【Off To The Races/Lana Del Rey】和訳 ハイブリッド型ロリータが私 Lolita HYBRID

Happy Birthday Land Del Rey! I think it’s so great You’ve been Queen of Pops and hot heartthrob. Stay cool shining star from now on. May your birthday & every day be filled with love, peace and joy.

Lana Del Rey のBirthday だから今日はLanaの名曲の中から、ちょっと変わり種の最高にダークでダーティーな歌詞の曲を和訳解説しましょう。

Lanaの曲は色々な音楽が良い感じにごちゃ混ぜになっているから好きだ。

今まで和訳したLanaの曲は、どれも共感出来るし、たまに「Lyraの気持ちを歌ってくれているの?」と嬉しくなる事が多い。

今日紹介する曲の歌詞も、ヤバスギな相手との恋愛に溺れている姿が、何とも言えないくらい自堕落で命がけだから共感してしまう。

True Romanceが好きな人や、Bonny & Crydeを観て来た人(Lyraじゃんね)ならドンハマりする歌詞だろう。

ただいつものアコギやピアノが美しいサウンドでもなく、往年の50’sや’60’sの世界観を引っ張って来た通常版 Lana Del Reyではない。

彼女が自らをギャングスタのNancy Sinatra と言っていた、その言葉のままを体現したような歌詞とラップが聴ける変わり種のサウンド。だから、耳にした途端、違和感と興味の両方を抱いてしまう。

聴いたら気になって仕方ない曲なの。

そしてナバコフのロリータ並に、貴方を狂わせてしまうかもしれない。

ロリータのハイブリッドの登場だ。

今日Lyraが和訳&解説するのは、アメリカ合衆国ニューヨーク州出身のシンガー、ソングライター、モデルの Elizabeth Woolridge Grant エリザベス・ウールリッジ・グラント (1985年6月21日 – ) 。Lana Del Rey ラナ・デル・レイ(Lana Del Rey)の芸名で大人気のアーティストだ。

スポンサーリンク

Elizabeth Grant の本名で活動した後、解明して自らを「ギャングスタスタイルのNancy Sinatra ナンシー・シナトラ」だと名乗り、気怠い雰囲気とレトロ・アメリカンスタイルで世界を魅了。

悲しみや死を表現している物が多い為、「サッドコア」だと公言している

今日Lyraが和訳する曲は、2012年1月30日リリースの世界各国でNo.1に輝いたメジャーデビューアルバム(実際には2ndアルバム)である『Born to Die』に収録されている2011年12月20日リリースの曲【Off To The Races】(1stアルバムにも収録されていた)。

詳しい解説は、LyraのHipな和訳の後に又お話しましょう!

 

(click to amazon↓↓) 2nd Studio Album “Born To Die” [CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

(click to amazon↓↓) 2nd Studio Album “Born To Die- Paradise Edition” [2CD] クリックしてアマゾンへ↓↓ 

 

“Off to the Races” is a song by American singer and songwriter Lana Del Rey. First appearing on her self-titled Interscope debut, the song was re-released on her second studio album, Born to Die(2012). The song was written by Del Rey and Tim Larcombe. Emile Haynie and Patrik Berger paired up for the song’s production. It was released in the UK as iTunes Single of the Week on December 20, 2011. In the Netherlands, “Off to the Races” was released as a digital single on January 6, 2012.

= Off To The Races=

[Verse 1]

My old man is a bad man

But I can’t deny the way he holds my hand

And he grabs me,he has me by my heart

He doesn’t mind I have a Las Vegas past

He doesn’t mind I have a L.A. crass way about me

He loves me with every beat of his cocaine heart

[Refrain]

Swimming pool, glimmering darling

White bikini off with my red nail polish
Watch me in the swimming pool
Bright blue ripples
You sittin’, sippin’ on your Black Cristal
Oh yeah

[Pre-Chorus]

Light of my life, fire of my loins

Be a good baby, do what I want

Light of my life, fire of my loins

Gimme them gold coins
Gimme them coins

[Chorus 1]

And I’m off to the races

Cases of Bacardi chasers
Chasing me all over town
‘Cause he knows I’m wasted

Facing time again at Rikers Island
And I won’t get out

Because I’m crazy, baby
I need you to come here and save me
I’m your little scarlet, starlet
Singing in the garden

Kiss me on my open mouth
Ready for you

[Verse 2]

My old man is a tough man

But he got a soul as sweet as blood red jam

And he shows me, he knows me, every inch of my tar black soul

He doesn’t mind I have a flat, broke-down life

In fact, he says he thinks it’s what he might like about me

Admires me, the way I roll like a rollin’ stone

[Refrain]

