マニックストリートプリーチャーズ、Generation Terrorists 20周年記念盤。イギリスのロックが好きならば聴きなさい!芸術もロックも爆発だ!Manic Street Preachers

あれから、20年以上経つなんて嘘みたいだ。

光陰矢の如しーとは言うものの、あの時の想いや高揚感は忘れない。

まるで、ついさっき起きたかのようだよ。

スポンサーリンク[ad#go1]

Lyraにとっては夢なんかじゃない。

でも、あの時期の(1990年前後の)音楽業界、特にイギリスは、混沌としていて、全てのムーブメントもカルチャーもごちゃ混ぜになって盛り上がりを見せていたのに、あっと言う間に砕け散ってしまった。

まるで夢のように儚く散っていったの。

形も定かではなく、ただ熱だけ帯びて人々の欲望が渦巻いていた。

その爆発寸前に出てきたのが、イギリス、ウェールズのブラックウッドの田舎町からやって来たマニックストリートプリーチャーズだった。

彼らのワーキングクラス独特の「成り上がってやるぜ!」という意味もない気合いと自信が、メンバーの(特にリッチー。ニッキーもね)知性的な歌詞により、唯一無二の個性になって衝撃的だった。

当時は、イギリス音楽は下火みたいだった、おかしな時期。

アメリカでは、LAメタルの名残がまだ少しあってGuns ‘n’ Rosesも騒がれていたし、、、イギリスは丁度、マンチェスターブーム(オマンチェ時代だよ)と、アシッドハウス全盛期だったから、はっきり言ってマニックストリートプリーチャーズは、異端児だったね。

下手すりゃ、時代遅れと思ったイギリス人も沢山いたよ。

パンクス其の者のルックスだったし、パンクロックを鳴らして。

自分達のその時のスローガンをスプレー缶で体に描いたり、衣装にデカデカと掲げていたから、葉っぱでラリっただけのAcid系House野郎には嫌われた。

その反面、「このままアホみたいに踊ってられない」

「ちゃんとした自分を持たなきゃ」という若者や、

「ガツンと来るROCKを聴きたい!」と思っていた音楽好き達には、熱狂的に彼らは受け入れられていった。

おまけに、マニックストリートプリーチャーズは、恐ろしいくらいに知能犯だったから、、、

うまい具合に、マスコミを使ってイギリス中を巻きこんで行った。

良い意味でも悪い意味でも、世間の注目を浴びたんだよ。

Lyraが紹介するのは、そんな知能犯でロックな彼らの記念すべきデビューアルバム、、、

マニックストリートプリーチャーズの『ジェネレーション・テロリスト20周年記念盤デラックスエディション』(Manic Street Preachers “Generation Terrorists 20th Anniversary Delux Edition”)!

Lyraが初めて手にした、1991年のマニックストリートプリーチャーズのデビューアルバムを、リマスターした未発表作品やデモ盤を収録して、CDとDVDの形にまとめた記念盤になる。こちらは、2012年に発売されたの。

スポンサーリンク[ad#go2]

マニックスの最初で最後になるかもしれなかったこの1stアルバム。

今でこそ、マニックストリートプリーチャーズは、英国を代表するロックバンドであるし、綺麗なストリングスをフィーチャーした壮大な曲もあるからロックファンだけでなく、ラジオから流れる曲を楽しむポップなファンにも受け入れられている。

けれど、このデビュー当時の彼らは、粗削りでハード・ロック寄りのサウンドだったり、パンクロックのストレートなロックなどを得意としていて、ハードめな音に、知性的で社会を非難中傷するラジカルな歌詞が乗っかっていた。

でも、不思議とこのアルバム全体を通して聴くと驚くだろう!

全ての曲が、耳に残るから!

一度聞いたら頭から離れないメロディアスな楽曲は、聴いているあなたの音楽好きな魂を揺さぶるだろう!

