to find my way back home

1人、この川に漕ぎだすんだ

俺ん家への帰り道をずっと探してるんだよ

But I don’t believe in magic
Life is automatic
But I don’t mind being on my own
No I don’t mind being on my own

でも、魔法なんて信じてないぜ

人生なんて勝手に流れて行くもんだろ?

でも、1人で生きて行くのなんて気にしない

そう、1人で生きてくのなんて気にしないぜ

No I don’t mind being on my own
I said that I don’t mind being on my own

そう、1人で生きて行くのなんて気にしないぜ

1人で生きて行くのなんて気にしないって言ってんだよ

Sailing down a river alone
I’ve been trying to find my way back home

1人、この川に漕ぎ出して行くんだ

俺ん家への帰り道をずっと探してるんだよ

But I don’t believe in magic
Life is automatic
But I don’t mind being on my own
I said that I don’t mind being on my own

でも、魔法なんて信じてないぜ

人生なんて勝手に流れて行くもんだろ?

でも、1人で生きて行くのなんて気にしないぜ

1人で生きて行くのなんて気にしないって言ってるんだよ

No I don’t mind being on my own
I said that I don’t mind being on my own
No I don’t mind being on my own
I said that I don’t mind being on my own

そう、1人で生きて行くのなんて気にしないぜ

1人で生きて行くのなんて気にしないって言ってるんだよ

そうだよ、1人で生きて行くのなんて気にしないぜ

1人で生きて行くのなんて気にしないって言ってるんだよ

これ、「1人で生きて行きたくないっ」って言ってんだよ。解る?

男の強がりっての。

孤独なんて気にしない、と取る人いるけど、これ、強がり言ってんの。

誰がいちいち繰り返す?

寂しいからだよ!

何も、俺の事(俺たちの事) 解ってない癖にとやかく言うガヤが多くて困ってるんだよ、、、って気持ちから、Noelが書いたんだろうけど、彼の歌詞なんて、

メロディに上手く乗るか?

良い感じに韻を踏んでるか?

だけなんだ。

あまり深く考えてない、つぅか、生まれてきた曲のイメージや音の世界をそのまんま歌詞にしてるんだよね。

でも、この曲に関しては、彼の当時のOasisが登り始めた気流にウンザリし始めた気持ちと、

誰もわかってくんねー、って孤独感を表していて切なくなる歌詞だとLyraは繰り返し感じてるよ。

基本真面目なんだよ。

ロックに対してバカ真面目。

愛する者へもバカ真面目。

それがLiam であり、Noelであり、Bonehead、Guigsy  、Tonyなんだよ。

Andy Bell大好きなんだけど、、、Oasisは、やはり初期のメンバーが良いんだ。

Tonyのこと可哀想だと思う。

辞めさたのは下手だから、って単純な理由なんだけど、やっぱね、2ndからのはなんか違う。

2ndも大好きな曲ばかりだし、傑作しかないアルバムだ。

音も確かに骨太になったよ。

でも、違う。切なさが消えた。

まぁ、Noelが言い出したら聞かないから。おまけに他メンバーも悪乗りするしね。虐めは良くない。

でも、Oasisは1st。

特に、レコードではB sideだろうが、何だろうが、この『Listen Up』は、切なさNo.1だね。

これ、Liveでやって欲しかったよ。

Lyraが見る時は、やんなかったから、実際の生で 『Listen Up』は聴いてないの。

誰か、生で聴いたことある人いる?

どんなだった?

教えてね〜。

Boneheadにね、この曲やれ、っていったんだよ。

でも、やんないなー、だって。

確かにそうだろな、発言権ないだろ、、、

Liamに言えばよかった。

他の事考えてそれどこじゃなかったわ(笑) 。

なんか面白い。

Oasisは、明るい日が照らされた道を闊歩するバンドイメージだろう。

でも、Lyraには夜なんだ。

Liveがいつも夜だったから、見ていてそうなっちゃったんだろう。

それにOasisを通して色んな人達に出会ったのも夜だからね。

Oasisは、刹那さが1番似合うバンドなんだよ。

刹那い夜に聞いてごらん?

胸にズシーンと来るから。

確かに明るい未来を歌うし、

自己肯定してる曲が多い。

後ろ向きなGrungeをぶっ壊したのはOasisだとLyraは確信してるしね

明るいイメージなんだよ。

でも、それは、カラ元気だったり、男の強がりだったりするんだわ、本当は。

 

だから、ヤンチャとかね、

頭悪いビックマウスとかね、

ただのフーリガンとか、

言わんといて!

あなた、Liamの何を知ってるんですか?

まぁ、女好き、ってのは当たってるけどねん ( ̄▽ ̄)

ふふっ。

Happy Birthday, Liam !!

from Rock’n’Roll Chick at Cavern Club.

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