Likes to watch me in the glass room, bathroom

Chateau Marmont, slippin’ on my red dress, puttin’ on my makeup

Glass room, perfume, cognac, lilac fumes

Says it feels like heaven to him

[Pre-Chorus]

Light of his life, fire of his loins

Keep me forever, tell me you own me

Light of your life, fire of your loins

Tell me you own me

Gimme them coins

[Chorus 1]

And I’m off to the races

Cases of Bacardi chasers

Chasing me all over town

‘Cause he knows I’m wasted

Facing time again at Rikers Island

And I won’t get out

Because I’m crazy, baby

I need you to come here and save me

I’m your little scarlet, starlet

Singing in the garden

Kiss me on my open mouth

[Chorus 2]

Yo, I’m off to the races, laces

Leather on my waist is tight and I am falling down

I can see your face is shameless

Cipriani’s basement

Love you, but I’m going down

God, I’m so crazy, baby

I’m sorry that I’m misbehaving

I’m your little harlot, starlet

Queen of Coney Island

Raising hell all over town

Sorry ‘bout it

[Bridge]

My old man is a thief

And I’m gonna stay and pray with him ‘til the end

But I trust in the decision of the Lord

To watch over us

Take him when He may, if He may

I’m not afraid to say that I’d die without him

Who else is gonna put up with me this way?

I need you, I breathe you, I’d never leave you

They would rue the day I was alone without you

You’re lying with your gold chain on

Cigar hanging from your lips

I said, “Hon’, you never looked so beautiful

As you do now, my man”

[Chorus 3]

And we’re off to the races, places

Ready, set, the gate is down and now we’re goin’ in

To Las Vegas, chaos, Casino Oasis

Honey, it is time to spin

Boy, you’re so crazy, baby

I love you forever, not maybe

You are my one true love

You are my one true love

[Outro]

You are my one true love

 

アタシの叔父様はワルイ人

あの人がアタシの手を握るのを

拒むことは出来ないわ

アタシを引っ掴んで

心もろとも自分の物にするの

アタシのラスベガスでの一悶着も

彼にはどうでも良いこと

アタシのロスアンジェルス時代の

ひっどいことも気にしちゃいない

彼はコカイン塗れの心が刻む

すべての鼓動で

アタシを愛しているのよ

 

プールで

煌めく愛しい人

 

艶々したアタシの赤いネイルの爪で

白いビキニを脱ぐわ

プールで泳ぐアタシを見て

輝く水面がさざめく

あなたは座って

ブラッククリスタルをちびちび飲んでる

ああ

良い感じ

 

アタシの人生の光

アタシの腰の炎

いい子になって

アタシのやりたいことをやるだけ

アタシの人生の光

アタシの腰の炎

金貨をちょうだい

硬貨をちょうだい

 

私は直ぐに行動に移すの

バカルディの追跡者の事例じゃ

街中で

アタシを追いかけている

彼はアタシが殺されるのを

知っているからよ

 

ライカーズ島で再び

バッタリする時に直面

アタシは出て行かないよ

 

だってアタシは狂ってるんだもん

ベイビー

貴方にここに来て欲しいの

そしてアタシを救い出してよ

だってアタシは

貴方の淫らに

庭で歌っている若手女優だからよ

貴方の為に

開けて待っている

アタシの口にキスして

 

アタシの年がいった彼氏はタフな男

でも血の赤いジャムみたいに

滴る魂を持っている

そしてアタシに見せるのよ

彼はアタシを知ってるの

それもアタシのヤニ黒になった魂の全てまで

理解してるわけ

彼はアタシがペチャパイでも気にしない

 破壊した人生もね

事実

彼はそれこそが

彼がアタシのことを

好きな理由かもしれないって

言うのよ

彼ったら

転げ落ちる石みたいな私の生き方を

称賛するんだからね

 

バスルームのガラスの仕切りの中にいる

アタシを見るのが好きなのよ

 

シャトー・マーモントで

赤いドレスに体を通し

化粧をして

 

スポンサーリンク

 

ガラスの部屋

香水

コニャック

ライラックの煙

それは彼にとって

天国のように感じるって言ってるわ

 

彼の人生の光

彼の腰の炎

私を永遠に離さないで

お前は俺のものだって

言ってよ

貴方の人生の光

貴方の腰の炎

お前は俺のものだと言ってよ

硬貨をちょうだい

直ぐに行動に移すわ

バカルディの追跡者の事例じゃ

街中で

アタシを追いかけている

彼はアタシが殺されるのを

知っているからよ

 