あの時期のマニックスは、奇異に見えたんだろう。

こいつらはパンクスにも見える、

かと思えば曲はメロディアスだったり、ポップにも聞こえるし、

ギターソロは、ハードロック並みの仕上がりだから、B級バンドなのか?本物なのか?賛否が分かれていたよね。

UKではデビュー当時は、どっちかというとB級と捉えらていた。

しかし、あの有名な“4 REAL”事件で周囲の見方はガラっと変わる。(リッチーが、周りのマスコミが理解を示さず、彼らのことをビックマウスだと思ってたから『マジだぜ!』て示したくて、インタビュー中に、そこら辺にあったカミソリで両手を切って4REALって書いちゃったの)。

あっと言う間だった。

彼らがデビュー前に、この事件を起こしたのもあっと言う間の出来事だったし、

「2枚組アルバムをデビュー作としてリリースして、そのアルバムが世界中でチャートのNo.1アルバムにしたら解散だ!」と言う新人らしからぬBig Mouthぶりを取り上げるマスコミの慌しさも、

マニックストリートプリーチャーズが、デビューしてTV番組に出たり、ライブやラジオ、ミュージックビデオが流れたりも、全て、あっと言う間の出来事だった。

短時間でこんなに世間をお騒がせするアーティストは、当時は珍しかったんだよ。

日本でもイギリス同様、あっと言う間に大人気になった!

実は、暴言吐きまくりだった彼らが、1番売れるか気にしていたアメリカでは、まるっきりダメだった。

その落胆たるや、、、リッチーは、そこらへんから心を病んで行ったのでは?と言う人もいるくらいだ。

そのアメリカツアー後、日本に来て盛大なる歓迎を受けたから、救われたんだって。

この記念盤の中のDVDに、インタビューが入っているから見てみて!「日本のみんなに助けらた」って言ってるよ?

スポンサーリンク[ad#go1]

結果的には、世界中で、全ての国でNo.1アルバムにはならなかった。当たり前だよね (^ ^)

そして、解散もしなかった。

中には、嘘つきって言ってた人もいたね。

でも、彼らは音楽を続けることを選んだ。

その時の気持ちもこの記念盤のDVDで、本音を話しているよ!

ファンならば、この記念盤でまた。あの時の気持ちが蘇るよ。

リマスターだから音も素晴らしい。奥の方まで聴こえてくるよ、、、こんな音あったっけ?と新しい発見がある。

おまけに、3時間にも及ぶ貴重な映像がDVDに収録されている。

今話した、メンバーのインタビューは見るべき!

ジェームス、ニッキー、ショーンがワンカメで正直に全てを、淡々と話しているのが嬉しい。

「そんな気持ちでやっていたのね?」と胸が熱くなる。

デビューする為に頑張った話も聞いていると、リッチーは、やはりバンドには欠かせないブレインだったのがわかる!

リッチーに会いたくなるんだよ!

Richey, Where are You ,now ?

今、リッチー?あなたはどこにいるの?

今の3人のおっさんぶりと、当時のリッチーを含むオリジナルの4人のインタビューを両方見れるのは感激するから!

絶対に、イギリス音楽が好きな人は、Rock好きは見なはれ!

動いているリッチーを見たことがない人は、感動するよ。

昔からのファンは、涙が出るよ。

インタビューでは、彼がスポークスマンだったから、強気の発言が私から見たら初々しい。

本当に、若くて青臭いくらいだよ。彼らが、純粋でロックに未来をかけているパワーがわかるよ、見てるだけで!

ただ、Lyraがライブで見たり、目の前で話していた時のリッチーは、このDVDの彼とは違い、どこか子供のようだったし、気の弱い一面が見え隠れしていた。

美しさと、危うさを行ったり来たりしているようだった。

可愛い男性だった。

繊細で花が好きでアートを愛していたシャイな男性だった。

それが、リッチー・エドワーズ。

マニックストリートプリーチャーズは、ロックをやり続けることに意味を見出したのは、やはり、このデビューアルバムがあるからだ!