ライカーズ島で再び

バッタリする時に直面

アタシは出て行かないよ

 

だってアタシは狂ってるんだもん

ベイビー

貴方にここに来て欲しいの

そしてアタシを救い出してよ

だってアタシは

貴方の淫らに

庭で歌っている若手女優だからよ

貴方の為に

開けて待っている

アタシの口にキスして

 

ねえったら

直ぐに行動するわ

鞭打って

腰の革がきつくて

堕落してる

破廉恥な貴方の顔が良く見えるよ

チプリアーニの地下室

愛してる

でも倒れそう

ああ嫌だ

アタシったらすっごくオカシイ

ベイビー

ごめんね

アタシは不正行為をしてる

アタシは若い売春婦よ

若手女優なの

コニーアイランドの女王

街中を地獄にしてる

それについては申し訳ないけど

 

アタシの年の行った彼氏は泥棒なの

アタシはここに滞在して

彼と一緒に祈るつもりよ

この世の最期の時まで

神(支配者) の決定をしんじてるわ

アタシ達を見守る為に

もし彼がそうするかもしれないなら

彼がそうするかもしれない時に

彼を連れて行ってくださいね

アタシは言いたくないけど

アタシは彼なしで死ぬだろう

誰がこんな風な私に我慢できるの?

貴方が必要なの

貴方を感じるわ

貴方を決して嫌いにはならないよ

彼らはアタシの

貴方なしで

一人だった月日を

台無しにするでしょう

貴方は自分の金色の鎖の上で

横になり

唇には煙草をぶら下げている

アタシは言ったわ

「ねぇ

今の貴方みたいに

そんなに美しく

見えたことがないわ

アタシの男」

だからアタシ達は素早く行動に移すの

この空間で

位置について

用意

門が下りたから

今こそ

アタシたちは中に入るのよ

ラスベガスへ

カオスへ

カジノ・オアシスへ

ねぇ貴方

時が回り出す時間よ

坊や

貴方ったらすっごくイカれてるよ

ベイビー

永遠に貴女を愛してる

多分、じゃないよ

だって貴方はアタシの真実の愛だから

だって貴方はアタシの真実の愛だから

 

貴方は私の唯一の真実の愛だから

 

Songwriters: Lana Del Rey, Tim Larcombr

Translator: Lyra Sky 和訳

Harley Quinnと主人公

この後にLana Del Reyのライブ・ヴァージョンの【Off To The Races】を2つほど、載せておきますが、、、この曲には関係のない映画なのだが、この映像を見ていると、必死にJokerを信じようとするHarley Quinnの姿が何とも健気で、映画を見ながら無理して笑うHarleyを愛おしくなったのを思い出してしまった。

この歌詞の主人公は、Harleyみたいに一途に女から好き好き言ってるタイプではない。だから、全くHarleyの恋愛とは同じではない。

だが、Jokerと命がけの恋愛をしてる点が、この歌詞のカップルと状況が重なる。だから違和感がなく見れたのかもしれない。

曲の主人公の女性は、愛されてナンボの人。貢ぐなんでもってのほか(Lyraもそう)。貢いでくれる男性としか付き合わない。この点がHarleyとは違う。悲しくもHarleyはJokerだけには絶対服従の女になってしまうイタイ所がある。

でも主人公の女性は、自分に尽くしてくれて、愛してくれる男性には全てを投げ出せる勇気も器量も何もかも揃っているハイスペックな女性なのだ。もしかしたら医師だったHarleyよりも若いのに色々な経験をして来た女子かも知れぬ。

そして、良い女。

まあ、自分が命を狙われているから、守ってくれるギャングの男性に頼るしかないからかもしれないが、彼女がこの年上の男性を愛しているのは真実だ。信じているし身も心も彼に捧げている。

全てを捧げる女とコカインまみれのギャングの親玉の男。

一本の映画の出来上がり。

 

スポンサーリンク

Lanaのお気に入り

【Off To The Races】は、Lanaのセルフタイトルで Interscopeデビューした初めてのアルバムであり、キャリア的には2番目のスタジオアルバムである『Born to Die』(2012)で再リリースされた曲である。つまり1stアルバムでも収録されている。2回もリリースするのだから、Lanaの自信作と言えるだろう。

DelReyとTimLarcombeによる曲の制作のためにEmileHaynieとPatrikBergerがペアになっている。

2011年12月20日にiTunesSingle of theWeekとして英国でリリースされ、オランダでは「OfftotheRaces」が2012年1月6日のデジタルシングルとしてもリリースされた。

Rapの要素

この曲は【Diet Mountain Dew】と同様に、「ほぼラップ」のテクニック、ヒップホップビート、重厚なベースラインと言った形式を使っている。

ラップのテクニックで言えば、ラップと言うよりほぼ「おしゃべり」に近いが、バックのベース大き目のサウンドに合わさると良い感じに雰囲気が出ている。エコーが効いていてクラウド・ラップの要素が強いのがわかる。

「私の人生の光、私の腰の炎」の歌詞などで、小説のロリータを参照している。

 

2011年12月19日にiTunes Single of theWeekとして英国でリリース。 その後、2012年1月6日にオランダのiTunesStoreでデジタルシングルとしてリリースされた。

ビデオは、デジタルチャネルを通じてリリースされ、以前のヒット曲と同様に、DelReyによってのみ制作された。このビデオでは、ラテンアメリカのギャング、銃を持ったファムファタールの人物、レーストラックを取り上げている。

英国マンチェスターのルビーラウンジで、Lanaは、【VideoGame】と【Blue Jeans】とともにこの曲を初めて演奏したと言う。 この曲は、セットの最後の曲だった。

この曲は、The Endless SummerTourとLAto the MoonTourのフィナーレとしてプレイされてもいた。やはり、お気に入りの曲なのだ。

 

 

インディーズ音楽のウェブサイトPitchfork、「不適切な共依存関係の見世物小屋」と叙情的に表現しているし、かなりこの曲への意見はバラバラなものになっているようだった。

ガーディアンは、【Off To The Races】は、Lana のヴィンテージのサイレンからR&Bフーチーに最も説得力を持って変えると書いている。

器用なボーカルにはジャズがあり、ヘイニーのアンダートウの急降下とパウには新しい領域があるから、ただのラップとは言えない撚りが沢山ある曲なのだ。

この曲を【Video Gane】や【Blue Geans】と比較すると、「… かなり良いし、それはキャッチーなようにも聞こえる…」。

80年代のBムービーをem-upしているようなのだ。

(click to amazon↓↓) “Lana Del Rey Tshirt” [Clothes] クリックしてアマゾンへ↓↓

歌詞について

 

この曲は、Lanaが金持ちのギャングのボーイフレンドへの愛を公言している歌なのだ。

だからと言って幸せでホワッとした安らぎの関係ではない。

信じ合い愛し合っている2人は、Bonny & Cryd ボニーとクライドのようなギリギリの中で生きていく事を運命づけらてしまっている常人とは違う2人なのだ。

Lyraの和訳を読んでウラジーミル・ナボコフが書いた本「ロリータ」っぽいと感じた人もいるかもしれない。

同じアルバムの曲の【Carmen 】から着想を得ているのも分かる。

 Lanaはナボコフの大ファンで、アメリカの詩人ウォルトホイットマンの名前の横に彼の名前が刺青されているほどだ。

Lanaは、アルコール、ストリッピング、過剰支出の犯罪歴のあるキャラクター、つまりLana 自身のイメージとロリータのハイブリッド)を描いているのだ。

スポンサーリンク

歌詞の中で描いている彼氏は、主人公の女性に惚れ込んでいて、コカイン、そしてお金に深い愛情を持っている裕福なギャング。このギャングの彼氏と主人公の女性は、恋に落ちているのだ。

このペルソナは完全に架空のものではない。

Lanaは、若い女の子であったころから(笑)、本当にアルコールの問題を抱えていた。この歌詞の女子はLana自身である方が強いだろう。

 

( click to amazon ↓↓ ) 2nd Studio Album “Born To Die – Paradise Edition” [2CD] クリックしてアマゾンへ↓↓

 

街中を横行し、パーティーをぶち壊し、飲みまくる、、、。彼氏はドラッグやってるヤバイ心臓を持っていて、彼らは2人とも互いに、人には言えないような暗い過去を持つ。

こんな2人だもの、一般人からしてみたら、悪い人達だろう。

だが、彼らには多くの欠陥があるにもかかわらず、お互いを愛している。

ペチャパイだの、ヤニ黒だの、まあ、自分のことをDISっているのもヘビースモーカーだったLanaの事を言っているようで、現実と歌詞のロリータとの境界線が曖昧になって個人的にかなりツボで、笑ってしまう。

欠点をも愛し合えるのは、かなり楽なんだよね〜、これ。男性がそう言ってるだけで実際はそんな欠点好きでもないんだろうけど、とりあえず上げておいて女の機嫌を取ってるだけなんだけどね。