全ての思いを詰め込んだロックアルバムだから。

彼らは、アルバムを出すごとに人気を博して行き、結果、

1stアルバム→UK13位、

2nd→8位、

3rd→6位、

4th→2位、

5th→1位 という上昇を続けて行く。

この1stには、マニックスの本質であるパンクなアティチュードが充満している。

“SLASH N’BURN”

“MOTORCYCLE EMPTINESS”

“YOU LOVE US”

“STAY BEAUTIFUL”

など初期の代表曲・人気曲を多数収録しているだけでなく、同じ曲順でデモ作品や未発表バージョンが入っているから、まるで別バージョンのGeneration Terroristsみたいだよ!

(*曲目リストは最後の方に書いています。参考にどうぞ。)

“歌わずにはいられなかった”彼らの初期衝動がヒシヒシと伝わってくる。

ウェールズのパンク野郎のピュアネスの塊がここにある。

マニックストリートプリーチャーズが好きならば、この20周年記念盤は買っておくべき!

涙が溢れ出るだろう。

あなたがもし、マニックストリートプリーチャーズのファンでなくても、イギリスのロックが好きならば、マニックストリートプリーチャーズのデビューアルバムは、聴いておくべき!

これ1枚で、マニックストリートプリーチャーズのデビュー前からセカンドアルバムが出るまでの、大混乱ぶりが伝わって来るから。

それまでのオマンチェのフワフワムードや、実体がないような訳が分からない音楽業界が一掃された迫力が、これでわかるだろう。

彼らの後からやって来た、スウェードは、同じマジな危険な香りがしたし、

そのすぐ後に来たブリットポップは、爆発を起こしたみたいに全てを変えてしまい、彼らの邪魔をしたけれど、その中で、マニックストリートプリーチャーズはアルバムをNo.1にし、のし上がった。

全ては、ここから始まった!

彼らのデビュー時の蒼いパワーや、あの時イギリスの匂いや時代性を感じらる力強い作品だ。

是非、聴いて、見て、一緒に歌って、感じて欲しい!

ロックの誕生を。

全ては夢ではない

4 REAL  ‼︎


●DISC-1は初の最新リマスター盤。

●初回生産限定盤DISC-2はアルバム曲順通りに収録した全曲未発表デモ音源。いわばアルバム別ヴァージョン。DISC-3のDVDは最新ドキュメンタリー映像に7曲のミュージック・ビデオ収録

【初回生産限定盤】20周年記念/2CD+DVD/解説歌詞対訳付/英文ブックレット翻訳付/スリーブケース/デジパック/ボーナストラック収録/リマスタリング

英国ウェールズ出身、1986年にジェームス・ディーン・ブラッドフィールドを中心に結成されたバンド、マニック・ストリート・プリーチャーズのファースト・アルバム20周年(2012年時)記念盤。

Lyraは、この曲が1番好き。いつまでも忘れないよ!

 

= 曲目リスト =

*オリジナル発売当初となる最新リマスター盤に、当初EPのみ発売した人気曲を追加収録しています。↓
☆ディスク: 1 → The Album
1.スラッシュ&バーン
2.公開死刑宣告
3.ボーン・トゥ・エンド
4.享楽都市の孤独
5.ユー・ラヴ・アス
6.亡命
7.リトル・ベイビー・ナッシング (with トレイシー・ローズ)
8.リピート (US)
9.テネシー(虚無主義者達の歴史)
10.新奇病
11.ステイ・ビューティフル
12.屍
13.リピート (UK)
14.集団自殺の傍観者達
15.呪われた犬
16.聖なる接吻
17.告発~人間のクズ~
18.殉死-R&Rに呪われた死刑囚達-
19.テーマ・フロムM.A.S.H.(スイサイド・イズ・ペインレス) (ボーナス・トラック)