でもこれされたら、その魂胆分かっていても「そう?」と言ってご褒美にキスしてあげちゃうんだよ。

プールで泳ぐ私を見つめながら、コニャックをチビチビ飲むなんて、、、

Lanaはかなり、ナバコフのファンで刺青をいれてるくらいだけど、彼女の理想の終わり方、というか彼女は両思いの中での交わり合いが好き(ワイも)。だからこの歌詞でも互いに愛し合う姿を描いているけど、これはナボコフの古典とは異なる。( 原作のハンバートのロリータへの献身は報われないからだ)

こう言う自分スタイルを貫く所がLana Del Reyらしいと思う。

そうそう、初めの方に1箇所、叫び声が聞こえるのだが、これは必ずしも悲鳴では無い。【Off The Races】というテーマに合う、群衆の騒音らしい。【Summertime Sadness】の背景にも同様のノイズが使われていることも注目してほしい。(和訳してあるから、時期を見て今度UPするね〜)。

フレーズもいくつかの活動への精力的な関与のプロセスだしね。

 満足度または成功が著しく増加する段階にある、またはその段階にある、もちろん、Raceには、ドラッグレースやカーレースを意味することもあり、群衆の歓声がそこから生まれる、、、ひょっとしたらそこら辺とかけているのかも、、、という、恒例のLyraの深読みポイントも入れておこうww

良い感じのホテルで、彼が選んだドレスに身をスルッと滑らすあの感じ。

クーラーが効いているから汗をかいていても平気。

もう直ぐ陽が落ちる。

早くメイクしてdress upして行かないと、

あの人が待っている。

まとわりつく様な息もできない熱い夜に2人で繰り出す。

いつ果てるかも分からないこの鼓動が、きっと今夜はずっとビートを刻むだろう。

こんな命なくなっても良いよ

こんな風にずっと一緒にいられるなら。

 

Boy, you’re so crazy, baby

I love you forever, not maybe

You are my one true love

You are my one true love

 

(click to amazon↓↓ ) 2nd Studio Album “Born To Die ” [Analog] クリックしてアマゾンへ ↓↓

 

 

“Off to the Races” was released in the UK as iTunes Single of the Week on December 19, 2011. It was then released as a digital single in the Netherlands on January 6, 2012, on the iTunes Store. A video for “Off to the Races” was released through digital channels and was produced solely by Del Rey, similar to her previous hits. The video features Latin American gangsters, femme fatale figures with guns, and a race track. At the Ruby Lounge in Manchester, UK, Del Rey performed the song for the first time, along with “Video Games” and “Blue Jeans”. It was the final song of the set. The song was also featured as the finale of The Endless Summer Tour and the LA to the Moon Tour.

This song has Lana professing her love for her rich, gangster boyfriend. However, their Bonnie & Clyde -like relationship is doomed.

“Off to the Races” is inspired by the book Lolita, written by Vladimir Nabokov, as is “Carmen” from the same album. Lana is a huge Nabokov fan and she has his name tattooed on her arm next to American poet Walt Whitman’s name.

 

 

Lana portrays a character (which is a hybrid of her own image and Lolita) that has a criminal past of alcohol, stripping and overspending. She falls in love with a wealthy gangster who has a profound love for women, cocaine, and money. This persona is not entirely fictional—Lana really did have an alcohol problem as a young girl.

Lana runs rampant through the city, crashing parties and drinking to excess. Although they are both bad people with dark pasts, they adore each other, despite their many flaws. This is a divergence from Nabokov’s classic; however, as Humbert’s devotion to Lolita is unreciprocated.

Who’s scream?

They are not necessarily screams. They could be better described as crowd noise, fitting the theme of “off to the races”. The phrase off to the races is a process of energetic engagement in some activity; in or into a phase of conspicuously increasing satisfaction or success. Of course, races could also mean drag races, or car racing, which would be where the crowd cheering would come from. It is also worth noting that similar noises are used in the background of “Summertime Sadness”.

 

Del Rey employs an “almost rapping” technique, hip-hop beat and heavy basslines, similar to that of “National Anthem” and “Diet Mountain Dew” in the song. Pitchfork Media said the rapping technique was almost “chatting.” The song references the novel Lolita, with lyrics such as, “Light of my life, fire of my loins”. “Off to the Races” also features elements of cloud rap, such as “the distinct echoing of a hypeman in the background”.

 

スポンサーリンク

Please send me your message♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

Copyright ©  ; 2016Mind YouAll Rights Reserved.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。