 

*アルバム曲順通りに収録したほぼ全曲の未発表デモ音源を収録。↓

☆ディスク: 2 →The Demos
1.スラッシュ&バーン (デモ)
2.公開死刑宣告 (デモ)
3.ボーン・トゥ・エンド (デモ)
4.享楽都市の孤独 (デモ)
5.ユー・ラヴ・アス (HEAVENLY VERSION)
6.亡命 (デモ)
7.リトル・ベイビー・ナッシング (with トレイシー・ローズ) (デモ)
8.リピート (US) (デモ)
9.テネシー(虚無主義者達の歴史) (デモ)
10.新奇病 (デモ)
11.ステイ・ビューティフル (デモ)
12.屍 (デモ)
13.リピート (UK) (デモ)
14.集団自殺の傍観者達 (デモ)
15.呪われた犬 (ライヴ)
16.聖なる接吻 (デモ)
17.告発~人間のクズ~ (デモ)
18.スイサイド・アレイ (デモ)
19.ニュー・アート・ライオット (デモ)
20.モータウン・ジャンク (デモ)
21.モータウン・ジャンク

スポンサーリンク[ad#go1]

☆ディスク: 3は、DVD

*秘蔵映像満載の総収録タイム約3時間の豪華内容。↓

1.ア・フィルム・アバウト・ジェネレーション・テロリスト 【最新ドキュメンタリー】
2.アンシーン・スーパー・エイト・モンタージュ 【最新ドキュメンタリー】
3.ホーム・ロード・ムーヴィー 【最新ドキュメンタリー】

 

*ここからは、PVになります。↓

4.モータウン・ジャンク 【ミュージック・ビデオ】
5.ユー・ラヴ・アス (HEAVENLY VERSION) 【ミュージック・ビデオ】
6.ステイ・ビューティフル 【ミュージック・ビデオ】
7.亡命 【ミュージック・ビデオ】
8.ユー・ラヴ・アス (COLUMBIA VERSION) 【ミュージック・ビデオ】
9.スラッシュ&バーン 【ミュージック・ビデオ】
10.享楽都市の孤独 【ミュージック・ビデオ】
11.テーマ・フロムM.A.S.H.(スイサイド・イズ・ペインレス) 【ミュージック・ビデオ】
12.リトル・ベイビー・ナッシング 【ミュージック・ビデオ】
13.リピート (NEW FILM) 【ミュージック・ビデオ】
14.公開死刑宣告 (NEW FILM) 【ミュージック・ビデオ】

※英国BBC放送のアーカイヴからピックアップ。『Generation Terrorists at the BBC』では、オルタナ・カルチャー番組の『SNUB』、音楽番組の『Rapido』及び『Band Explosion』から出演シーンを抜粋。

ラストの3本は今はなき名物音楽番組[Top Of The Pops』でのパフォーマンス。↓

15.スナッブ (GENERATION TERRORISTS AT THE BBC) 【ライヴ映像 他】
16.ラピード (GENERATION TERRORISTS AT THE BBC) 【ライヴ映像 他】
17.バンド・エクスプロージョン -ライヴ・アット・ザ・マーキー- (GENERATION TERRORISTS AT THE BBC) 【ライヴ映像 他】
18.ラピード (GENERATION TERRORISTS AT THE BBC) 【ライヴ映像 他】
19.ユー・ラヴ・アス (TOP OF THE POPS PERFORMANCES) 【ライヴ映像 他】
12.享楽都市の孤独 (TOP OF THE POPS PERFORMANCES) 【ライヴ映像 他】
13.テーマ・フロムM.A.S.H.(スイサイド・イズ・ペインレス) (TOP OF THE POPS PERFORMANCES) 【ライヴ映像 他】

レーベル SMJ
ディスク枚数 3
ASIN B009GN7762

スポンサーリンク[ad#go1]

[ad#go5]

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